3勝2敗で折り返した全日本男子。
今日のオーストラリア戦で勝ち星を増やしたい。

765



_20190830_202223
20190711_205159

IMG_20190513_193059


■ワールドカップ出場国

日本
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

ポーランド
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

イラン
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

オーストラリア
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

エジプト
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

チュニジア
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)

イタリア
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

ロシア
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

ブラジル
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

アルゼンチン
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

アメリカ
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

カナダ
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

※詳細は「まるごとワールドカップ2019! 男子編

※開幕戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 開幕戦 オーストラリア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33389485.html 

※第二戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第二戦 ポーランド戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33395667.html

※第三戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第三戦 チュニジア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33414778.html

※第四戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第四戦 アメリカ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33424617.html

※第五戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第五戦 アルゼンチン戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33434067.html?ref=head_btn_prev&id=7269558



■出場登録選手16名

※身長、最高到達点はV-leagueのものとする  

25-1-top


1.オポジット
清水 邦広選手
パナソニックパンサーズ 1986/08/11 193 cm/ 97 kg

20190914_181440


3.セッター
藤井 直伸選手
東レアローズ 1992/01/05 183 cm/ 78 kg

20190927_171158


4.オポジット
大竹 壱青選手
パナソニックパンサーズ 1995/12/03 201 cm/ 98 kg

20190927_171057


5.アウトサイドヒッター
福澤 達哉選手
パナソニックパンサーズ 1986/07/01 189 cm/ 88 kg

20190927_171347


6.ミドルブロッカー
山内 晶大選手
パナソニックパンサーズ 1993/11/30 204 cm/ 80 kg

20190927_171039

 

8.アウトサイドヒッター
柳田 将洋選手
ユナイテッド・バレーズ(ドイツ)  1992/07/06 186 cm/ 79 kg

20190927_171129


10.リベロ
古賀 太一郎選手
ウルフドッグス名古屋 1989/10/04 170 cm/ 70 kg

20190927_171010


11.オポジット
西田 有志選手
ジェイテクトSTINGS 2000/01/30 186 cm/ 80 kg

20190915_070658


12.セッター
関田 誠大選手
堺ブレイザーズ 1993/11/20 175 cm/ 72 kg

20190927_171150


13.アウトサイドヒッター
髙野 直哉選手
堺ブレイザーズ 1993/04/30 190 cm/ 78 kg

20190927_171115


14.アウトサイドヒッター
石川 祐希選手
 キオエネ・パドバ(イタリア) 1995/12/11 191 cm/ 84 kg

20190920_114351


15.ミドルブロッカー
李 博選手
東レアローズ 1990/12/27 193 cm/ 82 kg

20190927_171048


16.ミドルブロッカー
髙橋 健太郎選手
東レアローズ 1995/02/08 201 cm/ 103 kg

20190927_171030


17.アウトサイドヒッター
久原 翼選手
パナソニックパンサーズ 1995/03/18 188 cm/ 80 kg  

20190927_171106


20.ミドルブロッカー
小野寺 太志選手
 JTサンダーズ 1996/02/27 201 cm/ 98 kg

20190927_171021


22.リベロ 
山本 智大選手
堺ブレイザーズ 1994/11/05 171 cm/ 69 kg 

20190927_170956

YujiNishidaJPNshowshisexcitement

TatsuyaFukuzawaJPNcelebrates

_20191002_224131

083

727

387


■第五戦終了後の順位

1位.ブラジル 5勝 勝ち点15
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

2位.アメリカ 4勝1敗 勝ち点13
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

3位.ポーランド 4勝1敗 勝ち点12
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

4位.日本 3勝2敗 勝ち点9
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

5位.ロシア 3勝2敗 勝ち点9
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

6位.エジプト 2勝3敗 勝ち点7
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

7位.アルゼンチン 2勝3敗 勝ち点6
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

8位.イラン 2勝3敗 勝ち点6
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

9位.カナダ 2勝3敗 勝ち点6
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

10位.イタリア 2勝3敗 勝ち点5
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

11位.オーストラリア 1勝4敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

12位.チュニジア 5敗 勝ち点0
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)


