期せずしてアジアのライバル全てと対戦出来ることとなった全日本Bチーム。

_20190824_200259

全日本シニアでも手を焼く韓国を堂々を正面から撃破し遂にファイナルの舞台に登り詰めた。
ジュニアチャンピオン、ユニバーシアード銅メダリスト、アジアカップ銀メダリストたち、NEXT全日本のメンバーたちが迎え撃つ最後の相手はアジア屈指の技巧派・タイ。

昨年、アジアカップのメンバーが決勝で敗れている。言うなればリベンジマッチでもあり、ジュニアのメンバーは初対戦。

高さで苦しむことはない。速さと技とディグ、そしてブロックが武器。


【アジア選手権 出場メンバー】

5 長内美和子選手
OH 日立リヴァーレ 175cm/67kg 

6 関菜々巳選手
S 東レアローズ 170cm/58kg   

7(C) 松井珠己選手
S 日本女子体育大学4年 170cm/63kg 

8 吉野優理選手
OH 埼玉上尾メディックス 173cm/67kg 

9 入澤まい選手
MB 日立リヴァーレ 188cm/72kg 

10 中川美柚選手
OH 久光製薬スプリングス 183cm/62kg 

11 山田二千華選手
MB NECレッドロケッツ 184cm/73kg 

12 西村弥菜美選手 
OH 岡山シーガルズ 168cm/61kg 

13 曽我啓菜選手
OH NECレッドロケッツ 173cm/65kg 

14 石川真佑選手
OH 東レアローズ 173cm/66kg 

15 平山 詩嫣選手
MB 久光製薬スプリングス 180cm/68kg 

16 水杉玲奈選手
L 東レアローズ 165cm/50kg 

17 西川有喜選手
OH JTマーヴェラス 180cm/64kg 

18 大﨑琴未選手
MB 東レアローズ 180cm/71kg  


彼女たちの多くはアンダーカテゴリーのタイトルホルダー。
世界ジュニアチャンピオン、ユニバーシアード銅メダリスト、アジアカップ銀メダリスト。

そして、高校時代は春高のエース、中学時代からJOCカップで将来を嘱望された選手もいる。V-leagueの新人王もいる。所属チームのエースもいる。
今年の全日本シニアの若手選手も加わるエリート部隊。

いずれ、全日本シニアを背負ってたつ精鋭たち。


IMG_20190820_202707

※参考記事「アジア選手権 プレビュー」→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/32908151.html

 


1564135644393-1024x435 (1)


IMG_20190818_190004


開催期間 
 2019年8月18日(日)~25日(日) 

開催地 
ソウル(韓国)

会場: 
①蚕室室内体育館 
②蚕室学生体育館 

参加チーム  
A組
韓国、イラン、ホンコンチャイナ

B組
日本、カザフスタン、オーストラリア、インド

C組
タイ、チャイニーズタイペイ、ニュージーランド、

D組
中国、インドネシア、スリランカ 

競技方法  
出場13チームをA~D組の4組に振り分け、予選リーグ(1回総当たり戦)を行う。

各組の上位2チーム(計8チーム)が2次リーグ(1-8位)E、F組に進出し、残りのチーム(計5チーム)は2次リーグ(9-13位)G、H組に回る。

E、F組の上位2チームはセミファイナルラウンド(1-4位)に進出し、下位2チームは同ラウンド(5-8位)に、G、H組の上位2チームは同ラウンド(9-12位)に回る。

H組3位は13位が確定。

セミファイナルラウンドの結果を元にファイナルラウンドを行い、最終順位を決定する。   
 

IMG_20190818_190008


順位決定方法  

各組の順位は、勝敗数により決定する。 

2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

 [第1優先] 勝点(※)
 [第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット) [第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

 ※1試合で与えられる勝点について セットカウント3-0または3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。 

セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。 

 日本とソウル(韓国)の時差:なし  


・予選リーグ戦(日本出場B組のみ)   

B組8月18日(日)
11:30
オーストラリア × カザフスタン
14:00
日本 × インド

8月19日(月)
14:00
日本 × カザフスタン
インド × オーストラリア 

8月20日(火)
14:00
日本 × オーストラリア
16:30
カザフスタン × インド                     


2次リーグ(1-8位) 

[コート①]
F組
8月22日(木)11:30
D組1位 × B組2位

14:00
B組1位 × D組2位

E組
16:30
A組1位 × C組2位

19:00
C組1位 × A組2位

E組
8月23日(金)
11:30
A組2位 × C組2位

F組
14:00
B組2位 × D組2位

E組
16:30
A組1位 × C組1位

F組
19:00
B組1位 × D組1位    


・セミファイナルラウンド(1-8位)  

