_20180622_091405

ネーションズリーグの下部リーグ、チャレンジャーカップも今日で3日目

この大会はネーションズリーグのチャレンジャーチームの入れ替えを目的に実施され、今年から新設された。

ワールドリーグ/ワールドグランプリのグループ2に代わるものと思って頂ければわかりやすい。

詳しくはこちらを参照⇒チャレンジャーカップ開幕・ネーションズリーグ男子・中国ラウンドメンバー発表 


尚、出場チームは世界各地のバレーバール管理団体別に代表チームが選出されている。

geo bel


・アジア アジアバレーボール連盟(AVC)代表チーム:
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)

・アフリカ CAVB(アフリカバレーボール連盟)代表チーム:
実施なし

・ヨーロッパ CEV(欧州バレーボール連盟)代表チーム:
ブルガリア🇧🇬(世界ランキング17位)
ハンガリー🇭🇺(世界ランキング30位)

北中米 NORCECA(北中米バレーボール連盟)代表チーム:
プエルトリコ🇵🇷(世界ランキング42位)

南米 CSV(南米バレーボール連盟 )代表チーム:
コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位)
ペルー🇵🇪(世界ランキング26位)
※チャレンジャーカップのホスト国

以上、6ヵ国によって争われる


・プールA:
ペルー🇵🇪, コロンビア🇨🇴 ,ハンガリー🇭🇺

・プールB: 
オーストラリア🇦🇺, ブルガリア🇧🇬, プエルトリコ🇵🇷


・これまでの結果

・リーグ戦

20日(水)
〇コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位) 
3-0
(26-24, 25-12, 25-12)
ペルー🇵🇪(世界ランキング26位)



〇ブルガリア🇧🇬(世界ランキング17位)
3-0
(25-11, 25-16, 25-15)
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)



21日(木)

〇プエルトリコ🇵🇷(世界ランキング42位)
3-0
(25-10, 25-19, 25-15)
オーストラリア🇦🇺(世界ランキング42位)1敗



〇コロンビア🇨🇴(世界ランキング28位)1勝 
3-0 
(25-13, 25-19, 25-7)
ハンガリー🇭🇺(世界ランキング30位)


tur ukr

・今日の対戦

6月22日(金)

プエルトリコ🇵🇷
0-3
 (18-25, 18-25, 14-25) 
○ブルガリア🇧🇬

・ベストスコアラー
SILVANA CHAUSHEVA選手(ブルガリア)

20180623_141136

13得点




○ペルー🇵🇪
3-0
(25-14 25-11 28-26)
ハンガリー🇭🇺

・ベストスコアラー
カルラ・オルティス選手(ペルー)

20180623_141401

12得点



尚、同大会は24日(現地時間)まで行われます。

対戦日程:*現地時間


・リーグ戦 最終順位

・プールA:

