アジア選手権も一次リーグ戦が終了。
B組1位で通過した全日本女子バレーボールチームは順位決定予備戦(1-8位)に進出。
F組に編入。

asia CHAMPIONSHIP


image


こちらも三大大会ほどの権威はないが、2年に一度、1975年からの由緒ある大会である。
本来アジア選手権には、同年にワールドカップが実施される場合、同大会に優勝チームと準優勝チームが出場、ワールドグランドチャンピオンズカップに優勝チームが出場出来ることになっている。

※2015年優勝チーム中国はグラチャン出場。

・過去5回大会の成績

2015年:優勝 中国 準優勝 韓国 3位 タイ

2013年:優勝 タイ 準優勝 日本 3位 韓国

2011年:優勝 中国 準優勝 日本 3位 韓国

2009年:優勝 タイ 準優勝 中国 3位 日本

2007年:優勝 日本 準優勝 中国 3位 タイ

この大会は三大大会の多くが日本で開催されることもあり、第三回大会以降、日本での開催はなく、近5回の大会では中国、タイ、日本の間で金メダルを分けあっている。

日本が最後に優勝したのは2007年の柳本監督時代が最後であり、前回はモントルーバレーマスターズに出場するため、ジュニア世代のメンバーが出場。6位となっている。

さて、今回はワールドグランプリの決勝ラウンドの直後にアジア選手権が予定されている。
更にそのあと、同大会終了後、すぐに第二回国内合宿に入り、今度はグラチャンに向けて調整が進められる。

1502170769508


image


早い話、比較的ゆったりしているのは今だけであり、一度大会に参加してしまえば、以後は連戦、そして合宿のハードスケジュール。

特に今年は始動が遅かっただけに、あっという間に全日本のシーズンは終わっていく。


・期間

2017年8月9日(水)~8月17日(木)

・開催地

マニラ(フィリピン)

①会場: Alonte Sports Arena

②会場: Muntinlupa Sports Complex



・参加国

・A組:ホンコンチャイナ、カザフスタン、フィリピン

・B組:日本、オーストラリア、中国

・C組:韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム

・D組:チャイニーズタイペイ、イラン、モルディブ、タイ

image



・競技方法

出場14チームをA、B組に3チーム、C、D組に4チームずつ振り分け、1次リーグ戦(1回総当り戦)を行う。各組の1、2位チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、A、B組の3位チームとC、D組の3、4位チーム(計6チーム)が順位決定予備戦(9-14位)に回る。

順位決定予備戦では、1-8位は8チームが4チームずつ、9-14位は6チームが3チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行うが、1次リーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、1次リーグ戦の対戦成績を持ち越す。

順位決定予備戦各組の最終順位をもとにクウォーターファイナルラウンドの対戦カードを決定。クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドでそれぞれ1試合ずつ戦い、最終順位を決定する。

・順位決定方法

各組の順位は、勝敗数により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝点(※)
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※…1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。


image


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・一次リーグ戦最終結果

・A組
カザフスタン 2勝
フィリピン  1勝1敗

香港     2敗

※カザフスタンとフィリピンが決勝トーナメント進出。


・B組
日本     2勝
中国     1勝1敗

オーストラリア1敗

※日本と中国が決勝トーナメント進出。


・C組
韓国      3勝
ベトナム    2勝1敗

ニュージーランド 1勝2敗
スリランカ    3敗

※韓国とベトナムが決勝トーナメントに進出。


・D組
タイ      3勝
Cタイペイ   2勝1敗

イラン     1勝2敗
モルジブ    3敗

※タイとチャイニーズタイペイが決勝トーナメント進出。


・順位決定予備戦(1-8位)進出チーム

・A組
カザフスタン(1位)
フィリピン(2位)

・B組
日本(1位)
中国(2位)

・C組
韓国(1位)
ベトナム(2位)

・D組
タイ(1位)
チャイニーズタイペイ(2位)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

予想外に苦戦を強いられたチャイニーズタイペイ戦。落差の大きなサーブとサウスポーからのアタック、そしてバックアタック。
それでもストレートで勝つあたり、今年の全日本の充実ぶりが伺える。


[画像:f43a7d66.jpg]


 

