20180816_224721

長かったアジア競技大会も、今日で最終日。
男子は5-6位決定戦。女子は銅メダルを懸けて闘う。

女子は韓国と対戦する。

※アジア競技大会の詳細は

国際大会2018 アジア競技大会とは何か?」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27947764.html

全日本な日々 117 アジア競技大会、開幕へ」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28061644.html

全日本な日々 116 テレビオンエア???」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28033018.html

IMG_20180817_231552


A組
インドネシア、タイ、日本
ホンコンチャイナ、フィリピン

B組
韓国、中国、チャイニーズタイペイ、カザフスタン、ベトナム、インド 



_20180815_190429

女子は三位決定戦で韓国と闘う。

_20180821_091312

_20180821_091324

_20180821_091255

_20180821_091156

_20180821_091227

_20180821_091212

_20180822_230215

_20180822_230119

_20180822_230234
 
・予選最終結果

A組
タイ🇹🇭 4勝
日本🇯🇵 3勝1敗
インドネシア🇮🇩 2勝2敗
フィリピン🇵🇭 1勝3敗

ーここまでが現時点で決勝ラウンド進出ー

香港🇭🇰 4敗



B組
中国🇨🇳 4勝
韓国🇰🇷 3勝1敗
ベトナム🇻🇳 2勝2敗
カザフスタン🇰🇿 1勝3敗

ーここまでが現時点で決勝ラウンド進出ー

チャイニーズタイペイ🇹🇼 1勝3敗
インド🇮🇳 4敗


永遠のライバルという社交辞令は使わないが、日本と韓国は何かと因縁がある。

正直、まともにやれば、勝てない相手ではないのだが、ロンドンとリオのOQTでは苦杯を嘗めさせられ、ロンドンではメダルマッチの最後の相手となり、リオでは初戦敗れて、以後の算段が崩れた。

強いのか、弱いのか、良く分からない相手というのが、正確な評価かもしれない。

とにかく、日本に対する敵愾心がやたら高い国なので、大勝負に対する関心度も高い。
それが厄介な理由なのかもしれない。

とにかく、エースはキム・ヨンギョン選手。
知らないうちに30歳となっていた。
アジアでもシュ・ティ選手と並ぶベストスパイカー。
韓国はサーブもよく、グラチャンではキム・スジ選手が活躍した。

ここはひとつ、メダルを取って次の世界選手権への弾みとしたい。

頑張れ、ニッポン!!


・本日の対戦カード

※日本との時差 2時間(日本が早い)


9月1日(土)

10:00〜
7-8位決定戦 
インドネシア🇮🇩
3-1
(25-17 23-25 25-19 25-20)
フィリピン🇵🇭 

インドネシアがフィリピンを3-1で下し7位を獲得。

・ベストスコアラー
Aprilia Santini Manganang選手(インドネシア)
3018178

19得点


12:30〜
3位決定戦 LIVE
日本🇯🇵
1-2
(18-25 25-21 15-25 25-27)
韓国🇰🇷

※韓国が三位

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石井優希選手、黒後愛選手
・ライト:長岡望悠選手
・センター:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
・セッター:佐藤美弥選手
・リベロ:井上琴絵選手


FB_IMG_1535803936232

第一セット、韓国はヤン・ヒョジン選手のブロード、キム・ヨンギョン選手がレフトから決めて2-0。日本は黒後選手のアタックで切ると、韓国はヤン・ヒョジン選手のクイックで3-2。日本は荒木選手の連続サービスエースで4-3と逆転し、石井選手のアタックなどで6-5とするも、韓国からレフトからの連続アタックとサービスエースで8-6と逆転。
日本は韓国のサーブアウトなどで10-10の同点に追いつくも、韓国は長岡選手のアタックをキム・ヨンギョン選手がブロック、ライトからのアタックで逆転。更にキム・ヨンギョン選手のサービスエースなどで16-14とリード。
日本は黒後選手のアタックなどで追いかけるも、韓国はキム・スジ選手のブロード、キム・ヨンギョン選手のアタックなどで21-17とリードを広げ日本タイムアウト。日本は黒後選手のプッシュで一点を返すも韓国はリードを広げ、最後はキム・ヨンギョン選手のレフトからのアタックで25-18で韓国が先取。

