2018年の全日本女子バレーボールチームの活動は、この大会で終わる。

現体制になってから、対外試合が極端に少なくなり、その大半を合宿中心としている全日本女子バレーボールチーム。

アジア競技大会から正味1ヶ月も経っていないが、チームがどこまで変わったのか、そして、二年目を迎えた全日本女子バレーボールチームの今日、そして明日をとくと見せて貰おう。

その舞台は勿論、四年に一度の世界一決定戦・世界選手権。

規模、期間ともにオリンピックを上回るスケールを誇り、まさに世界一決定戦と呼ぶに相応しい夢舞台である。

image


_20180929_113207

20180928_234717

20180804_192920

_20180929_113402

25-1-top

世界選手権の詳細については

2018世界選手権・記者会見」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28349175.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?①」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27825434.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?②」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27829592.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?③」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27863189.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?④」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27897299.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?⑤」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27909415.html

2018世界選手権 出場メンバー発表」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28652552.html


第1次ラウンド  
9月29日(土)~10月4日(木)  

080712_390156


競技方式: 
24チームが6チームずつ4つの組に分かれ、1回総当りリーグ戦を行う。各組の最終成績上位4チーム(計16チーム)が第2次ラウンドに進出する。 

A組: 会場 横浜アリーナ

日本🇯🇵
(世界ランキング6位)

オランダ🇳🇱
(世界ランキング8位)

アルゼンチン🇦🇷
(世界ランキング11位)

ドイツ🇩🇪
(世界ランキング13位)

カメルーン🇨🇲
(世界ランキング18位)

メキシコ🇲🇽
(世界ランキング26位)


B組: 会場 北海きたえーる 

中国🇨🇳
(世界ランキング1位)

イタリア🇮🇹
(世界ランキング7位)

トルコ🇹🇷
(世界ランキング12位)

ブルガリア🇧🇬
(世界ランキング17位)

カナダ🇨🇦
(世界ランキング19位)

キューバ🇨🇺
(世界ランキング25位)


C組: 会場 グリーンアリーナ神戸

アメリカ🇺🇸
(世界ランキング2位)

ロシア🇷🇺
(世界ランキング5位)

韓国🇰🇷
(世界ランキング10位)

タイ🇹🇭
(世界ランキング16位)

アゼルバイジャン🇦🇿
 (世界ランキング24位)

トリニダード・トバゴ🇹🇹
(世界ランキング34位)


D組: 会場 浜松アリーナ

セルビア🇷🇸
(世界ランキング3位)

ブラジル🇧🇷
(世界ランキング4位)

ドミニカ共和国🇩🇴
(世界ランキング9位)

プエルトリコ🇵🇷
(世界ランキング13位)

カザフスタン🇰🇿
(世界ランキング21位)

ケニア🇰🇪
(世界ランキング33位)


女子の世界ランキングは、あまり宛にならない。勿論、世界ランキング上位5チームはかなり強い。日本の世界ランキングは6位だが、四大大会の直近実積は…。

世界選手権:7位
ワールドカップ:5位
オリンピック:5位
グラチャン:5位

四大会連続でメダルから遠ざかっている。

GetImage (80)

実際、日本よりランキングが下のオランダはリオデジャネイロオリンピックでベスト4まで進出しており、ネーションズリーグで準優勝のトルコ(世界ランキング12位)や男子並みのジャンプサーブと上から撃ちおろすスーパーエース、ポリーナ・ラヒモワ選手率いるアゼルバイジャン(世界ランキング24位)など侮れないチームが沢山ある。

まずは、第一次ラウンド通過を目指す闘いが今日から始まる。


・第一次ラウンド

DSC_0233

DSC_0234


9月29日(土)

A組

Japaneseteamcelebratesapoint


13:10〜 
メキシコ🇲🇽
(世界ランキング26位)
1-3
(25-17 23-25 16-25 21-25)
○カメルーン🇨🇲
(世界ランキング18位)

第一セットこそ先制したメキシコだが、リオ出場のカメルーンが第二セットの接戦を制し形勢逆転し3-1で勝利。

・ベストスコアラー
レティシア・モマ選手(カメルーン)

_20180929_152504

21得点


15:40〜 
ドイツ🇩🇪
(世界ランキング13位)
1-3
(25-22 21-25 22-25 30-32)
○オランダ🇳🇱
(世界ランキング8位)

リップマン選手にボールを集め、フルセット目前にまで追い詰めたドイツだが、スローティエス、プラク選手を併用するオランダが競り勝ち3-1で勝利。

DSC09643


・ベストスコアラー
ロンネケ・スローティエス選手(オランダ)

_20180929_182245

36得点



19:20〜
日本🇯🇵
(世界ランキング6位)
3-0
(25-15 25-13 25-12)
アルゼンチン🇦🇷
(世界ランキング11位)

