アジア選手権にて4強に駒を進めた全日本女子バレーボールチーム。


asia CHAMPIONSHIP


image


こちらも三大大会ほどの権威はないが、2年に一度、1975年からの由緒ある大会である。
本来アジア選手権には、同年にワールドカップが実施される場合、同大会に優勝チームと準優勝チームが出場、ワールドグランドチャンピオンズカップに優勝チームが出場出来ることになっている。

※2015年優勝チーム中国はグラチャン出場。

・過去5回大会の成績

2015年:優勝 中国 準優勝 韓国 3位 タイ

2013年:優勝 タイ 準優勝 日本 3位 韓国

2011年:優勝 中国 準優勝 日本 3位 韓国

2009年:優勝 タイ 準優勝 中国 3位 日本

2007年:優勝 日本 準優勝 中国 3位 タイ

この大会は三大大会の多くが日本で開催されることもあり、第三回大会以降、日本での開催はなく、近5回の大会では中国、タイ、日本の間で金メダルを分けあっている。

日本が最後に優勝したのは2007年の柳本監督時代が最後であり、前回はモントルーバレーマスターズに出場するため、ジュニア世代のメンバーが出場。6位となっている。

さて、今回はワールドグランプリの決勝ラウンドの直後にアジア選手権が予定されている。
更にそのあと、同大会終了後、すぐに第二回国内合宿に入り、今度はグラチャンに向けて調整が進められる。

1502170769508


image


今年の全日本は三大会のみの参戦。
その分、合宿期間が長く、練習の成果が粘り強いディグや連携で成果が出ている。

今年は始動が遅かっただけに、あっという間に全日本のシーズンは終わっていく。


・期間

2017年8月9日(水)~8月17日(木)

・開催地

マニラ(フィリピン)

①会場: Alonte Sports Arena

②会場: Muntinlupa Sports Complex



・参加国

・A組:ホンコンチャイナ、カザフスタン、フィリピン

・B組:日本、オーストラリア、中国

・C組:韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム

・D組:チャイニーズタイペイ、イラン、モルディブ、タイ

image



・競技方法

出場14チームをA、B組に3チーム、C、D組に4チームずつ振り分け、1次リーグ戦(1回総当り戦)を行う。各組の1、2位チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、A、B組の3位チームとC、D組の3、4位チーム(計6チーム)が順位決定予備戦(9-14位)に回る。

順位決定予備戦では、1-8位は8チームが4チームずつ、9-14位は6チームが3チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行うが、1次リーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、1次リーグ戦の対戦成績を持ち越す。

順位決定予備戦各組の最終順位をもとにクウォーターファイナルラウンドの対戦カードを決定。クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドでそれぞれ1試合ずつ戦い、最終順位を決定する。

・順位決定方法

各組の順位は、勝敗数により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝点(※)
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※…1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。


image


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


・セミファイナル(1-4位)進出チーム

日本
中国
韓国
タイ

予想された4強対決となったが…。

中国は控えメンバー。
既に世界ランキング1位。
主力はグラチャンに向け調整中。

今年はまだ、韓国と対戦がない。
昨年はOQT、リオデジャネイロオリンピックともに連敗。
今年の全日本なら簡単には負けないとは思うのだが、一度は手合わせしておきたい相手。

そして、いつ闘っても厄介なのはタイ。
やはり変幻自在の攻撃、先の試合では強打が多かった。守りが固く、ブロックでも苦戦した。
相手の低さを考え、少し高いトスのほうが良さそう。今の全日本は高さもそれなりにあるので、無理に相手のサイズに合わせないよう、繋いでブロックを弾くようなアタックで圧倒したいところ。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

さて、まずは中国戦。

正直、ここは通過点にしたい。
中国は若手をぶつけて、データ集めといったところ。
出来れば手の内を見せずに圧倒できればというのが欲目だが、そうは問屋が卸してくれるかどうか。

とにかく、今日勝つことだけに集中してもらいたい。

せっかくのグラチャン。アジア代表として胸を張って出場して欲しい。

グラチャンが凱旋マッチになるか、リベンジマッチになるか、それはこれからの闘い次第。

決勝戦まで、あと2試合。
頑張れ、ニッポン‼

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・今日の対戦カード

8月16日(水)

セミファイナル

・11-12位決定戦
10:00〜※現地時間

香港
3-0
(25-15, 25-12, 25-19)
ニュージーランド

※香港が11位、ニュージーランドが12位。


・5-8位
10:00〜※現地時間

ベトナム
3-2
(25-22, 25-18, 21-25,20-25, 15-15)
カザフスタン


・9-10位決定戦
12:30〜※現地時間

イラン
3-2
(19-25 25-18, 20-25,25-22, 15-10)
オーストラリア

※イランが9位、オーストラリアが10位


・5-8位決定戦
12:30〜※現地時間

チャイニーズタイペイ
3-0
(25-19, 25-20, 25-19)
フィリピン


・セミファイナル
15:00〜※現地時間

日本
3-0
(25-17 25-18 25-18)
中国

「日本vs中国」ライブ配信 ←ここからJUMP

※本日はDAZNでライブ配信があります。本日は鳥越未玖さんが解説です。


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:内瀬戸真実選手、野本梨佳選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・セッター:佐藤美弥選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・リベロ:井上琴絵選手


