_20180622_091405


昨日より開幕した、ネーションズリーグの下部リーグ、チャレンジャーカップ。

この大会はネーションズリーグのチャレンジャーチームの入れ替えを目的に実施され、今年から新設された。

ワールドリーグ/ワールドグランプリのグループ2に代わるものと思って頂ければわかりやすい。

詳しくはこちらを参照⇒チャレンジャーカップ開幕・ネーションズリーグ男子・中国ラウンドメンバー発表


尚、出場チームは世界各地のバレーバール管理団体別に代表チームが選出されている。

geo bel


・アジア アジアバレーボール連盟(AVC)代表チーム:
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)

・アフリカ CAVB(アフリカバレーボール連盟)代表チーム:
実施なし

・ヨーロッパ CEV(欧州バレーボール連盟)代表チーム:
ブルガリア🇧🇬(世界ランキング17位)
ハンガリー🇭🇺(世界ランキング30位)

北中米 NORCECA(北中米バレーボール連盟)代表チーム:
プエルトリコ🇵🇷(世界ランキング42位)

南米 CSV(南米バレーボール連盟 )代表チーム:
コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位)
ペルー🇵🇪(世界ランキング26位)
※チャレンジャーカップのホスト国

以上、6ヵ国によって争われる


・プールA:
ペルー🇵🇪, コロンビア🇨🇴 ,ハンガリー🇭🇺

・プールB:
オーストラリア🇦🇺, ブルガリア🇧🇬, プエルトリコ🇵🇷


・リーグ戦

20日(水)
〇コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位)
3-0
(26-24, 25-12, 25-12)
ペルー🇵🇪(世界ランキング26位)



〇ブルガリア🇧🇬(世界ランキング17位)
3-0
(25-11, 25-16, 25-15)
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)



21日(木)

〇プエルトリコ🇵🇷(世界ランキング42位)
3-0
(25-10, 25-19, 25-15)
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)1敗



〇コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位)1勝
3-0
(25-13, 25-19, 25-7)
ハンガリー🇭🇺(世界ランキング30位)


tur ukr



・現在の順位

・プールA:

コロンビア🇨🇴 2勝
ペルー🇵🇪 1敗 1敗
ハンガリー🇭🇺 1敗


・プールB:
プエルトリコ🇵🇷 1勝
ブルガリア🇧🇬 1勝
オーストラリア🇦🇺 2敗


尚、同大会は23日(現地時間)まで行われます。

対戦日程:*現地時間


6/22
17:00 プエルトリコ🇵🇷vsブルガリア🇧🇬
19:00 ペルー🇵🇪vsハンガリー🇭🇺

6/23
17:00 - セミファイナル
プールA1位 vs プールB2位

19:00 - セミファイナル
プールB1位 vs プールA2位

6/24
16:00 - 3位決定戦
18:00 - ファイナル

来年のネーションズリーグ出場国を争う同大会もお楽しみに。
ネーションズリーグ2018男子の第5週・中国ラウンドの出場メンバー14人が発表された。
高松卓矢、古賀太一郎選手に代わり髙野直哉、井手智選手が加わる。

