ここまで全勝の全日本Bチーム。
ただし、まだ強敵との対戦はない。

今日の中国戦はフルメンバーではないが、ひとつの試金石だ。

このクラスの相手とどこまで闘えるか、最初の関門と言って良い。

JPN_VS_INA_(3)



【アジア選手権 出場メンバー】

5 長内美和子選手
OH 日立リヴァーレ 175cm/67kg 

6 関菜々巳選手
S 東レアローズ 170cm/58kg   

7(C) 松井珠己選手
S 日本女子体育大学4年 170cm/63kg 

8 吉野優理選手
OH 埼玉上尾メディックス 173cm/67kg 

9 入澤まい選手
MB 日立リヴァーレ 188cm/72kg 

10 中川美柚選手
OH 久光製薬スプリングス 183cm/62kg 

11 山田二千華選手
MB NECレッドロケッツ 184cm/73kg 

12 西村弥菜美選手 
OH 岡山シーガルズ 168cm/61kg 

13 曽我啓菜選手
OH NECレッドロケッツ 173cm/65kg 

14 石川真佑選手
OH 東レアローズ 173cm/66kg 

15 平山 詩嫣選手
MB 久光製薬スプリングス 180cm/68kg 

16 水杉玲奈選手
L 東レアローズ 165cm/50kg 

17 西川有喜選手
OH JTマーヴェラス 180cm/64kg 

18 大﨑琴未選手
MB 東レアローズ 180cm/71kg  


彼女たちの多くはアンダーカテゴリーのタイトルホルダー。
世界ジュニアチャンピオン、ユニバーシアード銅メダリスト、アジアカップ銀メダリスト。

そして、高校時代は春高のエース、中学時代からJOCカップで将来を嘱望された選手もいる。V-leagueの新人王もいる。所属チームのエースもいる。
今年の全日本シニアの若手選手も加わるエリート部隊。

いずれ、全日本シニアを背負ってたつ精鋭たち。


IMG_20190820_202707

※参考記事「アジア選手権 プレビュー」→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/32908151.html

 


1564135644393-1024x435 (1)


IMG_20190818_190004


開催期間 
 2019年8月18日(日)~25日(日) 

開催地 
ソウル(韓国)

会場: 
①蚕室室内体育館 
②蚕室学生体育館 

参加チーム  
A組
韓国、イラン、ホンコンチャイナ

B組
日本、カザフスタン、オーストラリア、インド

C組
タイ、チャイニーズタイペイ、ニュージーランド、

D組
中国、インドネシア、スリランカ 

競技方法  
出場13チームをA~D組の4組に振り分け、予選リーグ(1回総当たり戦)を行う。

各組の上位2チーム(計8チーム)が2次リーグ(1-8位)E、F組に進出し、残りのチーム(計5チーム)は2次リーグ(9-13位)G、H組に回る。

E、F組の上位2チームはセミファイナルラウンド(1-4位)に進出し、下位2チームは同ラウンド(5-8位)に、G、H組の上位2チームは同ラウンド(9-12位)に回る。

H組3位は13位が確定。

セミファイナルラウンドの結果を元にファイナルラウンドを行い、最終順位を決定する。   
 

IMG_20190818_190008


順位決定方法  

各組の順位は、勝敗数により決定する。 

2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

 [第1優先] 勝点(※)
 [第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット) [第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

 ※1試合で与えられる勝点について セットカウント3-0または3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。 

セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。 

 日本とソウル(韓国)の時差:なし  


・予選リーグ戦(日本出場B組のみ)   

B組8月18日(日)
11:30
オーストラリア × カザフスタン
14:00
日本 × インド

8月19日(月)
14:00
日本 × カザフスタン
インド × オーストラリア 

8月20日(火)
14:00
日本 × オーストラリア
16:30
カザフスタン × インド                     


2次リーグ(1-8位) 

[コート①]
F組
8月22日(木)11:30
D組1位 × B組2位

14:00
B組1位 × D組2位

E組
16:30
A組1位 × C組2位

19:00
C組1位 × A組2位

E組
8月23日(金)
11:30
A組2位 × C組2位

F組
14:00
B組2位 × D組2位

E組
16:30
A組1位 × C組1位

F組
19:00
B組1位 × D組1位    


・セミファイナルラウンド(1-8位)  

5-8位
8月24日(土)
16:00
[5]F組3位 × E組4位

11:00
[6]E組3位 × F組4位

1-4位
13:30
[7]E組1位 × F組2位16:00
[8]F組1位 × E組2位 



・ファイナルラウンド   

7-8位決定戦
8月25日(日)
16:00[5]の敗者 × [6]の敗者

5-6位決定戦
11:00
[5]の勝者 × [6]の勝者

3位決定戦
13:30
[7]の敗者 × [8]の敗者

決勝
16:00
[7]の勝者 × [8]の勝者


JPN_vs_INDIA_(10)

JPN_vs_INDIA_(1)

JPN_vs_INDIA_(15)

_20190818_201859


・決勝ラウンド出場チーム(1-8位)

