第二次ラウンド、日本はトルコ、ロシアを撃破し連勝でドイツ戦を迎える。

DeniseHankeandMarieSchlzelofGermanyontheblock


※ネーションズリーグの実施詳細は「ネーションズリーグ2019メンバー発表+まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32065194.html?jprank=1&cat=186

※ネーションズの放映日程は「ネーションズリーグ2019 テレビ放映まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32056788.html?ref=head_btn_prev&id=7269558


■ネーションズリーグ2019の登録メンバー

ネーションズリーグ2019メンバー


※詳しくは日本バレーボール協会のHPを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/vnl_women/member

第二次ラウンドの出場メンバーは以下の通り。

2.古賀 紗理那選手
3(C).岩坂 名奈選手
4.新鍋 理沙選手
6.宮下 遥選手
7.石井 優希選手
11.鍋谷 友理枝選手
12.佐藤 美弥選手
13.奥村 麻依選手
14.小幡 真子選手
16.黒後 愛選手
18.山岸あかね選手
20.渡邊 彩選手
21.長内 美和子選手
24.芥川 愛加選手



TurkeysFatmaYildirimscores


・現在の順位
 
1位.アメリカ
世界ランキング3位 5勝 ポイント14

2位.トルコ
世界ランキング12位 4勝1敗 ポイント12

3位.イタリア
世界ランキング8位 4勝 ポイント12

4位.ポーランド
世界ランキング26位 4勝1敗 ポイント12

5位.ブラジル
世界ランキング4位 3勝2敗 ポイント9
 
6位.中国
世界ランキング2位  3勝2敗 ポイント9

7位.日本
世界ランキング6位 3勝2敗 ポイント9 

8位.セルビア
世界ランキング1位 3勝2敗 ポイント9

9位.オランダ
世界ランキング7位 2勝3敗 ポイント7

10位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 2勝3敗 ポイント6

11位.タイ
世界ランキング14位 2勝3敗 ポイント6

12位.ベルギー
世界ランキング19位  2勝3敗 ポイント5

13位.韓国
世界ランキング9位 1勝4敗ポイント3

14位.ロシア
世界ランキング5位 1勝4敗 ポイント3

15位.ドイツ
世界ランキング15位 1勝4敗 ポイント3

16位.ブルガリア
世界ランキング16位 5敗 ポイント1


このラウンドで一番驚くのは主力抜きのアメリカが5連勝を飾っていることだ。ブラジルの世代交代が進まず衰退の道を歩んでいるのとは対称的。
古豪復活のトルコとポーランド、タイ、ドイツなどはワールドカップに出られないのでここはメイチで闘う。イタリアと中国はそろそろ本腰。中国は主力が揃うに従い成績が上がってきた。日本が対戦した中国とは訳が違う。
セルビアは未だに飛車角抜き。序盤健闘したドミニカ共和国、ベルギーはズルズル後退。韓国、ロシアは大エース抜きで闘う。今年初参戦のブルガリアは苦戦中。アルゼンチンと同じぐらいか?



・ネーションズリーグ ラウンドスケジュール

FIVB_VNL_2019_Pools_W


・プール5
イタリアラウンド

IMG_20180930_152729

イタリア、アメリカ、ドミニカ共和国、セルビア

2位アメリカ、3位イタリア、6位セルビア、7位ドミニカ共和国と激戦区のプール5。
潰し合いが熾烈となりそう。


5/30(木)

0:00〜

○10位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 2勝3敗 ポイント6
3-2
(25-10 16-25 25-19 19-25 15-11)
1位.アメリカ
世界ランキング3位 5勝 ポイント14

打倒アメリカを果たすなら今しかない。
第一セット鮮やかに先制したドミニカ共和国。アメリカにフルセットへ持ち込まれるも粘り勝ちで3勝3敗の五分に戻し、アメリカは初黒星。  

20190531_082129


・ベストスコアラー
ブライエリン・マルティネス選手(ドミニカ共和国)

20190529_102521

26得点



3:00〜 

8位.セルビア
世界ランキング1位 3勝2敗 ポイント9
vs
3位.イタリア
世界ランキング8位 4勝 ポイント12





・プール6
トルコラウンド

20190524_054539

トルコ、ドイツ、ロシア、日本

全勝のトルコ、主力温存のロシア、全敗のドイツ、そして日本とバラエティに富むプール6。
現在の日本がトルコ、ロシアとどう闘うか?
現時点の力関係が分かるラウンド。


5/30(木)

20:30〜 

○6位.中国
世界ランキング2位  3勝2敗 ポイント9
3-0
(25-21 25-12 25-11)
13位.韓国
世界ランキング9位 1勝4敗ポイント3

遂にシュ・ティ、エン・シンゲツ選手と飛車角が揃った中国。キム・ヨンギョン選手不在の韓国をストレートで粉砕。エンジンが掛かってきた。

・ベストスコアラー
チョウ・ジョウネイ選手(中国)
20190530_223816

17得点




23:30〜

○2位.トルコ
世界ランキング12位 4勝1敗 ポイント12
3-0
(25-19 25-21 25-20)
14位.ロシア
世界ランキング5位 1勝4敗 ポイント3

日本に敗れたトルコだが、飛車角落ちのロシアをストレートで破り一敗を守る。

・ベストスコアラー
メリエム・ボズ選手(トルコ)

GetImage (20)

25得点



・プール7 
マカオラウンド

ChinasFangDuan20HanyuYang4andYanhanLiu19celebrate

中国、ベルギー、タイ、韓国

主力温存だった中国、日本、ブルガリアを破り2勝したベルギー。エース不在の韓国。そしてフルメンバーのタイ。日本を除くアジアの三強が勢揃い。


5/30〜(木)

17:30〜

○12位.ベルギー
世界ランキング19位  2勝3敗 ポイント5
3-0 
(25-21 25-22 25-23)
11位.タイ
世界ランキング14位 2勝3敗 ポイント6

タイに食い下がられたベルギーだが振り切ってストレート勝ち。これで三勝目。

・ベストスコアラー
カヤ・フロベルナ選手(ベルギー)

Kaja Grobelna

19得点


20:30〜

7位.日本
世界ランキング6位 3勝2敗 ポイント9 
1-0
(25-23 25-19 19-12)
15位.ドイツ
世界ランキング15位 1勝4敗 ポイント3

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石井優希選手、黒後愛選手
・オポジット:鍋谷友理枝選手
・センター:芥川愛加選手、渡邊彩選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:山岸あかね選手    

新鍋、岩坂選手に代わり、鍋谷、渡邊選手を起用。
宮下選手のスタメンは今日もなし。
 
DeniseHankeandMarieSchlzelofGermanyontheblock

第一セット、鍋谷選手のライトからのクロス、リップマン選手のレフトからのブロックアウト、黒後選手のライトからのアタックアウト、鍋谷選手のレフトからのクロス、黒後選手のサービスエースでブレイクし3-2。ドイツのダイレクト、サーブアウト、リップマン選手のライトからの強烈な連続クロスなどでドイツ5-4と逆転。日本はドイツのアタックアウトなどで6-5と逆転。ドイツはレフトからのクロスで切るもサーブアウト、ドイツのライトからのブロックアウト。芥川選手のブロードで切り8-7と日本リード。
ドイツはハンコック選手のツーアタックで切るも、渡邊選手のブロード、佐藤選手のサービスエースで10-8。佐藤選手のサーブアウト、鍋谷選手のレフトからの強烈なアタック、黒後選手のサービスエースでブレイクし12-9。黒後選手のサーブアウト、鍋谷選手のライトからのアタックアウト、リップマン選手のバックセンターからのフェイント、鍋谷選手のライトからのクロス、オースマン選手のレフトからのクロス、サーブアウト、オースマン選手のレフトからのクロス、石井選手のレフトからのブロックアウト、黒後選手のレフトからのクロスでブレイクし16-14と日本リード。
ポール選手のフェイント、黒後選手のレフトからの強烈なアタック、ここで日本は宮下選手をリリーフサーバーに起用。リップマン選手のレフトからのブロックアウト、渡邊選手の跳躍力を活かしたダイナミックなブロード。ドイツはクイック、リップマン選手のライトからのクロス、鍋谷選手のレフトからのアタックをブロックし3連続得点で19-18と逆転し日本タイムアウト。オースマン選手のアタック、渡邊選手のクイック、リップマン選手のライトからのストレートがアウト、リップマン選手のライトからのブロックアウト、石井選手のレフトからのブロックアウト、渡邊選手のサービスエースでブレイクし22-21と逆転しドイツタイムアウト。リップマン選手のライトからのフェイント、芥川選手のクイックで23-22としドイツ二回目のタイムアウト。
石井選手のレフトからのクロスでセットポイント。鍋谷選手のサーブアウト、最後は石井選手のレフトからのストレートを巡りドイツのチャレンジ失敗。
25-23で日本が先制する。  
 
