ラヒモワ選手の咆哮が
オリンピアのプライドが垣間見えた準決勝。

同時にこう思った。
トップチームと追うチームには
まだ格差があって
日本のバレーボールのレベルは
かなり高いことも確認出来た。

だから、高さのある
ヨーロッパのチームは
ワンチャンスで
上位を倒すことが出来る。

つまり
日本は確実に
技術で上に行かなくてはならない。

それを改めて認識した欧州選手権。

ついに最終週。




[画像:f239df4c.jpg]



こちらは2年に一回の開催。
過去5回の大会ではロシアが2回、イタリアが2回、セルビアが1回優勝している。
優勝チームはワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップの優先出場権を持つ。

既にロシア、セルビア、トルコ、イタリア、アゼルバイジャン、ドイツなどが来年の世界バレーの出場権を獲得。

2018年を前の前哨戦にあたる。

・過去5年の優勝チーム
2007年:イタリア
2009年:イタリア
2011年:セルビア
2013年:ロシア
2015年:ロシア


・実施期間
2017年09月22日(金)~10月01日(日)

・開催場所
アゼルバイジャン:バクー
ジョージア:トビリシ、ギャンジャ


・競技方法

プールをA〜Dに分け、一次リーグを闘う。
各プールの上位1チーム4とプレーオフを勝ち抜いた4チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出。

5-12位プレーオフを行う。
13位以下の順位決定戦は行わない。



・出場チーム
A組 :アゼルバイジャン・バクー
出場チーム:

アゼルバイジャン
ドイツ
ポーランド
ハンガリー


B組:ジョージア・トビリシ

出場チーム:
ジョージア
イタリア
クロアチア
ベラルーシ


C組:アゼルバイジャン・バクー

出場チーム:

ロシア
トルコ
ブルガリア
ウクライナ


D組:
アゼルバイジャン・バクー

出場チーム:
セルビア
オランダ
ベルギー
チェコ





・大会日程
09月22日(金) 第1日 1次リーグ
09月23日(土) 第2日 1次リーグ
09月24日(日) 第3日 1次リーグ
09月25日(月) 第4日 1次リーグ
09月26日(火) 第5日 プレーオフ 
09月27日(水) 第6日 プレーオフ
09月28日(木) 第7日 準々決勝
09月29日(金) 第8日 準々決勝
09月30日(土) 第9日 準決勝 ※終了
10月01日(日) 第10日 3位戦、決勝戦


[画像:b8d7a00f.jpg]


まず、準決勝の結果から。

9月30日(土) 第9日 準決勝

オランダ
3-2
(20-25 25-19 25-19 25-27 15-12)
アゼルバイジャン

NED-AZE


NED-AZE


183603_059



・ベストスコアラー
ポリーナ・ラヒモワ選手(アゼルバイジャン) 38得点





セルビア
3-0
(25-17 25-12 25-21)
トルコ

194443_018


194622_036


SRB-TUR


・ベストスコアラー ティヤナ・ボシュコビッチ選手(セルビア) 23得点


 最終的にはリオデジャネイロオリンピックの2位と4位という順当な組み合わせの決勝戦となりました。

欧州王者が遂に決まります。
メダルマッチの2試合が組まれる最終戦。



10月1日(日) 第10日

3位決定戦

アゼルバイジャン
1-3
(25-22 21-25 14-25 9-25)
トルコ

[画像:db99844d.jpg]

[画像:04bd107d.jpg]

[画像:2ed0cdcf.jpg]

昨日同様、第一セットを先制したアゼルバイジャンだが、続く第二セットを奪い、トルコが形成逆転。守備力と組織力の差でトルコが銅メダルを獲得した。

・ベストスコアラー
オズソイ・ネリマン選手(トルコ)
22得点

新旧トヨタ車体の助っ人外国人同士の対戦は来季からトヨタ車体に加わるネリマン選手に軍配。






決勝戦

IMG_20171001_164748


オランダ
1-3
(20-25 22-25 25-18 18-25)
セルビア


[画像:d900ff45.jpg]

[画像:f97c8a16.jpg]

[画像:24edaf0b.jpg]

迎えた決勝戦、ミハイロビッチ、ボシュコビッチ選手の二枚看板を抱えるセルビアが第一、第二セットとも優勢のまま連取し、王手を掛ける。対するオランダ、セルビアのサーブミスを含むミスの多さと引きかけにスローティエス選手のサービスエースなどサーブが走り第三セットを奪いかえす。
第四セット、ブロックが機能しはじめたセルビアが主導権を握り、プラク選手のブロックアウトなどで反撃するオランダを最後はボシュコビッチ選手のアタックで制し、3-1でセルビアが欧州王者に輝きました。

・ベストスコアラー
ティヤナ・ボシュコビッチ選手(セルビア)
29得点

試合を決定付ける活躍を見せたサウスポーエースのボシュコビッチ選手。左右のエースがいるのは強力。



リオデジャネイロオリンピックの銀メダリストであるセルビアが4位のオランダを下し欧州王者に耀きました。

やはり総合力的にみても世界の列強の一角であり、中国と並ぶ気の抜けない強力なチームと言えるでしょう。

まずはおめでとうございます。

・最終順位

1位 セルビア
2位 オランダ
3位 トルコ
4位 アゼルバイジャン
5位  イタリア  
6位 ロシア
7位 ベラルーシ
8位 ドイツ
9位 ブルガリア
10位 ポーランド
11位 クロアチア
12位 チェコ
13位 ウクライナ
14位 ベルギー
15位 ハンガリー
16位 ジョージア


awarding



ドリームチーム

・ベストアウトサイドスパイカー:
ブランキッツア・ミハイロビッチ選手 (セルビア)
アンネ・バイス (オランダ)

・ベストミドルブロッカー
エダ・エルデム・デュンダル選手 (トルコ)
ステファナ・ベリコビッチ選手(セルビア)

ベストオポジット: ロンネケ・スローティエス選手 (オランダ)

ベストセッター: ラウラ・ダイケマ選手 (オランダ)
ベストリベロ: ワレーリヤ・コロテンコ選手 (アゼルバイジャン)

MVP: ティヤナ・ボシュコビッチ選手 (セルビア) 

受賞された皆様、おめでとうございます。

あるチームは来年の世界バレーでもしのぎを削り
またある者は来季、日本でプレーします。

再会を期待します。
お疲れ様でした。