さて、グループ2、3の優勝チームが決まったところで、いよいよグループ1のファイナルだ。

image


ワールドグランプリとはどのような大会か? については→国際大会①:ワールドグランプリとは何か? を参照。

・過去10年の歴代王者

image


2016年:ブラジル
2015年:アメリカ
2014年:ブラジル
2013年:ブラジル
2012年:アメリカ
2011年:アメリカ
2010年:アメリカ
2009年:ブラジル
2008年:ブラジル
2008年:ブラジル

過去10年、ブラジル6回、アメリカ4回で女王を分けあっている。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

■ グループ1(第三次ラウンド終了時点)

1位.セルビア 7勝2敗 勝ち点22
2位.アメリカ 6勝3敗 勝ち点19
3位.ブラジル 6勝3敗 勝ち点18
4位.オランダ 6勝3敗 勝ち点17
5位.イタリア 6勝3敗 勝ち点16
6位.日本 6勝3敗 勝ち点13
7位.中国 5勝4敗 勝ち点13(主催国により決勝ラウンド進出)
8位.ドミニカ共和国 4勝5敗 勝ち点11
9位.ロシア 3勝6敗 勝ち点13
10位.タイ 3勝6敗 勝ち点11
11位.トルコ 2勝7敗 勝ち点7
12位.ベルギー 9敗 勝ち点2

以上の結果となり、日本は形式上6位ながら優先順位上7番目となるため、決勝ラウンド進出はなくなりました。



■グループ2 最終順位

image



優勝:ポーランド
準優勝:韓国
3位:ドイツ
4位:チェコ
5位:ブルガリア
6位:プエルトリコ
7位:コロンビア
8位:カナダ
9位:ペルー
10位:アルゼンチン
11位:クロアチア
12位:カザフスタン


■グループ3最終結果

image


優勝:ハンガリー
2位:フランス
3位:ベネズエラ
4位:メキシコ
5位:カメルーン
6位:オーストラリア
7位:トリニダード・トバコ
8位:アルジェリア


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

グループ1の決勝ラウンドも今日で2日目。

まずはセルビアがアメリカを、中国がブラジルを下した。
その様は新興勢力が旧態以前の勢力を打破する様。
果たして、世界の勢力図は塗り替わるのか?
それとも、旧態以前の主役だったアメリカ、ブラジルが巻き返すか?

決勝ラウンド2日目、いよいよ幕が開く。

グループ1の決勝ラウンドの終了を待ってアジア選手権が開幕する。



・本日の対戦カード
※各国の勝敗は第三次ラウンド初日終了までの結果に基づく。



・グループ1※各国の勝敗は第三次ラウンド終了までの結果に基づく。


・決勝ラウンド

DGKxX9LV0AAN5Hp



8月3日(木)

アメリカ
(世界ランキング2位)6勝3敗 勝ち点19
1-3
(21-25 25-22 22-25 21-25)
イタリア
(世界ランキング8位)6勝3敗 勝ち点16

ita


usa ita


第一セット、ブロードを多用するアメリカに対し、イタリアは球足の長いコートエンドを狙ったアタックで得点を上げ、中盤までにと大きくリードを広げると、エゴヌ選手のライトからのアタックで16-7で終盤へ。タイムアウトで息を吹き返したアメリカ、3連続得点で10-16と追い上げを見せる。ブロックが機能し始めたアメリカ、イタリアはエゴヌ選手のバックアタックなどで応戦するも17-20まで追い上げを見せる。しかしアメリカに連続ミスが出て再びイタリアがリードを広げ先に24-19でセットポイントへ。アメリカはギブマイヤー選手のクイックやマディソン・キングダム選手のアタックで3点差まで詰め寄るも、最後はイタリアがラファエラ・フォリエ選手のクイックで振り切り、25-21でイタリアが先取。

昨日同様、アタッカーを二枚入れ替えてきたアメリカリズムを変え、序盤で8-2と一気にリードを広げる。タイムアウトで息を吹き返したイタリア。エゴヌ選手にボールを集めて猛反撃。10-10の同点に追いつく。双方譲らぬままアメリカがブロックで抜け出し16-14で終盤へ。エゴヌ選手を押し立てるイタリアに対し、アメリカはテトリ・ディクソン選手のクイックなどで対抗。先にセットポイントを奪ったアメリカに対し、イタリアはボセッティ選手のアタックで対抗。しかし、最後はイタリアのサーブアウトでアメリカが25-22でセットを奪い返す。