ブラジルが依然全勝、アメリカ、ポーランドが1敗で追走する中、日本はアルゼンチンに競り勝ち4位に浮上。ロシアと勝敗、ポイント同点。エジプト以下イタリアまで2勝3敗で数珠繋ぎ。


ArgentinaheadcoachMarceloMendezbriefshisplayersduringatimeout

少し前までオーストラリアは格上だった。
しかし、近年日本が強くなり、勝てない相手ではなくなった。

後半戦に弾みをつける上でもここは勝ちたい。
勿論、上位とも互角に闘えるチームなので油断禁物。

頑張れ、ニッポン!!




■本日の対戦カード

広島大会10/9(水)~15(火)  

Aサイト
[広島グリーンアリーナ・大アリーナ] 

10/9(水)
◯12:30
10位.イタリア 2勝3敗 勝ち点5
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)
3-0
(25-19 25-21 25-22)
6位.エジプト 2勝3敗 勝ち点7
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

2勝同士の両チーム。イタリアが調子を上げストレートで3勝目。

・ベストスコアラー
ディック・クーイ選手(イタリア)

316

18得点



15:00
◯3位.ポーランド 4勝1敗 勝ち点12
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)
3-1
(25-27 25-21 25-18 25-22)
5位.ロシア 3勝2敗 勝ち点9
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

第一セットを先制されたポーランドだが、以後終始優勢のまま3-1で逆転勝ちし1敗を守る。

・ベストスコアラー
ウィルフレド・レオン選手(ポーランド)

564


フェドル・ボロンコフ選手(ロシア)

061

19得点




19:20
◯4位.日本 3勝2敗 勝ち点9
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 
3-0
(25-17 25-22 25-22)
11位.オーストラリア 1勝4敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)


・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:石川裕希選手、柳田将洋選手
ライト:西田有志選手
ミドル:高橋健太郎選手、小野寺大志選手
セッター:関田誠大選手
リベロ:山本智大選手

895


久々の石川、柳田選手のアウトサイド。
第一セット、石川選手のレフトからのクロスで先制すると小野寺選手のサーブで崩して石川選手のダイレクトでブレイク。リチャーズ選手のレフトからのクロス、石川選手がツーで打ち切ると関田選手のサービスエース、ブロックでワンタッチを取り、石川選手のタッチアウトでブレイクし5-1でオーストラリアタイムアウト。さらに関田選手のサービスエース、オーストラリアの反則が取られ、オーストラリアのクイック、高橋選手のクイック。
石川選手のサーブで崩して高橋選手のクイックでブロックアウト、石川選手のサービスエースでブレイクし10-2でオーストラリア早くも二回目のタイムアウト。石川選手のパイプで11-2。オーストラリアはキャロル選手のライトからのクロス、オーストラリアのサーブ判定を巡りオーストラリアチャレンジ失敗。高橋選手のサーブアウト、柳田選手のレフトからのカンチャン、ステイブルズ選手のレフトからのブロックアウト、オーストラリアサーブアウト、ウィリアムズ選手のレフトからのクロス、西田選手のライトからのストレート、モート選手のクイック、西田選手のライトからのアタックをブロック、石川選手のレフトからのアタックがアンテナにあたり9-16とじわじわオーストラリアが詰め寄るも西田選手のライトからのブロックアウトで16-9と日本がリードする。
オーストラリアはリチャーズ選手のレフトからのクロス、ウィリアムズ選手のサーブアウト、ウィリアムズ選手のライトからのクロス、西田選手のライトからのストレート、パシエ選手のクイック、小野寺選手のBクイック、ここでワンポイントブロックで大竹、藤井選手を二枚換えで投入。藤井選手のパッシング、大竹選手のレフトからのフェイント、小野寺選手がオーストラリアのパイプをブロック、オーストラリアのブロックアウト、石川選手のレフトからのクロス、小野寺選手のサービスエース、柳田選手のパイプで3連続得点し23-16。ここで二枚換えを戻す。ウィリアムズ選手のライトからのクロス、ウィリアムズ選手のサーブアウトで日本24-17とセットポイント。最後は石川選手のサービスエースで25-17で日本が先制する。 

