日本バレーは常に変化を求めてきた。

古くはフライングレシーブ、時間差攻撃、クイック、はたまたハイブリッド6まで。

日本オリジナルの追及により、日本バレーは世界と渡り合ってきた。

20190731_075945

結果が伴わない今、変化が求められる。


例えばプロ野球。

IMG_20200630_222147

二番に強打者を置くスタイルが最新のトレンド。
これはMLBから派生したものだが、このスタイルの波及により日本野球そのものが大きく変わった。

以前、スモールベースボールと揶揄された日本野球では、一番打者にほ出塁率の高く足の速いバッターを置き、二番打者は小技とバントの上手い繋ぎ役が入り、クリンナップに繋ぐのがセオリーだった。

ところが、二番打者に強打者を置くと息つく暇もなくクリンナップに繋がる。

勿論、送りバントなぞしない、叩き潰す野球。
如何にもアメリカっぽい。
ところが、これが日本でも流行った。

これに近しいことを日本のバレーボールでもやろうとしている。


新鍋選手の引退は、中田監督もある程度速い段階で知っていた筈である。

764

もし、攻撃優先でシフトを組むなら以下の通り。

古賀                        芥川             長岡(黒後)
佐藤(宮下)        荒木             石井(石川) 
小幡、井上

緻密さが好きな日本人からすると大味過ぎて退屈に映るが、打力で圧倒出来れば、つまらない小細工など要らない。MLBがそうだ。

ランナーが出ても送りバントもしない。
ヒットエンドランもやらない、バスターも仕掛けない。

それも打力で圧倒出来るから。
また、肩とパワー差はどうにもならない。


バレーボールもそうだ。
身長差だけはどうにもならない。

だから、打力で押し通すなら工夫がいる。
昨年しばしばセッターを通さず、2本目でアタックするシーンを見かけたが、要はテンポの緩急に限らず、明確に裏をかける手立てがあればそれでいい。

ハイブリッド6も誰が打ってくるか分からないところが着眼点。

セッター以外はポジションレスは面白い発想で、現在でも共栄学園高校などで採り入れられている。

韓国のキム・ヒジン選手のようにオポジットもミドルもやれる選手が望ましいが、ライト側に守備力と機動力を求めるなら、次の選手を推したい。

soga1-1


曽我啓菜選手(NECレッドロケッツ)
山内美咲選手(NECレッドロケッツ)
窪田美侑選手(日立リヴァーレ)

世界の高さ云々はあるが、試してみたい選手ではある。


また、以前荒木絵里香選手をライトにコンバートする案を出したことがあったが、ミドルについても同様に来季のリーグでの結果が求められる。

その上ではあるが…。 

JPN_V_CHN_(4)

平山詩嫣選手(久光製薬スプリングス)

彼女はライト側の攻撃が出来るので、来季の活躍次第ながら候補に挙げたい。


サーブレシーブ免除されているので上記に加えなかったが


B09E3837-A95A-4EEF-B725-9619A480D5AA

渡邊真恵選手(岡山シーガルズ)

殆ど前衛からしか攻撃しない岡山バレーでどこまで通用するのか、出来ればセッター、ミドル込みで観てみたい気持ちはあるが…。

山口舞選手のように、ミドルもやれてライトにまわってもサーブレシーブもこなせるテクニシャンが一人欲しい。

というのも、誰をどう配置しても殆どテンポが同じなので、変化球が欲しい。
そう、緩急使い分けられる選手が。

ただ、それで必ず勝てる訳ではなく、更に一捻り必要だとは思うのだが(続く)