全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

今年の全日本の活動スケジュールを早めていた効果を確認する暇もなく、東京オリンピックの一年程度の延期が決まった。これにより2020年の全日本の活動はほぼ合宿のみとなり、予定されていた東京オリンピック後のネーションズリーグも現在はまだスケジュールが不明瞭となって ...

笑顔が微塵もないポートレート。これはSK-2のキャンペーンのものだが、笑っている場合でない、との決意表明とも取れなくない。それはいいとして…。この際、決意とか覚悟とかは二の次。アスリートは結果で示さないと明日がない。東京オリンピックまであと、たった5カ月。即効 ...

では、今年どのようなオーダーで闘うか、少し気が早いがそれを考えてみる。普通に考えられるのがこの形古賀(石川)荒木                 黒後田代                芥川(奥村) 石井小幡、井上全日本の生命線はサーブ、サーブレシーブ、ディグ、そしてブロ ...

ようやく、山が動いた。全日本の2019年のキャプテンは最も実績があり、経験豊富な荒木絵里香選手となった。そのきっかけは東京2020オリンピックのバレーボール会場となる有明アリーナ(東京都江東区)で2月2日(日)に行われた完成披露式典でのこと。中田久美監督のコメント ...

現在の日本の図式に漏れず、全日本メンバーの高齢化が進み過ぎている。東京オリンピック後の去就が微妙な選手。岩坂、新鍋、荒木、石井、山岸、田代、芥川、渡邊、佐藤、井上選手。正直、木幡、鍋谷選手がギリギリで、上記のメンバーの中からパリオリンピックまで続ける選手 ...

↑このページのトップヘ