今年は長岡望悠選手がいない。
登録だけはされるかもしれないが、復帰は来季のV-league予定。

目標はあくまで東京オリンピック。
これまでのこともある。
無理しないで、再発しないよう
しっかり治すのが先決。

TeamJapanduringnationalanthem


その分、ライトが新鍋理沙選手だけになる。
そこの穴埋めが急務。

今の全日本は、昨年である程度形が固まってきている。ただ、今後のことを踏まえると、育成も必要となる。それを踏まえての人選となる。

何故なら、全日本選手の高齢化が進み、東京オリンピック後の地盤沈下の可能性があるからだ。


セッターは昨年の田代佳奈美選手の活躍で、ようやく一枚、目処が立った。

リベロは井上、小幡選手が軸となるだろう。

レフトは古賀、黒後、石井選手の三枚が中心となる。三選手はおのおのが自分のチームで技を磨き、成長している。

後は、そこに割って入る選手たち。

以上を踏まえつつ、以下は消去法、傾向、見込みを踏まえると、以下のメンバーが予想される。



サイド候補
サイドは基本線、昨年と同じだが、今年の実績から改めて田中瑞稀選手を押したい。打力もサーブレシーブもバックアタックもこなし、やはり全日本に食い込むべき選手。

DSC01182

DSC02781

また、サーブ、サーブレシーブとパフォーマンスの上がっている村永奈央選手はチャンス。
身体能力的にも全日本級で今年はチャンス。
ライトで活躍する林選手、故障明けで活躍する廣瀬選手はそろそろ全日本にステップアップ。
堀川選手はファイナル8のパフォーマンス次第。ただ、貴重なサウスポーの点取り屋で捨てがたい存在。

 
ミドル候補


ミドルブロッカーは基本線、昨年のメンバー+今季活躍中の大野果歩選手と入澤まい選手を推したい。
また、東レの井上選手とデンソーの野村選手が候補。

DSC03017

セッター候補

セッターは昨年選出の4名に何人割って入れるか、という状況。

9hTjf7nH

IMG_20190212_211232

注目は岡山を2勝8敗から7連勝させた立役者である宮下遥選手と、東レのレギュラーとして開幕からスタメンで活躍する関菜々巳選手。

宮下選手は岡山の躍進を手土産に久々の全日本で活躍するチャンス、関選手はミドルを積極的に使うトスワークとセッター最多得点という攻撃面での強みもある。

ここに今季活躍中の山上選手と、JTの安定した活躍の中核を担う田中美咲選手が候補。


リベロ候補

リベロは昨年の全日本で活躍した井上琴江選手と小幡真子選手に加え、今季サーブレシーブ上位で活躍した馬場ゆりか選手、榊原美沙都選手、昨年全日本の戸江選手が候補としてあげられる。

36514108_212212106077379_1366475026684968960_o

まだファイナルステージ期間中で残り半分の段階。
果たして、最終的にどうなるか?



ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

全日本関連に以下の話題が上っている。

日本バレーボール協会は12日、東京都内で理事会を開き、2019年度予算が約3億9000万円の赤字となることを承認した。

主な赤字の要因は9月に開幕するワールドカップ(W杯)など国際大会の開催経費で、八田茂専務理事は「日本戦以外の観客動員が厳しく、開催経費を吸収できない」との談。

強化費も約4500万円の減額となるが、代表活動に影響はないという。  

18年度予算は約7億2000万円の赤字だったが、日本で開催された女子世界選手権の開催経費を切り詰めるなどした結果、4億円強の赤字で抑えられる見込みであることも明らかにした。


また、全日本のアンダーカテゴリーに新監督就任のニュースが舞い込んだ。

_20190313_130257

東九州龍谷高女子バレーボール部で全国制覇12回の実績を持つ相原昇監督(50)が、4月から若手世代の全日本女子代表監督に就くことが12日、分かった。

相原監督のコメント

「東龍での育成力を評価してもらい、バレーを愛する人間として、非常にやりがいを感じて決断した。
東龍でやってきた高速バレーのノウハウを生かしたい」

〜竹内コーチ後任について〜

「私の一番の理解者で全てを任せられる存在。チームの色を継承してくれるので頼りにしている」
との談。

東九州龍谷高校の監督には竹内誠二コーチ(44)が就く。  

日本バレーボール協会に所属し、全日本では主にU|23、U|20ら若手強化選手の女子監督を担う。女子フル代表の中田久美監督の下、来年の東京、パリ五輪(2024年)で活躍を目指すジュニア、ユース世代の育成の中核を担っていくという。

この話を見ると、前任の安保澄監督は退任となるが、今後の去就についても注目される。

安保さんはアンダーカテゴリーの経験が長く、現在の全日本シニアで活躍する選手も安保さんの指導を受けている。もしかしたら、フェルハトコーチ退任の後をうけ、中田ジャパン入閣もありえるが、果たして?