全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

カテゴリ: 全日本な日々

東京オリンピックが来年に延期された。これは日本のみならず、世界中のチームに影響を与える。当然、メリット、デメリットも存在する。それを幾つか挙げてみよう。・メリット準備時間を長く費やせる。怪我などで今年間に合わなかった選手を起用できる戦術面も含めより緻密な ...

では、今年どのようなオーダーで闘うか、少し気が早いがそれを考えてみる。普通に考えられるのがこの形古賀(石川)荒木                 黒後田代                芥川(奥村) 石井小幡、井上全日本の生命線はサーブ、サーブレシーブ、ディグ、そしてブロ ...

ようやく、山が動いた。全日本の2019年のキャプテンは最も実績があり、経験豊富な荒木絵里香選手となった。そのきっかけは東京2020オリンピックのバレーボール会場となる有明アリーナ(東京都江東区)で2月2日(日)に行われた完成披露式典でのこと。中田久美監督のコメント ...

現在の日本の図式に漏れず、全日本メンバーの高齢化が進み過ぎている。東京オリンピック後の去就が微妙な選手。岩坂、新鍋、荒木、石井、山岸、田代、芥川、渡邊、佐藤、井上選手。正直、木幡、鍋谷選手がギリギリで、上記のメンバーの中からパリオリンピックまで続ける選手 ...

全日本シーズンが終わり、男子はそれぞれの戦場へと巣だった。 明るい未来を胸に。女子は一足早くV-league開幕を迎えた。今年は東京オリンピック前年ということで海外で活動する選手はいない。男子は今年のワールドカップの活躍により、来年、メダルへの機運が高くなり、男 ...

↑このページのトップヘ