オリンピックと並ぶ事実上の二大高峰・世界選手権も大詰め、第三次ラウンド、ファイナル6も今日で二日目。

これにワールドカップを加えた3つが三大大会。そしてオリンピックの翌年に実施されるグラチャンを加えると四大大会とされるが、歴史、伝統、難易度をみても、オリンピックと世界選手権が二大高峰である。


IMG_20180909_211316


11170fansallstandingwhiletheItaliannationalanthemisbeingplayed


※詳しくは「国際大会番外編:2018世界選手権男子」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28386237.html


・第一次ラウンド

※初日の結果は「国際大会番外編:2018世界選手権男子 第一戦 イタリア戦」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28458236.html

※2日目の結果は「国際大会番外編:2018世界選手権男子 2日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28498722.html

※3日目の結果は「国際大会番外編:2018世界選手権男子 3日目 ドミニカ共和国戦」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28517384.html

※4日目の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 4日目 スロベニア戦」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28540599.html

※5日目の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 5日目」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28557555.html

※6日目の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 6日目 ベルギー戦」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28573471.html

※7日目の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 7日目 」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28590911.html?jprank=1&cat=186

※8日目の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 8日目  アルゼンチン戦」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28607523.html


・第二次ラウンド

※初日の結果は「国際大会番外編:世界選手権男子 第二次ラウンド 初日」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28659323.html

※2日目の結果は国際大会番外編:世界選手権男子 第一次ラウンド 2日目 」を参照⇒

※3日目の結果は国際大会番外編:世界選手権男子 第一次ラウンド 3日目 」を参照⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28693813.html

FilippoLanzaspikespasttheblockofJapansetterMasahiroSekita


男子がファイナルを迎える中、女子の世界選手権がスタートする。

週末は男子と女子の世界選手権が被る、バレーボールファンにとっては贅沢な一時。

間もなく女子の世界選手権が開幕するが、どうやら、古賀選手を昨年の鍋谷選手のようにリリーフアタッカーとして起用したい方針のようだ。

20180614_031422

元々古賀選手はスタメンで20得点以上取れるエース。どうもスターターで使わない意図がよくわからない。

そうでなくとも、サイドアタッカーは今回一枚少ない。本当に大丈夫なのだろうか…。


さておき、本稿は男子がメイン。
これまでの経過をおさらいする。


■第一次ラウンド・最終結果

・A組
イタリア🇮🇹 5勝 勝ち点15
ベルギー🇧🇪 3勝2敗 勝ち点10
スロベニア🇸🇮 3勝2敗 勝ち点9
アルゼンチン🇦🇷 2勝3敗 勝ち点6
ーーーーー予選通過ーーーーー
日本🇯🇵2勝3敗 勝ち点5
ドミニカ共和国🇩🇴 5敗 勝ち点0



・B組  
ブラジル🇧🇷 4勝1敗 勝ち点11
オランダ🇳🇱 4勝1敗 勝ち点11 
フランス🇫🇷 3勝2敗 勝ち点11
カナダ🇨🇦 3勝2敗 勝ち点9 
ーーーーー予選通過ーーーーー
エジプト🇪🇬 1勝4敗 勝ち点3
中国🇨🇳 5敗 勝ち点0



・C組 
アメリカ🇺🇸 5勝 勝ち点13
セルビア🇷🇸 4勝1敗 勝ち点12
ロシア🇷🇺 3勝2敗 勝ち点10
オーストラリア🇦🇺 2勝3敗 勝ち点7
ーーーーー予選通過ーーーーー
カメルーン🇨🇲 1勝4敗 勝ち点3
チュニジア🇹🇳 5敗 勝ち点0



・D組
ポーランド🇵🇱 5勝 勝ち点15
イラン🇮🇷 4勝1敗 勝ち点11
ブルガリア🇧🇬 3勝2敗 勝ち点9
フィンランド🇫🇮 2勝3敗 勝ち点6
ーーーーー予選通過ーーーーー
キューバ🇨🇺 1勝4敗 勝ち点3
プエルトリコ🇵🇷 5敗 勝ち点1


アジア・オセアニアではオーストラリアが、中近東では強豪イラン、北米はアメリカ、カナダ、南米はブラジル、アルゼンチン、残りは全てヨーロッパ勢という図式となった。

中近東ではエジプトが善戦。オランダが続々と強豪をなぎ倒し、堂々の第二次ラウンド進出となった。


以上を踏まえての第二次ラウンドだ。

第二次ラウンドではE,F,G,Hの4つのプールに区分される。


■第一次〜第二次ラウンド 最終結果

・プールE
イタリア🇮🇹 (A組1位)7勝1敗 勝ち点22
ロシア🇷🇺 (C組3位)6勝2敗 勝ち点18
オランダ🇳🇱(B組2位)5勝3敗 勝ち点14
フィンランド🇫🇮 (D組4位)2勝6敗 勝ち点6


・プールF
ブラジル🇧🇷 (B組1位)7勝1敗 勝ち点19
ベルギー🇧🇪 (A組2位)4勝4敗 勝ち点14
スロベニア🇸🇮 (A組3位)4勝4敗 勝ち点13
オーストラリア🇦🇺 (C組4位)3勝5敗 勝ち点9


・プールG
アメリカ🇺🇸 (C組1位)8勝 勝ち点22
カナダ🇨🇦 (B組4位)5勝3敗 勝ち点13
ブルガリア🇧🇬  (D組3位)4勝4敗 勝ち点13
イラン🇮🇷 (D組2位)4勝4敗 勝ち点12


