ようやく日本バレーボール協会も重い腰をあげて、モントルーのメンバーを掲示した。

※日本バレーボール協会のホームページを参照→https://www.jva.or.jp/index.php/international/2019/montreux/member


やっとこさ、montreux Volleymastersの公式ホームページもメンバーを掲示した。

※montreux Volleymastersの公式ホームページを参照→http://www.volleymasters.ch/en/competition/teams/jpn%20japan/players

モントルー

もっとも、montreux Volleymastersの公式ホームページでは未だにシャットされたまま。
 
いい加減である。

FIVBのホームページにも掲載されないミニ大会なので仕方ないが、所詮は試運転ということだろう。


実際、ファンが気にしているのは勝ち負けよりもっと大事なことがある。

誰が出場して、どんな内容の試合になったのか?
全てはそこである。

ナショナルチームが編成されて間もない時期。
どこのチームも錆び付いていて、これから油を指し動かしていく。

主力を温存するチームもあれば、大幅な入れ換えを行うチームもある。

例えば、タイは14名ピッタリの登録。

様子見の大会なので、結果は二の次。
誰が使われ、誰が出て来て
各国の様子はどうか?
次へのステップを切り開くか?

所謂、様子見の大会。



20180630_050530


そんなモントルー・バレーマスターズは、例年、ナショナルチームの仕事始めたる大会という性格が強く、招集された各国のチームの試運転的な大会に位置する。

昨年はネーションズリーグ初年度ということに加え、開始時期が早かった影響もあり9月初旬に実施されている。


20190502_173359


・開催期間 
2019年5月13日(月)~18日(土) 

・開催地 
モントルー(スイス)  

・参加チーム 

・A組
中国、ドイツ、日本、ポーランド 

・B組
イタリア、スイス、タイ、トルコ 

・試合方式 
参加8チームを4チームずつA・Bの2組に振り分け、各組で1回総当たり戦を行って順位を決定。

各組の4位同士で7-8位決定戦、3位同士で5-6位決定戦を行う。

上位2チームずつでセミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行い、最終順位を決定する。

ちなみに、モントルーは過去、ロンドンオリンピックの前年となる2011年に優勝、リオデジャネイロオリンピックの前年となる2015年に準優勝と、節目の時期に好成績をあげている。

また、眞鍋ジャパンでは年度別にメンバー構成が変わっており、若手選手中心のBチームでの参加もあれば、主力を参加させて本腰を入れる年度もある。

20190429_202553


今年は中田ジャパン初参戦にして来年は東京オリンピックを控えている。
この時期にガチメンで闘う理由もあまりないので、若手選手中心のテスト的な舞台として用いられることが予測される。

_20190424_193741

日本の初戦は5月13日(月)
いきなり中国と対戦。
以後、ポーランド、ドイツと対戦する。

恐らくここでネーションズリーグのメンバー選考も兼ねられる。
若手選手の起用と活躍に期待したい。


・初日の対戦カード

・5/13
(時差7時間:日本が早い)

23:30(日本時間)

スイス
1-2
(20-25 24-26 25-21 14-19)
トルコ



トルコはベテランのギョズデ選手が代表復帰。スタメン出場しています。どうやら今季はベテランも交え全体的に層を厚くしたい構え。
地元の声援に押されるスイス。高さに差がない分、現時点での差は余り感じない。
第二セット以降、トルコはエース、メリエム・ボズ選手を使い始め、勝ちに来ている。第三セット、ミスの多いトルコ。サーブでも崩され18-23とスイスにリードを許すと粘りを見せるトルコに対し、スイスはライトからのフェイントで25-21としこのセットを奪い返す。
しかし、そこはトルコ。
ブロックを絡め8-3と序盤からリード。
スイスはトルコのバックアタックをブロックし、アタックミスで7-10まで迫るも、双方ともまだコンビが不十分な印象。トルコはクイックを絡め、16-12で折り返す。トルコはボス選手のレフトからのクロスと押し合いを制し連続得点で19-14としスイスタイムタウト。
 スイスはライト側にボールを集め、バックライトを絡め反撃。しかしトルコはスイスのレフトからのクロスをブロック、ギョズデ選手のレフトからのクロスなどで得点を重ねると25-20で押しきりトルコが3-1で初戦を物にしました。

・ベストスコアラー
マジャ・シュトルク選手(スイス)

 GetImage (1)

20得点



01:45(日本時間)  

○日本
3-1
(25-20 17-25 27-25 24-21)
中国 


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:石井優希選手、黒後愛選手
・オポジット:新鍋理沙選手
・センター:岩坂名奈選手、奥村麻依選手
・セッター:関菜々巳選手
・リベロ:小幡真子選手