FB_IMG_1535803950449

第二セット、新鍋、鍋谷選手を投入。日本は荒木選手のクイック、移動しなからのフェイントで2点を取るも、韓国はキム・ヨンギョン選手の2本のアタックとブロックなどで6-2とリードし日本タイムアウト。日本は石井選手のアタックなどで3点を返すも、韓国はヤン・ヒョジン選手のクイックで8-5とリード。
日本は韓国のサーブアウトから鍋谷選手のプッシュ、石井選手のバックアタック、佐藤美弥選手のサービスエースで9-10に迫り韓国タイムアウト。
日本は更に石井選手のアタックから長いラリーを新鍋選手のライトからのクロスで制し、石井選手のアタックで勝ち越し。韓国はヤン・ヒョジン選手のクイックで切るも、日本は石井選手が押し合いを制し、新鍋選手なサービスエースで16-14と勝ち越す。
韓国はヤン・ヒョジン選手のクイックで詰め寄るも日本は奥村選手のブロードで切り、ピンチサーバー島村選手のサーブで崩して荒木選手がブロックし19-16で韓国二回目のタイムアウト。日本は井上選手の紙一重のディグから鍋谷選手がレフトから決め、更に鍋谷選手のライトからのアタックとサービスエースでリードを広げる。韓国はキム・スジ選手のブロック、キム・ヨンギョン選手のレフトからのアタックで追い上げるも、最後は石井選手のレフトからの2本のアタックで振り切り、25-21で日本がセットを奪い返す。

FB_IMG_1535803965469


第三セット、序盤は石井選手のバックからのフェイント、鍋谷選手の2本のバックアタック、新鍋選手のライトからのアタックなどで5点を取るも、韓国はレフトからのアタックから鍋谷選手のレフトからのアタックを連続ブロックし8-5で韓国がリードする。
更に韓国はプッシュで10-6とリードを広げ日本タイムアウト。
韓国は乱れたトスをキム・ヨンギョン選手が移動しなから打ち切るなど連続得点を重ね、日本は新鍋選手のライトからのアタックで切るもキム・ヨンギョン選手のアタックで16-9と韓国が大きくリード。
日本は島村選手のブロード、韓国のミス、野本選手を投入し、レフトからのストレートで13-18とし韓国タイムアウト。韓国は島村選手のブロードをブロックするなど3連続得点で21-13とし日本二回目のタイムアウト。日本は石井選手の相手ブロックをふっとばす強烈なバックセンターや野本選手のレフトからのフェイントで反撃するも、韓国はキム・ヨンギョン選手のアタックでセットポイントを奪うと、最後はヤン・ヒョジン選手のブロードで25-15で韓国が王手をかける。

FB_IMG_1535803974990


後がない日本、奥村選手を戻す。韓国はライトからのブロックアウトと連続ネットインサービスエースで3-0とし日本タイムアウト。韓国はリ・ジョアン選手のアタックなどで追加点を収め、日本のサーブアウトで8-4とリードする。
日本は鍋谷選手のアタック、新鍋選手のライトからの連続アタックで8-11に迫り韓国タイムアウト。日本は新鍋選手のアタックなどで2点差に迫るも、リ・ジェイオン選手のアタックなどで再び突き放され16-11で韓国がリードする。日本は韓国のサーブアウトから鍋谷選手のアタック、韓国のアタックアウトで17-20とし韓国タイムアウト。日本は新鍋選手のアタックなどで23-23の同点に追い付き、とてつもなく長いラリーをリ・ジェイオン選手が決めてデュースに。
日本は鍋谷選手がアタックを決めるも、レシーブの連携ミスでボールを落とし韓国マッチポイント。最後は韓国のアタックが決まり、3-1で韓国が勝利し日本は4位に終わりました。

・ベストスコアラー
キム・ヨンギョン選手(韓国)

