プロ野球のクライマックスシリーズとバッティング、週末には台風19号が接近する不運も重なっている。

だが、全日本男子は地力で話題を勝ち取っている。
それも、強豪ロシアを10年ぶりに撃破し5勝2敗で堂々の4位。

アメリカと勝敗で並びメダルに手が届くところにまで到達した。

近年、こんな姿、見たことがない。
もう、全日本男子が弱いとは言わせない。

600




_20190830_202223
20190711_205159

IMG_20190513_193059


■ワールドカップ出場国

日本
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

ポーランド
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

イラン
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

オーストラリア
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

エジプト
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

チュニジア
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)

イタリア
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

ロシア
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

ブラジル
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

アルゼンチン
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

アメリカ
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

カナダ
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

※詳細は「まるごとワールドカップ2019! 男子編

※開幕戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 開幕戦 オーストラリア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33389485.html 

※第二戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第二戦 ポーランド戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33395667.html

※第三戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第三戦 チュニジア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33414778.html

※第四戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第四戦 アメリカ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33424617.html

※第五戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第五戦 アルゼンチン戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33434067.html?ref=head_btn_prev&id=7269558

※第六戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第六戦 オーストラリア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33464504.html

※第七戦の結果は「ワールドカップ2019 男子 第七戦 ロシア戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33472201.html?jprank=2&cat=186



■出場登録選手16名

※身長、最高到達点はV-leagueのものとする  

25-1-top


1.オポジット
清水 邦広選手
パナソニックパンサーズ 1986/08/11 193 cm/ 97 kg

20190914_181440


3.セッター
藤井 直伸選手
東レアローズ 1992/01/05 183 cm/ 78 kg

20190927_171158


4.オポジット
大竹 壱青選手
パナソニックパンサーズ 1995/12/03 201 cm/ 98 kg

20190927_171057


5.アウトサイドヒッター
福澤 達哉選手
パナソニックパンサーズ 1986/07/01 189 cm/ 88 kg

20190927_171347


6.ミドルブロッカー
山内 晶大選手
パナソニックパンサーズ 1993/11/30 204 cm/ 80 kg

20190927_171039

 

8.アウトサイドヒッター
柳田 将洋選手
ユナイテッド・バレーズ(ドイツ)  1992/07/06 186 cm/ 79 kg

20190927_171129


10.リベロ
古賀 太一郎選手
ウルフドッグス名古屋 1989/10/04 170 cm/ 70 kg

20190927_171010


11.オポジット
西田 有志選手
ジェイテクトSTINGS 2000/01/30 186 cm/ 80 kg

20190915_070658


12.セッター
関田 誠大選手
堺ブレイザーズ 1993/11/20 175 cm/ 72 kg

20190927_171150


13.アウトサイドヒッター
髙野 直哉選手
堺ブレイザーズ 1993/04/30 190 cm/ 78 kg

20190927_171115


14.アウトサイドヒッター
石川 祐希選手
 キオエネ・パドバ(イタリア) 1995/12/11 191 cm/ 84 kg

20190920_114351


15.ミドルブロッカー
李 博選手
東レアローズ 1990/12/27 193 cm/ 82 kg

20190927_171048


16.ミドルブロッカー
髙橋 健太郎選手
東レアローズ 1995/02/08 201 cm/ 103 kg

20190927_171030


17.アウトサイドヒッター
久原 翼選手
パナソニックパンサーズ 1995/03/18 188 cm/ 80 kg  

20190927_171106


20.ミドルブロッカー
小野寺 太志選手
 JTサンダーズ 1996/02/27 201 cm/ 98 kg

20190927_171021


22.リベロ 
山本 智大選手
堺ブレイザーズ 1994/11/05 171 cm/ 69 kg 

20190927_170956

YujiNishidaJPNshowshisexcitement

TatsuyaFukuzawaJPNcelebrates

_20191002_224131

083

727

387

765

895

TaishiOnoderaJPNinaction


■第七戦終了後の順位

1位.ブラジル 7勝 勝ち点21
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

2位.ポーランド 6勝1敗 勝ち点18
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

3位.アメリカ 5勝2敗 勝ち点16
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

4位.日本 5勝2敗 勝ち点15
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

5位.イタリア 4勝3敗 勝ち点11
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

6位.イラン 3勝4敗 勝ち点9
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

7位.アルゼンチン 3勝4敗 勝ち点9
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

8位.ロシア 3勝4敗 勝ち点9
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

9位.カナダ 3勝4敗 勝ち点8
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

10位.エジプト 2勝5敗 勝ち点7
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

11位.オーストラリア 1勝6敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

12位.チュニジア 7敗 勝ち点1
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)


