今季活躍が目覚ましいアンダーカテゴリーも今季最終。
明日、U-18世界ユース選手権が開幕する。

_20190904_071715


・開催日時

2019年9月5日(木)~14日(土) 


・ 開催地 

 カイロ(エジプト) 


・ 会場:

①Cairo Stadium Complex Hall 1 
②Cairo Stadium Complex Hall 2 


・参加チーム  

A組:
ブラジル、カメルーン、中国、エジプト、プエルトリコ 

B組:
カナダ、イタリア、韓国、メキシコ、アメリカ 

C組:
アルゼンチン、ベラルーシ、ルーマニア、ロシア、タイ 

D組:ブルガリア、コンゴ民主共和国、日本、ペルー、トルコ 


・出場資格:

 2002年1月1日以降に生まれた選手 


・ 競技方法:

出場20チームがA、B、C、D組に5チームずつ4組に分かれ、予選リーグ(1回総当り戦)を行う。

各組の上位4チーム(計16チーム)が順位決定予備戦に進む。

そこで勝利した8チームがクオーターファイナルラウンド(1-8位)に、敗れた8チームは同ラウンド(9-16位)に回る。

以降、セミファイナルラウンド、ファイナルラウンドを行い、最終順位を決定する。

なお、予選リーグで各組5位となったチーム(計4チーム)は17-20位決定戦を行って順位を決定する。


・順位決定方法:

①勝敗数 

②2チーム以上が同じ勝敗数で並んだ場合、順位決定の優先順位は下記の通り  

(1)勝点(※)  

(2)セット率(セット率=総得セット/総失セット)  

(3)得点率(得点率=総得点/総失点) 

※1試合で与えられる勝点  

セットカウント3-0または、3-1で試合が終了した場合:勝者に3ポイント、敗者に0ポイント  

セットカウント3-2で試合が終了した場合:勝者に2ポイント、敗者に1ポイント


956



・出場メンバー:

1:ミドルブロッカー 
佐藤 吉野選手
米沢中央高校2年 2002-06-30 183cm

4:アウトサイドヒッター
西川 吉野選手
金蘭会高校2年 2002-09-10 178cm

5:アウトサイドヒッター
吉武 美佳選手
金蘭会高校1年 2003-04-20 180cm

 6セッター
近藤 なつみ選手
兵庫県立氷上高校2年 2002-06-12 171cm

7:ミドルブロッカー
廣田 あい選手
文京学院大学女子高校1年 2003-08-23 173cm

8アウトサイドヒッター
小山 愛実選手
共栄学園高校2年 2002-07-29 176cm

 9(C)アウトサイドヒッター
和田 由紀子選手 
京都橘高校3年 2002-01-08 175cm

10アウトサイドヒッター
川上 良江選手
金蘭会高校2年 2002-09-23 174cm

11セッター
加地 春花選手
駿台学園高校2年 2003-03-24 172cm

12ミドルブロッカー
樫村 まどか選手 水戸女子高校2年 
2002-11-06 183cm

18アウトサイドヒッター
室岡 莉乃選手 東九州龍谷高校2年 
2002-06-16 161cm

19リベロ
西崎 愛菜選手
金蘭会高校2年 2002-05-01 158cm



・対戦日程:

日本とカイロ(エジプト)の時差:7時間(日本が早い)  

・予選リーグ戦(日本出場D組のみ) 


9月5日(木)
10:00
ペルー × ブルガリア 

12:30
日本 × コンゴ民主共和国


9月6日(金)
10:00
トルコ × 日本

12:30
ペルー × コンゴ民主共和国


9月7日(土)
10:00
ブルガリア × コンゴ民主共和国 

12:30
トルコ × ペルー

※日本は休養日


9月8日(日)
10:00
日本 × ペルー

12:30
トルコ × ブルガリア


9月9日(月)
10:00
トルコ × コンゴ民主共和国

12:30
日本 × ブルガリア   



・順位決定予備戦 
※以下、17-20位は省略 


9月11日(水)
12:30
[1]:B組1位 × A組4位
[2]:D組2位 × C組3位
 

15:00
[3]:B組2位 × A組3位
[4]:D組1位 × C組4位


17:30
[5]:A組2位 × B組3位
[6]:C組1位 × D組4位


20:00
[7]:A組1位 × B組4位
[8]:C組2位 × D組3位 


・クオーターファイナルラウンド  

9月12日(木)
12:30
[9]:[7]の勝者 × [8]の勝者
[10]:[7]の敗者 × [8]の敗者


15:00
[11]:[5]の勝者 × [6]の勝者
[12]:[5]の敗者 × [6]の敗者


17:30
[13]:[3]の勝者 × [4]の勝者
[14]:[3]の敗者 × [4]の敗者


20:00
[15]:[1]の勝者 × [2]の勝者
[16]:[1]の敗者 × [2]の敗者   


・セミファイナルラウンド  

9月13日(金)
12:30
[17]:[11]の敗者 × [13]の敗者
[18]:[12]の敗者 × [14]の敗者

15:00
[19]:[9]の敗者 × [15]の敗者
[20]:[10]の敗者 × [16]の敗者

17:30
[21]:[11]の勝者 × [13]の勝者
[22]:[12]の勝者 × [14]の勝者

20:00
[23]:[9]の勝者 × [15]の勝者
[24]:[10]の勝者 × [16]の勝者 


・ファイナルラウンド  

9月14日(土)
10:00
[18]の敗者 × [20]の敗者

13-14位 決定戦
12:30
[18]の勝者 × [20]の勝者

11-12位 決定戦
15:00
[22]の敗者 × [24]の敗者

9-10位決定戦
17:30
[22]の勝者 × [24]の勝者

7-8位決定戦
12:30
[17]の敗者 × [19]の敗者

5-6位決定戦
15:00
[17]の勝者 × [19]の勝者

3位決定戦
17:30
[21]の敗者 × [23]の敗者

決勝
20:00
[21]の勝者 × [23]の勝者

900

今回の世界ユース選手権は出場国も多く、長丁場となります。
ファイナルラウンドですら全順位を決める決定戦が最終日に組まれるなどスケジュール的にもタイトです。

日本は初戦、コンゴ民主共和国と対戦。
以後9月7日、10日に休養日がありますが、以後は連日試合があり、きついスケジュールとなりますが、コンディションの管理を気をつけて頑張って貰いたいです。

女子はユースがメダルを獲得すると2019年はアンダーカテゴリーにて全階級でメダル獲得が実現します。

U-20世界ジュニアに続け、
頑張れニッポン!!


※U-18世界ユース選手権の模様は「彼女はバレーボーラー」にてお伝えします。お楽しみに。