[画像:1bf743be.jpg]

 

第一セット、日本は中国のアタックアウトや新鍋選手の軟打などで3-1。更に岩坂選手のサービスエースなどで6-2とリードを広げる。中国は野本選手のアタックアウトとタッチネット、更にレフトからイン側に移動しながらのスパイクで6-6の同点。さらにブロードで食い下がるも日本は野本選手のアタックで8-7とリードし中盤へ。中国はバックアタックなどで攻撃するも、日本は奥村選手のブロードと内瀬戸選手のレフトからのアタックで11-8とリードを広げる。しかし中国はブロックやレフトからのアタックで反撃し12-12の同点に追いつく。日本は岩坂選手の速攻などで14-12と勝ち越すと、奥村選手のブロックで16-13とし終盤へ。日本は野本選手のレフトからのアタックとサービスエース、佐藤選手のダイレクト、内瀬戸選手のプッシュなどで23-16とリードを広げる。中国はブロックなどで反撃するも最後は野本選手のバックアタックで日本が25-17で第一セットを先制する。

第二セット、日本は2-2から新鍋選手のライトからのクロススパイクと中国のアタックアウト、野本選手が二段トスを打ち切り、更に佐藤選手のブロックで7-3。中国は軟打からブロック、フェイントへとつなぎ、奥村選手の速攻をブロック、8-7と逆転に成功する。日本は9-9から奥村選手のブロードで切り、野本選手のバックアタックのレシーブの乱れを岩坂選手がブロックし11-9.中国はレフトからの強打と内瀬戸選手のアタックアウトで再び12-12の同点。中国はレフトからのアタックで食い下がるも、日本は14-13から新鍋選手のライトからのアタックと野本選手のレフトからのアタックで連続得点を上げ、16-13で終盤へ。中国がレフトからのアタックで攻撃するのに対し、日本は新鍋選手のライトからのアタックや奥村選手のブロードなどで攻撃し、20-15とリードを広げる。日本は鍋谷選手をピンチサーバーに起用、内瀬戸選手のブロックなどでセットポイントを奪い、最後は新鍋選手のレフトからのプッシュで25-18で第二セットも連取。

第三セット、後がない中国はレフトからのアタックを中心に4-1とリード。日本は岩坂選手の速攻で切ると野本選手のプッシュなどで4-4の同点においつく。中国は野本選手のレフトからのアタックをブロックするなど6-6と一進一退。中国はレフトからストレートスパイクで7-7とするも、日本は内瀬戸選手のレフトからのスパイクで8-7とし中盤へ。日本は中盤、14-10とリードを広げると、新鍋選手のライトからのブロックアウトで16-10とし終盤へ。中国は速攻とバックアタックの軟打、さらにブロックアウトなどで5連続得点し15-16と追い上げる。日本は奥村選手のブロードや中国のアタックアウトで19-15と再びリード。更に奥村選手のブロード、内瀬戸選手のレフトからのストレートスパイクで21-16とし島村選手をピンチサーバーに起用。中国のアタックアウトでセットポイントを奪った日本は、最後、内瀬戸選手のレフトからのアタックで25-18で勝利。セットカウント3-0のストレートで勝利。明日の決勝戦へ駒を進めました。


・ベストスコアラー
新鍋理沙選手(日本)
image


野本梨佳選手(日本)
image


13得点

日本は新鍋選手と野本選手が揃って13得点でベストスコアラー。更に要所で得点を奪った岩坂選手が12得点。内瀬戸選手が11得点。奥村選手が10得点と先発全員が二桁得点と申し分のない得点を上げた。

第一セット前半や第二、第三セット前半、終盤、追い上げられたり、リードされる場面があるも、落ち着いて試合をリードした。被ブロック6、ブロック7とこちらも申し分のない内容。




17:30〜※現地時間

韓国
0-3
(20-25 20-25 21-25)
タイ

韓国vsタイ ←ライブ配信はこちらからJUMP

※タイが決勝戦に進出。


以上の結果を持ちまして、明日の決勝戦は

日本
vs
タイ

3-4位決定戦は

韓国
vs
中国

となりました。


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・昨日の試合結果

8月14日(火)


・13-14位決定戦
10:00〜※現地時間

スリランカ
3-0
(25-19, 25-23, 25-14)
モルジブ
※スリランカが13位、モルジブが14位。



・クォーターファイナル(9-12位)

12:30〜※現地時間
香港
1-3
(25-21, 19-25, 18-25, 15-25)
イラン


15:00〜※現地時間
オーストラリア
3-0
(25-14, 25-17, 25-17)
ニュージーランド

DHQcdFiUwAEW5Qn




・クォーターファイナル(1-8位)
10:00〜※現地時間
カザフスタン
0-3
(16-25 32-34 23-25)
中国
※中国がセミファイナル進出


12:30〜※現地時間
韓国
3-0
(25-20, 25-11 28-26)
チャイニーズタイペイ
※韓国がセミファイナル進出



15:00〜※現地時間
日本
3-0
(25-22 25-21 25-16)
ベトナム


17:00〜※現地時間
タイ
3-0
(25-21 25-14 25-20)
フィリピン


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


※時差1時間(日本が早い)


※結果は随時更新いたします。