泣いても笑っても、次の韓国ラウンドでネーションズリーグは最終関門を迎える。

日本は今、決勝ラウンド進出の当落線上にいる。 
中田監督は当然、ここを勝ちに来るだろう。

GalleryPic (63)


※ネーションズリーグの実施詳細は「ネーションズリーグ2019メンバー発表+まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32065194.html?jprank=1&cat=186

※ネーションズの放映日程は「ネーションズリーグ2019 テレビ放映まとめ」→http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/32056788.html?ref=head_btn_prev&id=7269558


■ネーションズリーグ2019の登録メンバー

ネーションズリーグ2019メンバー


※詳しくは日本バレーボール協会のHPを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/vnl_women/member


第五次ラウンドのメンバーは以下の通り。


2 古賀紗理那選手(NECレッドロケッツ)OH
 (3) 岩坂名奈選手(久光製薬スプリングス)MB
4 新鍋理沙選手(久光製薬スプリングス)OP
6 宮下 遥選手(岡山シーガルズ)S
7 石井優希選手(久光製薬スプリングス)OH 
11  鍋谷友理枝選手(デンソーエアリービーズ)OH
12  佐藤美弥選手(日立リヴァーレ)S
13  奥村麻依選手(公益財団法人日本バレーボール協会)MB
14  小幡真子選手(JTマーヴェラス)L
16  黒後 愛選手(東レアローズ)OH
18  山岸あかね選手(埼玉上尾メディックス)L
20  渡邊 彩選手(トヨタ車体クインシーズ)OH
24  芥川愛加選手(JTマーヴェラス)MB
27  中川美柚選手(久光製薬スプリングス)OH

今回はモントルー帯同メンバーのうち長内選手が外れ、中川選手が加わっている。


DeniseHankeandMarieSchlzelofGermanyontheblock



・現在の順位
 
1位.イタリア
世界ランキング8位 10勝2敗 ポイント31

2位.トルコ
世界ランキング12位 10勝2敗 ポイント29

3位.ブラジル
世界ランキング4位 9勝3敗 ポイント28

4位.アメリカ
世界ランキング3位 9勝3敗 ポイント27

5位.中国
世界ランキング2位  9勝3敗 ポイント26

6位.日本
世界ランキング6位 7勝5敗 ポイント21

7位.ポーランド
世界ランキング26位 7勝5敗 ポイント21

8位.ベルギー
世界ランキング19位  6勝6敗 ポイント17

9位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 6勝6敗 ポイント15

10位.セルビア
世界ランキング1位 5勝7敗 ポイント15

11位.ドイツ
世界ランキング15位 5勝7敗 ポイント15

12位.オランダ
世界ランキング7位 4勝8敗 ポイント13

13位.タイ
世界ランキング14位 4勝8敗 ポイント13

14位.ロシア
世界ランキング5位 3勝9敗 ポイント10
 
15位.韓国
世界ランキング9位 1勝11敗 ポイント4

16位.ブルガリア
世界ランキング16位 1勝11敗 ポイント3


ZehraGnereadyforthespikehit (1)

トップはイタリア。トルコが執念でポーランドをフルセットの末に下し、優勝戦線に踏みとどまった。逆にポーランドは大きく後退。ポイント同点ながら日本が6位にジャンプアップした。
ナタリア選手を投入し徐々に体制を整えてきたブラジル。百戦錬磨だが往年ほどの力はない。1ポイント差でアメリカ、そして中国。中国は決勝ラウンド主催国特権で進めるので今の状態をキープすればいい。

つまり、日本は中国を除く上位5位に入れば決勝ラウンド進出だ。ライバル・ポーランドとは次のドイツラウンドの初戦であたる。ここが最初の天王山。
まだチャンスがあるのはベルギーとドミニカ共和国。ベルギーとは対戦済みだが負けたことは結果的に高くつくかもしれない。そのベルギー、次のトルコラウンドではトルコ、ブラジル、イタリアと強敵と闘うため、脱落する可能性は大。ドミニカ共和国とは次の韓国ラウンドで対戦する。

ポーランドにはモントルーで、韓国には昨年のアジア競技大会で、ドミニカ共和国は昨年のネーションズリーグと世界選手権でともにフルセットへ持ち込まれている。

特に韓国とは完全アウェイで闘うこととなり、敵地でのブーイングなどもあるかも知れないが、この3戦で決勝ラウンド進出の是非が決まる。

この大会はあくまでワールドカップの前哨戦であり、勝ち負けにはさほどこだわらなくても良い大会ではあるが、まだメダルの懸かった場面の経験がアジア選手権のみと舞台慣れの必要もある。

そういう意味では、勝ちきる自信は重要。

以上を踏まえた上で観戦すると面白い。



・ネーションズリーグ ラウンドスケジュール

FIVB_VNL_2019_Pools_W

・プール17
トルコラウンド

Dutchplayerscheerafterthevictory

トルコ、ベルギー、イタリア、ブラジル

決勝ラウンドの最終関門を迎える中でも大激戦区。ベルギーは三方を強敵に囲まれ、イタリアとトルコは首位通過、ブラジルは決勝ラウンド進出が懸かる。



・プール18
中国ラウンド
 
TeamChinacheeringforwinningapointinthematch (1)

中国、タイ、オランダ、アメリカ

バブリーな中国が決勝ラウンドも含め4ラウンドを買い取り。じわじわ上げてきているドイツと、セルビアが両エースを揃えてくると、混戦のドサクサに紛れ決勝ラウンド進出の可能性も。本気モードなら鍵を握る存在。