3011695

32得点

最後は根負けする形で敗れた日本。
第四セット粘りに粘り、場内のニッポンコールにも後押しされ、一時は勝勢になりながら、惜しい敗戦となった。
日本は石井選手が15得点、新鍋選手が14得点、鍋谷選手が12得点と奮戦するも、長岡選手の調子があがってこないこと、決定力不足、ディグでも韓国に粘りがあり、終始劣勢でした。
それでも粘りを見せたことは収穫ですが、今回の敗戦をバネに世界選手権での巻き返しに期待したいです。


5-6位決定戦  
ベトナム🇻🇳
1-3
(18-25 25-22 22-25 24-26)
○カザフスタン🇰🇿

第二セット以降は全て3点以内の僅差。これを制しカザフスタンが5位入賞。

・ベストスコアラー
サナ・アナルクロワ選手(カザフスタン)

3029531 (1)

24得点



16:30〜
優勝決定戦 LIVE
タイ🇹🇭
0-3
(19-25 17-25 13-25)
○中国🇨🇳

※中国が優勝

持ち前の固いディグ、コートの隙を狙う巧みなアタック、そしてブロックで対抗したタイだが、中国の高さの前には歯が立たず、調子が貫禄の優勝。

・ベストスコアラー
シュ・ティ選手(中国)

3011685

26得点

※ライブ配信がございます。⇒http://www.dnlive.tv/Live/Stream?id=MXrrs6lTjts%3D


※結果は随時、更新いたします。 



・女子最終結果

_20180902_013223

_20180902_013345

_20180902_104244



優勝:中国🇨🇳
準優勝:タイ🇹🇭
3位:韓国🇰🇷
4位:日本🇯🇵 
5位:カザフスタン🇰🇿
6位:ベトナム🇻🇳
7位:インドネシア🇮🇩 
8位:フィリピン🇵🇭
9位:チャイニーズタイペイ🇹🇼
10位:インド🇮🇳
11位:香港🇭🇰
男子も今日が最終日

※アジア競技大会の出場メンバーは「アジア競技大会・男女出場メンバー発表!」参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27356498.html

※初日の結果は「アジア競技大会 男子 初日」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28141269.html

※二日・三日目の結果は「アジア競技大会 男子 二日目・三日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28171221.html

・四日目の結果は「アジア競技大会 女子四日目 / 男子三日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28189487.html

・五日目の結果は「アジア競技大会  男子五日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28207440.html

・六日目の結果は「アジア競技大会 男子六日目 準々決勝」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28240677.html

・七日目の結果は「アジア競技大会 男子七日目 準決勝」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28276219.html

・八日目の結果は「アジア競技大会 女子七日目 準決勝 / 男子七日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28294039.html


IMG_20180817_231552



A組
インドネシア、サウジアラビア、キルギスタン

B組
イラン、パキスタン、モンゴル

C組
日本、カザフスタン、ミャンマー

D組
韓国、チャイニーズタイペイ、ネパール

E組
中国、タイ、スリランカ、ベトナム

F組
インド、カタール、モルジブ、香港

男子と女子とでは、競技国の幅も、競技国も違う。女子とは違い6組に分かれての壮大な闘いとなる。

いよいよ優勝争いはイラン、韓国の2チームに絞られた。


DlMNXkmVAAA0mTn

_20180822_230407

_20180822_230424

_20180822_230354

・予選リーグの最終結果 

A組
インドネシア 🇮🇩 1勝1敗 
※インドネシアが決勝トーナメント進出
サウジアラビア🇸🇦 2勝 
※サウジアラビアが決勝トーナメント進出
キルギスタン 🇰🇬 2敗

