新生全日本女子バレーボールチーム、今年最大の目標に掲げるアジア選手権。

まずは初戦、オーストラリア戦を危なげなくストレートで撃破。
今日は優勝の最有力候補の一角・中国戦を迎える。


asia CHAMPIONSHIP


image


こちらも三大大会ほどの権威はないが、2年に一度、1975年からの由緒ある大会である。
本来アジア選手権には、同年にワールドカップが実施される場合、同大会に優勝チームと準優勝チームが出場、ワールドグランドチャンピオンズカップに優勝チームが出場出来ることになっている。

※2015年優勝チーム中国はグラチャン出場。

・過去5回大会の成績

2015年:優勝 中国 準優勝 韓国 3位 タイ

2013年:優勝 タイ 準優勝 日本 3位 韓国

2011年:優勝 中国 準優勝 日本 3位 韓国

2009年:優勝 タイ 準優勝 中国 3位 日本

2007年:優勝 日本 準優勝 中国 3位 タイ

この大会は三大大会の多くが日本で開催されることもあり、第三回大会以降、日本での開催はなく、近5回の大会では中国、タイ、日本の間で金メダルを分けあっている。

日本が最後に優勝したのは2007年の柳本監督時代が最後であり、前回はモントルーバレーマスターズに出場するため、ジュニア世代のメンバーが出場。6位となっている。

さて、今回はワールドグランプリの決勝ラウンドの直後にアジア選手権が予定されている。
更にそのあと、同大会終了後、すぐに第二回国内合宿に入り、今度はグラチャンに向けて調整が進められる。

1502170769508


image


早い話、比較的ゆったりしているのは今だけであり、一度大会に参加してしまえば、以後は連戦、そして合宿のハードスケジュール。

特に今年は始動が遅かっただけに、あっという間に全日本のシーズンは終わっていく。


・期間

2017年8月9日(水)~8月17日(木)

・開催地

マニラ(フィリピン)

①会場: Alonte Sports Arena

②会場: Muntinlupa Sports Complex



・参加国

・A組:ホンコンチャイナ、カザフスタン、フィリピン

・B組:日本、オーストラリア、中国

・C組:韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム

・D組:チャイニーズタイペイ、イラン、モルディブ、タイ

image



・競技方法

出場14チームをA、B組に3チーム、C、D組に4チームずつ振り分け、1次リーグ戦(1回総当り戦)を行う。各組の1、2位チーム(計8チーム)が順位決定予備戦(1-8位)に進出し、A、B組の3位チームとC、D組の3、4位チーム(計6チーム)が順位決定予備戦(9-14位)に回る。

順位決定予備戦では、1-8位は8チームが4チームずつ、9-14位は6チームが3チームずつ2つの組に分かれ1回総当り戦を行うが、1次リーグ戦で当たったチームとは対戦せずに、1次リーグ戦の対戦成績を持ち越す。

順位決定予備戦各組の最終順位をもとにクウォーターファイナルラウンドの対戦カードを決定。クウォーターファイナルラウンド、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドでそれぞれ1試合ずつ戦い、最終順位を決定する。

・順位決定方法

各組の順位は、勝敗数により決定する。
2チームまたはそれ以上のチームが同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り。

[第1優先] 勝点(※)
[第2優先] セット率(セット率=総得セット/総失セット)
[第3優先] 得点率(得点率=総得点/総失点)

※…1試合で与えられる勝点について
セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイントが与えられる。
セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイントが与えられる。


image



さて、今回日本は中国と同じB組に入るが、注目は競技方法だ。

決勝ラウンド進出は各組上位2チーム。
B組は3チーム編成。
つまり、中国に負けてもオーストラリアに勝てば決勝ラウンドに駒を進められる。

更に、ハードスケジュールの中国に勝てばB組1位で予選ラウンドを通過出来、(1-8位)戦に回れる。

これは4チーム編成のC組:韓国などに比べてもかなり有利だ。

恐らく中田監督はそこを踏んでワールドグランプリの決勝ラウンドを重要視しなかったのだろう。

GalleryPic



省エネバレーで力を温存し、空いた時間を調整に充てる。

果たして、この方法で日本はアジアの頂点に輝けるか?


