ヨーロッパの各チームが欧州ナンバーワンを懸けて争う欧州選手権。
準々決勝もいよいよ2日目。
ベスト4が決まる。



[画像:f239df4c.jpg]



こちらは2年に一回の開催。
過去5回の大会ではロシアが2回、イタリアが2回、セルビアが1回優勝している。
優勝チームはワールドカップ、ワールドグランドチャンピオンズカップの優先出場権を持つ。

既にロシア、セルビア、トルコ、イタリア、アゼルバイジャン、ドイツなどが来年の世界バレーの出場権を獲得。

2018年を前の前哨戦にあたる。

・過去5年の優勝チーム
2007年:イタリア
2009年:イタリア
2011年:セルビア
2013年:ロシア
2015年:ロシア


・実施期間
2017年09月22日(金)~10月01日(日)

・開催場所
アゼルバイジャン:バクー
ジョージア:トビリシ、ギャンジャ


・競技方法

プールをA〜Dに分け、一次リーグを闘う。
各プールの上位1チーム4とプレーオフを勝ち抜いた4チーム、合計8チームが決勝トーナメントに進出。

5-12位プレーオフを行う。
13位以下の順位決定戦は行わない。



・出場チーム
A組 :アゼルバイジャン・バクー
出場チーム:

アゼルバイジャン
ドイツ
ポーランド
ハンガリー


B組:ジョージア・トビリシ

出場チーム:
ジョージア
イタリア
クロアチア
ベラルーシ


C組:アゼルバイジャン・バクー

出場チーム:

ロシア
トルコ
ブルガリア
ウクライナ


D組:
アゼルバイジャン・バクー

出場チーム:
セルビア
オランダ
ベルギー
チェコ





・大会日程
09月22日(金) 第1日 1次リーグ
09月23日(土) 第2日 1次リーグ
09月24日(日) 第3日 1次リーグ
09月25日(月) 第4日 1次リーグ
09月26日(火) 第5日 プレーオフ 
09月27日(水) 第6日 プレーオフ
09月28日(木) 第7日 準々決勝
09月29日(金) 第8日 準々決勝 ※終了
09月30日(土) 第9日 準決勝
10月01日(日) 第10日 3位戦、決勝戦


[画像:b8d7a00f.jpg]


まず、準々決勝初日の結果から。


09月28日(木) 第7日 準々決勝

アゼルバイジャン・バクー


イタリア
0-3
(17-25 20-25 13-25)
オランダ

・ベストスコアラー ロンネケ・スローティエス選手(オランダ) 20得点




セルビア
3-0
(25-19 25-12 25-14)
ベラルーシ

・ベストスコアラー ティヤナ・ボシュコビッチ選手(セルビア) 18得点




イタリアがオランダにストレートで敗れる波乱。さすがにオリンピック上位の実力は伊達ではない。今日、ベスト4の残り2つの椅子を懸け、アゼルバイジャンとドイツ、ロシアとトルコが激突。
果たして順当か、それとも、また一波乱あるのか?

いよいよ大詰めを迎えつつある欧州選手権。
果たしてヨーロッパの覇者は?

ここからが最大の見せ場に突入。


9月29日(金) 第8日 準々決勝

アゼルバイジャン・バクー


アゼルバイジャン
3-0
(25-20 25-18 25-21)
ドイツ

[画像:682c5a68.jpg]

[画像:658010db.jpg]

往年の勢いを欠くドイツ。地力で準々決勝まで駒を進めるも、アゼルバイジャンの敵ではなくストレートで敗退。
アゼルバイジャンはもはや、欧州の列強の仲間入り。

・ベストスコアラー ポリーナ・ラヒモワ選手(アゼルバイジャン) 21得点





ロシア
0-3
(25-27 18-25 20-25)
トルコ

[画像:fee82d12.jpg]

[画像:104e4211.jpg]

今季もうひとつのロシア、WGPでもグラチャンでも表彰台なし。第一セットの接戦を落とすと、ゴンチャロワ選手の奮戦も空しく、コシェレワ選手不発。まさかのストレート敗戦。

・ベストスコアラー BOZ Meryem選手(トルコ) 23得点




これでイタリア、ロシアが準決勝前に姿を消し、準決勝はオランダ、セルビア、アゼルバイジャン、トルコの4チームにて争われます。

ヨーロッパの勢力図が大分入れ替わったような気がします。


・これからの対戦日程

9月30日(土) 第9日 準々決勝

オランダ
vs
アゼルバイジャン




セルビア
vs
トルコ




名将ジョバンニ・グイデッティ監督率いるトルコが早くも復活。ベスト4に駒を進め、リオで銀のセルビアと対戦。エース・ラヒモワ選手率いるアゼルバイジャンとオランダが激突。

いよいよクライマックスです。

オランダとセルビアならリオの上位組同士の順当な対決。

正直、この中ではトルコが見劣りする気もしますが、ロシアをストレートで破るあたり侮れません。ジョバンニ監督の采配は如何に?

成り行き次第ではセルビアとアゼルバイジャンというドリームカードも。ラヒモワ選手とミハイロビッチ選手の打ち合いも見られるかもしれません。

いよいよ大詰めを迎えた欧州選手権。
準決勝をお楽しみに