生き残りを懸けた大阪ラウンドが開幕する。

まず、その初戦は世界女王・セルビア。
ただし、今大会のセルビアはボシュコビッチ、ミハイロビッチ選手の飛車角抜き。

ここは勝たないとまずい。



IMG_20190517_190111



20190711_205159



■ワールドカップ出場国

WC2019
 
※詳細と見所は「まるごとワールドカップ2019! 」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33223565.html


■出場登録選手15名

8a0e34e1

956


※身長、最高到達点はV-leagueのものとする。

2.古賀紗理那選手 
WS NECレッドロケッツ所属 
180cm 最高到達点:305cm

20190531_203804



3(C).岩坂名奈選手
MB 久光製薬スプリングス所属
187cm 最高到達点:299cm

GalleryPic (40)



4.新鍋理沙選手 
WS 久光製薬スプリングス所属
175cm 最高到達点:293cm 

RussiaTeamisreadyfortheblock


5.荒木絵里香選手
MB トヨタ車体クインシーズ所属
186cm 最高到達点:312cm

IMG_20181010_215649



6.宮下遥選手 
S 岡山シーガルズ所属
177cm 最高到達点:290cm

GalleryPic (58)



7.石井優希選手 
WS 久光製薬スプリングス所属
180cm 最高到達点:302cm

YukiIshiisspikeagainstMargaritaKurilosblock (1)



11.鍋谷友理枝選手 
WS デンソーエアリービーズ
176cm 最高到達点:305cm

GalleryPic (36)



12.佐藤美弥選手 
S 日立リヴァーレ所属
175cm 最高到達点:284cm

GalleryPic (59)



13.奥村麻依選手 
MB デンソーエアリービーズ所属
177cm 最高到達点:298cm 

GalleryPic (42)



14.小幡真子選手
 L JTマーヴェラス所属
164cm 最高到達点:281cm

CatchtheballMakoKobata



16.黒後愛選手 
WS 東レアローズ所属 
180cm 最高到達点:306cm

CelebrationofthepointJapan



17.山岸あかね選手
 L 埼玉上尾メディックス所属 
164cm 最高到達点:283cm

YamagashiJapanliberoreceives



21.長内美和子選手 
WS 日立リヴァーレ所属
175cm 最高到達点:292cm

IMG_20190820_202707



24.芥川愛加選手 
MB JTマーヴェラス所属 
179cm 最高到達点:303cm

DeniseHankeandMarieSchlzelofGermanyontheblock



28.石川真佑選手 
WS 東レアローズ所属
174cm 最高到達点:300cm

IMG_20190902_205002



■開催日程

9月14日(土)~19日(木) 
Aサイト:横浜アリーナ(横浜市) 
Bサイト:浜松アリーナ(浜松市) 

9月22日(日)~24日(火) 
Aサイト:北海きたえーる(札幌市) 
Bサイト:富山市総合体育館(富山市) 

9月27日(金)~29日(日)  
Aサイト:丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館・大阪市)  
Bサイト:エディオンアリーナ大阪 (大阪府立体育会館・大阪市)  

※開幕戦の結果は「ワールドカップ2019 開幕戦 ドミニカ共和国戦 / アジア選手権 男子 第二戦 タイ戦

※2日目の結果は「ワールドカップ2019 第二戦 ロシア戦 / アジア選手権 男子 第三戦 チャイニーズタイペイ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33231910.html

※3日目の結果は「ワールドカップ2019 第三戦 韓国戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33241318.html?jprank=1&cat=186

※4日目の結果は「ワールドカップ2019 第四戦 カメルーン戦 / アジア選手権 男子 第四戦 第二次ラウンド(1-8位) パキスタン戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33260353.html

※5日目の結果は「ワールドカップ2019 第五戦 中国戦 / アジア選手権 男子 第五戦 第二次ラウンド(1-8位) 韓国戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33269754.html?ref=head_btn_prev&id=7269558

※6日目の結果は「ワールドカップ2019 第六戦 アメリカ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33298812.html
 
※7日目の結果は「ワールドカップ2019 第七戦 ケニア戦 

※8日目の結果は「ワールドカップ2019 第八戦 ブラジル戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33317611.html

