全日本女子バレーボールの今日、そして明日 〜東京オリンピック編〜

装い新たに東京オリンピックに向けて歩む全日本女子バレーボールチーム。当ブログでは全日本女子バレーボールチームに関する情報を、全日本女子バレーボールチーム活動時期、並びに関連情報を筆者の独断と偏見で掲載いたします。

2021年の全日本シーズンは短い東京オリンピックまで2ヶ月余り次なるステップはネーションズリーグ。今度は日本製のミニ大会ではない。FIVB公認の国際大会である。現在、日本が私物化していた国際大会路線が解体され、バレーボールが普及した初期のスタイルとなるオリンピック ...

中国親善試合後のインタビューがバレーボールマガジンに掲載されている。籾井あき「アタッカーを打たせ切れなかったことが被ブロックの要因」、中田久美監督「長岡の復帰で戦力的に有効なサウスポーを使えることが一番の収穫」 東京チャレンジ2021会見コメント https://t.co ...

かれこれ二年ぶりの国際大会だ。とはいえたった一試合それも相手が中国とはいえ、どの程度の陣容で来るのか、それも分からない。ただ、東京オリンピックまで実戦はたった二回。この中国との親善試合、そしてネーションズリーグ。この二大会で東京オリンピックのメンバーが決 ...

明日に控えた中国との親善試合。男子の発表に遅れる形で明日のベンチ入りメンバー12名が発表された。  1.黒後愛選手(東レアローズ)OH180cm 最高到達点306cm2.古賀紗理那選手(NECレッドロケッツ)OH180cm 最高到達点307cm3.島村春世選手(NECレッドロケッツ)MB182cm 最高 ...

一応、今のところは今年のV-leagueの活躍メンバーに近い形となっている全日本メンバー。違うのは長岡望悠選手の扱い。過去全日本のエースとして活躍した選手だけに別枠扱いだが、それでも背番号1から外れ4番スタートとなった。  長岡選手の焦点は3つ。コンディション打力の ...

↑このページのトップヘ