600


第二セット、西田選手のパックライト、高橋選手のクイック、石川選手のレフトからのアタックが3連続でブロックに掴まり0-3。日本は石川選手のレフトからのブロックアウトで切ると、ウィリアムズ選手のライトからのクロスを柳田選手のナイスディグで拾い石川選手のレフトからのクロスでブレイクし2-3。ウィリアムズ選手のライトからのクロス、ブロック、関田選手のダブルコンタクトで2-6。ここで藤井選手を投入。高橋選手のクイックで切り、ウィリアムズのバックライトがアウト、石川選手のバックからのフェイントで3連続得点し5-6。リチャーズ選手のレフトからのクロス、リチャーズ選手のサーブアウト、高橋選手のサービスエースでブレイクし7-7の同点に追い付くも高橋選手のサーブアウトで7-8とオーストラリアリード。
ラリーを西田選手のライトからのクロス、サーブアウト、柳田選手のレフトからのフェイント、石川選手のレフトからの速いクロス、モート選手のクイック、リチャーズ選手のレフトからのクロス、西田選手のライトからのクロスがアウトでオーストラリアブレイクし10-12。オーストラリアのタッチネット、オーストラリアのクイック、石川選手のレフトからのブロックアウト、藤井選手のネットインサービスエース、オーストラリアはパシエ選手のクイック、柳田選手のパイプ、柳田選手のレフトからのブロックアウト、ウィリアムズ選手のライトからのクロスで15-15。ウィリアムズ選手のサーブアウトで16-15と日本リード。
日本ダブルコンタクトを取られる。柳田選手のレフトからのクロス、西田選手のサービスエースで18-16と2点勝ち越してオーストラリアタイムアウト。柳田選手のレフトからのアタックがブロック、小野寺選手のクイック、柳田選手のサーブアウト、小野寺選手のクイック、ウィリアムズ選手のライトからのクロスを巡りオーストラリアブロックタッチのチャレンジ失敗で日本21-18。石川選手のレフトからのクロスをブロック、石川選手のレフトからのインナークロス、藤井選手のサーブアウト、オーストラリアのツーアタックでオーストラリアブレイクし22-21で日本タイムアウト。ウィリアムズ選手のサーブアウト、ここで大竹選手をワンポイントブロック、石川選手のサーブで崩して西田選手のブロックで24-21と日本セットポイント。ここでオーストラリア二回目のタイムアウト。ウィリアムズ選手のバックライト、最後は西田選手のライトからのクロスで日本が25-22でセット連取し王手をかける。

875


勢いに乗る日本、石川選手に代わり福澤選手を投入。小野寺選手のクイックで先制。小野寺選手のサーブアウト、ウィリアムズ選手のアタックをブロック、オーストラリアのツーアタック、ウィリアムズ選手のライトからのクロス、福澤選手のパイプ、ウィリアムズ選手のライトからのストレート、オーストラリアのサーブアウト、オーストラリアのレフトからのブロックアウト、西田選手のライトからのブロックアウト、西田選手のサーブで崩してオーストラリアの返球がアウト、西田選手のクロス方向へのバックライト、柳田選手のパイプがアウト、オーストラリアのサーブアウトで8-6と日本リード。
福澤選手のサーブアウト、柳田選手のレフトからのストレート、サンダーソン選手のレフトからのクロス、ウィリアムズ選手のサーブアウト、オーストラリアのダブルコンタクト、山本選手のナイスディグで繋いで柳田選手のレフトからのストレートで12-8としオーストラリアタイムアウト。日本がレシーブで繋いでオーストラリアクイックをミス。藤井選手のサーブアウト、西田選手のレフトからのクロス、柳田選手のサービスエース、柳田選手のサーブで崩すも返球返せず。福澤選手のレフトからのアタックがブロックされる。オーストラリアのタッチネットで16-11と日本リード。
高橋選手のサーブアウト、西田選手のライトからのフェイント、ここで大竹選手をワンポイントブロック、ウィリアムズ選手のレフトからのクロス、ここで関田選手を投入し、形式的には変則二枚換え。オーストラリアの返球ミス、ウィリアムズ選手のライトからのクロス、大竹選手のプッシュ、小野寺選手のサーブアウト、ウィリアムズ選手のライトからのブロックアウトでオーストラリアブレイクし17-19に迫る。ここで二枚換えを戻す。ウィリアムズ選手のパッシング、サンダーソン選手のレフトからのブロックアウト、サーブアウト、柳田選手のサーブアウト、オーストラリアのサーブで崩してダイレクトで20-21とし日本タイムアウト。
高橋選手のクイックで切ると、高橋選手のサーブアウト、西田選手のライトからのブロックアウトで23-21としオーストラリア二回目のタイムアウト。
ウィリアムズ選手のレフトからのブロックアウト、オーストラリアのサーブアウトで日本マッチポイント。最後は西田選手のバックライトで決め、25-22でストレート勝利を収める。