843

488

177

DSC06063

SarinaKogaJPNspikes

764

192

931


・現在の順位 


707

1位.中国
世界ランキング2位 8勝 勝ち点24
残り:オランダ、セルビア、アルゼンチン

2位.アメリカ
世界ランキング3位 7勝1敗 勝ち点20
残り:ロシア、カメルーン、韓国

3位.ロシア
世界ランキング5位 :7勝1敗 勝ち点19
残り:アメリカ、ケニア、ブラジル

4位.オランダ 
世界ランキング7位 5勝3敗 勝ち点16
残り:中国、ドミニカ共和国、日本

5位.ブラジル
世界ランキング4位 5勝3敗 勝ち点15
残り:カメルーン、韓国、ロシア

6位.セルビア 2位以下確定
世界ランキング1位 4勝4敗 勝ち点12
残り:日本、中国、ドミニカ共和国

7位.韓国 2位以下確定
世界ランキング9位 4勝4敗 勝ち点12
残り:ケニア、ブラジル、アメリカ

8位.日本 3位以下確定
世界ランキング6位 3勝5敗 勝ち点11
残り:セルビア、アルゼンチン、オランダ

9位.ドミニカ共和国 4位以下確定
世界ランキング10位 3勝5敗 勝ち点9
残り:アルゼンチン、オランダ、セルビア

10位.アルゼンチン 6位以下確定
世界ランキング11位 2勝6敗 勝ち点5
残り:ドミニカ共和国、日本、中国

11位.カメルーン 9位以下確定
世界ランキング17位 8敗 勝ち点2
残り:ブラジル、アメリカ、ケニア

12位.ケニア 9位以下確定
世界ランキング20位 8敗 勝ち点0
残り:韓国、ロシア、カメルーン

707


優勝は中国、アメリカ、ロシア、オランダ、ブラジルの5ヶ国に絞られた。
ただし、中国はアルゼンチン戦を残しており1勝は確実。となると、オランダとブラジルが優勝する可能性は限りなくない。

よって、実質の優勝争いは中国、アメリカ、ロシアの3チームに絞られたと言ってよい。

日本は残り全勝で6勝5敗 勝ち点20。
特にオランダとセルビアとの直接対決に勝たなくてはならない。

日本が計算出来るのはアルゼンチンのみ。

今日の相手セルビアは前述の通り、ボシュコビッチ、ミハイロビッチ選手を起用していない。
この大会を若手育成の場と捉え、本番前に温存策を採っている。

ほぼ、フルメンバーで貯金がなくなってきたオランダとは事情が違う。

セルビアは悲願のオリンピック制覇に向け、ワールドカップを捨て石と見ている。

だからではないが、韓国もセルビアに勝った。

正直、このメンバーなら日本も勝てない相手ではない。

逆に言えば、これで負けたら本当に後がない。


GalleryPic (54)

全日本女子バレーボールの大きなターニングポイントとなるかもしれない大阪3連戦。

今のセルビアとオランダは決して勝てない相手ではない。アルゼンチンは今大会白星配給係。
 
ただ、それでも4勝4敗のセルビア、恐るべし。

世界の列強は着々と来年に備えている。


中田ジャパン生き残りを懸けての闘い。
ここまでの3勝はドミニカ共和国、カメルーン、ケニアと全て同格以下と格下。

6勝は生き残りの最低ライン。
世界の強豪全てに敗れての東京オリンピックは世間が許さない。

進退極まる全日本
あとは己の力で突破すべし

頑張れ、ニッポン!!


■次の対戦カード

・9月27日(金)
大阪大会

Aサイト:丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館・大阪市)  

12:30
◯9位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 3勝5敗 勝ち点9
3-0
(25-16 25-23 27-25)
10位.アルゼンチン
世界ランキング11位 2勝6敗 勝ち点5

第二セット以降は接戦となるもドミニカ共和国が振り切りストレートで4勝目。

・ベストスコアラー
ブライエリン・マルティネス選手(ドミニカ共和国)

096

26得点




15:00
◯1位.中国
世界ランキング2位 8勝 勝ち点24
3-1
(25-19 25-16 21-25 25-19)
4位.オランダ 
世界ランキング7位 5勝3敗 勝ち点16

圏内のオランダ、中国から第三セットを奪うもそこまで。中国が全勝優勝に向け一歩前進。

・ベストスコアラー
ロンネケ・スローティエス選手(オランダ)