特にディグでの粘り強さと繋げようとする強い意思。そして今年はブロックが機能している。

固い守りは久光のバレーを彷彿させる。
現在のミドルの打数を思えば、よくぞ短期間に改善したものだと頭が下がる。



[画像:71ce38ef.jpg]



ただ、今日の相手は因縁のタイ。
今年2回対戦して勝っているとはいえ、やはり油断のならない相手。
ここがひとつのターニングポイントとなるだろう。

タイは昨日、控え中心の中国に大苦戦の末勝利を手にしている。日本はその中国にストレートで勝っている。だからと言って鵜呑みに出来ないのがバレーボールの面白いところ。

身長差があまりないタイは嫌な相手。
ここを突破してF組1位で通過したい。

直接対決のない韓国は今日、カザフスタン。
ここは実力通りすんなり通過するだろう。

さあ、どうなるか。
中盤の山場を迎える。

GalleryPic



この大会、WGP直後とあってかなり緩いスケジュール。

せっかくのグラチャン。アジア代表として胸を張って出場して欲しい。

グラチャンが凱旋マッチになるか、リベンジマッチになるか、それはこれからの闘い次第

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・今日の対戦カード

8月13日(日)

・順位決定予備戦(11-14位)
10.00〜※現地時間
オーストラリア (B組3位)1勝
3-1
(23-25, 25-22, 25-20,25-22)
イラン(D組3位)


・順位決定予備戦(11-14位)
12.30〜※現地時間
香港(A組3位)1敗
3-0
(25-16, 25-20, 25-12)
ニュージーランド(C組3位)


・ 順位決定予備戦(1-8位)
10.00〜※現地時間
中国(B組2位)1敗
3-2
(25-22 19-25 20-25 25-21 15-11)
チャイニーズタイペイ(D組2位)1敗

DHKb8ujVoAEbmsh



12.30〜※現地時間
カザフスタン(A組1位)1勝
0-3
(21-25 24-26 10-25)
韓国(C組1位)1勝

DHK1Q3qV0AE5Xp2




15.00〜※現地時間
日本(B組1位)1勝
3-1
(22-25 25-20 25-22 26-24)
タイ(D組1位)1勝

アジア選手権 日本VSタイ ライブ配信があるようです。 ←こちらからJUMP


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:古賀紗理那選手、内瀬戸真実選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・セッター:佐藤美弥選手
・センター:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
・リベロ:井上琴絵選手



[画像:23d9f56e.jpg]


 
第一セット、3-3から古賀選手のレフトからのスパイクでラリーを制し4-3。タイは一旦7-6とリードするも、日本は荒木選手のブロードから形成を変え8-7。中盤、日本は荒木選手の速攻や新鍋選手のライトからのアタックで攻撃するも、タイのレフトからのアタックや押し合いで得点を奪われ13-16と3点ビハインドで終盤へ。日本は内瀬戸選手のアタックがブロックにつかまり13-17でTT。鍋谷選手をピンチサーバーに起用しサービスエース。日本は荒木選手の2本の速攻と古賀選手のアタック、奥村選手のブロックで対抗するも、タイはレフトからのアタックや時間差が効果的に決まり、堅い守備に手を焼き、古賀選手のアタックがブロックにつかまり19-23.日本はタイのアタックアウトと反則で22-24。最後はアチャラポーン選手のレフトからのアタックで25-22でタイが先制する。

第二セット、スタートから鍋谷選手を投入。序盤はその鍋谷選手のサービスエースを含め互角。日本は一旦6-4とリードするもタイの守りの固さと相手のミスを待つ粘りに手を焼くも、ネット際の押し合いを制し8-7と辛うじてリード。日本はコンビミス、タイはサーブアウトと双方ミスが続く中、日本は新鍋、古賀選手のレフトからの連続アタックで一旦12-10と抜け出すも、タイはアチャラポーン選手のブロックなどで12-12の同点。古賀選手の軟打、チャッチュオン選手のブロックアウトで15-15となる中、日本は奥村選手のブロードで16-15と均衡崩れず終盤へ。日本は荒木選手のクイックと鍋谷選手のレフトからのスパイクで18-16。日本は古賀選手のレフトからのスパイクから、相手の強烈なアタックをディグでつないで古賀選手のアタックで20-17.日本は冨永選手にセッターをスイッチ。古賀、新鍋選手の連続アタック、さらにタイのアタックアウトで24-19。最後は古賀選手がレフトからアタックを決め、25-20で日本がセットを奪い返す。