迎えた第三セット、イタリアはエゴヌ選手にボールを集め序盤からリードし8-4で中盤へ。反撃を試みるアメリカをイタリアはラファエラ・フォリエ選手のブロードやキリケッラ選手のブロックアウトなどでさらに16-8とリードを広げる。アメリカはアンドレア選手のバックアタックなどで反撃を試みるも、イタリアはこれを軟打やエゴヌ選手の強烈なアタックで応戦し、22-18とリードを保つ。アメリカはミシェル・バーチ選手のサービスエースで20-23に詰め寄るも、イタリアがエゴヌ選手のアタックでセットポイント。最後はイタリアがダイレクトアタックで25-22でセットを奪い、王手をかける。

勢いに乗るイタリア。序盤で8-4と4点のリード。イタリアはシッラ選手をコートに送る。アメリカはミシェル・バーチ選手のブロックアウト、アンドレア選手のアタックなどで反撃し13-13の同点に持ち込むとアメリカが16-15で終盤へ。一旦19-17と抜け出したアメリカだが、イタリアはシッラ、エゴヌ選手がレフト、ライトから連続アタック、さらにシッラ選手のブロックで20-19と逆転するとさらにアメリカのアタックミスで22-19と差を広げる。エゴヌ選手のアタックでセットポイントを奪ったイタリアは最後はラファエラ・フォリエ選手のブロードで勝負を決め、25-21で勝利。
セットカウント3-0のストレートでイタリアが勝利を収めました。



・ベストスコアラー
パオラ・エゴヌ選手(イタリア)

image


32得点

まさに一人で試合を決めてしまった感のあるエゴヌ選手。スーパーエースへと成長。これからが怖い存在。




ブラジル
(世界ランキング4位)6勝3敗 勝ち点18
3-2
(25-27 25-23 22-25 25-22 15-11)
オランダ
(世界ランキング7位) 6勝3敗 勝ち点17

image


image


既に1勝しているホームの中国、余裕の観戦の中、第一セット、オランダのサーブに崩され、3点を先行される。しかしブラジルはロザマリア選手のアタックや速攻、相手のアタックアウトなどで反撃し、6-4と逆転に成功。さらにデクライフ選手の速攻で対抗するオランダに対し、タンダラ選手のアタックとアデニジア・シルバ選手の速攻で8-6とリードする。更にブラジルはロザマリア選手のサービスエースで10-6。これに対しオランダはブロックとダイケマ選手のサービスエースで12-12の同点に追いつく。ブラジルはブロックなどで連続得点を奪い14-12と突き放すも、オランダはプラク選手のアタックで対抗。デクライフ選手の軟打とタンダラ選手のアタックで双方点を取り合い、ブラジルがアデニジア・シルバ選手のサービスエースで16-15と勝ち越し、終盤へ。双方譲らぬまま試合は一旦ロザマリア選手のアタックで先にセットポイントをブラジルが奪うも、オランダはプラク選手のアタックで阻止。24-24のデュースに突入する。ロザマリア選手のアタックがアウトとなると、このチャンスにオランダはプラク選手のアタックが決まり、27-25でオランダが先取する。

第二セット、双方譲らぬままアデニジア・シルバ選手のアタックでブラジルが8-6とリードする。一旦10-7と抜け出したブラジルだが、アタックアウトなどでオランダに13-13に追い付かれる。一進一退が続く中、ロザマリア選手のアタックでブラジルが16-15で終盤へ。僅差は続き、双方一進一退のまま、22-22。ブラジルはブロックで先に24-22とセットポイント。オランダは23-24まで迫るも最後はオランダのサーブアウトでブラジルがセットを奪い、イーブンとする。