806

24得点




19:20
◯8位.日本
世界ランキング6位 3勝5敗 勝ち点11
2-2
(21-25 21-25 25-20 25-20 15-6)
6位.セルビア
世界ランキング1位 4勝4敗 勝ち点12

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:古賀紗理那選手、石井優希選手
ライト:新鍋理沙選手
ミドル:奥村麻依選手、芥川愛加選手
セッター:佐藤美弥選手
リベロ:小幡真子選手


127

第一セット、ポポビッチ選手のクイックなどでセルビアブレイク、日本は新鍋選手のブロック、再びポポビッチ選手のクイックで切るも、古賀選手のレフトからのクロス、再びポポビッチ選手のクイック、日本のサーブが甘い。長いラリーの末古賀選手のレフトからのクロス、セルビアのレフトからのアタックアウト、アレクシッチ選手のクイック、石井選手のレフトからのアタックをブロック。石井選手のレフトからのブロックアウト、アレクシッチ選手のブロードとセルビアは殆どミドル。ブシャ選手のパイプで8-5とセルビアリード。
ミルコビッチ選手のツーアタック、日本は芥川選手のブロードで切ると、石井選手のレフトからのクロスがアウト、アレクシッチ選手のサーブアウト、ポポビッチ選手のクイック、古賀選手のレフトからのブロックアウト、芥川選手のサーブアウト、新鍋選手のライトからのクロス、ポポビッチ選手のクイック、セルビアのサービスエースで14-9とリードされ日本タイムアウト。石井選手のパイプ、ここで鍋谷選手を投入。ピエリツァ選手のライトからのクロス、セルビアのサーブアウト、ブシャ選手のレフトからのストレートで11-16と5点を追う。
鍋谷選手のレフトからのストレート、佐藤選手のサーブアウト、アレクシッチ選手のサーブアウト、ブラゴエビッチ選手のレフトからのクロス、古賀選手のライトからのアタックをセルビアブロック、13-19で日本二回目のタイムアウト。
ミルコビッチ選手のサーブアウト、芥川選手のサーブで崩して鍋谷選手のパイプ、ピエリツァ選手のレフトからのクロスを奥村選手のブロックでブレイクし16-19でセルビアタイムアウト。
セルビアのクイック、ポポビッチ選手のライトからのアタックアウト、ここで宮下、黒後選手を二枚換えで投入、奥村選手のブロック、黒後選手のライトからのブロックアウトで三連続得点し19-20。ピエリツァ選手のライトからのクロスで切ると、古賀選手のライトからのクロスをブロック、黒後選手のレフトからのブロックアウト、セルビアのレフトからのフェイント、黒後選手のライトからのクロスがアウトでセルビア24-20とセットポイント、セルビアサーブアウト、最後はビエリツァ選手のパイプでセルビア25-21で先制する。 

785


第二セット、鍋谷選手のライトからのクロス、ポポビッチ選手のクイック、セルビアのライトからのフェイント、芥川選手のクイックをブロック、古賀選手のレフトからのアタックをブロック、ポポビッチ選手のダイレクトでセルビア5-1とされ日本タイムアウト。ポポビッチ選手のダイレクト、芥川選手のBクイック、さらに芥川選手のサービスエースでブレイクし3-6。ポポビッチ選手のクイック、古賀選手のレフトからのアタックがブロックされ3-8と苦しい展開。
新鍋選手のライトからのクロスで切ると、古賀選手のプッシュでブレイク、アレクシッチ選手のクイック、ビエリツァ選手のバックライトがアウト、古賀選手のサービスエース、ミルコビッチ選手のレフトからのアタックアウトで8-9。日本タッチネット。鍋谷選手のレフトからのクロスがアウトでセルビア11-8。鍋谷選手のレフトからの時間差。奥村選手のサーブアウト、セルビアのブロックで9-13。ビエリツァ選手のバックライトがアウト、鍋谷選手のレフトからのアタックがブロック、セルビアのブロックタッチチャレンジ成功で10-15。鍋谷選手のライトからのクロス、セルビアのプッシュで11-16と5点を追う。
日本は石井選手投入、日本タッチネット、石井選手のレフトからのクロス、ポポビッチ選手のクイック、奥村選手のAクイック、宮下、黒後選手を二枚換えで投入。ブシャ選手のレフトからのブロックアウトを巡り日本ネットタッチのチャレンジ失敗、石井選手のライトからのブロックアウト、黒後選手のライトからのプッシュアウト、ビエリツァ選手のパイプ、鍋谷選手のレフトからの速いクロス、アレクシッチ選手のブロード、黒後選手のライトからのクロスをブロックでセルビアブレイクし16-22で日本二回目のタイムアウト。
ブラゴエビッチ選手がレフトから押し込み、鍋谷選手のレフトより時間差からの速いストレート、ブラゴエビッチ選手のツーアタックでセルビア24-18とセットポイント、ミルコビッチ選手のサーブアウト、鍋谷選手のサービスエース、石井選手のレフトからのクロスでブレイクし20-24としセルビアタイムアウト。セルビアタッチネットで4連続得点も、最後はこぼれ球をセルビアがブロックし25-21でセルビアがセットを連取する。

