20180816_224721

元々期待の大きな大会ではなかった割には、他の競技の注目度合いや大会自体の注目度合いも手伝い、バレーボールファンには世界選手権の前哨戦として注目を集めるアジア競技大会。

※アジア競技大会の詳細は

国際大会2018 アジア競技大会とは何か?」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27947764.html

全日本な日々 117 アジア競技大会、開幕へ」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28061644.html

全日本な日々 116 テレビオンエア???」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28033018.html

IMG_20180817_231552


A組
インドネシア、タイ、日本
ホンコンチャイナ、フィリピン

B組
韓国、中国、チャイニーズタイペイ、カザフスタン、ベトナム、インド 



_20180815_190429


女子は香港をワンサイドに下してA組2位でクォーターファイナル(準々決勝)に進出。


_20180821_091312

_20180821_091324

_20180821_091255

準々決勝ではカザフスタンと対戦する。
※ベトナムと表記しておりましたが、失礼しました。訂正してお詫び申し上げます。

_20180821_091156

_20180821_091227

_20180821_091212

_20180822_230215

_20180822_230119

_20180822_230234
 
・最終結果

A組
タイ🇹🇭 4勝
日本🇯🇵 3勝1敗
インドネシア🇮🇩 2勝2敗
フィリピン🇵🇭 1勝3敗

ーここまでが現時点で決勝ラウンド進出ー

香港🇭🇰 4敗



B組
中国🇨🇳 4勝
韓国🇰🇷 3勝1敗
ベトナム🇻🇳 2勝2敗
カザフスタン🇰🇿 1勝3敗

ーここまでが現時点で決勝ラウンド進出ー

チャイニーズタイペイ🇹🇼 1勝3敗
インド🇮🇳 4敗


カザフスタン戦はきっちり勝って通過点としたい。昨日、長岡選手の移籍報道があったが、来季海外も含めて移籍する選手が多い。
東京に向けて、今年は大きなステップアップの年にしたい。

まずは、その第一歩を踏めるかどうか。




・本日の対戦カード

※日本との時差 2時間(日本が早い)


8月29日(水)

10:00〜
クォーターファイナル 
○タイ🇹🇭
3-0
(25-23 25-16 25-20)
ベトナム🇻🇳

第一セットこそ苦戦するも、第二、第三セットを連取してタイのストレート勝ち。

・ベストスコアラー
チャッチュオン・モクシー選手(タイ)

3012720

15得点


12:30〜
クォーターファイナル 
○日本🇯🇵
3-0
(25-16 25-18 25-21)
カザフスタン🇰🇿

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石井優希選手、黒後愛選手
・ライト:長岡望悠選手
・センター:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:井上琴絵選手

第一セット、日本は黒後選手のレフトからのアタック、佐藤選手のサーブで崩して荒木選手のブロック、石井選手のダイレクトで3-0とリード。カザフスタンはレフトからのアタックで切り、一進一退からカザフスタンのアタック、サーブで崩してのブロックで3-4に追い上げるも、日本は石井選手のアタックで切り、カザフスタンのアタックアウトで7-4とリード。カザフスタンはレフトからのアタックとサービスエースで6-7に追い上げるも、日本は石井選手のアタックで切り8-6とリードする。
日本は石井選手の連続サービスエース、石井選手のサーブで崩して奥村選手のダイレクトで11-6とリードを広げる。さらに長岡、黒後選手の連続アタックで14-8、カザフスタンも連続アタックで10-14に迫る。これを日本は長岡、黒後選手の連続アタックで突き放し16-10で折り返す。
カザフスタンは連続アタックて12-18に迫るも、日本は前半のリードに守られ黒後選手のアタックで24-15とセットポイント。
最後も黒後選手が決めて25-16で第一セットを先取する。

第二セット、1-1からカザフスタンはアタックとブロックで連続得点し3-1。日本は石井選手の連続アタックと長岡選手のサービスエース、石井選手の連続アタックで6-3と逆転。さらに奥村選手の速攻、石井選手のサーブで崩して佐藤選手のブロックで8-4とする。
日本は黒後選手のアタックと石井選手のサービスエースで10-4、さらに黒後選手の連続アタックで12-5とリードを広げる。カザフスタンはレフトからのアタックでサイドアウトを取り、黒後選手のアタックアウトで8-13とするも、日本は長岡選手のアタックなどで16-11で折り返す。
日本は石井選手の連続アタックで18-14とするもカザフスタンも連続アタックで応戦し16-19に迫る。日本は荒木選手の速攻、黒後選手のブロックで21-16と再び突き放すと、石井選手のアタック、リリーフサーバー鍋谷選手のサーブで崩して長岡選手のアタックで24-18とセットポイント。最後は鍋谷選手のサービスエースで25-18で日本がセットを連取する。

あとがないカザフスタン、レフトからのアタックとサービスエースで3-1とリード。日本は石井選手のアタック、岩坂選手の連想サービスエースで4-3と逆転。一進一退が続く中、日本は奥村選手のブロード、黒後選手のアタックで8-6とリードする。
カザフスタンはアタックとサービスで8-8の同点に追い付く。一進一退から日本は岩坂選手の速攻、黒後選手のアタックで12-10と勝ち越し。更にカザフスタンのサーブアウト、長岡選手のサービスエースで14-11とリードを広げ、カザフスタンのアタックアウトと黒後選手のアタックで16-12で折り返す。
日本は石井選手のサービスエースとアタックで18-12とリードを広げる。カザフスタンは長岡選手のアタックをブロック、サービスエースで16-20。さらにレフトからのアタック、ブロックで18-21に追い上げる。日本は石井選手のアタックで切ると、黒後選手のアタックで23-18と突き放す。日本は石井選手のアタックでマッチポイントを迎えるも、カザフスタンは連続アタックで21-24に迫る。最後はカザフスタンのアタックアウトで25-21で日本が獲り3-0のストレートでセミファイナル進出を決めました。

・ベストスコアラー
黒後愛選手(日本)

3005880


サナ・アナルクロワ選手(カザフスタン)

3029531 (1)

20得点

さすがに前回のようにワンサイドとは行かないにしても、ほぼ完璧な内容で勝利を収めた全日本女子バレーボールチーム。
黒後選手が20得点、石井選手が17得点、長岡選手が11得点と活躍。あとはミドルの打数が少ないので、そこが及第点。



16:30〜
9-12位戦 
香港🇭🇰 
0-3
(18-25 16-25 13-25)
○インド🇮🇳

インドが香港を下し、9-10位決勝戦へと進む。

・ベストスコアラー
Minimol Abraham選手(インド)3019776

23得点


クォーターファイナル 
インドネシア🇮🇩
0-3
(22-25 13-25 18-25)
○韓国🇰🇷

韓国が順当にインドネシアを破りセミファイナル進出を決める。

・ベストスコアラー
キム・ヨンギョン選手(韓国)

3011695

18得点



19:00〜
クォーターファイナル
フィリピン🇵🇭
0-3
(15-25 9-25 7-25)
○中国🇨🇳

世界ランキング1位の中国。フィリピンを圧倒し準決勝進出を決める。

・ベストスコアラー
ゴン・シャンユー選手(中国)

3012032


Alyja Daphne Santiago選手(フィリピン)
3017602
16得点


※結果は随時、更新いたします。 

以上の結果、セミファイナルで日本は中国との対戦が決まりました。


31日(金)

17:00〜
セミファイナル
韓国🇰🇷
vs
タイ🇹🇭


19:00〜
日本🇯🇵
vs
中国🇨🇳