花より男子。

開幕戦、イタリアから衝撃のストレート勝ちを収めた全日本男子バレーボールチーム。

メダルを意識する石川裕希選手と
ニューエース・西田有志選手のダブルエースが早くも火を吹いた。

しかし、次なる強豪が待ち受ける。

YukiIshikawaJPNshowshisemotions

YujiNishidaJPNshowshisexcitement



_20190830_202223
20190711_205159

IMG_20190513_193059


■ワールドカップ出場国

日本
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

ポーランド
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

イラン
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

オーストラリア
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

エジプト
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

チュニジア
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)

イタリア
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

ロシア
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

ブラジル
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

アルゼンチン
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

アメリカ
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

カナダ
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

※詳細は「まるごとワールドカップ2019! 男子編

※開幕戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 開幕戦 オーストラリア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33389485.html


■出場登録選手16名

※身長、最高到達点はV-leagueのものとする  

25-1-top


1.オポジット
清水 邦広選手
パナソニックパンサーズ 1986/08/11 193 cm/ 97 kg

20190914_181440


3.セッター
藤井 直伸選手
東レアローズ 1992/01/05 183 cm/ 78 kg

20190927_171158


4.オポジット
大竹 壱青選手
パナソニックパンサーズ 1995/12/03 201 cm/ 98 kg

20190927_171057


5.アウトサイドヒッター
福澤 達哉選手
パナソニックパンサーズ 1986/07/01 189 cm/ 88 kg

20190927_171347


6.ミドルブロッカー
山内 晶大選手
パナソニックパンサーズ 1993/11/30 204 cm/ 80 kg

20190927_171039

 

8.アウトサイドヒッター
柳田 将洋選手
ユナイテッド・バレーズ(ドイツ)  1992/07/06 186 cm/ 79 kg

20190927_171129


10.リベロ
古賀 太一郎選手
ウルフドッグス名古屋 1989/10/04 170 cm/ 70 kg

20190927_171010


11.オポジット
西田 有志選手
ジェイテクトSTINGS 2000/01/30 186 cm/ 80 kg

20190915_070658


12.セッター
関田 誠大選手
堺ブレイザーズ 1993/11/20 175 cm/ 72 kg

20190927_171150


13.アウトサイドヒッター
髙野 直哉選手
堺ブレイザーズ 1993/04/30 190 cm/ 78 kg

20190927_171115


14.アウトサイドヒッター
石川 祐希選手
 キオエネ・パドバ(イタリア) 1995/12/11 191 cm/ 84 kg

20190920_114351


15.ミドルブロッカー
李 博選手
東レアローズ 1990/12/27 193 cm/ 82 kg

20190927_171048


16.ミドルブロッカー
髙橋 健太郎選手
東レアローズ 1995/02/08 201 cm/ 103 kg

20190927_171030


17.アウトサイドヒッター
久原 翼選手
パナソニックパンサーズ 1995/03/18 188 cm/ 80 kg  

20190927_171106


20.ミドルブロッカー
小野寺 太志選手
 JTサンダーズ 1996/02/27 201 cm/ 98 kg

20190927_171021


22.リベロ 
山本 智大選手
堺ブレイザーズ 1994/11/05 171 cm/ 69 kg 

20190927_170956


今日の相手はポーランド
世界ランキング4位の屈指の強豪。

Polandplayerscelebrateaftertheirvictory


今年のネーションズリーグでは決勝ラウンド進出を争う第五次ラウンドにて対戦し、惜しくも3-1で敗れている。

かつては高い壁だったポーランドだが、ようやく手が届く位置に迫ってきた。

ここで勝てば次はチュニジア、楽に勝てる相手ではないが開幕三連勝へ期待が膨らむ。

全日本男子の黄金時代の幕開けなるか?
試練の強豪対戦第二ラウンドの幕が開こうとしている。




■本日の対戦カード

福岡・長野大会10/1(火)〜6(日)

マリンメッセ福岡(Aサイト)

12:30〜
チュニジア 1敗 勝ち点0
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)
1-3
(19-25 18-25 25-23 14-25)
◯アルゼンチン 1勝 勝ち点3
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

アメリカを破ったアルゼンチン。チュニジアを下し開幕ニ連勝を飾る。

・ベストスコアラー
ハムザ・ナガ選手(チュニジア)

20191002_150339

23得点


15:00〜
イタリア 1敗 勝ち点0
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)
1-3
(25-19 19-25 14-25 19-25)
◯アメリカ 1敗 勝ち点0
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

黒星スタートの両チーム。ここはアメリカが一勝。

・ベストスコアラー
アーロン・ラッセル選手(アメリカ)

793

16得点


19:20〜
日本 1勝 勝ち点3
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 
1-3
(23-25 17-25 25-19 17-25)
◯ポーランド 1勝 勝ち点3
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

強豪ポーランドに挑んだ日本。第一セットの接戦を落とすと続く第二セットも奪われる。第三セットを奪い返すも、ポーランドの牙城を崩すには至らず。

・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:福澤達哉選手、石川祐希選手
ライト:西田有志選手
ミドル:山内晶大選手、小野寺大志選手
セッター:関田誠大選手
リベロ:古賀太一郎選手

_20191002_224131

_20191002_224052


・ベストスコアラー
西田有志選手(日本)

167

16得点


 
長野・ホワイトリング(Bサイト)
 
11:00〜
エジプト 1勝 勝ち点3
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)
3-1
(22-25 26-24 25-18 26-24)
イラン 1敗 勝ち点0
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

脅威のエジプト、アルゼンチンに続き強豪イランを連破し開幕ニ連勝を飾る。

・ベストスコアラー
ポーリア・ヤリ選手(イラン)

015

22得点



14:00〜
カナダ 1敗 勝ち点0
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)
2-3
(25-23 25-16 17-25 23-25 10-15)
◯ロシア 1勝 勝ち点3
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

底力のロシア、カナダ2セットアップから接戦を制してフルセットに持ち込んでの逆転勝ち。

・ベストスコアラー
フェドル・ボロンコフ選手(ロシア)
307

19得点



18:00〜
オーストラリア 1敗 勝ち点0
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)
0-3
(15-25 20-25 17-25)
◯ブラジル 1勝 勝ち点3
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

ブラジルがオーストラリアをストレートで降し連勝を飾る。

・ベストスコアラー
リンカーン・ウィリアムズ選手(オーストラリア)

766


アラン・ソウザ選手(ブラジル)

649

13得点


※結果は随時、更新いたします。