image


第三セット、日本は古賀選手のレフトからのアタックからチャンスボールを奥村選手のブロードで仕留めるなど3連続得点で5-2。日本はサーブで奥の方を攻め、鍋谷選手のレフトからのアタック、奥村選手のブロードなどで得点し、荒木選手の軟打で8-5とリードする。タイはブロックやレフトからのアタックで反撃するも、新鍋選手のレフト、ライトからのアタックで11-7。更に奥村選手の短、長まじえた2本のブロードでリードを保ち、新鍋選手のレフトからのアタックで16-12で終盤へ。
日本は内瀬戸選手を投入。新鍋選手のライトからのストレート、古賀選手のレフトからのアタックで19-15。ここで突然の停電。一時中断。再開後、内瀬戸選手のプッシュ、さらに3本続けてレフトのトスを内瀬戸選手が決めきり、22-17。日本はリードを保ち先にセットポイントを奪うと、最後はタイのサーブアウトで25-22で日本がセットを連取する。

image


第四セット、3-1と先行するタイを日本は古賀選手のアタックとブロックで同点。更に古賀選手の強弱交えた2本のスパイクで5-4と勝ち越すとブロックを決め8-5とリードする。日本は鍋谷選手がワンテンポずらした巧みなスパイク。更に鍋谷選手のレフトからの連続アタックで11-6とリードを広げる。
荒木選手のブロードで得点する日本に対し、タイは軟打やレフトからのプッシュを交え反撃。日本は井上選手のトスから新鍋選手のプッシュで14-10。タイはアチャラポーン選手のレフトからのアタックで反撃するも、日本はこれを新鍋選手のアタックで切り、16-11で終盤へ。日本は鍋谷、新鍋選手のアタックで得点し、ピンチサーバーに島村選手を起用。プルームジット選手のアタックアウトで21-16とリードを広げる。タイはウィパウィ選手の2本のアタックで21-19に詰め寄る。日本は新鍋選手のライトからのプッシュで切るも、アチャラポーン選手のブロックなどで22-22の同点に追いつく。一旦タイにセットポイントを奪われるも、これを古賀選手のアタックで切りデュース。反撃に転じた日本が最後はタイのアタックアウトで26-24で勝利し、3-1で連勝を飾りました。


・ベストスコアラー
古賀紗理那選手(日本)

image


26得点

今日の試合では古賀選手が八面六臂の大活躍。要所での得点で日本に勝利をもたらしました。また、荒木選手が10得点、奥村選手が12得点とミドルブロッカーが機能。要所での活躍が光りました。

しかしながら、この連戦、勝つには勝ったものの、実際は紙一重。
特にタイの硬軟交えた攻撃。特に今日はレフトからの強打とバックアタック。更に固い守りやブロックに手こずり、第四セットもあわやの場面を作られるなど、いつ闘っても油断のならない相手という印象が強かったです。過去2戦を交えての、日本の目指す低くて速いトスはタイにとってそれほど苦ではなかったようで、ラリーに持ち込まれると殆ど互角でした。
ともあれ、難敵を退けた今、日本はF組を1位で通過。
明日のクオーターファイナルはベトナムと対戦します。



17.30〜※現地時間
フィリピン(A組2位)1敗
3-1
(27-25, 26-24, 17-25, 25-23)
ベトナム(C組2位)1敗


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・昨日の結果

8月13日(日)

順位決定予備戦(1-8位)

E組
カザフスタン(A組1位)
3-1
(21-25, 25-23, 25-22, 25-20)
ベトナム(C組2位)


韓国(C組1位)
3-0
(25-23, 25-18 , 25-12)
フィリピン(A組2位)


F組
タイ(D組1位)
3-2
(25-22, 22-25, 25-16,23-25, 15-10)
中国(B組2位)


日本(B組1位)
3-0
(25-19 25-16 25-20)
チャイニーズタイペイ(D組2位)


・順位決定予備戦(9-11位)
香港(A組3位)
2-3
(14-25, 25-14, 23-25,25-23, 14-16)
スリランカ(C組4位)

・順位決定予備戦(11-14位)
オーストラリア (B組3位)
3-0
(25-9, 25-5, 25-19)
モルジブ(D組4位)


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


※時差1時間(日本が早い)


※結果は随時更新いたします。