・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:古賀紗理那選手、黒後愛選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・センター:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
・セッター:田代佳奈美選手
・リベロ:井上琴絵選手、小幡真子選手

DSC_0237

DSC09731_1

第一セット、田代選手のサービスエースでスタート。日本は古賀、黒後選手のアタックなどで得点するも、アルゼンチンは軟打やレフトからのアタックで4-4。日本は古賀選手のレフトからのアタック、新鍋選手のサービスエース、サーブで崩して奥村選手のブロード、新鍋選手のサービスエースで8-4とリード。
一進一退から日本は黒後選手のレフトからのアタック、古賀選手のバックからのフェイントで11-6とリードし、アルゼンチンタイムアウト。アルゼンチンはライトからのアタックとブロックで10-13に迫るも、日本は新鍋選手にボールを集めライトから連続アタック、荒木選手のネットインサービスエースで16-10とリード。黒後選手のレフトからのアタックで18-11とした日本。アルゼンチン二回目のタイムアウト。日本はここで長岡、冨永選手の二枚替えを敢行。アルゼンチン、アンテナタッチのチャレンジ成功から、長岡選手のライトからのアタック、さらに内瀬戸選手をリリーフサーバーに投入。長岡選手のライトからのアタック、アルゼンチンのアタックアウト、荒木選手のクイックで23-13。アルゼンチンはクイックで切り、サーブのインアウトでチャレンジ成功。日本は長岡選手のライトからのストレートで24-15とセットポイント。最後は黒後選手のレフトからのクロスで25-15で先制する。

DSC09804


第二セット、新鍋選手のレフトからのアタックでスタート。1-1から荒木選手のクイック、黒後選手のアタックで3-1。アルゼンチンはソサ選手のクイックで切るも、一進一退から日本は古賀選手のバックアタック、アルゼンチンのライトからのアタックアウトで7-5。アルゼンチンはレフトからのアタックで切るも、日本は黒後選手のレフトからのアタックで8-5とリード。
日本は荒木選手のクイック、黒後選手のサービスエースで11-6とリードし、アルゼンチンタイムアウト。荒木選手のクイックで12-6とした日本。新鍋選手のライトからのアタックがブロックに掴まるも古賀選手のレフトからのアタックできる。アルゼンチンはサイドアウトを取るも、日本は奥村選手のクイックで切る。アルゼンチンは日本のサーブアウト、古賀選手のアタックアウトで10-14。日本は田代選手のツーアタック、アルゼンチンのバックアタックを奥村選手がブロックし、16-11とリード。
日本は古賀選手のアタックと島村選手のサーブで崩して黒後選手のブロックで19-11としアルゼンチンタイムアウト。黒後選手の連続ブロック、荒木選手のプッシュなどでリードを広げ、最後は新鍋選手のライトからのアタックで25-13で日本が第二セットも連取する。

DSC09776

日本は一進一退から荒木選手の連続サービスエースなどで5-2とリード。アルゼンチンはライトからのアタックで切るも、日本はアルゼンチンのサーブアウトから田代選手のツーアタック、新鍋選手のサービスエースで8-3とリード。
日本は古賀選手のレフトからのアタック、新鍋選手のサービスエースで10-3とリードしアルゼンチンタイムアウト。更に日本は黒後選手のバックアタック、古賀選手のダイレクトとレフトからのアタック、アルゼンチンの連続アタックアウトで9連続ポイントを奪い、アルゼンチン2回目のタイムアウト。さらにアルゼンチンのライトからのアタックを古賀選手がブロックし16-3と大量リード。
日本は長岡、島村、冨永選手を投入。アルゼンチンのアタックアウト、古賀選手のフェイントで18-4。アルゼンチンはレフトからのアタックで切るとサービスエースで反撃、しかし日本は長岡選手のライトからのアタックで切るも、アルゼンチンはパスフェイント、荒木選手のアタックアウトで8-19。長岡選手がライトからフェイント。さらに黒後選手のレフトからのアタック、長岡選手のプッシュで22-9。アルゼンチンは長岡選手のライトからのアタックをソサ選手がコミットブロック、レフトからのブロックアウトで11-22。日本は冨永選手のツーアタックで切ると、アルゼンチンのバックアタックがアウトとなり日本がマッチポイント。アルゼンチンは日本のパスミスをブロックするも、最後は古賀選手のレフトからのアタックで25-12で取り3-0のストレートで勝利しました。

DSC09819



・ベストスコアラー
古賀紗理那選手(日本)

GetImage (9)

15得点

今日は申し分ないというか、影をも踏ませぬ圧勝。サーブも走り、ミドルの打数も申し分ない内容でした。やはり古賀選手がアタッカーとして一枚抜けている印象があります。

ひとつめをクリア、問題は明日。
オランダ戦です。
まずはここに最大集中で
頑張れ、ニッポン!!!

