さあ、いよいよ決勝戦だ。
遂にアジア選手権の決勝戦にまで駒を進めた全日本女子バレーボールチーム。

今年はU-18アジアユース、U-23アジア選手権と日本は二階級制覇を成し遂げている。

残るはシニア。
アジア三階級制覇なるか?

強い日本。
お家芸の復活目指し、今日、雌雄を決する。

asia CHAMPIONSHIP


image


三大大会ほどの権威はないが、2年に一度、1975年からの由緒ある大会こそ、アジア選手権。
同大会は、同年にワールドカップが実施される場合、同大会に優勝チームと準優勝チームが出場、ワールドグランドチャンピオンズカップに優勝チームが出場出来ることになっている。

※2015年優勝チーム中国はグラチャン出場。

・過去5回大会の成績

2015年:優勝 中国 準優勝 韓国 3位 タイ

2013年:優勝 タイ 準優勝 日本 3位 韓国

2011年:優勝 中国 準優勝 日本 3位 韓国

2009年:優勝 タイ 準優勝 中国 3位 日本

2007年:優勝 日本 準優勝 中国 3位 タイ

この大会は三大大会の多くが日本で開催されることもあり、第三回大会以降、日本での開催はなく、近5回の大会では中国、タイ、日本の間で金メダルを分けあっている。

日本が最後に優勝したのは2007年の柳本監督時代が最後であり、前回はモントルーバレーマスターズに出場するため、ジュニア世代のメンバーが出場。6位となっている。

さて、今回はワールドグランプリの決勝ラウンドの直後にアジア選手権が予定されている。
更にそのあと、同大会終了後、すぐに第二回国内合宿に入り、今度はグラチャンに向けて調整が進められる。

1502170769508


image


今年の全日本は三大会のみの参戦。
その分、合宿期間が長く、練習の成果が粘り強いディグや連携で成果が出ている。

今年は始動が遅かっただけに、あっという間に全日本のシーズンは終わっていく。


・期間

2017年8月9日(水)~8月17日(木)

・開催地

マニラ(フィリピン)

①会場: Alonte Sports Arena

②会場: Muntinlupa Sports Complex



・参加国

・A組:ホンコンチャイナ、カザフスタン、フィリピン

・B組:日本、オーストラリア、中国

・C組:韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム

・D組:チャイニーズタイペイ、イラン、モルディブ、タイ

image



・競技方法

出場14チームをA、B組に3チーム、C、D組に4チームずつ振り分け、1次リーグ戦(1回総当り戦)を行う。各組の1、2位チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、A、B組の3位チームとC、D組の3、4位チーム(計6チーム)が順位決定予備戦(9-14位)に回る。

順位決定予備戦では、1-8位は8チームが4チームずつ、9-14位は6チームが3チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行うが、1次リーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、1次リーグ戦の対戦成績を持ち越す。

順位決定予備戦各組の最終順位をもとにクウォーターファイナルラウンドの対戦カードを決定。クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドでそれぞれ1試合ずつ戦い、最終順位を決定する。

・順位決定方法

各組の順位は、勝敗数により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝点(※)
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※…1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。


image


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

決勝戦の相手・タイは今年3回闘っている。

・ワールドグランプリ2017

日本
3-2
(25-20 19-25 26-24 27-25 15-9)
タイ

日本
3-1
(25-19 17-25 25-18 25-19)
タイ

・アジア選手権

日本
3-1
(22-25 25-20 25-22 26-24)
タイ

目下三連勝だが、初戦はフルセットへ持ち込まれ、日本ラウンドでも第二セットを失っている。先日の対戦ではあわやフルセットという場面もあった。

従来、タイは高速コンビが売りだったが、アチャラポーン、チャッチュオン選手など決定力の高いサイドアタッカーが育ち、ややサイド寄りにチームが変わり、変幻自在さに正攻法が加わり、厄介なチームになってきている。

先日の対戦では被ブロック17、固い守りに手を焼く場面も多かった。

それを踏まえてのタイ戦。

ここで勝って、アジア王者としてグラチャンに凱旋したい。

アジアの頂点目指し
頑張れ、ニッポン‼

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・今日の対戦カード

8月17日(木)
・ファイナル

7-8位決定戦
10:00〜※現地時間

カザフスタン
3-2
(25-20, 25-16, 21-25,21-25, 15-3)
フィリピン
※カザフスタンが7位、フィリピンが8位。
DHaDOi_V0AE1dPe




