「FIVBワールドグランプリ2017」における全日本女子バレーボールチームの競技日程が日本バレーボール協会より発表された。

WGP_logo

 

日本が参加する『グループ1』は7月7日(金)から7月23日(日)の3週にわたって予選ラウンドに参加。

出場チームは各週末に4チームずつ3つのプールに分かれ、毎週末3試合、各チーム9試合を行います。

予選ラウンドの最終成績上位5チームと開催国・中国の計6チームが出場する『決勝ラウンド』は、8月2日(水)から6日(日)まで中国(都市未定)にて開催。


 

全日本女子バレーボールチームは、予選ラウンド第1週(プールC1)はアペルドールン(オランダ)でドミニカ共和国、タイ、オランダと対戦。

WGP第一週


同第2週(プールD1)はカメイアリーナ仙台(宮城県仙台市)でブラジル、タイ、セルビアと対戦。

WGP第2週

同第3週(プールG1)は香港(ホンコンチャイナ)でロシア、セルビア、中国と対戦。


WGP第3週


今年はこの後、アジア選手権、さらには4年に一度のワールドグランドチャンピオンズカップが実施される、全日本の活動時期が長い1年。

恐らく、ワールドグランプリの前後には新生全日本のオーダーも固まってくる筈。

今から楽しみな大会です。