B組
イラン 🇮🇷 2勝 ※イランが決勝トーナメント進出
パキスタン 🇵🇰 1勝1敗
※パキスタンが決勝トーナメント進出
モンゴル 🇲🇳 2敗

C組
日本🇯🇵 2勝 ※日本が決勝トーナメント進出
カザフスタン🇰🇿 2敗
ミャンマー🇲🇲1勝1敗 ※ミャンマーが決勝トーナメント進出

D組
韓国🇰🇷2勝※韓国が決勝トーナメント進出
チャイニーズタイペイ🇹🇼 1勝1敗
※チャイニーズタイペイが決勝トーナメント進出
ネパール🇳🇵2敗

E組
中国🇨🇳 2勝※中国が決勝トーナメント進出
タイ🇹🇭 1勝1敗※タイが決勝トーナメント進出
スリランカ🇱🇰 1勝1敗
ベトナム🇻🇳 2敗

F組
インド🇮🇳 1勝1敗※インドが決勝トーナメント進出
カタール🇶🇦 2勝※カタールが決勝トーナメント進出
モルジブ🇲🇻 2敗
香港🇭🇰  1勝1敗

各ブロックの代表上位2チームが1-12位の順位決定予備戦へ、下位2チームが13-20位の順位決定予備戦へと進む。

IMG_20180826_183613

いよいよ今日、全ての順位が決まる。
日本は5-6位決定戦にてインドネシアと対戦する。

全日本男子の試合が大会のラストマッチとなったのは、アジア競技大会の主催国インドネシアと対戦するためと見られる。
 
明日に繋がる有終の美を是非とも飾って貰いたい。


・本日の対戦カード
 
10:00〜
3位決定戦 
カタール🇶🇦
1-3
(22-25 23-25 17-25 16-25)
○チャイニーズタイペイ🇹🇼

 
チャイニーズタイペイがカタールを破り銅メダルを獲得。

・ベストスコアラー
ハーマド・ムバラク選手(カタール)

3002795

20得点

16:30〜 
7-8位決定戦 
○タイ🇹🇭
3-1
(20-25 25-23 28-26 25-21)
パキスタン🇵🇰

粘りのタイ。第二セット以降、僅差を制して逆転勝ちで7位を獲得。

・ベストスコアラー
Kantarat Koonmee選手(タイ)

3003280

19得点



19:00〜
優勝決定戦 
○イラン🇮🇷
3-0
(25-17 25-22 25-21)
韓国🇰🇷

優勝候補の本命イラン、韓国をストレートで下して優勝を決める。

・ベストスコアラー
Morteza Sharifi選手  (イラン)3023262

アミル・ガフール選手(イラン)
3028912 (1)

 
14得点

5-6位決定戦 
○日本🇯🇵
3-2
(35-33 22-25 25-21 25-27 15-12)
インドネシア🇮🇩

※日本が5位入賞。   

_20180902_013331


・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:高松卓矢選手、高野直哉選手
・オポジット:小川猛選手
・センター:傳田亮太選手、出耒田敬選手
・セッター:深津英臣選手
・リベロ:本間隆太選手  

_20180902_104604


第一セット、日本は小川、高野選手の連続アタックで4-3。さらに高野選手のアタックと深津選手のサービスエースで8-5と日本がリード。
更に日本は高野選手のアタックとサービスエースで10-8、更に高松選手のアタックとサービスエースで14-11、更に出耒田選手のクイックとサービスエースで16-12とリード。
更に日本は高野選手の連続アタックなどで23-18とリードを広げる。インドネシアは傳田選手のクイックをブロック、サービスエースで20-23に迫るも、日本は高松選手のアタックでセットポイント。しかしインドネシアは鷹野選手のアタックをブロック、連続アタックで24-24のデュースに追い付く。
双方サーブミスが出る中、双方決め手を欠き30点を超える。日本は高松選手のアタックから小野寺選手のブロックで35-33で第一セットを先取する。

_20180902_104550


第二セット、インドネシアは高松選手のアタックをブロック、さらにサーブで崩してブロック、サービスエースで4-1とリード。更に連続アタックを挟み8-5とリード。
日本は出耒田選手のクイック、高松選手のアタックで10-11に迫ると、更にインドネシアのサーブアウトから小川選手のサービスで12-12の同点に追い付く。インドネシアはアタックとサービスエースで14-12とし、さらに高松選手のサーブアウトとサービスエースで16-13でリードを広げる。
日本はインドネシアのアタックアウトと高松選手のアタックで16-18とするも、インドネシアは連続アタックとサービスエースで21-16と突き放すも、日本は出耒田選手のブロックと高野選手の連続サービスエースで20-21に迫るも、インドネシアはアタックとサービスエースで23-20。日本は小川選手の連続アタックで22-23に迫るも、インドネシアのアタックでセットポイントを奪うと最後はサーブで崩してブロックで仕留め25-22でインドネシアがセットを奪い返す。

