image


ワールドグランプリは、三大大会ではない。
優勝したからといって、それほど大きな権威のある大会ではない。

では、このワールドグランプリとは一体、どういう立ち位置の大会なのか、本稿ではそれをついてご説明する。

image


FIVBバレーボール・ワールドグランプリはFIVB主催の女子ナショナルチームによる国際公式戦である。

男子大会であるワールドリーグを参考に1993年に創設。女子バレーボール選手の国際経験の充実化と、アジアのバレーボール振興、テレビ放送によるバレーボールの普及・振興を目的としている。

バレーボールの主要国際大会のうち、毎年開催はワールドグランプリだけで、世界ランキングポイントが付与される。現期間においては三大大会(オリンピック、世界バレー、ワールドカップ)の次にランクされる大会で、ポイントは1年間有効とされる。

尚、現期間は三大大会全てが日本開催になりそうであり、日本が余りにも有利な点が配慮されてか、今年のワールドグランドチャンピオンズカップは賞金マッチとして定義され、世界ランキングポイントは付与されない。

例年、ワールドグランプリは三大大会やグラチャン、大陸選手権などの前哨戦として位置づけられ、各国代表チームの肩慣らし、あるいは様子見的な手合わせの大会とされる。

また、それら国際主要大会の人選も兼ねており、同大会で活躍した選手が以後の大会で活躍する、出世への登竜門的な位置づけにある。


※世界ランキングポイントの詳細は以下を参照 →世界ランキング 日本バレーボール協会HP



毎年夏季(7月から8月頃)に世界のバレーボール強豪チームが参加して、主にアジア地区を会場に試合が行われる。

大会は「予選ラウンド」と「決勝ラウンド」の2部構成である。

WGO2016①



グループはグループ1、2、3の3つに区切られ、前年の成績で振り分けわれる。
そのため、世界ランキングの韓国でも前年の参加がないため、今季はグループBからのスタートとなる。

グループごとに優勝チームを決めるシステム*であり、グループ王者同士の対戦はない。
前述の通り、前年の上位チームはグループ間の昇格を伴う。




※参考結果

ワールドグランプリ2016

・グループ1
優勝:ブラジル 準優勝:アメリカ 3位:オランダ
ChampionsWorldGrandPrix2016Group1



・グループ2
優勝:ドミニカ共和国 準優勝:ポーランド 3位:ブルガリア
1stplaceteamDominicanRepublic




・グループ3
優勝:クロアチア 準優勝:カザフスタン 3位:ペルー
Croatiagoldmedallist





・実施期間
7月7日(金)〜8月6日(日)

JapanesefansgetanautographfromRussiasTatianaKosheleva


・グループ分けと競技方法

・プール1

中国、アメリカ、セルビア、ブラジル、ロシア、日本、オランダ、イタリア、トルコ、タイ、ベルギー、ドミニカ共和国(昇格)


・競技方法

[予選ラウンド]

12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム9試合を戦う。

[決勝ラウンド]

予選ラウンドの上位5チームと開催国(未定)が出場する。

【決勝ラウンド】

8月2日(水)~8月6日(日)
開催地: 都市未定(中国)

JapanandRussia



・プール2

ドイツ、アルゼンチン、プエルトリコ、ブルガリア、カナダ、ポーランド、チェコ、ケニア、韓国、クロアチア(昇格)、カザフスタン(昇格)、ペルー(昇格)


競技方法

[予選ラウンド]

12チームが4チームずつ3つのプールに分かれ、3週にかけて毎週末3試合、各チーム9試合を戦う。

[ファイナル4]

予選ラウンドの上位3チームと開催国(チェコ)が出場する。

【ファイナル4】

7月28日(金)~7月30日(日)

開催地: オストラヴァ(チェコ)

BulgariadidnotearnamedalbutoppositeEmiliyaNikolova




・プール3

メキシコ、コロンビア、アルジェリア、オーストラリア、アゼルバイジャン、カメルーン、ハンガリー、トリニダード・トバコ


競技方法

[予選ラウンド]

8チームが4チームずつ2つのプールに分かれ、2週にかけて毎週末3試合、各チーム6試合を戦う。

[ファイナル4]

予選ラウンドの上位3チームと開催国(未定)が出場する。

【ファイナル4】

7月21日(金)~7月23日(日)

開催地: キャンベラ(オーストラリア)

MiaJerkovofCroatiawithrefereesbeforethematch



今年、新生全日本女子バレーボールチームにとっては、初めての大会にして初の国際大会でもある。
果たして、どんなメンバーが出場し、どのような試合を見せてくれるか、非常に楽しみ。

勝負は来月。