迎えた第三セット、オランダが6-2と抜け出す。ブラジルはナタリア選手のアタックなどで追い上げるも、アデニジア・シルバ選手のアタックがアウトとなり8-5でオランダがリードする。オランダはプラク選手のアタックやサービスエースで突き放し、16-11とリードする。ブラジルはタンダラ選手のアタックなどで追い上げを図るも、オランダはデクライフ選手の速攻などで応戦。更にブラジルはナタリア選手のブロックで16-17と1点差に迫るも、オランダはプラク選手のアタックなどで再び21-17と突き放す。ブラジルはロザマリア選手の強烈なスパイクで追い上げを図るも、オランダがデクライフ選手のブロードで24-20とセットポイントへ。最後はオランダのブロックが決まり、25-22でオランダがセットを奪い、王手へ。

後がないブラジルが先手を取り、8-6とリード。更にブラジルはナタリア選手のアタックなどで10-7とリードを広げる。しかしオランダがタンダラ選手のアタックアウトを機に反撃に転じると、3連続得点で13-11と逆転。しかしブラジルも再び逆転し、ロザマリア選手のブロックで16-13とブラジルリードで終盤へ。オランダは15-16まで追い上げるも、ブラジルはアナ ベアトリス選手のアタックで18-15と再び突き放し、更にタンダラ選手のアタックで20-16とリードを広げる。オランダはバイス選手のサービスエースで追い上げるも、ブラジルはブロックタッチのチャレンジ成功で23-18。オランダは22-24まで追い上げるも、ブラジルが振り切り、25-22でブラジルが取り、勝負の行方はフルセットへ。

迎えた最終セット、ブラジルはタンダラ選手のアタックなどで4-1とリード。これで主導権を握ったブラジルが8-4でコートチェンジ。オランダは8-10まで詰め寄るも、ブラジルはナタリア選手のアタックなどで13-10とリードをまもる。ブラジルはタンダラ選手のアタックでマッチポイントを奪うと、最後はロザマリア選手のブロックでブラジルが15-11で勝利。
セットカウント3-2でブラジルが勝ちました。



・ベストスコアラー
セレステ・プラク選手(オランダ)

image


28得点

ベストスコアで奮闘したプラク選手だったが、タンダラ選手25得点、ロザマリア選手22得点と打ち合いをブラジルが制す。




8月4日(金)

セルビア
(世界ランキング3位)7勝2敗 勝ち点22
vs
イタリア
(世界ランキング8位)6勝3敗 勝ち点16


中国
(世界ランキング1位)5勝4敗 勝ち点13
vs
オランダ
(世界ランキング7位) 6勝3敗 勝ち点17


8月5日(土)

準決勝


8月6日(日)

決勝戦

3位決定戦


image


中国が決勝戦、或いは3位決定戦まで勝ち残った場合、その僅か3日後よりアジア選手権というハードスケジュールとなる。中田監督はそれを考え、決勝ラウンドに残ることはあまり積極的なコメントをしなかったようだ。

そうした点も踏まえ、アジア選手権へと突入していく。

また、ワールドグランプリに参加したチームのうち、第三次ラウンドで敗退したロシア。
更に決勝ラウンドまで駒を進めたブラジル、アメリカ、中国と、本日、グループ2のファイナルを闘う韓国をワールドグランドチャンピオンズカップで迎え撃つ。

image


今回のグラチャンはホームゲームとなる3年後の東京オリンピックの予行演習。

そして来年はオリンピックよりもハードな世界バレーが同じく、この日本で開催される。

image


長いようで時間のない、東京まで
あと3年。


これから日本がターゲットとするチームと、その動向を考えてみる。

まず、今回はリオの銀メダル・セルビア。

昨日はアメリカにフルセットに持ち込まれるも、エース・ミハイロビッチ選手が振り切り、辛くも勝利。

serbia


ボシュコビッチ選手との二枚看板は強力。
強いて弱点を言えば、大きく主力が固まっているので消耗を待つ。
日本はこの方法でフルセットに持ち込み、最終セット、ミハイロビッチ選手を引きずり降ろし、勝利を奪った。

このチームが現在、ロシアに代わり欧州の主役、そして世界の列強に名を連ねている。
今年の対戦はもうないが、来年、世界選手権で再び相まみえる。

次は日本、メダルを手にするには打破しなければならない相手。
日本とセルビア、どちらがチームとしての伸びしろがあるか、これからが勝負。



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー