長いネーションズリーグも女子は遂に第四次・日本ラウンドを迎える。

結局、メンバーの大きな入れ替えはなく、日本ラウンドまでは今までのメンバーで闘い、日本ラウンド以降となる。

GalleryPic (59)



※ネーションズリーグの実施詳細は「ネーションズリーグ2019メンバー発表+まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32065194.html?jprank=1&cat=186

※ネーションズの放映日程は「ネーションズリーグ2019 テレビ放映まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32056788.html?ref=head_btn_prev&id=7269558


■ネーションズリーグ2019の登録メンバー

ネーションズリーグ2019メンバー


※詳しくは日本バレーボール協会のHPを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/vnl_women/member

勿論、全員が第一次ラウンドに参加する訳ではなく、上記の登録メンバーの中からラウンド事に入れ替えを行う。出場するかどうかは定かではないがこの時期にしては珍しく荒木絵里香選手も登録されている。

GalleryPic (35)

第四次ラウンドの出場メンバーが日本バレーボール協会より公示された。

メンバーは以下の通り。
予選ラウンド第4週 東京大会出場選手

2 古賀紗理那選手(NECレッドロケッツ)OH
 (3) 岩坂名奈選手(久光製薬スプリングス)MB
4 新鍋理沙選手(久光製薬スプリングス)OP
6 宮下 遥選手(岡山シーガルズ)S
7 石井優希選手(久光製薬スプリングス)OH 
11  鍋谷友理枝選手(デンソーエアリービーズ)OH
12  佐藤美弥選手(日立リヴァーレ)S
13  奥村麻依選手(公益財団法人日本バレーボール協会)MB
14  小幡真子選手(JTマーヴェラス)L
16  黒後 愛選手(東レアローズ)OH
18  山岸あかね選手(埼玉上尾メディックス)L
20  渡邊 彩選手(トヨタ車体クインシーズ)OH
21  長内美和子選手(日立リヴァーレ)OH
24  芥川愛加選手(JTマーヴェラス)MB


今回はモントルー帯同メンバーのうち宮下選手が登録、関選手が外れている。


TurkeysFatmaYildirimscores


・現在の順位
 
1位.トルコ
世界ランキング12位 8勝1敗 ポイント24

2位.イタリア
世界ランキング8位 7勝2敗 ポイント22

3位.アメリカ
世界ランキング3位 7勝2敗 ポイント21

4位.中国
世界ランキング2位  7勝2敗 ポイント20

5位.ポーランド
世界ランキング26位 7勝2敗 ポイント20

6位.ブラジル
世界ランキング4位 6勝3敗 ポイント18
 
7位.日本
世界ランキング6位 5勝4敗 ポイント15

8位.セルビア
世界ランキング1位 5勝4敗 ポイント15

9位.ベルギー
世界ランキング19位  5勝4敗 ポイント14

10位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 5勝4敗 ポイント13

11位.タイ
世界ランキング14位 3勝6敗 ポイント10

12位.ドイツ
世界ランキング15位 3勝6敗 ポイント8

13位.オランダ
世界ランキング7位 2勝7敗 ポイント7

14位.ロシア
世界ランキング5位 1勝8敗 ポイント4
 
15位.韓国
世界ランキング9位 1勝8敗ポイント3

16位.ブルガリア
世界ランキング16位 9敗 ポイント1


ZehraGnereadyforthespikehit (1)

この順位をご覧頂ければお分かりの通り、ロシアやオランダがフルメンバーならこんな順位にはなっていない。また、エース不在でも上位にいるセルビアやようやくベテランが出始めてきたアメリカ、フルメンバーが揃い始めてきた中国、イタリアはここから本気モード。
トルコやポーランドは段々厳しくなってくる。
やっと合流したキム・ヨンギョン選手がいる韓国だが本領発揮はこれから。ベルギーは健闘。
アジアでは強いタイだが高さがないのでクラスがあがるとしんどい。序盤走ったドミニカ共和国だが、まだトップクラスとは開きがある。

ここまでの日本の闘いぶりを振り返ると…。

第三次ラウンドまでで気になるのは石井選手の出場機会が群を抜いて多い。
とにかく独り立ちさせようという中田監督の親心。
同じく、昨年の世界選手権では控えだったキャプテン岩坂名奈選手、その世界選手権では登録がなかった佐藤美弥選手。

そして復調著しい鍋谷友理枝選手と前半活躍した長内美和子選手。

ここまでは佐藤美弥選手と関選手の両セッターの活躍が光るが、現時点では佐藤美弥選手が一枚上。
セッターは恐らく佐藤美弥選手と田代、冨永選手で後半戦を回すことになるだろう。


日本ラウンド以降は誰かと入れ替えとなりそうだが、内瀬戸選手はそろそろ出番。一旦長内選手、或いは調整中という古賀選手がお休みとなる可能性も。

石井選手はほぼでずっぱりだが、このまま使いづめとなるとコンディション調整が気になるので休ませてもいい頃合いだが…。

ミドルブロッカーは島村選手と渡邊選手の入れ替えが予想される。もしかしたら芥川選手と入澤選手の入れ替えも。

恐らく井上選手が合流するので、小幡、山岸選手のいずれかと交代。

恐らく今村、中川選手はここでアウト。
中川選手はこれからU-20に回る可能性が大。

入澤選手や吉野選手が使われるかどうか?
抜擢があっても日本ラウンド以降。




・ネーションズリーグ ラウンドスケジュール

FIVB_VNL_2019_Pools_W

・プール13
イタリアラウンド

TheItaliangirlsshowuswhatteamspiritis

イタリア、韓国、ブルガリア、ロシア

ロシアの主力投入がなしなら、イタリアの独壇場となりそうなラウンド。キム・ヨンギョン選手が合流した韓国が鍵を握りそう。
 

0:00〜

14位.ロシア
世界ランキング5位 1勝8敗 ポイント4
3-1
(25-23 15-25 25-20 25-17)
15位.韓国
世界ランキング9位 1勝8敗ポイント3

エース、キム・ヨンギョン選手を揃えた韓国だが復調とまではいかず9敗目。

・ベストスコアラー
キム・ヨンギョン選手(韓国)

GetImage (69)

17得点




3:00〜

○2位.イタリア
世界ランキング8位 7勝2敗 ポイント22
3-0
(25-19 25-23 25-20)
16位.ブルガリア
世界ランキング16位 9敗 ポイント1

優勝にむけて視界良好のイタリア。ブルガリアをストレートで下す。

・ベストスコアラー
インドレ・ソロカイテ選手(イタリア)

GetImage (12)

19得点


・プール14
ドイツラウンド
 
20190607_095050

ドイツ、ベルギー、オランダ、ドミニカ共和国

上位チームのいない穏やかなラウンド。ここではドミニカ共和国が一枚上だが、それもオランダが主力を投入するか次第。ベルギーとドミニカ共和国の対戦にて現在のベルギーの力量が計れる。


0:30〜

○9位.ベルギー
世界ランキング19位  5勝4敗 ポイント14
3-2
(22-25 23-25 25-17 25-19 15-10)
13位.オランダ
世界ランキング7位 2勝7敗 ポイント7

エース・スローティエス選手、プラク選手も合流したオランダ。 2セットダウンからベルギーが猛反撃し逆転勝ち。まだ試運転。


・ベストスコアラー
カーヤ・グロベルナ選手(ベルギー)

20190612_072417

32得点



3:30〜

12位.ドイツ
世界ランキング15位 3勝6敗 ポイント8
vs
10位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 5勝4敗 ポイント13




・プール15
日本ラウンド

TheJapanesegirlscheeringthemselvesup

日本、セルビア、タイ、ブラジル

かなりメンバー入れ替えがありそうな日本ラウンド。セルビアがエース温存なら楽だが、常にフルメンバーのタイ、上位を伺うブラジル。と骨っぽいメンバーが揃った。

このメンバーでどの程度の手応えがあるか、現時点での全日本の力量が計れるラウンド。


15:40〜

8位.セルビア
世界ランキング1位 5勝4敗 ポイント15
0-3
(22-25 23-25 21-25)
○11位.タイ
世界ランキング14位 3勝6敗 ポイント10