慣らしの中国と関選手以外ガチメンの日本。
古賀、宮下、中川選手はベンチから外れている。

4

第一セット、日本はラリーから岩坂選手のクイックと黒後選手のサービスエース、石井選手のレフトからのクロスなどで4-0とし中国早くもタイムタウト。
中国はライトからのクロスで切るも、日本はラリーを石井選手のクロスで制す。中国はネット際の押し合いを制すもサーブアウト。関選手のツーで連続得点するも、中国はレフトからの足の長いアタックで反撃。中国はリ・エイエイ選手のレフトからの連続クロスと奥村選手のブロードをブロックし6-7と反撃。
日本が8-6で折り返すも、黒後選手のレフトからのアタックアウトで7-8。日本は石井選手のバックアタック、中国のアタックアウトで10-7とリード。
日本は9-10まで迫られるも、岩坂選手のブロック、黒後選手のレフトからのクロス、中国の連続アタックアウト、黒後選手のレフトからのクロスで15-9。関選手のサーブで崩して岩坂選手のブロックで16-9とリード。
日本17-12から石井選手がレフトから相手ブロックを破り鍋谷選手をリリーフサーバー。ラリーを奥村選手のクイックで制し、新鍋選手のブロックて20-12。中国は新鍋選手のプッシュをブロックするもサーブアウト、石井選手がレフトからのブロックアウトでラリーを制すも、ラリーでトスが合わず中国得点。更に中国のサービスエース、リ・エイエイ選手が奥村選手のDクイックを一枚でブロックし連続得点し16-22
。さらにリ・エイエイ選手のレフトからの足の長いスパイクなどで18-23。日本は押し合いを奥村選手が制し24-18とセットポイント。中国はリ・エイエイ選手のレフトからのスパイクなどで2点を返すも、最後は黒後選手のレフトからのブロックアウトで25-20で先制する。

2
 
第二セット、中国のブロックからスタート。日本は新鍋選手のライトからのクロスで切るも、中国もすぐさまリ・エイエイ選手のレフトからのクロスとクイック、ブロックで反撃し4-2。日本は黒後選手のライトからのブロックアウトできるも、中国はクイックで応戦しサービスエース、ブロックで3連続得点7-3。日本は黒後選手のレフトからのブロックアウトなどで連続得点し5-7とするも、中国はブロードで切り8-5とリード。
中国はブロックなどで連続得点し10-5とし日本タイムアウト。リ・エイエイ選手のバックアタックがアウトとなり、黒後選手のレフトからのブロックアウトなどで8-10と迫るも日本のサーブアウトで9-11。黒後選手のライトからのストレート、中国のレフトからのクロスと一進一退が続く。石井選手のサーブアウトから中国のサービスエース、リ・エイエイ選手のバックアタックで3連続得点し17-12で日本タイムタウト。中国はライトからのブロックアウトで18-12。日本は黒後選手のレフトからのストレートで切るも、中国はライトからのプッシュで反撃。日本は石井選手のバックセンターで切るも、中国はライトからのブロックアウト、日本のタッチネットワークで21-14。日本のサイドアウトから石井選手のレフトからのストレートで16-21。中国は石井選手のレフトからのアタックをブロックするとサービスエースで突き放し23-16。日本は新鍋選手のライトからのフェイントで切り、リリーフサーバー鍋谷選手を投入。中国はこれをリ・エイエイ選手のレフトからのクロスで切りセットポイント。最後は新鍋選手のライトからのアタックがネットを超えず17-25で1-1のタイスコア。

3

第三セット、日本は黒後選手のサーブで崩して岩坂選手のブロックでスタート。中国がサイドアウトを取ると石井選手のレフトからのクロスがアウトで1-2。中国のサーブアウトから石井選手のプッシュで3-2と勝ち越すも中国のレフトからのアタックで3-3。日本は黒後選手のバックからのプッシュと新鍋選手のサービスエースで5-3。新鍋選手のサーブアウトから中国はリ・エイエイ選手のサービスエースで5-5の同点。日本は石井選手のレフトからのブロックアウトで切ると中国はクイックで応戦。黒後選手のレフトからのディップ、日本のサーブアウトと一進一退が続く中、関選手のツーアタックで日本8-7とリード。
新鍋選手のライトからのストレートで9-7とするも、中国はクイックで切る。日本は岩坂選手のクイックで応戦するも、石井選手のアタックアウト。黒後選手のバックセンター。岩坂選手のサービスエースなどで13-9とし中国タイムタウト。
さらに岩坂選手のサービスエースで14-9。中国は懸命に繋いでバックアタックで切るも、石井選手のレフトからのストレート、リ・エイエイ選手にボールを集めフェイント、ライトからのクロスで15-12。中国のサーブアウトで16-12で日本リード。
中国は黒後選手のアタックアウト、奥村選手のクイックが掴まり15-16で日本タイムタウト。
日本は黒後選手のレフトからのアタックで切ると、鍋谷選手をリリーフサーバーに起用。中国はクイックで切ると黒後選手のアタックアウト、ブロックで捉え、19-17と中国逆転し、日本タイムタウト。
日本の黒後選手のブロックアウトで切るも、黒後選手のアタックアウトで18-20。中国のクイックを巡りノータッチの抗議認められず18-21。岩坂選手のクイックでラリーを制すも、黒後選手のバックアタックがブロックに掴まり19-22。石井選手のレフトからのクロスで20-22とするも、中国はクイックでサイドアウトをとる。日本は石井選手のレフトからのクロスで切ると、サーブで崩して石井選手のプッシュでブレイクし、22-23で中国タイムタウト。
中国はリ・エイエイ選手の強烈なレフトからのクロスでセットポイント。中国のサーブアウトから日本は石井選手のサービスエースで24-24の同点。石井選手のサーブアウトで中国セットポイントも黒後選手のレフトからのアタックで再びデュース。岩坂選手のブロックで日本セットポイントとし、最後は中国のレフトからのアタックアウトで27-25で勝利し、2-1と王手を掛ける。