GalleryPic


第二セット、渡邊選手の左手のクイック、リップマン選手のライトからのクロス。日本は芥川選手のクイックなどで4-2とリード。ドイツのオーバーネットなどで6-4とリード。ドイツはブロードで切るも、芥川選手のブロード、リップマン選手のバックライト、ドイツのダブルコンタクトで8-5とリードする。
ドイツはクイックで切るも、鍋谷選手のレフトからのブロックアウト、ハンコック選手のクイック、鍋谷選手のライトからのラインを狙ったフェイント、オースマン選手のレフトからのクロス、ドイツのオーバーネット、黒後選手のバックセンターでブレイクし12-8。ドイツはオースマン選手のレフトからのブロックアウトで切ると、ポール選手のレフトからのブロックアウトでブレイクし10-12。一進一退から日本は石井選手のバックセンター、芥川選手のサーブを巡り日本のチャレンジ成功、黒後選手のレフトからのアタックで3連続得点し16-11。
ドイツはポール選手のレフトからのフェイント、ハンコック選手のサーブアウト、リップマン選手のレフトからのフェイントを巡り日本のチャレンジ失敗でドイツ13-17。日本は鍋谷選手のレフトからのブロックアウト、リップマン選手のライトからのアタックアウトでブレイクし19-13。ドイツはオースマン選手のレフトからのクロスで切るも、石井選手のブロックアウト、オースマン選手のレフトからのクロス、石井選手のレフトからのアタック、リップマン選手のライトからのアタックアウトで22-15としドイツタイムアウト。石井選手のアタックアウト、ポール選手のレフトからのストレート、クロスでドイツが3連続得点し18-22で日本タイムアウト。
ドイツのクイック、黒後選手のバックセンター、レフトからのアタックで日本セットポイント。最後はドイツのオーバーネットで25-19で日本が取り、王手をかける。

GalleryPic (48)


第三セット、佐藤選手のサーブアウト、黒後選手のライトからのストレート、オースマン選手のアタックアウト、ドイツのアタック、渡邊選手のクイック、鍋谷選手のライトから隙を狙ったクロス、オースマン選手のバックライトをブロックした際のタッチネットを巡りドイツチャレンジ成功。芥川選手のブロックで切ると、ドイツのオーバタイムでブレイクし6-3。ドイツはブロードで切ると、芥川選手のブロード、石井選手のバックセンターでラリーを制し8-4と日本リード。
黒後選手のレフトからのブロックアウト、日本のオーバタイムス、ドイツのサーブアウト、リップマン選手のレフトからのストレート、渡邊選手のブロード。日本11-6でドイツタイムアウト。
ハンコック選手のクイック、ドイツのブッシュがアウト、リップマン選手のライトからのストレート。ドイツのレフトからのアタックアウト、ハンコック選手のダイレクト、リップマン選手のバックライトでラリーを制し、サービスエース、日本のミスでドイツ4連続得点とし12-13に迫られ日本タイムアウト。オースマン選手のサーブアウトから、ドイツの連続アタックミスで16-12と日本リード。
石井選手のコート奥を狙ったアタック。鍋谷選手のサービスエース、ドイツのコンビミスからラリーに持ち込み芥川選手のブロードで19-12と大きくリードしドイツ二回目のタイムアウト。
ドイツはライトからのクロス、芥川選手のアタックアウトでブレイクし14-19。日本は黒後選手のライトからのストレート。石井選手のサーブアウト、黒後選手が乱れたトスをレフトからクロスで打ち切る。ここで宮下選手と古賀選手を二枚換えで起用。古賀選手のブロックアウト、宮下選手のサービスエースなどでセットポイント。古賀選手のレフトからのアタックをブロック。ここで二枚換えを元に戻す。黒後選手のレフトからのアタックをブロックしドイツブレイク。最後は渡邊選手のブロードで決め、日本が25-17で取りストレートが第二次ラウンド三連勝を飾りました。 

