モントルーの予選ラウンドは2勝1敗。
決勝ラウンドに駒を進めることとなった。

来週には早くもネーションズリーグが待っている。
現時点の登録メンバーは25名。
大会毎の入れ替えとなるが、恐らくネーションズリーグに帯同の17名の中で第三次ラウンドまで転戦となろう。
また、ネーションズリーグ開幕で数名が合流する可能性もある。

※「モントルーバレーマスターズ2019メンバー発表 / ネーションズリーグ2019 メンバー登録改訂版」参照→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/31963028.html



IMG_20190516_132348


モントルーのメンバーは以下の通り。

※日本バレーボール協会のホームページを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/montreux/member


※montreux Volleymastersの公式ホームページを参照→http://www.volleymasters.ch/en/competition/teams/jpn%20japan/players

モントルー



実際、ファンが気にしているのは勝ち負けよりもっと大事なことがある。

誰が出場して、どんな内容の試合になったのか?
全てはそこである。

ナショナルチームが編成されて間もない時期。
どこのチームも錆び付いていて、これから油を指し動かしていく。

主力を温存するチームもあれば、大幅な入れ換えを行うチームもある。

様子見の大会なので、結果は二の次。
誰が使われ、誰が出て来て
各国の様子はどうか?
次へのステップを切り開くか?

所謂、様子見の大会。



20180630_050530


そんなモントルー・バレーマスターズは、例年、ナショナルチームの仕事始めたる大会という性格が強く、招集された各国のチームの試運転的な大会に位置する。

昨年はネーションズリーグ初年度ということに加え、開始時期が早かった影響もあり9月初旬に実施されている。


20190502_173359


・開催期間 
2019年5月13日(月)~18日(土) 

・開催地 
モントルー(スイス)  

・参加チーム 

・A組
中国、ドイツ、日本、ポーランド 

・B組
イタリア、スイス、タイ、トルコ 

・試合方式 
参加8チームを4チームずつA・Bの2組に振り分け、各組で1回総当たり戦を行って順位を決定。

各組の4位同士で7-8位決定戦、3位同士で5-6位決定戦を行う。

上位2チームずつでセミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行い、最終順位を決定する。

ちなみに、モントルーは過去、ロンドンオリンピックの前年となる2011年に優勝、リオデジャネイロオリンピックの前年となる2015年に準優勝と、節目の時期に好成績をあげている。

また、眞鍋ジャパンでは年度別にメンバー構成が変わっており、若手選手中心のBチームでの参加もあれば、主力を参加させて本腰を入れる年度もある。 

2011年に日本がモントルーで優勝した時、主力の多くが参加してはいるものの、木村沙織さんや竹下佳江さんは休養している。

20190429_202553

今年は中田ジャパン初参戦にして来年は東京オリンピックを控えている。
この時期にガチメンで闘う理由もあまりないので、若手選手中心のテスト的な舞台として用いられることが予測され、関、今村、長内、芥川、渡邊選手らがテストされている。

残るは今季初帯同の中川選手と温存の古賀選手、今季復活を目指す宮下選手。

_20190424_193741

国際大会とは言っても、この時期はまだオープン戦のようなもの。

パフォーマンスは悪くない。 
後は各自が考えてプレイして
結果に結び付けば、それでいい。


今日は全日本はお休み。
決勝ラウンド出場チームが今日出揃う。


・初日の対戦カード

・5/16
(時差7時間:日本が早い)


23:30〜
○イタリア 1勝1敗
3-1
(25-17 25-16 16-25 25-13)
スイス 2敗

・ベストスコアラー
マジャ・シュトルク選手(スイス)

GetImage (1)

20得点



1:45〜
ドイツ 2敗
1-3
(14-25 25-22 18-25 18-25)
○ポーランド 1勝1敗

・ベストスコアラー
マルヴィナ・スマジェク選手(ポーランド)

GetImage (3)

27得点




4:15〜
タイ 2勝
1-2 
(25-22 19-25 21-25 24-26)
○トルコ 1勝1敗

・ベストスコアラー
マリカ・クントーン選手(トルコ)

20190517_062207

24得点


・予選ラウンド 最終結果

・プールA

ポーランド 2勝1敗
日本 2勝1敗
中国 2勝1敗
ドイツ 3敗

※ポーランドと日本が決勝ラウンド進出


・プールB

イタリア 2勝1敗
タイ 2勝1敗
トルコ 2勝1敗
スイス 3敗

今回はそれぞれドイツとスイスが白星配球係となり両プールとも2勝1敗の混戦の中からポーランドと日本、イタリアとタイが決勝ラウンド進出を決めました。


・決勝ラウンドのカード

7-8位決定戦

23:30〜 

ドイツ
vs
スイス


1:45〜

ポーランド
vs
タイ


4:15〜

イタリア
vs
日本



※結果は随時、更新いたします。