アメリカがブラジルに敗れ、ポーランドが勝ち星を伸ばしたため、2位に浮上。日本がアメリカと5勝2敗で並び1ポイント差の4位。
スルスルと浮上のイタリア、3勝4敗のグループはイラン、アルゼンチン、ロシア。
エジプトが後退しオーストラリアとチュニジアがテールエンド。


MahmoudMohamedEGYreceives

今日の相手はエジプト
成績はよくないが侮れない相手。

開幕二連戦でオーストラリア、イランを撃破している。決して油断出来ない相手。

ここはキッチリ6勝目を収めたい。
何しろ、残る相手がイラン、ブラジル、そしてカナダ。

ラスト4戦で3勝1敗なら8勝3敗でメダルに手が届く圏内。

そのためにもまず、今日のエジプトに集中。

来年に向けて視界良好。
東京で笑うため、頑張れ、ニッポン!!




■本日の対戦カード

広島大会10/9(水)~15(火)  

Aサイト
[広島グリーンアリーナ・大アリーナ] 

10/11(金)
12:30
◯2位.ポーランド 6勝1敗 勝ち点18
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)
3-0
(25-20 25-18 25-9)
11位.オーストラリア 1勝6敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

・ベストスコアラー
バルトシュ・クレク選手(ポーランド)

240

13得点


15:00
◯3位.アメリカ 5勝2敗 勝ち点16
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)
3-2
(21-25 25-11 20-25 25-19 15-13)
9位.カナダ 3勝4敗 勝ち点8
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

一旦王手をかけたカナダだが、アメリカがフルセットに持ち込み僅差で勝利。

・ベストスコアラー
マット・アンダーソン選手(アメリカ)

796

20得点



19:20
◯4位.日本 5勝2敗 勝ち点15
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 
3-2
(25-14 18-25 25-23 28-30 15-13)
10位.エジプト 2勝5敗 勝ち点7
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:石川裕希選手、福澤達哉選手
ライト:西田有志選手
ミドル:高橋健太郎選手、小野寺大志選手
セッター:関田誠大選手
リベロ:山本智大選手

877


(第二セット中盤より)
小野寺選手のクイック、サイード選手のレフトからのフェイント、石川選手のレフトからの速いクロス、モーセン選手のクイック、エジプトのサーバーアウト、エジプトのクイック、西田選手のライトからのクロスがアウトでエジプトブレイクし12-9。福澤選手のレフトからのクロス、石川選手のサーブアウト、エジプトのサーブアウト、エジプトのレフトからのストレート、福澤選手のレフトからのタッチアウト、エジプトのクイック、西田選手のバックライトがネットを越えず12-16で日本4点を追う。
石川選手のレフトからのアタックがアウト。ここで柳田選手を投入、西田選手のライトからのクロス、サイード選手のレフトからのストレート、柳田選手のレフトからのクロス、サイード選手のライトからのブロックアウト、アブダラ選手のツーアタックでブレイク。ここで大竹選手を投入。柳田選手のライトからのクロス、大竹選手のライトからのプッシュがネット越えず、サラブ選手のライトからのストレートで15-22とされ日本タイムアウト。
福澤選手のレフトからのアタックをブロック、エジプトのサーブアウト、ここで李選手をリリーフサーバー。エジプトのタッチネット、サイード選手のパイプでエジプトセットポイント。エジプトのサーブアウト、最後は大竹選手のサーブアウトで25-18でエジプトが取り返し1-1のイーブンとなる。

318


第三セット、西田選手のサーブアウト、エジプトのサーブアウト、エジプトのレフトからのクロス、デヨ選手のレフトからのクロスでエジプト4-0とし日本タイムアウト。石川選手のパイプで切ると、小野寺選手のクイックでブレイク、デヨ選手のレフトからのブロックアウト、福澤選手のパイプ、石川選手の超インナークロスで4-5:。エジプトのライトからのブロックアウト、サラブ選手のサービスエース、サーブアウト、サイード選手のパイプでエジプト8-5とリード。
日本は高橋選手のクイックでラリーを制す、サイード選手のレフトからのストレート、高橋選手のクイック、高橋選手のサーブで崩して石川選手のパイプでブレイクし8-9。エジプトはモーセン選手のクイックで切るも、日本がディグで懸命に繋いで福澤選手がレフトから押し込むと西田選手のサービスエースで10-10の同点に追い付き、エジプトタイムアウト。
サラフ選手のレフトからのストレート、小野寺選手の連戦クイックで12-11と勝ち越し。モーセン選手のクイック、小野寺選手のクイックとミドルを積極的に使うと、エジプトのレフトからのアタックアウトでブレイクし14-12。小野寺選手のサーブアウト、デヨ選手のレフトからのクロスでエジプト14-14の同点。サラフ選手のサーブアウト。エジプトはここで二枚換え。関田選手のサーブで崩して福澤選手のパイプで16-14と日本リード。
サイード選手のパイプ、エジプトのサーブアウト、ヒシャム選手のライトからのストレート、福澤選手のレフトからのクロスがアウトでエジプト17-17の同点。西田選手のライトからのクロス、高橋選手のサーブアウト。エジプトは二枚換えをコートに戻す。西田選手のライトからのストレート、サイード選手のライトからのクロスでエジプトがラリーを制す、エジプトのサーブアウト、ここで柳田選手をリリーフサーバー。サーブアウト、西田選手のバックライト、ここで大竹選手をワンポイントブロック、エジプトのクイック。ここで関田選手を戻す。エジプトのブロックアウトでエジプト22-21とし日本二回目のタイムアウト。
サラフ選手のサービスエース、石川選手のレフトからのストレート、ワンタッチを取り石川選手が押し込むもエジプトタッチネットのチャレンジ失敗23-23の同点。関田選手のジャンプフローターでサービスエースを取り日本24-23と逆転しセットポイントでエジプトタイムアウト。最期は繋いで石川選手のレフトからのクロスで日本が逆転で25-23で第三セットを奪い王手をかける。