プールA

韓国 2
イラン 1勝1敗

ー決勝ラウンド(1-8位)進出ー

香港 2



プールB

日本 3勝
カザフスタン 21敗

ー決勝ラウンド(1-8位)進出ー

オーストラリア 1勝2敗
インド 3敗



プールC

タイ  2
チャイニーズタイペイ 1勝1敗

ー決勝ラウンド(1-8位)進出ー

ニュージーランド 2

 

D組

中国 2
インドネシア 1勝1敗

ー決勝ラウンド(1-8位)進出ー

スリランカ 2敗

JPN_VS_INA_(19)

Bチームは途中出場を含め、なるべく多くの選手を起用しているが、まだ中川選手をスタメンで起用していないなど、底をみせてはいない。

懸念される日韓関係の悪化により、完全アウェイ、敵地でのプレイや治安状態など不安が多いが、まずは邪念を取り払い中国戦に集中して貰いたい。

そして、無事に帰ってきて欲しい。

頑張れ、ニッポン!



・五日目の対戦カード

JPN_VS_AUS_(4)

IMG_20190821_165439
 

1-8位

プールE

11:30〜

イラン A組2位 1敗
1-3
(25-22 23-25 19-25 12-25)
◯チャイニーズタイペイ C組2位 1敗

IMG_20190823_153502




16:30〜  

◯韓国 A組1位 1勝
3-1
(25-20 23-25 25-17 25-21)
タイ C組1位 1勝

IMG_20190823_214902


FB_IMG_1566553332557





プールF

14:00〜

◯カザフスタン B組2位 1敗
3-0
(25-19 25-15 25-18)
インドネシア D組2位 1敗

IMG_20190823_163508



19:00〜

日本 B組1位 1勝
2-3
(25-14 11-25 21-25 25-18 12-15)
◯中国 D組1位 1勝

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:長内美和子選手、石川真佑選手
・ライト:曽我啓菜選手
・センター:山田二千華選手、平山詩嫣選手
・セッター:関菜々巳選手
・リベロ:西村弥菜美選手、水杉玲奈選手

_20190824_070718



IMG_20190823_220320

JPN_V_CHN_(14)

第一セット、中国はレフトからのブロックアウト、サービスエースを足掛かりに3点先行。日本は曽我選手のライトからの攻撃や長内選手のサービスエース、曽我選手のダイレクトなどで反撃するも中国はレフトからのブロックアウト、パイプ、ブロードなどを繰り出し8-6とリード。
日本は関選手得意のパスアタックからサービスエース、サーブで崩して山田選手の連続クイックで流れを引き込み10-8と一気に逆転し中国タイムアウト。更に長内選手のレフトからのクロス、中国のアタックアウトで12-8とリードを広げる。中国が1点返すも日本は曽我選手のライトからのアタック、長内選手のパイプ、石川選手のレフトからのクロス、山田選手のクイックで16-9と一気にリードを広げる。
中国はレフトからのクロスなどで追いかけるも、日本は石川選手のレフトからのブロックアウト、平山選手のブロードなどで21-14とし中国二回目のタイムアウト。更に日本は曽我選手の前に落とすサーブで崩して平山選手のブロック、石川選手のレフトからのクロスでセットポイントを奪い、最後は平山選手のブロードで25-14で中盤から鮮やかに逆転し日本が先制する。

JPN_V_CHN_(17)


続く第二セット、序盤は一進一退。長内選手のサービスエース、山田選手のクイックなどで3-3から、石川選手のアタックアウトから中国はサーブで崩してダイレクト、レフトからのフェイント、曽我選手のライトからのアタックをブロックするなどリードを広げ8-4とする。
徐々に高さと打力で圧倒しはじめた中国、レフトからのクロスなどで11-5とし日本タイムアウト。
日本は平山選手のライトからのクロスなどで反撃するもラリーに持ち込んでも決めきれず、中国のライトからのクロス、ブロックに掴まり6-16と大きく離される。日本は途中出場の中川選手のライトからのアタックなどで反撃を試みるもサーブで崩されダイレクトで得点され9-21で日本二回目のタイムアウト。中国はライトからのクロスでセットポイントを奪うと最後は石川選手のレフトからのアタックアウトで25-11で中国が奪い1-1のイーブンへ。

JPN_V_CHN_(1)


第三セット、中国はレフトからのストレート、クロスで2点先制。日本は曽我選手のライトからのクロスから石川選手のレフトからのフェイント、ブロックアウト、長内選手のサーブで崩して山田選手のブロードで4-2と逆転し中国タイムアウト。
日本は中国のライトからのアタックをブロックし7-4とするも中国は日本のサーブアウトからラリー中のクイック、ダイレクト、曽我選手のアタックアウトで7-7の同点に追い付くも、日本は平山選手のクイックで切り8-7とリード。
一進一退から中国はツーアタックからサービスエース、クイックで13-10とリードを広げ日本タイムアウト。日本は曽我、山田選手のブロードなどで2点差まで詰めるも中国はパイプで16-13とし終盤へ。
日本は石川選手のブロックアウト、平山選手のフェイントで15-17。さらに平山選手のライトからのクロスで16-17に迫るも、中国は石川選手のサーブアウトからパイプで19-16とし日本タイムアウト。
日本は関選手のツーアタックで切るも中国はレフトからのブロックアウトなどで24-19とセットポイント。日本は長内選手のブロック、石川選手のレフトからのクロスで21-24に詰め寄るも最後は中国のパイプで25-21で中国がセットを連取し王手を掛ける。