5-6位決定戦
12:30〜※現地時間

ベトナム
3-0
(25-23, 25-22, 25-23)
チャイニーズタイペイ
※ベトナムが5位、チャイニーズタイペイが6位。
DHav9AXVoAAw9CE





3-4位決定戦
15:00〜※現地時間

中国
0-3
(11-25 18-25 20-25)
韓国

韓国 VS 中国 ライブ配信中 ←ここからJUMP

※韓国が銅メダル獲得。中国が4位。




優勝決定戦
17:30〜※現地時間

日本
3-2
(26-28 20-25 25-16 25-16 15-7)
タイ

日本 vs タイ ライブ配信があります。 ←こちらからJUMP

※本日はDAZNでの放映があります。

DAZN放映 日本VSタイ ←こちらからJUMP


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:内瀬戸真実選手、野本梨佳選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・セッター:佐藤美弥選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・リベロ:井上琴絵選手

[画像:1546f21e.jpg]




第一セット、日本は序盤からペースを握り、野本選手のレフトからのアタック、フェイント、奥村選手のコースを狙った軟打で8-4とリード。タイはチャッチュオン選手のレフトからの連続アタックなどで7-8と追い上げるも、日本は岩坂選手の速攻で切ると新鍋選手のレフトからのアタックで10-8。日本は野本選手のアタックなどで攻撃するも、タイはプルームジット選手の速攻、チャッチュオン選手のアタックで13-13の同点に追いつくと、プルームジット選手の速攻やチャッチュオン選手のアタックで16-15でタイがリードする。双方一進一退が続く中、日本は岩坂選手の速攻で24-23とセットポイントを迎えるもタイもデュースに持ち込む。タイがセットポイントを迎えると最後は新鍋選手のライトからのアタックがブロックにつかまり、26-28でタイが先制する。

第二セット、ピンピチャヤ選手のアタックとチャッチュオン選手のサービスエース、チャッチュオン選手のバックアタックなどで5-0とタイが先行。日本はここから岩坂選手の速攻などで追い上げるも、4-8でタイがリードし中盤へ。日本は荒木選手のブロードで攻撃するも、野本選手のレフトからのアタックがブロックされ、アチャラポーン選手のサービスエースで6-11とリードを広げる。日本は佐藤美弥選手のブロックで追い上げるも、荒木選手のブロードがアウトになるなど連続ミスで失点。日本は冨永選手を投入し打開を図るも、アチャラポーン選手のレフトからのアタックで16-8と8点を追う苦しい展開。日本は冨永選手のツーアタックや岩坂選手の速攻、新鍋選手のライトからのアタックで追い上げ、野本選手のアタックとプルームジット選手のブロードがアウトとなり、14-20.さらに荒木選手のブロードとタイのアタックアウトで16-20。更に岩坂選手のブロードとタイのアタックアウトで20-24まで迫るも、先にセットポイントを奪ったタイが、最後はアチャラポーン選手のレフトからのアタックで決め、25-20でタイがセットを連取する。

第三セット、スタートから鍋谷選手を起用。ピンピチャヤ選手、アチャラポーン選手のアタックで攻めてくるタイに対し、日本は新鍋選手のアタックで対抗。更に岩坂選手のサービスエースと新鍋選手の軟打、タイのアタックアウトなどで得点を重ね、8-4とリード。更に鍋谷選手のレフトからのアタック、荒木選手のブロードで10-4とリードを広げる。更に荒木、岩坂選手の速攻と内瀬戸選手のブロックで14-8とし、岩坂選手の速攻で16-11で終盤へ。日本は荒木選手のブロックなどで得点するもタイはピンピチャヤ選手、ウィパイイ選手のバックアタックで反撃。日本は鍋谷選手のサービスエースで20-15と再びリードすると、更に荒木選手のブロード、鍋谷選手のサービスエース、内瀬戸選手のブロックでセットポイントを奪うと、最後は内瀬戸選手のレフトからのアタックで25-16で日本が第三セットを奪い返す。