・プールH
ポーランド🇵🇱 (D組1位)6勝2敗 勝ち点19
セルビア🇷🇸 (C組2位)6勝2敗 勝ち点17
フランス🇫🇷 (B組3位)5勝3敗 勝ち点18
アルゼンチン🇦🇷(A組4位)3勝5敗 勝ち点8


以上の結果を踏まえ、各組の成績上位4チーム。

イタリア🇮🇹 (A組1位)7勝1敗 勝ち点22
ブラジル🇧🇷 (B組1位)7勝1敗 勝ち点19
アメリカ🇺🇸 (C組1位)8勝 勝ち点22
ポーランド🇵🇱 (D組1位)6勝2敗 勝ち点19

各組2位のうち、成績上位チーム2チーム。

ロシア🇷🇺 (C組3位)6勝2敗 勝ち点18
セルビア🇷🇸 (C組2位)6勝2敗 勝ち点17

この6ヶ国が第三次ラウンドに進出する。


■第三次ラウンド

・プールI
ブラジル🇧🇷 (F組1位・世界ランキング1位)
ロシア🇷🇺 (E組2位・世界ランキング4位
アメリカ🇺🇸 (G組2位・世界ランキング1位)

・プールJ
イタリア🇮🇹 (E組1位・世界ランキング4位)
ポーランド🇵🇱 (H組1位・世界ランキング3位)
セルビア🇷🇸 (H組2位・世界ランキング11位)

こうしてみると、奮戦したオランダ、優勝候補だったイラン、カナダも姿を消し、フランスはポイント上位ながら勝敗で下回ったため、無念の第二次ラウンド敗退。

トップクラスだけが残った印象があります。

_20180924_211637

最後のファイナリストを決める第三次ラウンド。

各組3チームずつの総当たり戦で争われ、上位2チームずつ、計4チームが決勝ラウンドへ進出する。



■第三次ラウンド・現在の順位

・プールI
ブラジル🇧🇷 (F組1位・世界ランキング1位)1勝 勝ち点2
ロシア🇷🇺 (E組2位・世界ランキング4位)1敗 勝ち点1
アメリカ🇺🇸 (G組1位・世界ランキング1位)

・プールJ
イタリア🇮🇹 (E組1位・世界ランキング4位)1敗 勝ち点0
ポーランド🇵🇱 (H組1位・世界ランキング3位)
セルビア🇷🇸 (H組2位・世界ランキング11位)1勝 勝ち点3

ブラジルがロシアに大逆転勝利で勝利するも、勝ち点2に留まった。また、イタリアはセルビアに痛恨のストレート負けを喫し、赤信号が点滅している。

今日、ロシアvsアメリカでアメリカが3-0ないし3-1で勝てばロシアの敗退が決まり、ブラジルは闘わずして決勝ラウンド進出。

セルビアはポーランドと対戦するが、セルビアが3-0ないし3-1で勝てばセルビアの決勝ラウンド進出が決まる。

イタリアにとってはまな板の上の鯉も同然だが、ポーランドが勝つと可能性を残す。

いよいよ終局へと突き進む。



9月27日(木)

・第三次ラウンド

I組
0:00〜 

アメリカ🇺🇸 (G組2位・世界ランキング1位)
3-0
(25-22 25-23 25-23)
ロシア🇷🇺 (E組2位・世界ランキング4位)1敗 勝ち点1

全セット僅差の接戦を制したアメリカが勝利。この時点でロシアが2敗・勝ち点0となったため、アメリカとブラジルの決勝ラウンド進出が決定。

USAcelebrate

TeamRUSpresentation


・ベストスコアラー 
アーロン・ラッセル選手(アメリカ)

GetImage (83)

17得点


J組
3:30〜

○ポーランド🇵🇱 (H組1位・世界ランキング3位)
3-0
(28-26 28-26 25-22)
セルビア🇷🇸 (H組2位・世界ランキング11位)1勝 勝ち点3

こちらも僅差の大激戦となるも、ポーランドがストレートでセルビアを下す。この結果、セルビアの決勝ラウンド進出はおあずけ。

TeamPolandcelebrate

NikolaJovovicfromSerbia


・ベストスコアラー
バルトシュ・クレク選手(ポーランド)

GetImage (18)

15得点






■第三次ラウンド・現在の順位  ※更新

・プールI
アメリカ🇺🇸 (G組1位・世界ランキング1位)1勝 勝ち点3
ブラジル🇧🇷 (F組1位・世界ランキング1位)1勝 勝ち点2
ー決勝ラウンド進出ー
ロシア🇷🇺 (E組2位・世界ランキング4位)2敗 勝ち点1

ロシアが2敗勝ち点1に終わったため、アメリカとブラジルが決勝ラウンド進出を決めた。


・プールJ
イタリア🇮🇹 (E組1位・世界ランキング4位)1敗 勝ち点0
ポーランド🇵🇱 (H組1位・世界ランキング3位)1勝 勝ち点3
セルビア🇷🇸 (H組2位・世界ランキング11位)1勝1敗 勝ち点3 

セルビアがポーランドに敗れたため、イタリアとポーランドの結果待ちとなる。

プールJの結果待ちとなった男子の世界選手権もいよいよ大詰め。

女子の世界選手権の開幕と併せて、男子もいよいよクライマックスを迎えます。