JPN_V_CHN_(9)


あとがない日本、1-1から中国の選手が激突し中断。日本は曽我選手のライトからのストレート、石川選手のレフトからのクロス、曽我選手のライトからのフェイントで4-1とリード。中国は山田選手のサーブアウトからサービスエース、サーブで崩してダイレクトで4-4の同点に追い付く。日本はこれを石川選手のレフトからのストレートで切り、さらに平山選手のプッシュと石川選手のサービスエースで7-5。中国はブロードで切るも、日本は平山選手のライトからのクロスで8-6とリードする。
日本は中国のサーブアウト、連続アタックアウトなどで12-8とリードを広げる。中国はレフトからのブロックアウト、クロスで10-13に詰め寄るも、日本は曽我選手のライトからのクロス、中国のアタックアウト、石川選手のレフトからのブロックアウトで16-10とリードする。
日本は石川選手のアタックで17-11とし中国タイムアウト、さらに石川選手のレフトからのクロス、山田選手のブロック、関選手のツーアタック、途中出場の西川選手のレフトからのクロスなどで23-15と大きくリード。最後は中国のサーブアウトで25-18で日本がセットを奪い返し、最終セットにもつれこむ。

JPN_V_CHN_(20)


迎えた最終セット、日本は曽我選手のライトからのクロス、石川選手のレフトからのブロックアウト、西川選手のレフトからのクロスで3-0と一気にリード。さらに中国のタッチネット、曽我選手のブロードで5-1とリードを広げる。中国はダイレクトから曽我選手のライトからのアタックアウトで3-5に迫るも、一進一退から平山選手のライトからのストレートで8-5とリードする。
中国は7-9からライトからのストレート、レフトからのクロスで8-9とし、曽我選手のライトからのアタックをブロック、レフトからのクロスなどで3連続得点を奪い11-9と逆転し日本タイムアウト。日本は終盤、石川選手のレフトからのブロックアウト、アタックで連続得点し12-13に追い上げるも、山田選手のサーブアウトで中国マッチポイント。最後は中国がレフトからのクロスを決め、中国が終盤の追い上げで15-12で制し、フルセットの死闘に決着をつけました。


・ベストスコアラー
リウ・ヤンハン選手(中国)

20190824_071043

28得点

惜しい試合でしたが、不思議とどちらかがワンサイドになりがちで、最終セットは前半リードしていただけに惜しい敗戦となりました。

石川選手が前衛レフトの時は安定して点が取れており、日本ベストの22得点。ミドルブロッカーやライト側の攻撃を積極的に使い、山田、平山、曽我選手が揃って12得点。長内選手が決めきれずあと一歩でした。

高さのある相手に対する決定力、特にレフトで決めきるは階級問わず日本の永遠の課題で、スピードとテンポが噛み合うと日本。高さと打力で圧倒する中国という図式はここでも同じでした。

サーブレシーブが安定する時は躊躇なくクイックを仕掛ける関選手の思い切りの良さは出ていましたし、途中出場の西川選手も頑張りました。

高さには高さで入澤選手や中川選手をもっと効果的に使っても良かったかもしれないです。






9-13位

プールH

14:00〜

◯オーストラリア B組3位 
3-0
(25-17 25-17 25-15)
スリランカ D組3位 1敗


※結果は随時、更新いたします。


・プールE

韓国 A組1位 2勝
タイ C組1位 1勝1敗
ーセミファイナル(1-4位進出)

チャイニーズタイペイ C組2位 1勝1敗
イラン A組2位 2敗

・プールF

中国 D組1位 2勝
日本 B組1位 1勝1敗
ーセミファイナル(1-4位)進出ー

カザフスタン B組2位 1勝1敗
インドネシア D組2位 2敗

日本は惜しくも敗れましたが、セット率の関係でセミファイナル進出は確定しました。
韓国、中国はセミファイナル進出決定、そしてタイが出場します。

次のセミファイナルで日本は韓国と対戦します。
完全アウェイ、それも韓国のフルメンバーと闘うのははじめての選手も多く、現在の日韓関係の悪化から不安も多いですが、思いきった試合をして貰いたいと思います。

頑張れ、ニッポン!

・セミファイナルの対戦カード 

9-12位

香港 
vs
インド


オーストラリア
vs 
ニュージーランド

 

5-8位

チャイニーズタイペイ
vs
インドネシア


カザフスタン
vs
イラン


1-4位

韓国
vs
日本


中国
vs
タイ