CelebrationofthepointJapan


・ベストスコアラー
石井優希選手(日本)

GetImage (3)

14得点

今日は第一セットがややもつれたぐらいで危ないところは殆んどなく、快勝でした。
黒後選手が13得点。鍋谷選手が12得点とレフト、ライトが機能。芥川、渡邊選手が揃って8得点とまんべんなく得点しました。
この二日間は古賀、宮下選手の二枚換えという場面もありましたが、宮下選手のサービスエースもあり、少しずつ感覚は掴めてきたかもしれません。

トルコラウンド全勝で次は香港ラウンド。
次は中国、イタリア、オランダと強敵揃い。
特に中国とイタリアは主力を投入。オランダが主力を揃えるとかなり壮絶な闘いになると思います。

連戦のケアをしつつ、頑張れ、ニッポン!!




・プール8
オランダラウンド
 
GalleryPic (16)

オランダ、ブラジル、ポーランド、ブルガリア

2勝1敗のポーランド、控え中心のブラジル、主力不在のオランダ、ネーションズリーグ初参加のブルガリア。勝ち負けそのものが面白くなりそう。


5/30(木)

23:30〜

○4位.ポーランド
世界ランキング26位 4勝1敗 ポイント12
3-1
(25-13 25-27 25-20 25-15)
9位.オランダ
世界ランキング7位 2勝3敗 ポイント7

ガチメンのポーランド。エース不在のオランダを破り1敗を守る。

・ベストスコアラー
マルヴィナ・スマジェク選手(ポーランド)

GetImage (3)

23得点



2:30〜

○5位.ブラジル
世界ランキング4位 3勝2敗 ポイント9
3-0
(25-18 25-23 25-18)
16位.ブルガリア
世界ランキング16位 5敗 ポイント1

初勝利に燃えるブルガリアだがブラジルがそれを許さずストレート勝ちで4勝目。

・ベストスコアラー
アナポーラ・ダ・クルーズ選手(ブラジル)
 
GetImage (24)

18得点



MargaritaKurilosspikeagainstJapanblock


コシェレワ、ゴンチャロワ選手の二枚抜きで負ける訳には行かなかった日本。ロシアはサイドアタッカーの決定力はともかく、ディグがもうひとつ、ブロードもスピードがなく、芥川選手の速さとは対称的だった。
古賀選手の二枚換え投入を見る限り、実戦で勝ちに行く局面を想定したテストにも映る。

とにかく白星先行となった以上、今日のドイツ戦は白星を狙うこととなるが、ドイツはガチメンなので油断は禁物。

昨日は長内、芥川選手を試したが、今日は渡邊、宮下選手の先発がみたい。試すならこのあたりでないと使いにくい。

前々から書いている通り、ここは勝ち負けより内容。やるべきことが出来ているかどうかのほうが重要。現時点の力と今後の課題、方向性が問われるラウンドとなろう。

勝ち負けよりも試したいことは試し、チームとして伸び伸び闘いたい。

頑張れ、ニッポン!