※こちらでライブ配信がございます。⇒https://tver.jp/corner/f0026581



B組

TingZhuofChinaservestheball


13:40〜
ブルガリア🇧🇬
(世界ランキング17位)
0-3
(15-25 19-25 22-25)
○イタリア🇮🇹
(世界ランキング7位)

イタリアがブルガリアをストレートで破り白星発進。

・ベストスコアラー
パオラ・エゴヌ選手(イタリア)

GetImage (70)

17得点


16:10〜 
○トルコ🇹🇷
(世界ランキング12位)
3-0
(25-18 25-13 25-15)
カナダ🇨🇦
(世界ランキング19位)

新生トルコ、カナダを一蹴し白星スタート

・ベストスコアラー
SEYMA ERCAN選手(トルコ)

_20180929_174515

14得点


19:20〜
○中国🇨🇳
(世界ランキング1位)
3-0
(25-12 25-23 25-14)
キューバ🇨🇺
(世界ランキング25位)

第二セットこそ食い下がったキューバだが、凌いだ中国がストレート勝ち。

・ベストスコアラー

エン・シンゲツ選手(中国)
3011723


シュ・ティ選手(中国)
3011685

16得点



C組

DSC09731


13:40〜
ロシア🇷🇺
(世界ランキング5位)
3-0
(25-21 25-11 25-12)
トリニダード・トバゴ🇹🇹
(世界ランキング34位)

第一セットこそ接戦となるもロシアが以後圧倒しストレート勝ち。

・ベストスコアラー
ナタリア・ゴンチャロワ選手(ロシア)

GetImage (69)

13得点


16:10〜 
アメリカ🇺🇸
(世界ランキング2位)
3-0
(29-27 25-21 25-21)
アゼルバイジャン🇦🇿
 (世界ランキング24位)

アメリカを追い詰めるアゼルバイジャンだが、総合的に上回るアメリカがストレート勝利。

・ベストスコアラー
ポリーナ・ラヒモワ選手(アゼルバイジャン) 

_20180929_175430


23得点



19:20〜
韓国🇰🇷
(世界ランキング10位)
2-3
(25-18 22-25 19-25 25-13 11-15)
タイ🇹🇭
(世界ランキング16位)

粘りが信条のタイ、第二、第三セットを奪い王手をかけるも韓国がタイスコアへ。
最後は終始リードしたタイが押しきり初戦白星スタート。

・ベストスコアラー
ピンピチャヤ・コクラム選手(タイ)

_20180929_213747

25得点


D組

Brazilcelebrateapoint


13:40〜
プエルトリコ🇵🇷
(世界ランキング13位)
0-3
(25-27 12-25 7-25)
○ブラジル🇧🇷
(世界ランキング4位)

第一セットあわやの場面を作ったプエルトリコだが、以後はブラジルが圧倒しストレート勝ち。ブラジルは本大会でタイーザ、ガライ、ナタリア選手が復帰。


・ベストスコアラー
フェンナンダ・ロドリゲス選手(ブラジル)

_20180929_153435

12得点




16:10〜
ドミニカ共和国🇩🇴
(世界ランキング9位)
0-3
(17-25 20-25 22-25)
○セルビア🇷🇸
(世界ランキング3位)

第三セット途中までリードしたドミニカ共和国だがセルビアが逆転しストレート勝ち。懸念されたミハイロビッチ選手は世界選手権に間に合う。

・ベストスコアラー
ブランキッツア・ミハイロビッチ選手(セルビア)

_20180929_174916

22得点



19:20〜
カザフスタン🇰🇿
(世界ランキング21位)
0-3
(23-25 22-25 21-25)
○ケニア🇰🇪
(世界ランキング33位)

カザフスタン、ケニアの粘りの前にストレートで敗退。かつてワールドカップで活躍したモイム選手がベストスコアでチームを牽引。

・ベストスコアラー
マーシー・モイム選手(ケニア)

_20180929_212847

28得点



※結果は随時、更新いたします。
本日、会場応援につき、更新が遅くなります。予めご了承ください。

※参考記事

国際大会④:欧州選手権 2日目 / 世界バレーアジア最終予選 途中経過」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/20813050.html

国際大会④:欧州選手権 3日目 / 世界バレーアジア最終予選 最終日」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/20835602.html

国際大会⑤ 北中米選手権 B組最終結果」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21077408.html

国際大会⑥ アフリカ選手権 1・2日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21197430.html

国際大会⑥ アフリカ選手権3日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21231127.html

国際大会⑥ アフリカ選手権4日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21256791.html

国際大会⑥ アフリカ選手権5日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21280179.html

国際大会展望号 アフリカ選手権準決勝 / 南米選手権 / 北中米予選A・C組」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21310334.html

国際大会展望号③ 女子世界選手権2018 開催詳細 ブロック分け決定」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/22284551.html

国際大会展望号② ネイションズリーグ、世界選手権出場チーム出揃う(改訂版)」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21357583.html