第四セット、3-3からピンピチャヤ選手選手のアタックと鍋谷選手のアタックがブロックされ3-5.日本は鍋谷選手のライトからのフェイントとサービスエースで6-6。これを切り返したタイはチャッチュオン選手のアタックで8-6と勝ち越して終盤へ。日本は荒木選手のサービスエースと岩坂選手のブロックなどで11-9と逆転。更に岩坂選手のブロックとウィパウィ選手のアタックアウトなどで16-9とリードを広げ終盤へ。更に荒木選手のブロード、鍋谷選手のサービスエース、内瀬戸選手のブロックでセットポイントを奪うと、最後は内瀬戸選手のレフトからのアタックで25-16で日本が第四セットを連取し、勝負の行方は最終セットへ。


最終セット、日本はアチャラポーン選手のアタックアウトや長いラリーを新鍋選手のライトからのアタックで制し4-1。日本は荒木選手のブロックなどで得点を重ね、8-4でコートチェンジ。日本はさらに内瀬戸選手のレフトからのアタックなどで11-6とリードを広げる。日本は内瀬戸選手の3連続アタックでマッチポイントを奪い、最後は鍋谷選手のレフトからのアタックで日本が15-7で制し、3-2のフルセットでアジア選手権を制しました。


[画像:8d22bd55.jpg]


 ・ベストスコアラー
新鍋理沙選手(日本)

image


19得点

試合を通じて安定したプレイが光った新鍋選手がベストスコアラーで優勝に大きく貢献しました。また内瀬戸選手が18得点。岩坂選手が13得点。第三セット以降の反撃に重要な役割を果たした荒木選手が9得点。今日は荒木、岩坂選手の奮闘なくしては勝利は難しかったかもしれません。また、第三セットからスタートで起用された鍋谷選手が11得点とまさに総力戦での勝利となりました。

前半2セットを連取されながら逆転するあたり、日本のフルセット伝説は生きていました。苦しい展開から追い上げて逆転勝利に持ち込んだ日本。見事アジア王者のタイトルを引っ提げて、堂々とグラチャンに凱旋できます。

全日本女子バレーボールチームの健闘を称え、本当におめでとうございます!


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・昨日の結果

8月16日(水)

セミファイナル

・11-12位決定戦
10:00〜※現地時間

香港
3-0
(25-15, 25-12, 25-19)
ニュージーランド

※香港が11位、ニュージーランドが12位。


・5-8位
10:00〜※現地時間

ベトナム
3-2
(25-22, 25-18, 21-25,20-25, 15-15)
カザフスタン


・9-10位決定戦
12:30〜※現地時間

イラン
2-3
(19-25- 25-18, 20-25,25-22, 15-10)
オーストラリア


・5-8位決定戦
12:30〜※現地時間

チャイニーズタイペイ
3-0
(25-19, 25-20, 25-19)
フィリピン


・セミファイナル
15:00〜※現地時間

日本
3-0
(25-17 25-18 25-18)
中国



17:30〜※現地時間

韓国
0-3
(20-25 20-25 21-25)
タイ

※タイが決勝戦に進出。


※時差1時間(日本が早い)


※結果は随時更新いたします。
・最終順位


[画像:b8aa1266.jpg]


 優勝:日本
準優勝:タイ
3位:韓国
4位:中国
5位:ベトナム
6位:チャイニーズタイペイ
7位:カザフスタン
8位:フィリピン
9位:イラン
10位:オーストラリア
11位:香港
12位:ニュージーランド
13位:スリランカ
14位:モルジブ


[画像:61d7dadd.jpg]


 ・個人賞

MVP:新鍋理沙選手(日本)

ベストスパイカー:キム・ヨンギョン選手(韓国)
セカンドベストスパイカー:チャッチュオン・モクシー選手(タイ)
ベストオポジット:ジン・イエ選手(中国)
ベストセッター:ヌットサラ・トムコム選手(タイ)
ベストミドルブロッカー:ハッタヤ・バムルンスック選手(タイ)
セカンドベストミドルブロッカー賞 :岩坂名奈選手(日本)
ベストリベロ:小幡真子選手(日本)
セカンドベストリベロ:Denden Lazaro選手(フィリピン)