641


後がない日本、ミルコビッチ選手のクイック、新鍋選手のライトからのクロスがアウト、セルビアの返球を拾えず0-3で日本タイムアウト。石井選手のレフトからのクロス、ポポビッチ選手のクイックがアウト、ビエリツァ選手のレフトからのクロス、ミルコビッチ選手のレフトからのクロス、鍋谷選手のパイプがブロック、石井選手のクロスの際オーバーネット、石井選手のレフトからのブロックアウト、石井選手のレフトからのクロスを巡り日本ブロックタッチのチャレンジ成功で3連続得点とし5-6。ビエリツァ選手のライトからのブロックアウトで切ると、鍋谷選手のパイプで切ると、石井選手のサーブアウトでセルビア6-8とリード。
アレクシッチ選手のクイック、ビエリツァ選手のサーブアウト、ビエリツァ選手のバックライトをブロックし日本ブレイク、ミルコビッチ選手のレフトからのブロックアウト、芥川選手のブロード、鍋谷選手がブロードをブロックし10-10の同点。セルビアはアレクシッチ選手のブロード、ミルコビッチ選手のパイプでセルビアブレイクし12-10。セルビアのパイプがアウト、石井選手がツーで返して、新鍋選手のライトからのクロスで13-12と逆転しセルビアタイムアウト。ポポビッチ選手のBクイック、芥川選手のAクイック、ポポビッチ選手のBクイック、新鍋選手のライトからのクロス、奥村選手のブロックで日本16-14とリードする。
セルビアのタッチネット、ポポビッチ選手のクイックを懸命にディグするも返せず。石井選手のレフトからのストレート、ミルコビッチ選手のレフトからのブロックアウト、奥村選手のブロック、懸命にディグして鍋谷選手のレフトからのクロスで20-16としセルビア二回目のタイムアウト。ミルコビッチ選手のレフトからのフェイント、芥川選手のブロード、ブラゴエビッチ選手のレフトからのストレート、芥川選手のクイック、ブロックでブレイク、ポポビッチ選手のブロード、セルビアのレフトからのクロス、石井選手のレフトからのクロス、最後は奥村選手のダイレクトで25-20としセットを奪い返す。

632

第四セット、ポポビッチ選手のクイック、セルビアのレフトからのアタックアウト、鍋谷選手のサービスエース、ビエリツァ選手のライトからのブロックアウト、芥川選手のAクイック、ミルコビッチ選手のレフトからのブロックアウト、セルビアのサーブアウト、奥村選手のコミットブロック、新鍋選手のサーブアウト、鍋谷選手のパイプがアウト、奥村選手のブロード、セルビアのコンビミスで7-5。アレクシッチ選手のブロード、鍋谷選手のレフトからのアタックアウトで7-7。石井選手のパイプで切り8-7とリード。
鍋谷選手のレフトからのクロス、アレクシッチ選手のブロード、芥川選手のブロード、佐藤選手のサーブアウト、鍋谷選手のライトからのストレートを巡り日本ブロックタッチチャレンジ成功で10-9。鍋谷選手のサービスエースで12-9としセルビアタイムアウト。
セルビアはビエリツァ選手のレフトからのストレート、芥川選手のクイック、芥川選手のサーブアウト、ポポビッチ選手のサービスエース、石井選手が二段トスを打ち切りストレート、奥村選手のブロード、ビエリツァ選手のライトからのクロス、奥村選手のブロードで16-13と日本リード。
セルビアのパイプをレシーブし鍋谷選手のレフトからのブロックアウト、奥村選手のブロード、セルビアのタッチネットで4連続得点し19-13でセルビア二回目のタイムアウト。
鍋谷選手のレフトからのアタックをセルビアブロック、ポポビッチ選手のサービスエースでブレイク、鍋谷選手のレフトからのクロスで切ると、ラゾビッチ選手のパイプがアウトでブレイク。セルビアはレフトからのブロックアウトで切るもサーブアウト、佐藤選手のサーブアウト、鍋谷選手のライトからのクロスをブロック、セルビアサーブアウト、石井選手のレフトからのストレートで日本24-18とセットポイント。ジブゴエビッチ選手のライトからのクロス、石井選手のレフトからのアタックアウト、最後は石井選手がレフトから乱れたトスをクロスに打ち切り、25-20でフルセットに持ち込む。