出場メンバーは、以下の通り。

JapansteamgreetsfansastheycelebratetheirvictoryoverItaly


・セッター
藤井直伸選手、関田誠大選手

・ウイングスパイカー
福澤達哉選手、浅野博亮選手、柳田将洋選手、高野直哉選手

・オポジット
大竹壱青選手、西田有志選手

・ミドルブロッカー
李博選手、伏見大和選手、山内晶大選手、髙橋健太郎選手

・リベロ
井手智選手、本間隆太選手

・ネーションズリーグ男子・第三次ラウンド終了時点の順位

1位.フランス🇫🇷
(コアチーム・世界ランキング9位)10勝2敗

2位. アメリカ🇺🇸
(コアチーム・世界ランキング2位)10勝2敗 

3位.ロシア🇷🇺
(コアチーム・世界ランキング4位)9勝3敗 

4位.ブラジル🇧🇷
(コアチーム・世界ランキング1位)8勝4敗

5位.ポーランド🇵🇱
(コアチーム・世界ランキング3位)8勝4敗

6位.セルビア🇷🇸
(コアチーム・世界ランキング11位)8勝4敗

7位.イタリア🇮🇹
(コアチーム・世界ランキング4位)7勝5敗
 
8位.カナダ🇨🇦
(チャレンジャーチーム・世界ランキング6位)6勝6敗   

9位.日本🇯🇵
(コアチーム・世界ランキング12位)6勝6敗

10位.ドイツ🇩🇪
(コアチーム・世界ランキング10位)5勝7敗

11位.オーストラリア🇦🇺
(チャレンジャーチーム・世界ランキング16位)5勝7敗

12位.ブルガリア🇧🇬
(チャレンジャーチーム・世界ランキング14位)5勝7敗

13位.イラン🇮🇷
(コアチーム・世界ランキング8位)4勝8敗

14位.アルゼンチン🇦🇷
(コアチーム・世界ランキング7位)2勝10敗

15位.中国🇨🇳
(コアチーム・世界ランキング20位)2勝10敗
 
16位.韓国🇰🇷
(チャレンジャーチーム・世界ランキング21位)1勝11敗  


※上位5チームと主催国・中国が決勝ラウンド進出。


Japanteamsupporters



中国ラウンドでは、以下の対戦カードが組まれている。


・ネーションズリーグ
中国ラウンド・対戦カード


22日(金)20:30〜
15位.中国🇨🇳
(コアチーム・世界ランキング20位)2勝10敗


23日(土)17:00〜
6位.セルビア🇷🇸
(コアチーム・世界ランキング11位)8勝4敗


24日(日)17:00〜
8位.カナダ🇨🇦
(チャレンジャーチーム・世界ランキング6位)6勝6敗   

セルビアとカナダが大敵。カナダは日本と並ぶ6勝6敗。ここは是が非でも勝って2勝1敗で乗り切りたいところ。

男子の決勝ラウンドはフランスなので、元々首位。女子とは違い、単純に上を目指せばいい。

その上にもイタリアがいて、現実的に決勝ラウンドは難しそうだが、まずは毎戦のベストゲームを期待したい。


HakuRiofJapanservestheballagainstArgentinainLudwigsburgGermany


・本日の対戦カード

22日(金)20:30〜

9位.日本🇯🇵
(コアチーム・世界ランキング12位)6勝6敗
1-3
(16-25 21-25 25-18 22-25)
○15位.中国🇨🇳
(コアチーム・世界ランキング20位)2勝10敗


・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:福澤達哉選手、柳田将洋選手
・オポジット:西田有志選手
・センター:李博選手、山内将大選手
・セッター:藤井直伸選手
・リベロ:井手智選手


第一セット、前半は一進一退。中国はサービスエースなどで12-9と抜け出す。日本は西田選手のライトからのアタック、中国のアタックアウトなどで得点するも、中国は速攻を交え16-10とリードを広げる。
日本は13-17まで追い上げ中国タイムアウト。中国はクイックからサービスエースで追加点を重ねる。日本は福澤選手のパックライトで反撃するも、中国22-16で日本タイムアウト。
中国は山内選手のDクイックをブロックしセットポイント。最後は中国のライトからのアタックで25-16で中国が先制する。

第二セット、序盤は一進一退。中国は福澤選手のレフトからのアタック、李選手のBクイックを連続ブロックで7-5。日本は中国のserveアウトから西田選手のブロックアウトで7-7とするも、関田選手のサーブアウトで8-7と中国リード。
日本は李選手のサービスエース、山内選手のDクイックなどで14-12と勝ち越して中国タイムアウト。日本は15-15の同点に追い付かれるも西田選手のレフトからのストレートで16-15と勝ち越す。
日本は西田選手のライトからのブロックアウトで同点に追い付くも、中国はレフトからのアタックなどで24-21とセットポイント。最後はネット際の攻防で日本のボールが返らず25-21で中国がセットを連取する。

後がない日本、中国はライトからのストレート、連続サービスエースなどで4-0とリードし日本タイムアウト。日本は中国のサーブ後がから福澤選手のサービスエース、西田選手のプッシュなどで反撃するも中国はD,Aクイックとレフトからのアタックなどで8-4とリードする。
日本は浅野選手のプッシュ、李選手のブロックなどで13-10と逆転。日本は一旦14-14に追い付かれるも、中国のバックライトがアウトとなるなど16-14と再びリード。
日本は柳田選手のレフトからのアタックで19-16とし中国タイムアウト。日本は西田選手のバックライト、浅野選手のレフトからのブロックアウトでセットポイントを奪い、最後は関田選手のサービスエースで25-18で取り、1-2とする。

第四セット、日本は中国のサーブアウトから柳田選手のフェイントなどで3-1。中国はライトからのアタックで切ると、連続サービスエースで4-3と逆転し日本タイムアウト。
日本は李選手のブロックなどで7-6と勝ち越すも、中国はライトからのアタックなどで連続得点し8-7と逆転する。
中国は柳田選手のパイプがアウトになるなど10-7とリードを広げ、日本タイムアウト。
さらにネット際の判定を巡り中国ポイントから、柳田選手のレフトからのアタックがブロックされ11-16と5点のビハインド。
日本は中国のサーブアウトから途中出場の本間選手のサービスエースで2点を返すも、中国はライトからのアタックなどで得点を重ね、24-21とセットポイント。日本は大竹選手のサービスエースで反撃するも、最後は大竹選手のアタックアウトで25-23で中国が取り、3-1で中国が勝利しました。


終始主導権を握れなかった日本。第四セットもチャンスがあっただけに惜しい敗戦となりました。セルビア、カナダと厳しい相手が続きますが、気持ちを切り替えて明日に臨んで貰いたいと思います。

頑張れ、ニッポン!!


・ベストスコアラー
CHUAN JIANG選手(中国)

20180622_224925

26得点