今年新たに加わったミドルブロッカーは二名。
ベテランの域に入ったトヨタ車体もうひとりの切り込み隊長・渡邊彩選手と、ルーキーながら日立リヴァーレのレギュラーとして活躍した入澤まい選手。

IMG_20190217_230059

DSC03017


渡邊選手は稀有な経緯を経て全日本に辿り着いている。

FB_IMG_1556448833253

名門古川学園高校出身だが、2010年に入団した三洋電機レッドソアが2年後に活動を休止。その後、仙台ベルフィーユに移籍し、キャプテンとして活躍。2014/15、2015/16シーズンはともにチャレンジリーグ4位とこれからという矢先にチーム解散。行き場を失った渡邊選手はトヨタ車体クインシーズに移籍。
ここでミドルブロッカーのレギュラーポジションを獲得しチームの中核として活躍、今年2018/19シーズンでの活躍が認められ、全日本入りを果たし遅咲きの花を咲かせた苦労人。

ミドルブロッカーとしては174cmと小柄だが持ち味は機動力を活かしたブロード攻撃とガッツプレイ。

現役の全日本には奥村、島村、芥川選手とスピードを信条とする選手は多いが、割って入れるか楽しみな存在。



入澤まい選手は春日部共栄高校出身のルーキー。チームの先輩には遠井萌仁選手や間橋香織選手がいる。

20190428_195816

三郷市立彦糸中学時代からの注目選手での2014年には、全日本中学選抜チームのメンバーに選出。第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会には埼玉選抜ととてベスト8に食い込みオリンピック有望選手に選出。その後、オールスタードリームマッチに中学ながら選出。

2018/19シーズンは開幕からミドルブロッカーのレギュラーを務め、クイックにブロックにサーブに大活躍し新人王の有力候補として活躍。これが認められ19歳での全日本選出となった。

いずれは全日本を背負って立つ新世代のミドルブロッカーとして注目される。

好対象なミドルブロッカーのニューフェイスだ。


GalleryPic (57)

1547644782099


現在の全日本は4回目のオリンピック出場を目指す前キャプテンの荒木絵里香選手を筆頭に、機動力とコミットブロックが得意な切り込み隊長・奥村麻依選手がレギュラー。ここにスピードあるブロードが得意なリオデジャネイロオリンピック出場の島村春世選手、日本人最高身長187cmからのブロックが武器のキャプテン・岩坂名奈選手と激戦区。

渡邊選手は機動力、入澤選手は高さとサーブを武器にそれぞれアピールしたいところ。

固まりつつある中田ジャパンに一石を投じ、新しい風を吹かせるか?

挑戦の2019年。
東京オリンピックまで、あと一年。


※アンケート実施中