いよいよ2年後に迫った2020年東京オリンピック。

その実施日程の大枠が決定した。

20180719_095304


tko1807180004-p1


・開催期間:
2020年 7月24日〜8月9日


国際オリンピック委員会(IOC)は18日東京大会組織委員会から提出された競技日程を承認。調整中の水泳以外の大枠のスケジュールが決まった。

主な変更点はレスリング。後半8月2日スタートに変更。さらに、卓球とバドミントンの決勝が重ならないようにしたり、終盤に金メダル有力な空手を入れたり調整がなされた。

メダル有望競技として

・柔道

・体操男子団体総合・個人総合

・卓球


・バドミントン

・スケートボード・ストリート

ソフトボール

そして、バレーボールは開幕式直後から決勝に残れば8月9日までのフル日程。

開催場所は日本バレー界の命運を託した有明アリーナ。

DSC09196

image

果たしてバレーボールの殿堂となりうるか?そして、全日本女子バレーボールチームは「伝説に残るチーム」と成りうるのか?

9ddcb76f

ラスト2年。

まずは世界選手権。

オリンピックの予行演習というべきアジア競技大会にも注目したい。



懸念されるのは開催時期。

今年の猛暑を受け、時期の変更を求める声も少なくない。
また、経費節約のため、新国立競技場の空調をカットしたことも、後々に響かねば良いが…。

とにかく、2年後のことなので変更するのであればバタバタだったリオデジャネイロオリンピックのようにならないことを願うばかり。

この時は進行を早めるためにテクニカルタイムアウトが割愛され、不慣れなルールで闘った。出来れば、オリンピック出場枠も14名に刷新して貰いたいところ。