見ごたえ十分のポーランド戦。
敗れはしたが、あわやの場面は作った。

もはや全日本男子は、試合に出るだけの存在ではない。世界選手権での目標はベスト8だったが、その目標がもっと高くなる日も、そう遠くない。


GalleryPic (71)



FIVB_VNL_2019_Pools_M



ネーションズリーグ男子


【第5週ドイツ大会出場選手(14名)】


1 大竹壱青選手
3 藤井直伸選手
5 福澤達哉選手
6 山内晶大選手
7 出耒田敬選手
 ⑧ 柳田将洋選手
10 古賀太一郎選手
11 西田有志選手
12 関田誠大選手
13 髙野直哉選手
14 石川祐希選手
15 李 博選手
20 小野寺太志選手
22 山本智大選手



AustraliasJordanRichardsattacksagainstadoubleblockfromJapan



・現在の順位

1位.ブラジル
世界ランキング1位 12勝1敗 勝ち点33

2位.イラン
世界ランキング8位 11勝2敗 勝ち点33 

3位.ロシア
世界ランキング15位 11勝3敗 勝ち点31

4位.フランス
世界ランキング9位 9勝4敗 勝ち点28

5位.ポーランド
世界ランキング4位 9勝4敗 勝ち点24

6位.イタリア
世界ランキング3位 8勝5敗  勝ち点25

7位.カナダ
世界ランキング6位 8勝5敗 勝ち点23

8位. アルゼンチン
世界ランキング7位 7勝7敗 勝ち点23

9位.アメリカ
世界ランキング2位 7勝6敗 勝ち点22

10位.セルビア
世界ランキング10位  5勝8敗 勝ち点14

11位.日本
世界ランキング11位 5勝8敗 勝ち点14

12位.ブルガリア
世界ランキング14位 5勝8敗 勝ち点13

13位.オーストラリア
世界ランキング16位 3勝11敗 勝ち点13

14位.ドイツ
世界ランキング27位 3勝10敗 勝ち点11

15位.ポルトガル
世界ランキング31位 2勝11敗 勝ち点7

16位.中国
世界ランキング20位 1勝13敗 勝ち点4

 
ブラジルとイランはポイント同点だが勝ち星でブラジルが上回っている。ロシア、フランスまでは決勝ラウンド進出を決めているが、問題はその下。
ポーランドはポイント的にはイタリアより下だが勝敗で上。カナダ、アルゼンチン、アメリカまでが圏内だが、アメリカが非常に厳しくなってきた。
日本のすぐ下にブルガリアが迫ってきた。
セルビアと10位を争う。



GalleryPic (74)


全日本は西田有志選手という新たなオポジットエースを得て、新たな局面を迎えた。
石川選手が復調したことで、サイドアウトを取れるサイドアタッカーが増えたのは大きい。ここに大竹選手、柳田選手、福澤選手が絡んでくると手強い。  

ミドルも山内、李、小野寺選手で得点を重ね、パイプも頼もしい。高野選手もいる、関田選手と藤井選手が復調してくると更に頼もしい。
古賀選手と山本選手の堅守も頼もしい。

出耒田選手、高野選手、深津選手とてぐすね引いて待っている選手が沢山いる。ゴリさんもいる。

突き抜けるまであと一息。
頑張れ、ニッポン!!





・プール17 オーストラリアラウンド

オーストラリア、アルゼンチン、中国、ロシア

Australianplayersshowtheirhappiness

上位争いのロシアと当落線上のアルゼンチンがいるオーストラリアラウンド。


16:00〜

8位. アルゼンチン
世界ランキング7位 7勝7敗 勝ち点23
2-3 
(19-25 25-22 18-25 25-21 11-15)
3位.ロシア
世界ランキング15位 11勝3敗 勝ち点31

決勝ラウンド進出に燃えるアルゼンチンだが、ロシアがフルセットの末踏ん張り辛勝。

・ベストスコアラー 
ブルーノ・リマ選手(アルゼンチン)

20190616_064850

20得点




19:00〜

◯13位.オーストラリア
世界ランキング16位 3勝11敗 勝ち点13
3-1
(24-26 25-15 25-22 25-18)
16位.中国
世界ランキング20位 1勝13敗 勝ち点4