5-8位
8月24日(土)
16:00
[5]F組3位 × E組4位

11:00
[6]E組3位 × F組4位

1-4位
13:30
[7]E組1位 × F組2位16:00
[8]F組1位 × E組2位 



・ファイナルラウンド   

7-8位決定戦
8月25日(日)
16:00[5]の敗者 × [6]の敗者

5-6位決定戦
11:00
[5]の勝者 × [6]の勝者

3位決定戦
13:30
[7]の敗者 × [8]の敗者

決勝
16:00
[7]の勝者 × [8]の勝者


JPN_vs_INDIA_(10)

JPN_vs_INDIA_(1)

JPN_vs_INDIA_(15)

_20190818_201859

JPN_VS_AUS_(4)

JPN_V_CHN_(4) 

JPN_VS_INA_(19)

JPN_V_CHN_(7) 

JPN_V_CHN_(4)

_20190824_200344

_20190824_200428

_20190824_200313

今まで闘ってきたアジアのライバルに比べると唯一、日本より小さなタイ。
その分ディグは頑強で、高速コンビも、コートの隙を突くのも上手い。

ミドルとライトからの攻撃を主体に石川、長内選手の両レフトで攻める全日本Bチームにとってはやり易い部分はあるかもしれない。

パイプも積極的に使いたい。


とにかく、残るはあとひとつ。
何とか地元韓国を撃破した今、
目指すは頂点、ただひとつ。

是非、金色のメダルを日本に持ち帰って欲しい。
そして、無事に帰ってきて欲しい。

頑張れ、ニッポン!



・七日目の対戦カード

_20190824_200442

IMG_20190825_073659


・ファイナル

16:00〜

◯日本 
3-1
(25-22 18-25 25-18 25-23)
タイ

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石川真佑選手、西川有喜選手
・ライト:曽我啓菜選手
・センター:山田二千華選手、平山詩嫣選手
・セッター:松井珠己選手
・リベロ:西村弥菜美選手、水杉玲奈選手


_20190826_191804


IMG_20190825_190216

_20190825_190711

_20190825_190851

_20190825_190740

_20190825_190711





※日本が優勝

…諸事情によりリアルタイムで見れなかったので、これから見ます。

第三セットの終盤を見ていますが、昨日と同じ完全アウェイと同じ空気の中、やはりライト側の攻撃がいいですね。
曽我選手と平山選手、まるでライトが二枚いるような攻撃の仕方は大いに役に立ちました。
新しい日本のトレンドになりそうです。

もはや、ミドルはミドルだけという時代ではなくなったようです。

松井選手は最後に大舞台で良い仕事をしました。


ともあれ、全日本Bチームはタイのフルメンバーを倒し、アジアナンバーワンの快挙を成し遂げました。

おめでとうございます!!!!!

ジュニアチームは世界一のタイトルとアジアナンバーワンの称号を獲得、二階級制覇の大偉業。
文字通り「世界最強のジュニアチーム」の栄誉を成し遂げ、ユニバーシアードから転戦の松井珠巳選手は二個目のメダル。

アジアカップのメンバーは昨年のリベンジを果たし、黄金に輝くメダルを獲得しました。

改めてまして、本当におめでとうございます!!!!!


・ベストスコアラー
曽我啓菜選手(日本)

soga_haruna

17得点





・3位決定戦

13:00〜

◯韓国
3-0
(25-21 25-20 25-22)
中国

IMG_20190825_190220




・5-6位決定戦

11:00〜

チャイニーズタイペイ
1-3
(25-22 19-25 22-25 21-25)
◯カザフスタン



・7-8位決定戦

16:00〜

インドネシア
2-3
(27-25 25-18 20-25 13-25 13-15)
◯イラン

_20190825_190918


・9-10位決定戦

13:30〜

インド
2-3
(25-22 25-22 22-25 21-25 12-15)
◯オーストラリア



・11-12位決定戦

11:00〜

◯香港
3-1
(16-25 25-13 25-15 25-17)
ニュージーランド


※結果は随時更新いたします。


・最終結果

_20190825_190934

IMG_20190825_200933 

IMG_20190825_200936


優勝🥇:日本
準優勝🥈:タイ
3位🥉:韓国
4位:中国
5位:カザフスタン
6位:チャイニーズタイペイ
7位:イラン
8位:インドネシア
9位:オーストラリア
10位:インド
11位:香港
12位:ニュージーランド
13位:スリランカ


IMG_20190825_200940

・個人表彰

MVP:
石川真佑選手(日本)

ベストアウトサイドヒッター:
キム・ヨンギョン選手(韓国)
石川真佑選手(日本)

ベストミドルブロッカー: 
山田二千華選手(日本)
ヤン・ハンユ選手(中国)

ベストオポジット:
曽我啓菜選手(日本)

ベストセッター:
ヌットサラ・トムコム選手(タイ)

ベストリベロ:
ピヤヌット・パンノイ選手(タイ)