・今日の対戦カード

・8月10日(木)

12.30~※現地時間

B組
中国
0-3
(14-25 17-25 24-26)
日本(1勝)

アジア選手権 日本VS中国 ライブ配信があるようです。


DG2J4EyVoAEd1O8


DG2hVMBVwAAGI08


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:新鍋理沙選手、古賀紗理那選手
・オポジット:野本梨佳選手
・センター:荒木絵里香選手、岩坂名奈選手
・セッター:冨永こよみ選手
・リベロ:小幡真子選手



[画像:b1075d21.jpg]


 

WGPからの連戦と、セミファイナル出場は確実視される中国は主力を温存。第一セット前半は互角。日本は古賀選手のアタックなどで8-7とリード。TT後、日本は冨永選手のサービスエースや古賀選手のアタックなどで15-11とリードを広げる。終盤に入り日本は野本選手が繋いで新鍋選手がライトからワンタッチを奪い19-13とリード。更に日本は野本選手のレフトからのウェートの乗ったアタックと荒木、冨永選手のブロックなどで得点を重ねると、最後は野本選手のバックライトからの軟打で25-14で日本が先制する。

第二セット序盤は互角。日本は4-4から3連続得点を奪い7-4とリードすると、レフトから野本選手のアタックが決まり8-5とリードする。日本はさらにサービスエースなどで13-8とリードを広げる。日本は岩坂選手のブロックや中国のアタックがネットを超えず16-10とリードを広げ、終盤へ。日本は内瀬戸選手を投入、一旦18-14に詰め寄られるも、日本はピンチサーバーに鍋谷選手を投入し、荒木選手のブロードなどで得点を重ね、最後は岩坂選手のダイレクトで25-17で日本がセットを連取する。

第三セット、日本は中国のサーブに苦しめられ13-9と先行される。日本は野本選手のレフトからの2本のアタックで反撃し、ピンチサーバーに内瀬戸選手を投入。中国はライトからのアタックで切り16-12で中国4点リードで終盤へ。日本は新鍋選手のレフトからのアタックで切ると鍋谷選手をピンチサーバーに起用。内瀬戸選手のプッシュ、更に島村選手をピンチサーバーに起用。落ちるサーブで崩して荒木選手のクイック。更に新鍋選手のライトからのクロススパイクとサービスエースで20-21と1点差に迫る。内瀬戸選手のレフトからのアタックがアウトとなるも荒木選手のブロードで再び1点差。更に新鍋選手のオーバートスを鍋谷選手が返しきれず21-23。しかし鍋谷選手のレフトからのアタックなどで23-23の同点。中国が一旦セットポイントを握るも岩坂選手の速攻で24-24のデュース。逆にセッポイントを奪い返した日本が、最後は新鍋選手のライトからのアタックを決め、26-24で逆転勝利を奪い、セットカウント3-0のストレートで勝利しました。

 ・ベストスコアラー


古賀紗理那選手(日本)
[画像:1b2dedf9.jpg]


新鍋理沙選手(日本)
[画像:ff28dcd8.jpg]


野本梨佳選手(日本)

[画像:cf751995.jpg]


 13得点


D組
モルジブ(1敗)
0-3
(9-25, 8-25, 10-25)
チャイニーズタイペイ(1勝)


15.00~※現地時間

D組
タイ(1勝)
3-0
(25-18, 25-12,25-16)
イラン(1敗)


C組
韓国(1勝)
3-0
(25-14, 25-17,25-13)
スリランカ(1敗)


17.30~※現地時間

A組
カザフスタン
3-0
(25-16, 25-17, 25-11)
香港(1敗)


C組
ニュージーランド(1敗)
0-3
(11-25, 12-25, 8-25)
ベトナム(1勝)

※時差1時間(日本が早い)


※結果は随時更新いたします。


ー・-・ー・-・ー・-・ー・-・ー・-・ー・-



・昨日の結果

8月9日(水)

C組
韓国
3-0
(25-21, 25-14, 25-12)
ニュージーランド

DGxKiqyWAAAGAcM




D組
チャイニーズタイペイ
3-1
(25-15, 25-27, 25-17, 25-20)
イラン
12.30開始(現地時間)


D組
タイ
3-0
(25-5 25-12 25-9)
モルジブ

DGxduJkVwAEEFW5




B組
日本
3-0
(25-19 25-14 25-8)
オーストラリア
15.00開始(現地時間)



[画像:45a33726.jpg]


 

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・サイド:石井里沙選手、内瀬戸真実選手
・オポジット:野本梨佳選手
・センター:荒木絵里香選手、岩坂名奈選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:小幡真子選手



A組
香港
0-3
(21-25, 16-25, 17-25)
フィリピン


C組
ベトナム
3-0
(25-12, 25-14, 25-17)
スリランカ

18:00開始(現地時間)