5

第四セット、日本は奥村選手のクイック、石井選手のアタックなどで4-1とリード。中国はフェイントからリ・エイエイ選手のレフトからのクロスや軟打で4-4の同点。日本は奥村選手のクイックで切ると、関選手のツーアタック、石井選手のサーブで崩して奥村選手のダイレクトで7-4とリード。中国はラリーをクイックで制して切るも、黒後選手のレフトからのクロスで8-5とリードする。
中国はライトからブロックアウトで切るもサーブアウト。中国は石井選手のサーブアウトからクイック、新鍋選手のレフトからのアタックをブロックし9-9。中国のタッチネット、石井選手のアタックアウト、中国のクイックで11-10と逆転される。石井選手が押し合いを制し、石井選手のブロックアウトで12-11と逆転。中国のサーブアウト、アタックアウトで14-12とすると、サーブで崩して奥村選手のブロードで15-12とし中国タイムタウト。
激しく長いラリーは中国が制すも場内大歓声。石井選手のブロックで16-13。
日本17-13から黒後選手のアタックアウト、奥村選手のクイック、リ・エイエイ選手のバックセンター。岩坂選手のブロード、レフトからのクロスを岩坂選手がブロックし20-15。中国はクイックで切るもサーブアウト、中国のバックアタック、日本のアタックアウトで18-21に詰め寄ると、更にリ・エイエイ選手のレフトからのクロスで19-21とされ、日本タイムタウト。さらにリ・エイエイ選手のレフトからのアタックで20-21。リ・エイエイ選手のレフトからのクロスがアウトとなるも、中国はリ・エイエイ選手にボールを集め、コート奥へのアタック。日本は奥村選手のクイックで切ると、石井選手のレフトからの足の長いアタックで24-21とマッチポイントとし中国タイムタウト。最後は石井選手のレフトからのクロスで決め、3-1で初戦を制しました。

6


スタッツ



・ベストスコアラー
リ・エイエイ選手(中国)

20190514_033730

25得点

負けてもサバサバの中国と、一つ勝つのに必死な日本。これが何を意味するか分かりません。勿論、中国はガチメンではありません。それ故の余裕かと思いますが、とにかくこの時期としてはディグと繋ぎが素晴らしく、落とさないラリーに場内大歓声でした。

1

7

日本は関選手を除くほぼフルメンバーなので、勝って当たり前と言えば当たり前ですが、本気度合いは伝わりましたし、今年から加わった新戦力に、まるでこれが全日本だ、と見せつけるような試合にも映りました。

日本は黒後選手が20得点でベストスコア。石井選手が13得点。岩坂選手が8得点。ブロックにサーブに、昨年は殆ど使わなかったブロードも決め、今年一年の成長を披露しました。
また、関選手がはじめてとはとても思えない軽快なトスワークで積極的にミドルを起用。ツーアタックも2本決め上々の滑り出し。存在感を存分に植え付けました。ゴーグル着用のリリーフサーバー鍋谷選手を除き選手交代一切なし。
本気モードの全日本ですが、長丁場なのでその辺りはセーブして貰いたいところ。

とにかく、2019年開幕戦
白星スタートです。
頑張れ、ニッポン!!



※ライブ配信がございます。→http://live.qq.com/10053497


  


04:15(日本時間)

○タイ
3-1
(25-20 25-14 16-25 25-19)
イタリア

・ベストスコアラー 
シッティラック・オヌマー選手(タイ)

20190514_082240

16得点

※ライブ配信がございます。→https://www.facebook.com/DPSNewsofficial1/videos/2223420047734867/UzpfSTM3MzM5MzY4MzA0MTg2ODpWSzoyMjIzNDIwMDQ3NzM0ODY3/