ドミニカ共和国に勝つには勝ったが、勝ち点2に留まった全日本女子バレーボールチーム。

第二次ラウンドは全4戦。
残り三戦で第三次ラウンド進出の是非が問われる。

全日本女子バレーボールチームの2018年の総決算。

その舞台は勿論、四年に一度の世界一決定戦・世界選手権。

規模、期間ともにオリンピックを上回るスケールを誇り、まさに世界一決定戦と呼ぶに相応しい夢舞台である。

image


_20180929_113207

20180928_234717

20180804_192920

_20180929_113402

25-1-top

DSC09671_1

DSC09675

DSC_0233

DSC_0235

DSC09804

DSC09792

IMG_20180929_232200

DSC09819

世界選手権の詳細については

2018世界選手権・記者会見」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28349175.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?①」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27825434.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?②」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27829592.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?③」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27863189.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?④」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27897299.html

国際大会2018 世界選手権とは何か?⑤」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27909415.html

2018世界選手権 出場メンバー発表」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/28652552.html


・第2次ラウンド

10月7日(日)~10月11日(木) 

image

DSC_0243


競技方式: 
16チームが8チームずつ2つの組に分かれ、第1次ラウンドの他の組から勝ち上がった4チームと対戦する。
同組だったチームとは対戦しないが、第1次ラウンドでの対戦成績が第2次ラウンドの成績に加算される。各組の最終成績上位3チーム(計6チーム)が第3次ラウンドへ進出する。 

組分け 

E組会場 日本ガイシホール
第1次ラウンドA・D組の1~4位

F組会場 丸善インテックアリーナ 
第1次ラウンドB・C組の1~4位



・第二次ラウンド進出チーム

E組: 名古屋・日本ガイシホール

GalleryPic (18)

1位
D組1位.セルビア🇷🇸
(世界ランキング3位)6勝 勝ち点18

2位
A組1位.オランダ🇳🇱
(世界ランキング8位)6勝 勝ち点17

3位
A組2位.日本🇯🇵
(世界ランキング6位)5勝1敗 勝ち点15

4位
D組2位.ブラジル🇧🇷
(世界ランキング4位)4勝2敗 勝ち点13

5位
A組3位.ドイツ🇩🇪
(世界ランキング13位)4勝2敗 勝ち点11

6位
D組3位.ドミニカ共和国🇩🇴
(世界ランキング9位)3勝3敗 勝ち点10

7位
D組4位.プエルトリコ🇵🇷
(世界ランキング13位)2勝4敗 勝ち点6

8位
A組4位.メキシコ🇲🇽
(世界ランキング26位)1勝5敗 勝ち点3



まず、この段階でメキシコが敗れたため、残り3戦全勝でも勝ち点16で黄信号が点滅。
プエルトリコは次の日本戦で敗れると、残り全てで勝っても勝ち点12で脱落。
ブラジルを破ったドイツは今日対戦するオランダとの一戦が鍵を握る。ここでの結果次第では、残りスンナリで第三次ラウンド進出の可能性を残す。




F組:大阪・丸善インデックスアリーナ

IMG_20180930_152729

1位
B組1位.イタリア🇮🇹
(世界ランキング7位)6勝 勝ち点18

2位
C組1位.アメリカ🇺🇸
(世界ランキング2位)6勝 勝ち点16

3位
B組2位.中国🇨🇳
(世界ランキング1位)5勝1敗 勝ち点15

4位
C組2位.ロシア🇷🇺
(世界ランキング5位)5勝1敗 勝ち点15

5位
C組3位.タイ🇹🇭
(世界ランキング16位)3勝3敗 勝ち点10

6位
B組3位.トルコ🇹🇷
(世界ランキング12位)3勝3敗 勝ち点9

7位
C組4位.アゼルバイジャン🇦🇿
 (世界ランキング24位)2勝4敗 勝ち点6

8位
B組4位.ブルガリア🇧🇬
(世界ランキング17位)2勝4敗 勝ち点6

B組は全勝のイタリア、アメリカと1敗の中国、ロシアがひとかたまりで、タイ以下のチームを引き離している。
これから熾烈なつぶしあいとなる。


まず、第二次ラウンドでは第一次ラウンドと当たったチームとは闘わない。

各ラウンドの進出条件については、詳しくは「国際大会2018 世界選手権とは何か?②」をご参照ください。⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/27829592.html