・ベストスコアラー
チャッチュオン・モクシー選手(タイ)

GetImage (17)

14得点



19:10〜

○6位.ブラジル
世界ランキング4位 6勝3敗 ポイント18
3-1
(17-25 19-25 20-25 25-22)
7位.日本
世界ランキング6位 5勝4敗 ポイント15

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:古賀紗理那選手、石井優希選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:小幡真子選手    


GalleryPic (55)

第三セット1-1より。
古賀選手のレフトからのクロス、ストレートの連続ブロックアウトでブレイク、ブラジルのクイック、古賀選手のクロス、アマンダ選手のレフトからのクロス、ラリーの末、アナ・コレア選手のクイック、アナ・ポーラ選手のサービスエース、佐藤選手が押し合いを制す。古賀選手のサービスエース、サーブアウト、ブラジルのバックライトがアウト、古賀選手のバックライトで日本8-6とリード。
ガビ選手のレフトからのクロス、岩坂選手のクイック、石井選手の連続レフトからのブロックアウトでブレイクし11-7でブラジルタイムアウト。
アナ・ポーラ選手のライトからのクロス、日本オーバーネットでブラジルブレイクで9-11。石井選手のストレートコースのブロックアウト、新鍋選手のライトからのアタックアウト、岩坂選手のクイック、古賀選手の相手ブロックを上手く使ったブロックアウト、アマンダ選手のレフトからのアタックアウト、古賀選手の強烈なクロスで16-10と大きくリード。
マイアミ選手のクイック、古賀選手のダイレクト、アナ・ポーラ選手のライトからのクロス、アマンダ選手のレフトからのクロス、奥村選手のクイック、石井選手のレフトからのストレートをブロック、奥村選手のブロード、ここで日本は鍋谷選手をリリーフサーバー、石井選手のレフトからのブロックアウトでブレイクし日本20-14でブラジル二回目のブロックアウト。
ブラジルはガビ選手のレフトからのクロス、岩坂選手のクイック、マイアミ選手のクイック、ガビ選手のレフトからのストレートでブレイクしブラジル17-21で日本タイムアウト。
石井選手のレフトからのアタック、ブラジルのアタック判定を巡りブラジルブロックタッチのチャレンジ成功、ガビ選手のバックセンター、マイアミ選手のブロックでブラジル20-22で日本二回目のタイムアウト。日本は石井選手のパイプ。ここで黒後選手をリリーフサーバー。黒後選手のナイスディグで繋いで古賀選手のクロスで日本セットポイント、最後はガビ選手のパイプがアウトとなり、日本が25-20で第三セットを奪い返す。

GalleryPic (54)


第四セット、石井選手のサーブで崩して岩坂選手がブロック、古賀選手のレフトからのフェイントでブレイク、石井選手の連続サービスエースで4-0としブラジルタイムアウト。アナ・ポーラ選手のレフトからのブロックアウト、新鍋選手のライトからのコート奥を狙ったクロス、古賀選手のレフトからのアタックがアンテナ、アナ・ポーラ選手のライトからのストレートを巡り、ブラジルブロックタッチのチャレンジ失敗、古賀選手のレフトからのアタックがブロック、ジュリア選手のレフトからのブロックアウトでブラジルブレイク。アナ・ポーラ選手のサーブアウト、古賀選手のサーブアウト、石井選手のレフトからのフェイントで8-5と日本リード。
ブラジルのツーアタック、アナ・ベアトリス選手のサーブアウト、サーブで崩して古賀選手のパイプ、佐藤選手のサーブで崩すもブラジル押し合いを制すと、ノータッチサービスエースでブレイクし8-10。古賀選手のパイプから新鍋選手のダイレクト、ブラジルはガビ選手のバックライト、ラリーの末ブラジルのフェイントでブラジルブレイクし10-11に迫る。ガビ選手のサーブアウト、ジュリア選手のレフトからのクロス、新鍋選手のライトからのブロックアウト、新鍋選手がアンダーで丁寧に繋いで古賀選手のレフトからのストレート、古賀選手の3連続レフトを決めきれずブラジルはジュリア選手のライトからのクロス、ブラジルはロベルタ選手をリリーフサーバー、古賀選手がレフトからのクロスで撃ち抜く、古賀選手サーブアウト、アナ・ベアトリス選手のクイック、奥村選手のブロードをブロックしブラジル3連続得点で15-15。古賀選手のパイプで日本が16-15でリード。
奥村選手のサーブアウト、石井選手のレフトからのクロス、ガビ選手のレフトからのブロックアウト、ブラジルはマクリス選手をリリーフサーバー。石井選手のライトからのアタック、ブラジルのクイック、小幡選手の懸命のディグで繋いで古賀選手のブロックアウト、ここで鍋谷選手をリリーフサーバー、アナ・ポーラ選手のライトからのクロス、ブラジル押し合いを制しブラジル20-19で日本タイムアウト。古賀選手のレフトからのアタックをアナ・ベアトリス選手がブロック、古賀選手のレフトからのクロス、アナ・ポーラ選手のライトからのストレート方向へのブロックアウト、古賀選手のレフトからのブロックアウト、ここで日本は黒後選手をリリーフサーバー。アナ・ベアトリス選手のブロード、ガビ選手のレフトからのクロスでブラジルマッチポイントとし日本二回目のタイムアウト。日本は石井選手のレフトからのブロックアウト、ここで宮下選手をリリーフサーバー、最後はガビ選手のレフトからのブロックアウトで25-22で取り、3-1でブラジルが勝ちました。