274


第四セット、小野寺選手のクイック、西田選手のサービスエースでブレイクし2-0。西田選手のサーブアウト、西田選手のバックライト、エジプトのクイック、サラフ選手のライトからのクロス、エジプトのサーブアウト、モーセン選手のクイック、サラフ選手のサーブアウト、サイード選手のパイプ、高橋選手のクイック、エジプトのレフトからのクロス、石川選手のパイプで8-6と日本リード。
福澤選手のレフトからのクロス、サーブで崩して福澤選手のダイレクトで10-6:。サイード選手のレフトからのクロス、福澤選手のレフトからのストレート、西田選手のサーブアウト、西田選手のバックライトからのブロックアウト、福澤選手のサービスエースで13-8としエジプトタイムアウト。
エジプトのこぼれ球を処理出来ず、アブダラー選手のツーアタックでエジプトブレイク、石川選手のレフトからのフェイントで切る。エジプトのクイック、西田選手のバックライトがネットを越えずエジプト12-14。サラフ選手のサーブアウト、エジプト二枚換え。関田選手のサーブで崩して石川選手のブロックで16-12とリードする。
17-13から石川選手のトスから西田選手のライトからのクロスがアウト、福澤選手のレフトから叩きつけるようなクロスでラリーを制す、高橋選手のサーブアウト、小野寺選手のクイックがブロックされ16-18:に迫る。エジプトのサーブアウト、西田選手のサーブアウト、デヨ選手のレフトからのブロックアウトでエジプト18-19とし日本タイムアウト。
西田選手のライトからのアタックがネットを越えず。ここで藤井、大竹選手を二枚換え。大竹選手のレフトからのクロス、サイード選手のパイプ。石川選手のレフトからのブロックアウト、エジプトのバックライト、大竹選手のライトからのストレート、エジプトのレフトからのクロスを巡りエジプトのチャレンジ失敗で23-21としエジプトタイムアウト。大竹選手のサーブアウト、ここで西田、関田選手を戻す。石川選手のライトからのストレートで日本24-22とマッチポイント。エジプトのクイック、西田選手のライトからのクロスがブロックに捕まり、エジプトが24-24のデュース。石川選手のトスから西田選手のライトからのクロスがアウトでエジプト25-24とセットとし日本二回目のタイムアウト。
エジプトのサーブアウトで再び25-25のデュース。ここで柳田選手をリリーフサーバー。エジプトのクイックをワンタッチかけるもレシーブでお見合い、福澤選手がレフトからブロックアウトを取り再び26-26のデュース。エジプトのバックライト、石川選手のパイプで再び27-27のデュース。エジプトのレフトからのブロックアウトでエジプト再びセットポイント、西田選手のバックライト、エジプトがクイックでラリーを制してエジプト再びセットポイント、最後は石川選手のレフトからのクロスがブロックに捕まり28-30でエジプトが取り、フルセットへもつれ込む。

368


最終セット、石川選手のパイプでスタート、ヒシャム選手のレフトからのクロスがアウト、高橋選手のサーブアウト、西田選手のブロック、デヨ選手のレフトからのクロス、西田選手のバックライト、ヒシャム選手のライトからのクロス、石川選手のレフトからのブロックアウトでラリーを制する、モーセン選手のクイック、石川選手にボールを集めるも連続ブロックに掴まり5-6と逆転される。ここで藤井選手を投入。福澤選手のパイプで切ると、西田選手のブロックで7-6と逆転。エジプトのレフトからのブロックアウトで7-7。エジプトのバックライトがアウト判定でエジプトチャレンジ成功。エジプト8-7でコートチェンジ。
石川選手のライトからの速いクロス、日本タッチネット、西田選手のライトからのストレート、高橋選手のサーブで崩して福澤選手のダイレクトで10-9と逆転。サイード選手のバックライト、エジプトのクイックでエジプト11-10と逆転し日本タイムアウト。
石川選手のパイプ、西田選手のネットインサービスエースで12-11としエジプトタイムアウト。西田選手のサーブアウト、小野寺選手のクイック、藤井選手のクイックで日本14-12とマッチポイントとしエジプト二回目のタイムアウト。エジプトのクイック、最後は小野寺選手のクイックのレシーブ返らず、日本が15-13でエジプトを下し日本が26年ぶりの4連勝を飾り6勝目を勝ち取りました。