今季不振のオーストラリア、ようやく4勝目。

・ベストスコアラー
ジャン・チュアン選手(中国)

420

20得点




・プール18 ブラジルラウンド

AustraliasJordanRichardsattacksagainstadoubleblockfromJapan

ブラジル、イタリア、カナダ、フランス

大激戦区のブラジルラウンド。カナダは四方を大敵に囲まれカード的に不利。

5:00〜

◯4位.フランス
世界ランキング9位 9勝4敗 勝ち点28
3-1
(27-25 25-19 21-25 25-20)
6位.イタリア
世界ランキング3位 8勝5敗  勝ち点25

格上のイタリア、フランスに敗れ6敗目。
決勝ラウンド進出に黄信号?

・ベストスコアラー
ジュリオ・ピナーリ選手(イタリア)

659

17得点




8:00〜

1位.ブラジル
世界ランキング1位 12勝1敗 勝ち点33
3-0
(25-20 25-19 25-19)
7位.カナダ
世界ランキング6位 8勝5敗 勝ち点23

首位通過へ視界良好のブラジル、難敵カナダをストレートで下す。

・ベストスコアラー
イザッキ・サントス選手(ブラジル)
851


ダグラス・ソウザ選手(ブラジル)
444


14得点



・プール19 ブルガリアラウンド

Bulgarianplayersthankthefansforthesupport

ブルガリア、イラン、セルビア、アメリカ

イランにとって比較的相手に恵まれたブルガリアラウンド。アメリカは決勝ラウンド進出の命運が懸かる。

23:00〜

9位.アメリカ
世界ランキング2位 7勝6敗 勝ち点22
3-1
(14-25 25-20 29-27 26-24)
10位.セルビア
世界ランキング10位  5勝8敗 勝ち点14

アップアップのアメリカ、粘りに粘りきり逆転で8勝目。

・ベストスコアラー
BOZIDAR VUCICEVIC選手(セルビア)

900

25得点



2:40〜

12位.ブルガリア
世界ランキング14位 5勝8敗 勝ち点13
0-3
(23-25 23-25 21-25)
◯2位.イラン
世界ランキング8位 11勝2敗 勝ち点33 

上り調子のブルガリアを僅差ながらイランがストレートで下し12勝目。

・ベストスコアラー
ツヴェタン・ソコロフ選手(ブルガリア)

909

20得点


・プール20 ドイツラウンド

ドイツ日本、ポーランド、ポルトガル

TheviewfortheGermanbench

相手に恵まれたポーランド。日本はポーランドに勝てばこのラウンド全勝の可能性を秘める。

0:30〜

14位.ドイツ
世界ランキング27位 3勝10敗 勝ち点11
1-3 
(19-25 25-21 14-25 23-25)
◯5位.ポーランド
世界ランキング4位 9勝4敗 勝ち点24

一時は決勝ラウンドが危ぶまれたポーランド。ドイツラウンドで踏ん張り10勝目をマーク。

・ベストスコアラー
サイモン・ハーシュ選手(ドイツ)

564

20得点



3:30〜

15位.ポルトガル
世界ランキング31位 2勝11敗 勝ち点7
1-3
(20-25 22-25 25-22 20-25)
11位.日本
世界ランキング11位 5勝8敗 勝ち点14

ここでは負けられない日本。第一、第二セットをアップして迎えた第三セットをポルトガルに奪われるも3-1できっちり勝って6勝目。最終戦で連勝を懸ける。 

・全日本男子バレーボールチームのスターティングメンバー

・レフト:福澤達哉選手、石川祐希選手
・オポジット:西田有志選手
・センター:李博選手、小野寺大志選手
・セッター:関田誠大選手
・リベロ:山本智大選手    

Japaneseteamcelebrate


日本は西田選手が19得点、石川選手が18得点と両エースが機能。

GalleryPic (77)

GalleryPic (78)

GalleryPic (75)



・ベストスコアラー

アレクサンドル・フェレイラ選手(ポルトガル)

493

22得点




20190624_043448

今日のブルガリア戦を勝って、最終戦のドイツ戦を連勝で締め括りたい。

秋に繋げるためにも、来年に繋げるためにも
頑張れ、ニッポン!