新生全日本女子バレーボールチームの最初の大会・ワールドグランプリが終わり、中田監督が今年最大の照準と定めるアジア選手権が待っている。

image


こちらも三大大会ほどの権威はないが、2年に一度、1975年からの由緒ある大会である。
本来アジア選手権には、同年にワールドカップが実施される場合、同大会に優勝チームと準優勝チームが出場、ワールドグランドチャンピオンズカップに優勝チームが出場出来ることになっている。

※2015年優勝チーム中国はグラチャン出場。

・過去5回大会の成績

2015年:優勝 中国 準優勝 韓国 3位 タイ

2013年:優勝 タイ 準優勝 日本 3位 韓国

2011年:優勝 中国 準優勝 日本 3位 韓国

2009年:優勝 タイ 準優勝 中国 3位 日本

2007年:優勝 日本 準優勝 中国 3位 タイ

この大会は三大大会の多くが日本で開催されることもあり、第三回大会以降、日本での開催はなく、近5回の大会では中国、タイ、日本の間で金メダルを分けあっている。

日本が最後に優勝したのは2007年の柳本監督時代が最後であり、前回はモントルーバレーマスターズに出場するため、ジュニア世代のメンバーが出場。6位となっている。

さて、今回はワールドグランプリの決勝ラウンドの直後にアジア選手権が予定されている。

まだどういったメンバー編成になるのか、全く分からないが、中田監督のお話しによると登録20名。追加メンバーは誰か?

image



更にそのあと、同大会終了後、すぐに第二回国内合宿に入り、今度はグラチャンに向けて調整が進められる。

image


早い話、比較的ゆったりしているのは今だけであり、一度大会に参加してしまえば、以後は連戦、そして合宿のハードスケジュール。

特に今年は始動が遅かっただけに、あっという間に全日本のシーズンは終わっていく。


・期間

2017年8月9日(水)~8月17日(木)

・開催地

マニラ(フィリピン)

①会場: Alonte Sports Arena

②会場: Muntinlupa Sports Complex



・参加国

・A組:ホンコンチャイナ、カザフスタン、フィリピン

・B組:日本、オーストラリア、中国

・C組:韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム

・D組:チャイニーズタイペイ、イラン、モルディブ、タイ

image



・競技方法

出場14チームをA、B組に3チーム、C、D組に4チームずつ振り分け、1次リーグ戦(1回総当り戦)を行う。各組の1、2位チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、A、B組の3位チームとC、D組の3、4位チーム(計6チーム)が順位決定予備戦(9-14位)に回る。

順位決定予備戦では、1-8位は8チームが4チームずつ、9-14位は6チームが3チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行うが、1次リーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、1次リーグ戦の対戦成績を持ち越す。

順位決定予備戦各組の最終順位をもとにクウォーターファイナルラウンドの対戦カードを決定。クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドでそれぞれ1試合ずつ戦い、最終順位を決定する。

・順位決定方法

各組の順位は、勝敗数により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝点(※)
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※…1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。


image



さて、今回日本は中国と同じB組に入るが、注目は競技方法だ。

決勝ラウンド進出は各組上位2チーム。
B組は3チーム編成。
つまり、中国に負けてもオーストラリアに勝てば決勝ラウンドに駒を進められる。

更に、ハードスケジュールの中国に勝てばB組1位で予選ラウンドを通過出来、(1-8位)戦に回れる。

これは4チーム編成のC組:韓国などに比べてもかなり有利だ。

恐らく中田監督はそこを踏んでワールドグランプリの決勝ラウンドを重要視しなかったのだろう。

GalleryPic



省エネバレーで力を温存し、空いた時間を調整に充てる。

果たして、この方法で日本はアジアの頂点に輝けるか?

決戦は近い。