・ベストスコアラー
石川祐希選手(日本)

525

15得点

幾つかバタバタしたところはありましたが、落ち着いており安心して見ていられました。

第二セット前半にブロックで捕まり、セッターを変えた時、第三セット、サーブミスが多くなった時、それでも石川選手を第三セットから下げ、予定通り勝ち切るあたりにチームとして一回り大きくなりました。

自信のなせる業です。

明日はロシアと大敵ですが、これから強敵との対戦が増えます。メダル獲得のためにも、まずは明日のロシア戦に集中です。

頑張れ、ニッポン!!





 Bサイト
[広島グリーンアリーナ・小アリーナ]  

10/9(水)
11:00
12位.チュニジア 5敗 勝ち点0
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)
2-3
(20-25 25-20 27-29 25-20 12-15)
◯9位.カナダ 2勝3敗 勝ち点6
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

初勝利に燃えるチュニジア。双方譲らずフルセットにもつれ込みカナダが粘り勝ちで3勝目。

・ベストスコアラー
ハムザ・ナガ選手(チュニジア)

20191002_150339

30得点



14:00
7位.アルゼンチン 2勝3敗 勝ち点6
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)
0-3
(19-25 19-25 24-26)
◯1位.ブラジル 5勝 勝ち点15
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

全勝のブラジル、アルゼンチンの挑戦をストレートで退ける。

・ベストスコアラー
アラン・ソウザ選手(ブラジル)

649

15得点


18:00  
◯2位.アメリカ 4勝1敗 勝ち点13
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)
3-1
(25-18 22-25 25-18 25-12)
8位.イラン 2勝3敗 勝ち点6
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

ブラジルを追走するアメリカ。難敵イランを破り1敗を守る。

・ベストスコアラー
アーロン・ラッセル選手(アメリカ)

513

18得点

※結果は随時、更新いたします。



■オーストラリア戦終了後の順位

1位.ブラジル 6勝 勝ち点18
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

2位.アメリカ 5勝1敗 勝ち点16
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

3位.ポーランド 5勝1敗 勝ち点15
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

4位.日本 4勝2敗 勝ち点12
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

5位.ロシア 3勝3敗 勝ち点9
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

6位.イタリア 3勝3敗 勝ち点8
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

7位.カナダ 3勝3敗 勝ち点8
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

8位.エジプト 2勝4敗 勝ち点7
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

9位.イラン 2勝4敗 勝ち点6
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

10位.アルゼンチン 2勝4敗 勝ち点6
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

11位.オーストラリア 1勝5敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

12位.チュニジア 6敗 勝ち点1
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)


上位陣は変わらず。ロシアがポーランドに敗れ3敗に後退。明日、日本と対戦する。日本はここを勝つと5勝2敗で前途洋々。イタリア、カナダがじわじわとポジションをあげてともに3勝3敗。イラン、アルゼンチンが苦戦。