女子がラスト三連戦で三連勝を飾り5位入賞を果たした中、次は男子だ。

開幕戦はイタリアと対戦する
世界選手権の開幕戦でも対戦した
強敵中の強敵。

_20190830_202223
20190711_205159

IMG_20190513_193059


■ワールドカップ出場国

日本
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

ポーランド
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

イラン
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

オーストラリア
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

エジプト
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

チュニジア
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)

イタリア
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

ロシア
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

ブラジル
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

アルゼンチン
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

アメリカ
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

カナダ
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

※詳細は「まるごとワールドカップ2019! 男子編



■出場登録選手16名

※身長、最高到達点はV-leagueのものとする  

25-1-top


1.オポジット
清水 邦広選手
パナソニックパンサーズ 1986/08/11 193 cm/ 97 kg

20190914_181440


3.セッター
藤井 直伸選手
東レアローズ 1992/01/05 183 cm/ 78 kg

20190927_171158


4.オポジット
大竹 壱青選手
パナソニックパンサーズ 1995/12/03 201 cm/ 98 kg

20190927_171057


5.アウトサイドヒッター
福澤 達哉選手
パナソニックパンサーズ 1986/07/01 189 cm/ 88 kg

20190927_171347


6.ミドルブロッカー
山内 晶大選手
パナソニックパンサーズ 1993/11/30 204 cm/ 80 kg

20190927_171039

 

8.アウトサイドヒッター
柳田 将洋選手
ユナイテッド・バレーズ(ドイツ)  1992/07/06 186 cm/ 79 kg

20190927_171129


10.リベロ
古賀 太一郎選手
ウルフドッグス名古屋 1989/10/04 170 cm/ 70 kg

20190927_171010


11.オポジット
西田 有志選手
ジェイテクトSTINGS 2000/01/30 186 cm/ 80 kg

20190915_070658


12.セッター
関田 誠大選手
堺ブレイザーズ 1993/11/20 175 cm/ 72 kg

20190927_171150


13.アウトサイドヒッター
髙野 直哉選手
堺ブレイザーズ 1993/04/30 190 cm/ 78 kg

20190927_171115


14.アウトサイドヒッター
石川 祐希選手
 キオエネ・パドバ(イタリア) 1995/12/11 191 cm/ 84 kg

20190920_114351


15.ミドルブロッカー
李 博選手
東レアローズ 1990/12/27 193 cm/ 82 kg

20190927_171048


16.ミドルブロッカー
髙橋 健太郎選手
東レアローズ 1995/02/08 201 cm/ 103 kg

20190927_171030


17.アウトサイドヒッター
久原 翼選手
パナソニックパンサーズ 1995/03/18 188 cm/ 80 kg  

20190927_171106


20.ミドルブロッカー
小野寺 太志選手
 JTサンダーズ 1996/02/27 201 cm/ 98 kg

20190927_171021


22.リベロ 
山本 智大選手
堺ブレイザーズ 1994/11/05 171 cm/ 69 kg 

20190927_170956




■本日の対戦カード

福岡・長野大会10/1(火)〜6(日)

マリンメッセ福岡(Aサイト)

◯アルゼンチン
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)
3-2
(25-21 25-20 19-25 21-25 15-12)
アメリカ
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

アルゼンチン、あわやストレートからアメリカの執念にフルセットへ持ち込まれるも粘りきり勝利を飾る。


・ベストスコアラー
マーティン・ラモス選手(アルゼンチン)

180

20得点




◯ポーランド
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)
3-0
(25-16 25-23 25-12)
チュニジア
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)


19:20〜
◯日本
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 
3-0
(25-17 25-19 25-21)
イタリア
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:福澤達哉選手、石川祐希選手
ライト:西田有志選手
ミドル:山内晶大選手、小野寺大志選手
セッター:関田誠大選手
リベロ:山本智大選手

強豪イタリア相手に全日本男子がストレートで完勝し最高のスタートを切る。

TatsuyaFukuzawaJPNcelebrates


・ベストスコアラー
石川裕希選手(日本)

525

19得点

 
長野・ホワイトリング(Bサイト)
 
オーストラリア
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)
1-3
(22-25 25-21 23-25 18-25)
◯エジプト
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

エジプト、オーストラリアを破り白星スタート。

・ベストスコアラー
リンカーン・ウィリアムズ選手(オーストラリア)

766

22得点




◯ロシア
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)
3-1
(25-21 25-18 24-26 25-22)
イラン
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

いきなりの強豪対決はロシアが勝利。

・ベストスコアラー
ヤロスラフ・ポドルスニク選手(ロシア)

344

ミラド・エバディプール選手(イラン)

637

18得点



18:00〜
◯ブラジル
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)
3-0
(25-14 25-22 25-14)
カナダ
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

世界ランキング1位ブラジル。強豪カナダの挑戦を危なげなく振り切る。


・ベストスコアラー
アラン・ソウザ選手(ブラジル)

649

14得点

※結果は随時、更新いたします。