jpg

日本も不定期ながら参加していたエリツィン杯が今年も実施されています。

・実施日時:2017年06月26日(月)~30日(金)

・開催場所:ロシア・エカテリンブルグ

・大会日程:
06月26日(月) 第1日 リーグ戦
06月27日(火) 第2日 リーグ戦
06月28日(水) 第3日 リーグ戦
06月29日(木) 第4日 リーグ戦
06月30日(金) 第5日 リーグ戦

・参加国
ロシア
セルビア
ブルガリア
カザフスタン
トルコ

本大会には日本帰りのニコロバ・エミリア選手がブルガリア代表として参加。先日、世界バレーの出場権を獲得したロシア、セルビア、トルコの三か国も出場。アジア地区の所属ながら近年成長著しいカザフスタンも加わり、5か国で争われます。


・昨日の結果
06月28日(水) 第3日 リーグ戦

ブルガリア
0 - 3
(11-25, 25-27, 20-25)
トルコ


セルビア
3 - 0
(25-12, 25-10, 25-13)
カザフスタン




06月29日(木) 第4日 リーグ戦


トルコ
1 - 3
(17-25, 18-25, 25-21, 22-25)
セルビア

ロシア
3 - 0
(25-22, 26-24, 25-18)
ブルガリア



<順位/第4日>
3勝 勝ち点9 セルビア
3勝 勝ち点9 ロシア
1勝2敗 勝ち点3 トルコ
1勝3敗 勝ち点3 ブルガリア
3敗 勝ち点0 カザフスタン


予想通り順当に、セルビアとロシアが世界ランキング通り全勝で最終日を迎えます。

・本日の対戦カード

カザフスタン
0-3
(15-25 15-25 17-25)

トルコ 16.30 (現地時間)

セルビア
3-2
(25-19 22-25 25-21 26-28 16-14)
ロシア 19.00(現地時間)

ライブ配信


セルビアとロシアの対戦が優勝決定戦。トルコが3位を懸けてカザフスタンと対戦します。
試合はフルセットの末、セルビアが勝利し、エリツィン杯の優勝を飾りました。


このあと7月7日(金)からエリツィン杯出場の五か国は全てこのあとのワールドグランプリに参加。
セルビア、ロシア、トルコがグループⅠ。ブルガリア、カザフスタンがグループⅡとして参加します。言うなれば、このエリツィン杯が本番前の最終調整であり、各チーム実戦を十分経験した上での本番となります。

このあと、アムステルダムに移動中の全日本女子バレーボールチームは当地で合宿。
7月3日(月)までの最終調整を経てワールドグランプリに参加。
エリツィン杯組との対戦は、日本の仙台ラウンドの7月15日(土)のセルビア戦です。

日本とセルビアが戦うのは、ワールドグランプリが最初で最後。
果たして、今回での対戦ではどうなるか? 見ものです。

※詳細はこちらからJUMP→ エリツィン杯2017の公式HP