全日本女子バレーボールチームは惜しくも第二次ラウンドで敗退したが、ワールドグランプリ2017はいよいよ決勝ラウンド。

image



ワールドグランプリとはどのような大会か? については→国際大会①:ワールドグランプリとは何か? を参照。

・過去10年の歴代王者

image


2016年:ブラジル
2015年:アメリカ
2014年:ブラジル
2013年:ブラジル
2012年:アメリカ
2011年:アメリカ
2010年:アメリカ
2009年:ブラジル
2008年:ブラジル
2008年:ブラジル

過去10年、ブラジル6回、アメリカ4回で女王を分けあっている。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

■ グループ1(第三次ラウンド終了時点)

1位.セルビア 7勝2敗 勝ち点22
2位.アメリカ 6勝3敗 勝ち点19
3位.ブラジル 6勝3敗 勝ち点18
4位.オランダ 6勝3敗 勝ち点17
5位.イタリア 6勝3敗 勝ち点16
6位.日本 6勝3敗 勝ち点13
7位.中国 5勝4敗 勝ち点13(主催国により決勝ラウンド進出)
8位.ドミニカ共和国 4勝5敗 勝ち点11
9位.ロシア 3勝6敗 勝ち点13
10位.タイ 3勝6敗 勝ち点11
11位.トルコ 2勝7敗 勝ち点7
12位.ベルギー 9敗 勝ち点2

以上の結果となり、日本は形式上6位ながら優先順位上7番目となるため、決勝ラウンド進出はなくなりました。



■グループ2の成績(第三次ラウンド終了時点)


1位.韓国 8勝1敗 勝ち点25
2位.ドイツ 8勝1敗 勝ち点23
3位.ポーランド 7勝2敗 勝ち点21
4位.チェコ 7勝2敗 勝ち点19
5位.ブルガリア 5勝4敗 勝ち点16
6位.プエルトリコ 5勝4敗 勝ち点12
7位.コロンビア 4勝5敗 勝ち点12
8位.カナダ 3勝6敗 勝ち点11
9位.ペルー 3勝6敗 勝ち点9
10位.アルゼンチン 2勝7敗 勝ち点8
11位.カザフスタン 1勝8敗 勝ち点3
12位.クロアチア 1勝8敗 勝ち点3


グループ2は成績上位の韓国、ドイツ、ポーランドと主催国チェコがファイナル4に進出します。



■グループ3最終結果

image


優勝:ハンガリー
2位:フランス
3位:ベネズエラ
4位:メキシコ
5位:カメルーン
6位:オーストラリア
7位:トリニダード・トバコ
8位:アルジェリア


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

既に一足早くグループ3は終了。
これよりグループ1とグループ2の決勝ラウンドが始まる。

グループ1は来週8月2日(水)より決勝ラウンドが開幕する。それを待ってアジア選手権が開幕する。



・本日の対戦カード
※各国の勝敗は第三次ラウンド初日終了までの結果に基づく。



・グループ2※各国の勝敗は第三次ラウンド終了までの結果に基づく。


・決勝ラウンド
7月29日(土)

image


韓国
(世界ランキング10位)8勝1敗 勝ち点25
3-2
(19-25 13-25 25-21 25-18 15-12)
ドイツ
(世界ランキング13位)8勝1敗 勝ち点23

前半2セントを落とし、第三セット途中までドイツのペースで進むも、このセットを奪い返した韓国が息を吹き返して逆転勝ち。

RepublicofKoreacelebrate


・ベストスコアラー
キム・ヨンギョン選手(韓国)

KIM YOUKYOUNG


27得点

やはり試合をひっくり返す原動力はキム・ヨンギョン選手。ルイーザ・リップマン選手との打ち合いを制す。




チェコ
(世界ランキング25位)7勝2敗 勝ち点19
1-3
(27 - 25 20 - 25 21 - 25 20 - 25)
ポーランド
(世界ランキング22位) 7勝2敗 勝ち点21

古豪復活の兆しがあるポーランド。チェコを下す。

・ベストスコアラー
アグニェシュカ・コンコレフスカ選手(ポーランド)

1


18得点

199cmの大型ミドルブロッカー、アグニェシュカ・コンコレフスカ選手がベストスコアでポーランドの勝利に貢献。



以上の結果を持ちまして、グループ2ファイナルは以下のカードに決定しました。

・3位決定戦
ドイツ
(世界ランキング13位)8勝1敗 勝ち点23
VS
チェコ
(世界ランキング25位)7勝2敗 勝ち点19


・優勝決定戦
韓国
(世界ランキング10位)8勝1敗 勝ち点25
VS
ポーランド
(世界ランキング22位) 7勝2敗 勝ち点21


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

・グループ1・決勝ラウンド

決定済みカード

・グループ1※各国の勝敗は第三次ラウンド終了までの結果に基づく。

image



8月2日(水)

セルビア
(世界ランキング3位)7勝2敗 勝ち点22
vs
アメリカ
(世界ランキング2位)6勝3敗 勝ち点19


中国
(世界ランキング1位)5勝4敗 勝ち点13
vs
ブラジル
(世界ランキング4位)6勝3敗 勝ち点18



8月3日(木)

アメリカ
(世界ランキング2位)6勝3敗 勝ち点19
vs
イタリア
(世界ランキング8位)6勝3敗 勝ち点16


ブラジル
(世界ランキング4位)6勝3敗 勝ち点18
vs
オランダ
(世界ランキング7位) 6勝3敗 勝ち点17



8月4日(金)

セルビア
(世界ランキング3位)7勝2敗 勝ち点22
vs
イタリア
(世界ランキング8位)6勝3敗 勝ち点16


中国
(世界ランキング1位)5勝4敗 勝ち点13
vs
オランダ
(世界ランキング7位) 6勝3敗 勝ち点17


8月5日(土)

準決勝


8月6日(日)

決勝戦

3位決定戦


image


中国が決勝戦、或いは3位決定戦まで勝ち残った場合、その僅か3日後よりアジア選手権というハードスケジュールとなる。中田監督はそれを考え、決勝ラウンドに残ることはあまり積極的なコメントをしなかったようだ。

そうした点も踏まえ、アジア選手権へと突入していく。