098


迎えた最終セット、石井選手のレフトからのソフトにブロックアウト、日本タッチネット、ミルコビッチ選手のサーブアウト、奥村選手がセルビアのクイックをコミットブロック、芥川選手のサービスエースで4-1としセルビアタイムアウト。セルビアはレフトからカンチャンストレート、新鍋選手のライトからのインナークロス、佐藤選手のツーアタック、石井選手のレフトからのストレートで7-2としセルビアタイムアウト。セルビアはポポビッチ選手のクイックで切るも、奥村選手のブロードで8-3としコートチェンジ。
石井選手のパイプ、ミルコビッチ選手のレフトからのフェイント、鍋谷選手のレフトからのストレート、ビエリツァ選手のパイプなどでセルビア連続得点、芥川選手のブロードで切り11-6。セルビアのレフトからのアタックを巡りセルビアブロックタッチのチャレンジ失敗で12-6。ミルコビッチ選手のアタックがアンテナにあたり、セルビアのアタックを巡り日本チャレンジ成功で14-6。最後はセルビアのパイプをブロックし15-6で勝利し、セットカウント3-2で日本が勝利しました。


サーブ&ブロックが明暗を分けた。
前半は面白いようにクイックやブロードを打ち込まれ、接戦に持ち込むも後手後手で成す術がなく敗色濃厚だった。
それが日本のサーブが機能しはじめ、奥村選手のコミットブロックが決まりはじめ、セルビアのクイックに陰りが見え始めた。また鍋谷選手、芥川選手の速い攻撃についていけずバテバテ状態。あれだけ決まらなかったアタックが面白いように決まり始めた。第三セット以降は完全に攻守が入れ替わり、最後は圧倒した。

こんな全日本を久々にみた。

鍋谷、石井選手が19得点、芥川、奥村選手が14、13得点と理想的な展開。特に奥村選手のブロックは6本、芥川選手と鍋谷選手の速い攻撃はセルビアの攻勢を止めるのに効果的だった。

勿論、今回のセルビアはフルメンバーではない。
が、久々に気持ち良い起死回生の大逆転勝利を飾った。

明日のアルゼンチン戦、最終戦のオランダ戦を勝って血路を開けるか?

頑張れ、ニッポン!!


・ベストスコアラー
ミナ・ポポビッチ選手(セルビア)

20190927_215325

24得点





Bサイト:エディオンアリーナ大阪 (大阪府立体育会館・大阪市)  


11:00
◯7位.韓国
世界ランキング9位 4勝4敗 勝ち点12
3-0
(25-15 25-16 25-21)
12位.ケニア
世界ランキング20位 8敗 勝ち点0

韓国がケニアにキッチリストレートで5勝目。
残りのブラジル、アメリカ戦如何ではメダル圏内も。

・ベストスコアラー
シャロン・チェプチュンバ選手(ケニア)

132

10得点



14:00 
11位.カメルーン
世界ランキング17位 8敗 勝ち点2
0-3
(11-25 17-25 18-25)
◯5位.ブラジル
世界ランキング4位 5勝3敗 勝ち点15

ブラジルがカメルーンをストレートで降して6勝目。
圏内に留まる。

・ベストスコアラー
レティシア・モマ選手(カメルーン)

297

13得点



18:00
3位.ロシア
世界ランキング5位 :7勝1敗 勝ち点19
2-3
(26-24 22-25 22-25 25-17 8-15)
◯2位.アメリカ
世界ランキング3位 7勝1敗 勝ち点20

優勝争いの一敗対決。ロシアがフルセットに持ち込むも最後はアメリカが競り勝つ。

※結果は随時、更新いたします。