コロンビア🇨🇴 2勝
ペルー🇵🇪 1勝1敗
ハンガリー🇭🇺 2敗


・プールB: 
ブルガリア🇧🇬 2勝
プエルトリコ🇵🇷 1勝1敗
オーストラリア🇦🇺 2敗

 ※決勝トーナメントにはコロンビア、ペルー、ブルガリア、プエルトリコが出場。


・今後の日程

6/23
17:00 - セミファイナル 
コロンビア🇨🇴 vs プエルトリコ🇵🇷

※ライブ配信がございます。




19:00 - セミファイナル 
ブルガリア🇧🇬  vs ペルー🇵🇪

※ライブ配信がございます。


6/24
16:00 - 3位決定戦
18:00 - ファイナル

来年のネーションズリーグ出場国を争う同大会も佳境に入ってきました。

メンバー構成的にはブルガリアが一枚上という印象。ポーランド同様上向きで来年の台風の目になるかもしれません。

こちらもお楽しみに。



ネーションズリーグ2018男子の第5週・中国ラウンドの出場メンバー14人が発表された。
高松卓矢、古賀太一郎選手に代わり髙野直哉、井手智選手が加わる。

出場メンバーは、以下の通り。

JapansteamgreetsfansastheycelebratetheirvictoryoverItaly


・セッター
藤井直伸選手、関田誠大選手

・ウイングスパイカー
福澤達哉選手、浅野博亮選手、柳田将洋選手、高野直哉選手

・オポジット
大竹壱青選手、西田有志選手

・ミドルブロッカー
李博選手、伏見大和選手、山内晶大選手、髙橋健太郎選手

・リベロ
井手智選手、本間隆太選手

・ネーションズリーグ男子・第三次ラウンド終了時点の順位

1位.フランス🇫🇷
(コアチーム・世界ランキング9位)11勝2敗

2位.ロシア🇷🇺
(コアチーム・世界ランキング4位10勝3敗 

3位. アメリカ🇺🇸
(コアチーム・世界ランキング2位)10勝3敗 

4位.ブラジル🇧🇷
(コアチーム・世界ランキング1位)9勝4敗

5位.ポーランド🇵🇱
(コアチーム・世界ランキング3位)9勝4敗

6位.セルビア🇷🇸
(コアチーム・世界ランキング11位)9勝4敗

7位.イタリア🇮🇹
(コアチーム・世界ランキング4位)7勝6敗
 
8位.カナダ🇨🇦
(チャレンジャーチーム・世界ランキング6位)6勝7敗   

9位.ドイツ🇩🇪
(コアチーム・世界ランキング10位)6勝7敗

10位.日本🇯🇵
(コアチーム・世界ランキング12位)6勝7敗

11位.イラン🇮🇷
(コアチーム・世界ランキング8位)5勝8敗

12位.ブルガリア🇧🇬
(チャレンジャーチーム・世界ランキング14位)5勝7敗

12位.オーストラリア🇦🇺
(チャレンジャーチーム・世界ランキング16位)5勝8敗

15位.中国🇨🇳
(コアチーム・世界ランキング20位)3勝10敗
 
15位.アルゼンチン🇦🇷
(コアチーム・世界ランキング7位)2勝11敗

16位.韓国🇰🇷
(チャレンジャーチーム・世界ランキング21位)1勝12敗  


※上位5チームと主催国・中国が決勝ラウンド進出。


Japanteamsupporters

残念ながら昨日の中国戦で敗れたため、日本の決勝ラウンド進出はなくなってしまったが、一つでも多く勝ち、勝ち越しを目指して頑張って貰いたい。

中国ラウンドでは、以下の対戦カードが組まれている。


・ネーションズリーグ
中国ラウンド・対戦カード


23日(土)17:00〜
6位.セルビア🇷🇸
(コアチーム・世界ランキング11位)9勝4敗


24日(日)17:00〜
8位.カナダ🇨🇦
(チャレンジャーチーム・世界ランキング6位)6勝7敗   

セルビア、カナダともに大敵だが、カナダは同じ6勝7敗。一子報いたいところ。


HakuRiofJapanservestheballagainstArgentinainLudwigsburgGermany


・本日の対戦カード

10位.日本🇯🇵
(コアチーム・世界ランキング12位)6勝7敗
1-3
(28-26 33-35 21-25 18-25)
6位.セルビア🇷🇸
(コアチーム・世界ランキング11位)9勝4敗

・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:福澤達哉選手、柳田将洋選手
・オポジット:西田有志選手
・センター:李博選手、山内将大選手
・セッター:藤井直伸選手
・リベロ:井手智選手

第二セットより

20180623_203412


6-8と追う日本。柳田選手のワンタッチを狙った上手いアタックから同点とし、セルビアのアタックアウト、柳田選手のサーブで崩して山内選手の連続クイックなどで16-12とリード。
16-16と追い付いたセルビア。日本は大竹選手のレフトから三枚ブロックを抜く豪快なアタック、福澤選手のバックからのパスアタック、李選手のDクイックなどで得点するも、セルビアは日本のサーブアウトからレフトからのアタックで24-22とセットポイント。日本は柳田選手がライト、バックライトから連続アタックでデュースに持ち込む。
日本は福澤選手のブロックの間を抜くアタック、柳田選手の速さを生かしたブロックが出来上がる前に撃ち抜くレフトからの攻撃などで再三セットポイントを迎えるも決め手を欠き、遂に30点をこえる。最後は関田選手のサーブアウトから、ラリーにて日本のレシーブ返らず35-33でセルビアがセットをうばいかえす。

20180623_203230


第三セット、西田選手を戻した全日本。セルビアは西田、柳田選手の連続アタックアウトで7-4。日本は西田選手のライトからのアタックで切るも、セルビアのクイックで8-5とリード。
追う日本、山内選手のクイックがアウトとなり9-14で日本タイムアウト。日本はセルビアのサーブアウトから大竹選手のライトからのアタック、山内選手のネットインサービスエースで13-15に詰めるもセルビアのレフトからのアタックで13-16と3点を追う。
日本はセルビアのサーブアウトから関田選手のサーブで崩し、大竹選手の連続ブロックで16-16の同点に追い付く。
セルビアはライトからのブロックアウトなどで19-16と再びリードし、日本タイムアウト。
セルビアはコート奥を狙った軟打や李選手のパスミスを見逃さずダイレクトなどで得点を重ねセットポイント。日本は大竹選手のライトからのアタック、柳田選手のサービスエースで追い上げるも、最後はセルビアがレフトからのアタックを決め、25-21でとり、セルビア王手へ。

20180623_203248


第四セット、双方一進一退のままゲームが進み8-7でセルビアが僅かに1点リードする。
一進一退が続く中、セルビアは12-12から柳田選手のバックセンターをブロック、ライトからのアタック、大竹選手のアタックアウト、レフトからのアタックで4連続得点を奪い16-12とリードする。
更にセルビアは山内選手のクイックをブロック、サービスエースなどで19-12と突き放し日本タイムアウト。
日本は大竹選手のライトからのアタックなとで追撃するも、セルビアがリードを守り、最後はレフトからのアタックで25-18で取り、3-1で勝利しました。

・ベストスコアラー
大竹壱青選手(日本)
GetImage (65)

19得点

第一セットを取って、色気が出た訳ではありませんが、第二セットもデュースに持ち込んでからは再三チャンスがあったので、惜しい敗戦となりました。

内容的には昨日の中国戦より良かったかもしれません。

これでネーションズリーグも明日を残すのみとなりました。負け越しが決まってしまいましたが、最後は勝って、スッキリした形でリーグを終えて貰いたいと思います。

頑張れ、ニッポン!!

※ライブ配信がございます。

ラスト二戦、すべてを出し切れ。
頑張れ、ニッポン!!