・日本の第二次ラウンド・対戦日程

10/7(日)ドミニカ共和国🇩🇴 ○3:2 勝ち点2
10/8(月)プエルトリコ🇵🇷
10/9(火)休養日
10/10(水)セルビア🇷🇸
10/11(木)ブラジル🇧🇷


ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


TeamJapanduringnationalanthem


女子の世界ランキングは、あまり宛にならない。勿論、世界ランキング上位5チームはかなり強い。日本の世界ランキングは6位だが、四大大会の直近実積は…。

世界選手権:7位
ワールドカップ:5位
オリンピック:5位
グラチャン:5位

四大会連続でメダルから遠ざかっている。

GetImage (80)

実際、日本よりランキングが下のオランダはリオデジャネイロオリンピックでベスト4まで進出しており、ネーションズリーグで準優勝のトルコ(世界ランキング12位)や男子並みのジャンプサーブと上から撃ちおろすスーパーエース、ポリーナ・ラヒモワ選手率いるアゼルバイジャン(世界ランキング24位)など侮れないチームが沢山ある。


いよいよ今日から、世界のトップクラスとあたりはじめる第二次ラウンドが開幕する。


DSC09912

今日闘うプエルトリコはレセプションがもう一つ。フェイントが有効なので強打を交えてのコンビネーションで翻弄したい。

ここはキッチリ、勝ち点3を加算したい。
それが出来てこその、次へのステップ。



・第二次ラウンド

image


10月8日(月)

E組
10:40〜 
5位
A組3位.ドイツ🇩🇪
(世界ランキング13位)4勝2敗 勝ち点11
0-3
(14-25 20-25 20-25)
1位
○D組1位.セルビア🇷🇸
(世界ランキング3位)6勝 勝ち点18

ブラジルを破り意気上がるドイツだが、セルビアの軍門に下りストレートで敗退。

・ベストスコアラー
ティヤナ・ボシュコビッチ選手(セルビア

Tijana Boškovic

17得点


13:25〜 
○4位
D組2位.ブラジル🇧🇷
(世界ランキング4位)4勝2敗 勝ち点13
3-1
(23-25 25-23 25-13 25-19)
8位
A組4位.メキシコ🇲🇽
(世界ランキング26位)1勝5敗 勝ち点3

第一セット、メキシコに先制されたブラジル。第二セットの急場を凌ぐと3-1で勝利。

・ベストスコアラー
タンダラ・カイシエタ選手(ブラジル)

Tandara Caixeta

25得点



16:10〜 
○2位
A組1位.オランダ🇳🇱
(世界ランキング8位)6勝 勝ち点17
3-0
(25-19 25-16 25-14)
6位
D組3位.ドミニカ共和国🇩🇴
(世界ランキング9位)3勝3敗 勝ち点10

中盤以降畳み掛けるオランダが危なげなくストレート勝ちを収める。

・ベストスコアラー
ロンネケ・スローティエス選手(オランダ)

_20180929_182245

23得点



19:20〜 
○3位
A組2位.日本🇯🇵
(世界ランキング6位)5勝1敗 勝ち点15
3-0
(25-22 25-14 25-18)
7位
D組4位.プエルトリコ🇵🇷
(世界ランキング13位)2勝4敗 勝ち点6   