・ベストスコアラー
石川祐希選手(日本)

525

24得点

216


苦しい試合でしたが、この三年間積み上げてきたものが出た試合でした。関田選手がミドルを多めにしていた分、レフトが決めやすくなりましたが、西田選手の疲れが見え、第四セット以降辛くなりました。こうした時、関田選手が辛くなると藤井選手や大竹選手を迷わず投入し、最終セットでも小野寺選手を使ったりと二人のセッター、そして総力戦で勝ちきりました。

エジプトのサーブとディフェンスがよく、これまでのようにサーブとサイドアウトが取りにくく、ミドルの打数を止められなかった分、3-1でも勝てそうな試合だったのは惜しかったですが、ここまで6勝目をあげられたのは非常に大きいです。

明日1日ゆっくり休んでイラン戦をベストで望んで貰いたいです。

頑張れ、ニッポン!!






 Bサイト
[広島グリーンアリーナ・小アリーナ]  

10/11(金)
11:00
7位.アルゼンチン 3勝4敗 勝ち点9
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)
2-3
(25-27 25-23 25-19 17-25 10-15)
◯6位.イラン 3勝4敗 勝ち点9
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

第一セットの接戦を制したイランだが、アルゼンチンに第二セットの接戦を落とし、第三セットを奪って逆王手。しかしイランが第四セットを奪い返しフルセットへ持ち込むと再び逆転して4勝目。

・ベストスコアラー
エセキエル・パラシオル選手(アルゼンチン)

199

20得点



14:00
12位.チュニジア 7敗 勝ち点1
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)
0-3
(17-25 14-25 13-25)
◯1位.ブラジル 7勝 勝ち点21
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

ブラジルがチュニジアを一蹴し優勝街道へばく進中。

・ベストスコアラー
ハムザ・ナガ選手(チュニジア)

843

14得点


18:00  
5位.イタリア 4勝3敗 勝ち点11
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)
1-3
(25-13 25-27 26-28 12-25)
◯8位.ロシア 3勝4敗 勝ち点9
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

追撃ムードのイタリアを第二、第三セットの接戦を制したロシアが3-1で制し4勝目。

・ベストスコアラー
ガブリエル・ネッリ選手(イタリア)

123

17得点

※結果は随時、更新いたします。








■第八戦終了後の順位

1位.ブラジル 8勝 勝ち点24
2大会ぶり12回目南米代表WR1位(大陸内1位)

2位.ポーランド 7勝1敗 勝ち点21
3大会連続7回目 2018世界選手権優勝国(WR4位)

3位.アメリカ 6勝2敗 勝ち点18
10大会連続11回目北中米代表WR2位(大陸内1位)

4位.日本 6勝2敗 勝ち点17
14大会連続14回目 開催国(WR11位) 

5位.ロシア 4勝4敗 勝ち点12
4大会連続12回目※2WR5位(大陸内2位)

6位.イタリア 4勝4敗 勝ち点11
3大会連続8回目ヨーロッパ代表WR3位(大陸内1位)

7位.イラン 4勝4敗 勝ち点11
3大会連続4回目アジア代表WR8位(大陸内1位)

8位.アルゼンチン 3勝5敗 勝ち点10
4大会連続7回目WR7位(大陸内2位)

9位.カナダ 3勝5敗 勝ち点9
2大会連続6回目WR6位(大陸内2位)

10位.エジプト 2勝6敗 勝ち点8
5大会連続8回目アフリカ代表WR13位(大陸内1位)

11位.オーストラリア 1勝7敗 勝ち点2
2大会連続3回目WR16位(大陸内2位)

12位.チュニジア 8敗 勝ち点1
2大会連続9回目WR22位(大陸内2位)


ブラジル、ポーランドともに安泰。遂に日本が6勝目。アメリカがフルセット勝ちのため今日のエジプト戦で3-1で勝利なら3位浮上の可能性があったものの持ち越し。
ロシアがイタリアに勝ち5位浮上、イランが4勝目で4勝4敗がロシア、イタリア、イランと3チーム。
アルゼンチン、カナダが3勝5敗。

これからラスト三連戦。
明日の休養日を挟み、日曜日のイラン、そして優勝候補筆頭のブラジル、最終戦のカナダ戦まで突き進みます。