・プール19
ロシアラウンド

MargaritaKurilosspikeagainstJapanblock

ロシア、オランダ、タイ、アメリカ

エース不在のロシアが戦力を整えてくるか? オランダは本気モード。アメリカは足を引っ張られたくない。タイは常にベストメンバー。上位食いがあると面白いが…。


 
・プール20
韓国ラウンド

韓国、日本、ポーランド、ドミニカ共和国

YeanKoungKimCaptainofKoreareceives

4つのラウンドのうち、最も強敵の少ない韓国ラウンド。ポーランドがさしあたり最大の目標。韓国は既に圏外なので死に馬に蹴られないようにしたい。鬼門のドミニカ共和国。苦戦傾向があり、ブライエリン・マルティネス選手対策が鍵を握りそう。
気になるのアウェイの空気。



GalleryPic (58)


日本は現在6位で決勝ラウンド進出が懸かる。
韓国ラウンドでは韓国、ポーランド、ドミニカ共和国とあたる。

この3チームには昨年のネーションズリーグ、アジア競技大会で苦戦、もしくは苦杯をなめさせられているチーム。
ポーランドにはモントルーで敗れているので再戦となるが、現体制になってから一度も勝っていないのでリベンジを果たしたいところ。

中国やアメリカ、イタリアといったトップクラスとの対戦が終わっているので、これからの成り行き次第では決勝ラウンド進出の可能性もある。

まず、初戦のポーランド戦が目先の最重要項目。

頑張れ、ニッポン!

男子は来週から第四次ラウンドを迎える。
男女並走路線も今週で一区切り。
こちらも折り返しを迎え、終盤に入る。

GalleryPic (26)



FIVB_VNL_2019_Pools_M

日本は昨日、ブルガリア、オーストラリアをともに執念のフルセットで4勝目を勝ち取った。

日本ラウンドはもう終わっているので帯同メンバーの中から入れ替えが予想される。


ネーションズリーグ男子

復帰した藤井選手がそろそろフル稼働。
出耒田選手の出番が少ないのでもう少しみてみたい。


2

・現在の順位

1位.イラン
世界ランキング8位 8勝1敗 勝ち点24

2位.ブラジル
世界ランキング1位 8勝1敗 勝ち点22

3位.イタリア
世界ランキング3位 7勝2敗  勝ち点21

4位.ロシア
世界ランキング15位 7勝2敗 勝ち点20

5位.フランス
世界ランキング9位 6勝3敗 勝ち点19

6位.アメリカ
世界ランキング2位 5勝4敗 勝ち点16

8位.ポーランド
世界ランキング4位 5勝4敗 勝ち点15

9位.セルビア
世界ランキング10位  5勝4敗 勝ち点13

10位. アルゼンチン
世界ランキング7位 4勝5敗 勝ち点12

11位.カナダ
世界ランキング6位 4勝5敗 勝ち点12

12位.日本
世界ランキング11位 4勝5敗 勝ち点10

12位.ブルガリア
世界ランキング14位 3勝6敗 勝ち点8

13位.ポルトガル
世界ランキング31位 2勝7敗 勝ち点7

14位.ドイツ
世界ランキング27位 2勝7敗 勝ち点6

15位.オーストラリア
世界ランキング16位 1勝8敗 勝ち点7

16位.中国
世界ランキング20位 1勝8敗 勝ち点4
 
目まぐるしく動く首位。イランが首位浮上。ブラジルが2ポイント差で追う。ここまでが一敗。イタリア、ロシアが2敗、フランスが敗れて3敗に後退。アメリカ、ポーランド、セルビアが4敗。アメリカは気がつくと6位に進出、アルゼンチン、カナダ、日本が4勝5敗。
日本が決勝ラウンド進出を目指すなら、まず勝ちもそうだが、ポイント面を意識しなければならない。


JapansTaishiOnoderatryingtoscore


続くアメリカラウンドで日本はアメリカ、カナダ、中国と闘う。実力上位のアメリカはともかく、当落線上のカナダと最下位の中国を倒したい。
仮に決勝ラウンドが無理でも勝ち越し、あるいは一桁順位を目指したい。それにはこのアメリカラウンドを2勝1敗で勝ち越すことが必須となる。

様々な風評を覆し、全日本男子を世間に認めさせるためにも、東京へ大きく前進するためにも
頑張れ、ニッポン!



・本日の対戦カード

・プール13 アメリカラウンド

アメリカ、日本、中国、カナダ

20190617_135208

巻き返し中のアメリカがホーム。カナダ、中国、日本と上位〜中堅クラスとバラエティに富む。





・プール14 イタリアラウンド

ItalysliberoFabioBalasodigs

イタリア、アルゼンチン、セルビア、ポーランド

イタリア、アルゼンチン、セルビア、ポーランドと中々の激戦区。





・プール15 イランラウンド

MaroufIRIcelebratesvictoryoverRussiawithteammates

イラン、ポルトガル、フランス、オーストラリア

イランとフランスが中心のイランラウンド。






・プール16 ブラジルラウンド

ブラジル、ブルガリア、ドイツ、ロシア

AustraliasArshdeepDosanjhsetsforBeauGraham

ブラジルとロシアが激突するブラジルラウンド。アウェイの空気が大きく支配する。


JapansTaishiOnoderatryingtoscore

男子は残り2ラウンド。次のアメリカラウンドで2勝1敗なら第五次・ドイツラウンド次第で決勝ラウンド進出も可能となる。

その意味でもアメリカラウンドが重要となる。
頑張れ、ニッポン!





※結果は随時、更新いたします。