image

いよいよ全日本の第一次合宿が始まりました。表だって、まだ発表はありません。
近日中、或いは第一次合宿終了まで、何も発表はないかもしれません。

image


その前に少し世界クラブ選手権の話に触れて見ます。

image


高さとパワー、そして、落差あるサーブが取り沙汰された大会でした。

ただ、取り沙汰されているサーブレシーブをオーバーで受けること、そしてVプレミアリーグでは使用されていないミカサのボールに慣れること。

課題が明確になっただけ、収穫はあったと思います。そういう意味では意義のある大会であったと思います。

どのみち、知らずにスルーしていれば、いずれ直面する問題です。

出来れば、Vリーグの各チームがその格差と直面し、慣れておくことが肝要に思われる。

そういう意味では、やがて実施されるであろうスーパーリーグでは、外国人選手枠を若干緩和しても良いかもしれない。

本気で日本が世界と闘おうものなら、全日本シーズンのみならず、それ以外の時期でも慣れておく必要があります。

黒鷲旗大会と世界クラブ選手権には全日本のコーチも視察に来ていましたので、同大会を踏まえた今後の方針が決められていくでしょう。

image


実は全日本、ひそかにスタッフが地味に増えてます。

全日本女子バレーボールチームのメンバーへJUMP→ 2017年全日本女子バレーボールチーム

2017年度全日本女子チーム 選手・監督・スタッフ、マネージャーと通訳、栄養士さんがついて、合宿モード。

久光人脈がやはり多いですね。クリスチーナさんはフェルハトさんの通訳でしょう。

その久光から6名の選手が全日本に選ばていますが、目下、長岡選手と新鍋選手が故障中。中心としての活躍が期待される2名がいないとなると、今年の全日本の方向性はかなり変わってきます。


まず、オポジット。
長岡選手がいませんので、代役が必要となります。

image


image


image


同じサウスポーの堀川選手。

長岡選手の欠場中、代わりを務めた野本選手。

元々攻撃力には定評のある高橋沙織選手。

高橋選手は本来サーブレシーブをするパスヒッターなので需要が高まりそうです。

そして、黒後選手と井上選手。
打力は魅力的。

image


CUvzt-IUwAA2nps


大型アタッカーとしての期待が高まります。


次いで、サーブレシーブ。

主軸として期待されていた新鍋選手がいないとなると…。

石井選手と古賀選手。

image


19899843300_c8474bbe8a


二人が軸となるでしょう。

問題はサーブレシーブ。

リオでも泣き所でした。二人がサーブレシーブの軸となれるかで全日本の方向性が変わってきます。

そして、田中瑞稀選手。

image


小柄ですがパンチ力あるアタックは魅力的。
課題のサーブレシーブでも急成長し、今後の伸び方次第では全日本の中心になれる選手。

セカンドセッターもこなし、ピンチサーバーもできる自在性で鍋谷友理枝選手。

image


パワーこそありませんが、早い攻撃も得意。点を取ってくれる選手で存在感があります。

ミドルは今回6人集まっていますが、それぞれに持ち味が違うので、高さと機動力、両面で求められると思います。

面白いのはサイドで登録されていますが、最近はミドルの石井里沙選手。

image


ユメさんこと、山口舞選手のように変幻自在の起用方法が期待されます。

まだまだ、絵に書いた餅状態で何も分かりませんが、例の科学的トレーニングも踏まえ、シャットアウト。で、実際のところ、まだ何も決まっていないのでは、という感じがします。

基礎トレーニングのプログラムを組んで、能力を把握してから考える、という感じなのかもしれません。


肝心のキャプテンですが、これも恐らく近日中に発表されるでしょう。

7月、ワールドグランプリのコートに立つのはどんなメンバーとなるか?

とにかく、今は果報は寝て待て。