全日本女子バレーボールチームの運命を左右する東京オリンピックの予選ラウンドの組分けがFIVBより発表された。 


789


20200131_215629


 女子(数字は2019年9月29日時点のFIVB世界ランキング)  

A組 
日本(7)
セルビア(3)
ブラジル(4)
韓国(9)
ドミニカ共和国(10)
ケニア(19) 

B組
中国(1)
アメリカ(2)
ロシア(5)
イタリア(8)
アルゼンチン(11)
トルコ(12) 


日本はA組に編入され、セルビア、ブラジル、韓国、ドミニカ共和国、ケニアと対戦する。

もしB組ならアルゼンチン以外には全敗の可能性もある死の組だけにこの組み合わせはかなり運が良い。

こうなるとケニアとドミニカ共和国との勝利は必須で、韓国戦が大きな鍵を握るのは言うまでもない。
B組は中国、アメリカ、イタリア、ロシアにトルコが割って入るかどうか。
決勝トーナメントで中国と当たってしまうと準決勝進出が難しくなる。まだ攻略の余地があるロシアかイタリアあたりを引きたい。準々決勝進出を考えるなら少しでも通過順位を良くしたいところ。


尚、対戦日程は以下の通り。


   [男女決勝トーナメント] 
 ■準々決勝 
[1]A組1位 vs. B組4位  
[2]A組2位/3位 vs. B組2位/3位(抽選) 
[3]A組2位/3位 vs. B組2位/3位(抽選)  
[4]A組4位 vs. B組1位 

 ■準決勝  
[1]の勝者 vs. [2]の勝者  
[3]の勝者 vs. [4]の勝者 

 ■3位決定戦  
準決勝の敗者 vs. 敗者 

 ■決勝  
準決勝の勝者 vs. 勝者  


ますは予選トーナメント通過が最大の目標。
中田監督の就任挨拶通り、伝説に残るチームとなれるか?

敵は決まった。
あとは相手の研究と鍛練、明確な戦術を打ち出すのみ。

東京オリンピック目指して、
頑張れ、ニッポン!!
尚、併せて男子の組分けも決定した。

Japanplayerscelebrate (2)


GetImage (8)

日本はポーランド、イラン、カナダ、イタリア、ベネズエラら強豪揃いのA組。

B組はブラジル、アメリカ、ロシア、アルゼンチン、フランス、チュニジアとやや弱い組なのでやや厳しくもある。

決勝トーナメントに進むにはカナダ、ベネズエラ戦の勝利は必須でポーランド、イタリア、イランのいずれかを撃破したい。

ワールドカップの勢いに乗って、ますは決勝トーナメント進出が最大のテーマ。

男子復活の狼煙をあげるためにも、東京オリンピックにむけて
頑張れ、ニッポン!!