世の中、格好よいことばかりじゃない。
力があっても、出番がない。

そんなことは良くあることだ。

強いチームに行くと、選手にとっては栄誉であり、同時に不運でもある。

それだけ選手層が厚い証。

彼女が東レアローズに入団した2010年、チームは全盛時にあった。

三連覇を挟んでの準優勝。
そして翌年も優勝する。

当時は全日本キャプテン、荒木絵里香選手をはじめ、エース・木村沙織選手、中道瞳選手、新進気鋭の迫田さおり選手、濱口華菜里選手など全日本で活躍する選手ばかり。

そんな中、転機を経てチャンスを掴んだ選手がいる。

堀川真理選手。
image

東レの新たなポイントゲッター。

同期は今年、揃ってレギュラーを掴んだ大野果歩選手。そしてビーチバレーに転向した二見梓選手。

image


待って、待って、待って掴んだレギュラーの座


カナダと日本とのハーフである堀川選手。
中学時代からJOC杯に出場し、エースとして活躍。共栄学園高校時代はアジアユースで優勝し、自らも最優秀選手に輝く。2009年の世界ユースにも出場し、ベストスパイカー受賞。
まさに金の卵。

image


東レに内定選手として入団した翌2011年には早くも全日本に招集。将来を嘱望された。

しかし、前述の通り、東レは全盛時代。
同じオポジットにはロンドンオリンピックを目前とした迫田さおり選手がいる。

ここでレギュラーを獲得するのは至難の業だった。

2012/13シーズン。木村沙織選手がトルコリーグ・ワクフバンクへ移籍。

2013/14シーズン以降、迫田さおり選手が木村沙織選手の抜けた穴を埋めようとフル回転。日本人として10年ぶりの得点王に輝く。

image


堀川選手は自己最多の出場機会を得るも、しばらくは忍従の時を過ごすことになる。

サウスポーという武器があっても出場機会の少ないジレンマ。それでも努力を欠かさない堀川選手にチャンスは訪れた。

2016/17シーズン。
東レアローズはリオデジャネイロオリンピック後の木村沙織、迫田さおり両選手の去就を巡り、人事が一転二転する。

結果として両選手はチーム残留を決めるのだか、一度コートを離れた以上、体がついてこない。

東レの得点力は低下し、チームは低迷。
そこで菅野監督は苦肉の策を要する。

image


迫田、堀川選手、両オポジットの二枚同時コートインという超攻撃シフトだ。

その分、サーブレシーブをする木村沙織、美里選手の負担は大きくなるが、リベロをディグとサーブレシーブで使い分けることで対処。
天皇杯・皇后杯ではサーブレシーブへの負担が大きく、先行きが不安視されたが、年明け後、東レは不死鳥の如く甦った。

JT、トヨタ車体、久光といずれもフルセットながら破り、岡山、PFU、そしてJTとの再戦をいずれもストレートで破り、破竹の6連勝で一気に5位まで浮上した。

image


生憎NEC、日立に敗れ6位に戻るも、東レはどん底から這い上がった。
勿論、その立役者は堀川選手。

木村沙織選手の最後を飾ろうと必死の東レ。

迎えたファイナル6。
JTをフルセットの末破る白星スタートも、 久光、日立にはフルセットで敗れ1勝2敗。
崖っぷちのトヨタ車体との一戦を3ー1で破り、運命のNEC戦へ。

この試合、第一セットを25ー20で奪う幸先の良いスタート。しかし、第二セット、火の出るような激戦となり、26ー28でこのセットを失う。後がない東レだが接戦の末に第三セットを失うと、最後は力尽きたかのように第四セットを落とし、勝負あった。

最後の最後まで奮闘した東レアローズの2016/17シーズンは終わった。

だが、この東レの起死回生の反撃を見ている人は見ていた。

勿論、それは全日本新監督・中田久美さん。

東レ反撃の3レグ、ファイナル6ともに東レの得点トップは堀川選手。特に3レグでは全体の3位に入り、申し分のない活躍を見せた。

image


これらの結果、彼女は2011年以来、6年ぶりに全日本の切符を手に入れた。

チャンスはそう簡単に手に入らないが、いつでもいける体制を作り上げていたからこそ、そしてチャンスを掴んだからこそ勝ち得た切符。

とにかく、水門が開いた今、欲しいのは次なる切符。そう、全日本で己のポジションを勝ち取ること。

image


今まさに、これからが待ちに待った第二ラウンドのゴングが、鳴ろうとしている。