Brazilplayersduringwarmupsession


・ベストスコアラー
古賀紗理那選手(日本)

GetImage (67)


アナポーラ・ロペス・フェレイラ選手(ブラジル)

GetImage (68)

26得点

正直、第三セットからしか観れていないので現時点では分かりませんが、第四セットも序盤リードしながら勝てなかったのは自滅との中田監督の弁。
フルセットに持ち込める可能性が高かっただけに惜しまれます。日本は古賀選手が26得点でベスト、石井選手が18得点と両レフトが機能。被ブロック7としつこくワンチを取ってディグで繋いで粘る日本のバレーは出来ていたと思います。
明日はセルビアですが、ボシュコビッチ、ミハイロビッチ選手抜きなので、ここはあっさり通過点としたいところ。

頑張れ、ニッポン!





・プール16
中国ラウンド

中国、アメリカ、ポーランド、トルコ

決勝ラウンドも含め三戦連続でホームと羽振りのよい中国。アメリカ、ポーランド、トルコと大激戦区。

20190604_232705

17:00〜

3位.アメリカ
世界ランキング3位 7勝2敗 ポイント21
0-3
(15-25 17-25 25-27)
○1位.トルコ
世界ランキング12位 8勝1敗 ポイント24

脅威のトルコ、アメリカをもストレートで降し、優勝戦線のトップを死守する。いくら主力がまだ慣らしの段階でもストレートとは予想以上。
名将の手腕、恐るべし。

TeamTurkeycelebrates



・ベストスコアラー
エブラル」カラクルト選手(トルコ)

Ebrar Karakurt

23得点


21:00〜

○4位.中国
世界ランキング2位  7勝2敗 ポイント20
3-0
(25-12 25-18 25-22)
5位.ポーランド
世界ランキング26位 7勝2敗 ポイント20

本気モードの中国。ポーランドをストレートでクダシテ着々と首位への道を切り開く。

・ベストスコアラー
マルヴィナ・スマジェク選手(ポーランド)

GetImage (3)

17得点


日本は現在7位で当落線上。
この日本ラウンドのあと、韓国、ポーランド、ドミニカ共和国とあたる。

この3チームには昨年のネーションズリーグ、アジア競技大会で苦戦、もしくは苦杯をなめさせられているチーム。
ポーランドにはモントルーで敗れているので再戦となるが、現体制になってから一度も勝っていないのでリベンジを果たしたいところ。

中国やアメリカ、イタリアといったトップクラスとの対戦が終わっているので、これからの成り行き次第では決勝ラウンド進出の可能性もある。

その意味でもブラジル戦が組まれる日本ラウンドがまず試金石。

頑張れ、ニッポン!