_20180902_104536


第三セット、5-5から日本はインドネシアのサーブアウト、高野選手のアタック、深津選手のサービスエースで8-5とリードする。
インドネシアは深津選手のサーブアウトからサービスエースとアタックで8-8の同点。日本は高野選手のアタックとサービスエースで10-8とし高松選手のアタックとサービスエース、さらに傳田選手のクイックとサービスエースで16-12とリードする。
日本は出耒田選手のクイックと深津選手のサービスエースで19-13とするも、インドネシアはアタックとサービスエースで反撃し15-19。日本はインドネシアのサーブアウトで24-19とセットポイントを奪うと、インドネシアはブロックアウトを取り、ブロックで反撃。最後は高野選手のブロックで決め25-21で第三セットを奪い、王手へ。

_20180902_104523


第四セット、日本は小川、高松選手のスパイクで2-1。インドネシアは高松選手のサーブアウト、サービスエースで5-4と勝ち越し、日本は高野選手の連続アタック、小野寺選手のサービスエースで8-5と逆転する。
インドネシアはアタックとサービスエースで8-9に迫ると、さらに小野寺選手のアタックアウトからアタック、サービスエース、ブロック、さらにサービスエースを決め14-12と逆転。日本は小野寺選手のクイックで切ると、小川選手のサーブで崩して永露選手のアタック、小野寺選手のブロックで16-14と再び逆転する。
日本は高松選手のアタックとバックライトで18-14とリードを広げるも、インドネシアは連続アタックで17-19に迫る。更にアタックとサービスエースで19-19の同点に追い付く。日本は小川選手の連続アタックで23-21と抜けだすも、インドネシアは小川選手のサーブアウトからアタックを決めデュースに持ち込むとサービスエースを決めセットポイント。日本は小川選手のアタックで25-25。インドネシアはアタックを決め26-25とし、最後はサービスエースを決め27-25で取り、フルセットへもつれ込む。

_20180902_104617


最終セット、日本は小野寺選手のクイック、高松選手のアタックで3-1。一進一退のまま8-6でコートチェンジ。一進一退が続く中、永露選手のアタック、高松選手のサービスエースで13-8を広げると、高野選手のアタックで14-9とマッチポイント。インドネシアは小野寺選手のサーブアウトから連続サービスエースで12-14に迫る。最後は高野選手のアタックで決め15-12で日本が取り、フルセットで勝利。
日本は5位入賞を果たしました。



_20180902_013310


・ベストスコアラー
Rivan  Nurmulki選手(インドネシア)
3018172

36得点
インドネシアに粘られ、フルセットへ持ち込まれた全日本男子だが、何とかインドネシアの追撃を振り切り最終戦を勝利で飾った。高松選手が24得点、高野選手が21得点、千々木選手に変わり初スタメンの小川選手が18得点、小野寺選手が12得点と奮戦した。


・最終順位

_20180902_013241

_20180902_104643

_20180902_104630


優勝:イラン🇮🇷 
準優勝:韓国🇰🇷
3位:チャイニーズタイペイ🇹🇼
4位:カタール🇶🇦
5位:日本🇯🇵 
6位:インドネシア🇮🇩
7位:タイ🇹🇭
8位:パキスタン🇵🇰
9位:中国🇨🇳
10位:サウジアラビア🇸🇦
11位:ミャンマー🇲🇲
12位:インド🇮🇳
13位:スリランカ🇱🇰
14位:ベトナム🇻🇳
15位:ネパール🇳🇵
16位:キルギスタン🇰🇬
17位:カザフスタン🇰🇿
18位:モンゴル🇲🇳
19位:香港🇭🇰
20位:モルディブ🇲🇻