※ライブ配信がございます。→https://tver.jp/corner/f0026882


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:古賀紗理那選手、石井優希選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・センター:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
・セッター:田代佳奈美選手
・リベロ:井上琴絵選手、小幡真子選手

GalleryPic (30)


第一セット、2-2から日本は奥村選手のフェイントとブロックアウトを狙ったブロード、新鍋選手のライトからのアタック、古賀選手のサービスエースとレフトからのアタックなどで8-4とリード。
日本は奥村選手のブロックアウトを狙ったブロード、石井選手の相手リベロを吹っ飛ばす強烈なクロス、新鍋選手のレフトからのアタックなどで得点を重ねる。プエルトリコはブロードやオカシオ選手のライトからのアタックで反撃するも、アタックミスやサーブミスが多く、16-8で日本がリードする。
日本は荒木選手のコートの隙を狙うブロードとブロックなどで大きくリードを広げる。プエルトリコはライトからの連続アタックとレフトからのアタックで18-22に詰め寄り日本タイムアウト。更に新鍋、内瀬戸選手のアタックをブロックするなど22-24まで追い詰める。最後は新鍋選手のライトからのアタックで振り切り、辛うじて25-22で先制する。

GalleryPic (29)


楽勝ムードから一転、火がついたプエルトリコ。一進一退から日本は石井選手のレフトからのアタック、荒木選手の隙を狙ったブロード、長岡選手のバックアタックで8-5とリード。
日本は長岡選手のライトから効果的なブロックアウト、荒木選手のクイックなどで得点を重ね、プエルトリコはオカシオ選手のライトからのアタックなどで対抗。石井選手の三枚ブロックを打ち破るバックアタックで16-9と日本がリードする。
長岡選手のバックアタックで17-9とした日本、プエルトリコがタイムアウト。日本は長岡選手のバックからのフェイント、石井選手のレフトからのアタックのブロックタッチを巡りチャレンジ成功、荒木選手のクイックで21-11と大きくリードしプエルトリコ二回目のタイムアウト。プエルトリコはサンタナ選手のレフト、ライトからのアタック、長岡選手のアタックアウトなどで反撃するも、最後はプエルトリコのアタックミスで25-14で日本が第二セットも連取する。

GalleryPic (31)


後がないプエルトリコだが、サーブ、アタックの連続ミスで2点献上。サンタナ選手のレフトからのアタックで1点取るも、日本は長岡選手のライトからのアタックで3-1とリード。プエルトリコは3-4に詰め寄るも日本は奥村選手のブロード、長岡選手のバックからのフェイント、奥村選手のサービスエースで7-3とリード。プエルトリコは石井選手のレフトからのアタックをブロック、サンタナ選手のバックアタック、石井選手のアタックをブロックし6-7と反撃。日本は荒木選手のクイックで切り8-6とリード。
プエルトリコはサービスエースを奪うも、アタックアウトから石井選手のレフトからのアタックで12-8とし、プエルトリコタイムアウト。オカシオ選手のアタックアウト、荒木選手のクイックで得点するも、プエルトリコはサンタナ選手のレフトからのブロックアウトで切る。プエルトリコ、日本双方のサーブアウトから長岡選手のライトからのアタックで16-10で折り返す。
プエルトリコはサンタナ選手のライトからのブロックアウト、古賀選手のレフトからのアタック、プエルトリコのレシーブ上がらず18-11でプエルトリコ二回目のタイムアウト。
プエルトリコは繋いでレフトから打ちきり、石井選手のレフトからのアタックをブロックするなど反撃するも、アタックアウト、サーブアウトなどミスが多く散発に終わる。エンライト選手のアタック、内瀬戸選手のアタックがブロックに捕まる。内瀬戸選手のアタックで24-17とマッチポイント。プエルトリコはオカシオ選手のアタックで切るも、最後は日本のブロックが決まり25-18でとり、3-0のストレートで勝ちました。

・ベストスコアラー
ダリ・サンタナ選手(プエルトリコ)

