カナダ戦のフルセットの死闘の末5勝7敗でアメリカラウンドを終えた全日本男子。

いよいよ予選ラウンドは第五週、佳境を迎える。

20190623_132513


FIVB_VNL_2019_Pools_M



ネーションズリーグ男子


【第5週ドイツ大会出場選手(14名)】


1 大竹壱青選手
3 藤井直伸選手
5 福澤達哉選手
6 山内晶大選手
7 出耒田敬選手
 ⑧ 柳田将洋選手
10 古賀太一郎選手
11 西田有志選手
12 関田誠大選手
13 髙野直哉選手
14 石川祐希選手
15 李 博選手
20 小野寺太志選手
22 山本智大選手

第五次ラウンドは第四次ラウンドとメンバー変更がない。引き続き同じメンバーで闘う。
こうしたことは珍しい。

AustraliasJordanRichardsattacksagainstadoubleblockfromJapan



・現在の順位

1位.ブラジル
世界ランキング1位 11勝1敗 勝ち点30

2位.イラン
世界ランキング8位 10勝2敗 勝ち点30

3位.フランス
世界ランキング9位 9勝3敗 勝ち点28

4位.ロシア
世界ランキング15位 9勝3敗 勝ち点26

5位.イタリア
世界ランキング3位 8勝4敗  勝ち点25

6位.ポーランド
世界ランキング4位 8勝4敗 勝ち点21

7位.アメリカ
世界ランキング2位 7勝5敗 勝ち点22

8位.カナダ
世界ランキング6位 7勝5敗 勝ち点20

9位. アルゼンチン
世界ランキング7位 6勝6敗 勝ち点19

10位.日本
世界ランキング11位 5勝7敗 勝ち点14

10位.セルビア
世界ランキング10位  5勝7敗 勝ち点14

12位.ブルガリア
世界ランキング14位 3勝48敗 勝ち点10

13位.オーストラリア
世界ランキング16位 2勝10敗 勝ち点10

14位.ドイツ
世界ランキング27位 2勝10敗 勝ち点8

14位.ポルトガル
世界ランキング31位 2勝10敗 勝ち点7

16位.中国
世界ランキング20位 1勝11敗 勝ち点4

 
1位ブラジルと2位イランとのポイント差はなく勝敗差のみ。フランス、ロシアが踏みとどまりイタリア、ポーランドまでがトップグループ。アメリカ、カナダの決勝ラウンド進出が微妙でポイントでポーランドを上回るもあとは勝ち星で上回れるか?
アルゼンチンは残り3つ勝ってどうか?
日本は勝ち星でポーランドを上回ることがなくなったため、決勝ラウンドを逃した。


20190624_043457

次の目標は勝率5割を上回ること。
最終ドイツラウンドではドイツ、ポーランド、ポルトガルと対戦する。

ポーランドは結果ラウンド進出が懸かっているので本気で潰しに来るだろうが、ポーランド戦を勝てれば第五次ラウンド全勝で8勝7敗で勝ち越してネーションズリーグを終える。
 
これは結果として7勝8敗で終えた全日本女子を上回る。近年、男子が女子の成績を上回ったことはなく、実現すればたちまち東京オリンピックへの機運が高まってくるし、全日本男子の評価もあがる。

秋のワールドカップへの期待を繋ぐため、東京オリンピックへの機運を高めるため

頑張れ、ニッポン!!





・プール17 オーストラリアラウンド

オーストラリア、アルゼンチン、中国、ロシア

Australianplayersshowtheirhappiness

上位争いのロシアと当落線上のアルゼンチンがいるオーストラリアラウンド。




・プール18 ブラジルラウンド

AustraliasJordanRichardsattacksagainstadoubleblockfromJapan

ブラジル、イタリア、カナダ、フランス

大激戦区のブラジルラウンド。カナダは四方を大敵に囲まれカード的に不利。



・プール15 ブルガリアラウンド

Bulgarianplayersthankthefansforthesupport

ブルガリア、イラン、セルビア、アメリカ

イランにとって比較的相手に恵まれたブルガリアラウンド。アメリカは決勝ラウンド進出の命運が懸かる。





・プール20 ドイツラウンド

ドイツ日本、ポーランド、ポルトガル

TheviewfortheGermanbench

相手に恵まれたポーランド。日本はポーランドに勝てばこのラウンド全勝の可能性を秘める。



男子はネーションズリーグとはいえ、国際大会で勝ち越しの場面まであげてきている。
今年はワールドカップ。全戦地上波で生中継が予定されており、ここで華々しい活躍をすれば国内にバレーボール人気が甦る可能性を秘めている。

秋に繋げるためにも、来年に繋げるためにも
頑張れ、ニッポン!