来年には東京オリンピックが控えている。

オリンピックは普通の国際大会とは違う。
グラチャン、世界選手権、ワールドカップはあくまでバレーボールの世界だけの話。

オリンピックは世界最大規模で行われるスポーツイベント。

日本中の人、いや世界中の人々がバレーボールにも注目する。

幸い、東京オリンピックは母国開催なのでOQT(世界最終予選)がない。

そのため、実施される全ての競技に無条件で出場できる。

ただ、大きな問題がある。

バレーボール競技は未だに旧態依然の12名登録だ。
現在、殆どの国際大会では14名登録である。

筆者はこのリベロ制以前のシステムが未だに変わっていないことを不自然に思っており、東京オリンピックでは14名への変更を提唱していた。

ただ、今現在ではこのシステムが変わる可能性はなさそうだが、それもどうなるかわからない。


20190503_154211


リオデジャネイロオリンピックで試合時間の短縮のため、8点と16点のタイムアウトが削られた。

このリズムに慣れている多くのチームが戸惑ったのは言うまでもない。

また、ロシアのドーピング問題で出場そのものが危ぶまれるなど、リオは危なっかしい大会であった。


さて、本題に戻る。

問題は登録メンバーが14名から12名に削られることだ。

ちなみに、世界選手権の14名は以下の通り。

GalleryPic (51)


OH:古賀、石井、内瀬戸、黒後選手
OP:長岡、新鍋選手
MB:岩坂、島村、荒木、奥村選手
S:冨永、田代選手
L:井上、小幡選手

この中のうち、最低人数としてセッター2名、リベロ1名、ミドル2名、サイド3名、計9名となる。

根幹はこれで良いとしても、問題は人選とどの部分を重視するかだ。

例えば、リオデジャネイロオリンピックでは日本は落差の大きいサーブ対策としてレシーバーとして座安選手を起用した。

以後、V-leagueでもサイドアタッカーが後衛に下がった時レシーバーを起用するのが珍しくなくなった。

アメリカはリオデジャネイロオリンピックでセッター3名を起用した。

日本がそれをやろうとしたらツーセッターが考えられる。例えば元々アタッカーだった冨永選手をライトに配置し、対角にツーセッター経験やアタッカー経験もある宮下選手の配置など面白いが、現時点では絵に書いた餅。

それはさておき、この12名をどうするか一番悩ましいのがリベロ。

昨年の世界選手権での活躍は井上、小幡選手の活躍なくしてあり得なかった。
井上選手はディグ、小幡選手はサーブレシーブ。
それぞれ担当が異なるが、小幡選手は世界選手権でベストレシーバーの称号を獲得し、実質世界一のリベロとして認知されている。
また、井上選手はレシーバー経験もあり、リリーフサーバーとしても活躍した重宝な選手。
どちらがいなくなっても困る存在。

勿論、両名に山岸選手が割って入れるよう今季挑む。山岸選手は本職サーブレシーブ。

監督としては悩ましいところだが、今のうちから意識しなければならない。

リベロ2名、或いはリベロ+レシーバーとして2名枠を使用すれば、その分、他のポジションが削られる。

ちなみにリオデジャネイロオリンピックの12名は以下の通り。

20180804_193836


OH:木村、石井、鍋谷選手
OP:長岡、迫田選手
MB:荒木、山口、島村選手
S:宮下、田代選手
L:佐藤選手
R:座安選手

オポジットに2枚割いている分、アウトサイドが3名と薄くなった。リオでは長岡選手がメイン、サブが迫田選手。守備力に力を入れた分、サイドがやや薄くなった。

もし、リベロ2名もしくはリベロ+レシーバー1名ずつなら、世界選手権のメンバーのうちミドルとサイドが1名ずつ削られる。

そのため、どこでもこなせるユーティリティプレイヤー、ユニバーサルが必要となる。

レフトとライト併用だけではない。ミドルとライトの併用も視野に入れる必要がある。
それならば攻撃枚数の減少は問題でなくなる。

また、逆の発想もある。
パスヒッターを強化してリベロ一枚で勝負する。

ロンドンオリンピックはそうだった。



20180603_152929


OH:木村、江畑、迫田、狩野選手
OP:山口、新鍋選手
MB:荒木、山本、井上選手 
S:竹下、中道選手 
L:佐野選手

20180818_221147

20180818_221131

当時、山口選手はライト起用されており、井上選手とのコンビでダブルブロードなどのコンビプレイで幻惑した。また、ミドルブロッカーもこなすマルチプレイヤーだった。
新鍋選手がライトで起用され、前衛でサーブレシーブをこなせる狩野選手を起用したり、ワンポイントブロックでも起用された。
リベロを佐野選手一人にした分、攻撃や戦術面で幅が広がった。

もし、今年リベロ選手がひとり抜けし、レセプションアタッカーの精度が上がれば、リベロ1名でも大丈夫となり、その分攻撃枚数が増える。

逆もしかり。

昨年同様、サーブレシーブとディグの更なる向上があれば、今後の選手起用も変わってくる。

DSC03017

DSC03011

DSC03391

IMG_20190217_230059

また、今年の新戦力がどれだけやれるかでも変わってくる。得点力+守備力、もしくは特殊技能で存在感をアピールしたい。

来年に向けての闘いは、もう始まっている。