_20180930_175356

14得点

勝った日本からベストスコアが出ず、日本のベストスコアが荒木選手の12得点というところも、数字以上に苦戦したことを物語っている。

第一セットはフェイントが面白いように決まり、楽勝ペースから一転、ブロックや強打で詰め寄られ、その後も勝ってはいるものの、気の抜けない展開でした。 
ちょっと相手を甘くみたかもしれません。
幸い、プエルトリコのミスが多く、攻撃が荒いことにも助けられましたが、ともあれストレート勝ちを収めたので及第点。

とにかく、前半を二連勝で折り返しました。
本番はこれから、試練のセルビア、ブラジル戦です。

いよいよ天王山へ。
頑張れ、ニッポン!!



F組

Montreux2018ItalysPaolaOgechiEgonureceives



10:40〜 
8位
B組4位.ブルガリア🇧🇬
(世界ランキング17位)2勝4敗 勝ち点6
1-2
(21-25 20-25 25-23 19-25)
○4位
C組2位.ロシア🇷🇺
(世界ランキング5位)5勝1敗 勝ち点15

第三セットを奪い、執念を見せるブルガリアだが、ロシアが勝り3-1で勝利。

・ベストスコアラー
クセニア・パルベツ選手(ロシア)

_20181007_123122

22得点



13:25〜
6位
B組3位.トルコ🇹🇷
(世界ランキング12位)3勝3敗 勝ち点9
0-3
(23-25 17-25 18-25)
2位
○C組1位.アメリカ🇺🇸
(世界ランキング2位)6勝 勝ち点16

第一セット、トルコの追撃を振り切ったアメリカがその勢いのままストレート勝ちで全勝を守る。

・ベストスコアラー
ケリー・マーフィー選手(アメリカ)

Kelly Murphy

12得点




16:10〜
○3位
B組2位.中国🇨🇳
(世界ランキング1位)5勝1敗 勝ち点15
3-0
(25-17 25-16 25-17)
7位
C組4位.アゼルバイジャン🇦🇿
 (世界ランキング24位)2勝4敗 勝ち点6

中国がアゼルバイジャンを寄せ付けず、ストレート勝ちを収める。

・ベストスコアラー
エン・シンゲツ選手(中国)

Xinyue Yuan

17得点




19:20〜 
○1位
B組1位.イタリア🇮🇹
(世界ランキング7位)6勝 勝ち点18
3-0
(25-15 25-12 25-15)
5位
C組3位.タイ🇹🇭
(世界ランキング16位)3勝3敗 勝ち点10

粘りのタイの泣き所である高さでイタリアが圧倒。イタリアがストレートで全勝を守る。

・ベストスコアラー
パオラ・エゴヌ選手(イタリア)

エゴヌ選手

15得点




※結果は随時、更新いたします。
本日、会場応援により更新が遅くなります。
ご了承ください。

※参考記事

国際大会④:欧州選手権 2日目 / 世界バレーアジア最終予選 途中経過」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/20813050.html

国際大会④:欧州選手権 3日目 / 世界バレーアジア最終予選 最終日」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/20835602.html

国際大会⑤ 北中米選手権 B組最終結果」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21077408.html

国際大会⑥ アフリカ選手権 1・2日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21197430.html

国際大会⑥ アフリカ選手権3日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21231127.html

国際大会⑥ アフリカ選手権4日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21256791.html

国際大会⑥ アフリカ選手権5日目」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21280179.html

国際大会展望号 アフリカ選手権準決勝 / 南米選手権 / 北中米予選A・C組」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21310334.html

国際大会展望号③ 女子世界選手権2018 開催詳細 ブロック分け決定」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/22284551.html

国際大会展望号② ネイションズリーグ、世界選手権出場チーム出揃う(改訂版)」⇒http://blog.livedoor.jp/tighteenapple-volleyballjapan/archives/21357583.html



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー