元々 このブログではアンダーカテゴリーの試合は掲載していなかった。

ただし、今回は別である、
何故ならアジア選手権に出場したチームは全日本Bチーム。

アンダーカテゴリーではない。
 
_20190825_190812


世界ジュニアチーム、ユニバーシアードから松井選手、V-leagueから昨年の新人王・関選手、同じく昨年活躍した入澤、吉野選手、昨年のアジアカップのエース・長内美和子選手らヤングVリーガーが集結した。

それも、全日本シニアが昨年のアジア競技大会で全敗を喫したアジアのライバルのうち、韓国とタイを真っ向から打ち破って優勝してしまったのだから、天晴れである。


この時点でA,Bの序列がほぼなくなってしまったと言っても過言ではない。

_20190825_190620


こうなってくると、全日本Aチームの人選そのものが大きく変わる可能性が強くなってきた。

ワールドカップまでは現行のメンバーかもしれないが、中田ジャパンが獲得したタイトルが2017年アジア選手権、今年のモントルーバレーマスターズの銀メダルのみとなると、ワンチャンスでアジア選手権で優勝した全日本Bチームの快挙はもはや無視出来ない。

何故なら、実績で並んでしまったからだ。

メンバー中には唯一A、Bチーム掛け持ちで長内美和子選手がいるが、世界ジュニア選手権、アジア選手権で二大会連続MVPの石川真佑選手はもはや飛び級でワールドカップ出場させなくてはならないと考えるだろうし、世論はこの意見を必ず後押しするだろう。

今の全日本Bチームには勢い、地の理があり、こうした流れに乗れないと勝負ごとは勝てない。

キャリアのある選手ばかりで固まっている現在の全日本に新風を入れる時期が到来した。

もはや、これ以上日本のバレーボールの流れを無視してはいけない。

IMG_20190811_204311


_20190822_210311


また、大会の中心となった関菜々巳選手は実戦向きでこの大会でも積極的にミドルやライト側の攻撃を試していた。

出来るだけ多くの若い力に経験を積ませ、活性化させる時が到来したのだ。

その流れを遮ってはいけない。
結果を出した者が上に行くのはどこの世界でも常識。

後は使う側の裁量の問題。

自分たちのバレーに固執し、世の中の流れを無視するのか?

頭を切り替えてフレキシブルに動いていくのか?

もし、現行のままワールドカップに挑み、結果がでなければ新旧交代論はもう、歯止めが効かなくなり、進退問題へ波及する。

別に難しいことではない。
入れ替えをどうするか、だけ。


中田ジャパンはネーションズリーグにて7勝8敗とほぼ横ばい。

ポーランド、韓国、ドミニカ共和国、ベルギーとセカンドクラスの強敵に敗れ足踏み状態。

この現状を踏まえ、さあ、どうする
全日本。

全日本の聖地だったシニア
ジュニア、ユニバ、そしてユース。

アンダーカテゴリーとシニアの壁が今、取り壊されようとしている。