ケニアに勝ってひとつ負け越しの日本
運命のブラジル戦、一矢報いるか?



IMG_20190517_190111



20190711_205159



■ワールドカップ出場国

WC2019
 
※詳細と見所は「まるごとワールドカップ2019! 」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33223565.html


■出場登録選手15名

8a0e34e1

956


※身長、最高到達点はV-leagueのものとする。

2.古賀紗理那選手 
WS NECレッドロケッツ所属 
180cm 最高到達点:305cm

20190531_203804



3(C).岩坂名奈選手
MB 久光製薬スプリングス所属
187cm 最高到達点:299cm

GalleryPic (40)



4.新鍋理沙選手 
WS 久光製薬スプリングス所属
175cm 最高到達点:293cm 

RussiaTeamisreadyfortheblock


5.荒木絵里香選手
MB トヨタ車体クインシーズ所属
186cm 最高到達点:312cm

IMG_20181010_215649



6.宮下遥選手 
S 岡山シーガルズ所属
177cm 最高到達点:290cm

GalleryPic (58)



7.石井優希選手 
WS 久光製薬スプリングス所属
180cm 最高到達点:302cm

YukiIshiisspikeagainstMargaritaKurilosblock (1)



11.鍋谷友理枝選手 
WS デンソーエアリービーズ
176cm 最高到達点:305cm

GalleryPic (36)



12.佐藤美弥選手 
S 日立リヴァーレ所属
175cm 最高到達点:284cm

GalleryPic (59)



13.奥村麻依選手 
MB デンソーエアリービーズ所属
177cm 最高到達点:298cm 

GalleryPic (42)



14.小幡真子選手
 L JTマーヴェラス所属
164cm 最高到達点:281cm

CatchtheballMakoKobata



16.黒後愛選手 
WS 東レアローズ所属 
180cm 最高到達点:306cm

CelebrationofthepointJapan



17.山岸あかね選手
 L 埼玉上尾メディックス所属 
164cm 最高到達点:283cm

YamagashiJapanliberoreceives



21.長内美和子選手 
WS 日立リヴァーレ所属
175cm 最高到達点:292cm

IMG_20190820_202707



24.芥川愛加選手 
MB JTマーヴェラス所属 
179cm 最高到達点:303cm

DeniseHankeandMarieSchlzelofGermanyontheblock



28.石川真佑選手 
WS 東レアローズ所属
174cm 最高到達点:300cm

IMG_20190902_205002



■開催日程

9月14日(土)~19日(木) 
Aサイト:横浜アリーナ(横浜市) 
Bサイト:浜松アリーナ(浜松市) 

9月22日(日)~24日(火) 
Aサイト:北海きたえーる(札幌市) 
Bサイト:富山市総合体育館(富山市) 

9月27日(金)~29日(日)  
Aサイト:丸善インテックアリーナ大阪 (大阪市中央体育館・大阪市)  
Bサイト:エディオンアリーナ大阪 (大阪府立体育会館・大阪市)  

※開幕戦の結果は「ワールドカップ2019 開幕戦 ドミニカ共和国戦 / アジア選手権 男子 第二戦 タイ戦

※2日目の結果は「ワールドカップ2019 第二戦 ロシア戦 / アジア選手権 男子 第三戦 チャイニーズタイペイ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33231910.html

※3日目の結果は「ワールドカップ2019 第三戦 韓国戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33241318.html?jprank=1&cat=186

※4日目の結果は「ワールドカップ2019 第四戦 カメルーン戦 / アジア選手権 男子 第四戦 第二次ラウンド(1-8位) パキスタン戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33260353.html

※5日目の結果は「ワールドカップ2019 第五戦 中国戦 / アジア選手権 男子 第五戦 第二次ラウンド(1-8位) 韓国戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33269754.html?ref=head_btn_prev&id=7269558

※6日目の結果は「ワールドカップ2019 第六戦 アメリカ戦」参照→http://volleyballjapan.blog.jp/archives/33298812.html
 
※7日目の結果は「ワールドカップ2019 第七戦 ケニア戦 

843

488

177

DSC06063

SarinaKogaJPNspikes

764

192



・現在の順位 


707

1位.中国
世界ランキング2位 7勝 勝ち点21 
残り:ケニア、オランダ、セルビア、アルゼンチン

2位.アメリカ
世界ランキング3位 6勝1敗 勝ち点17
残り:ドミニカ共和国、ロシア、カメルーン、韓国

3位.ロシア
世界ランキング5位 :6勝1敗 勝ち点16
残り:オランダ、アメリカ、ケニア、ブラジル

4位.オランダ 
世界ランキング7位 5勝2敗 勝ち点16
残り:ロシア、中国、ドミニカ共和国、日本

5位.セルビア
世界ランキング1位 4勝3敗 勝ち点12
残り:韓国、日本、中国、ドミニカ共和国

6位.ブラジル
世界ランキング4位 4勝3敗 勝ち点12
残り:日本、カメルーン、韓国、ロシア

7位.日本
世界ランキング6位 3勝4敗 勝ち点11
残り:ブラジル、セルビア、アルゼンチン、オランダ

8位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 3勝4敗 勝ち点9
残り:アメリカ、アルゼンチン、オランダ、セルビア

9位.韓国 
世界ランキング9位 3勝4敗 勝ち点9
残り:セルビア、ケニア、ブラジル、アメリカ

10位.アルゼンチン
世界ランキング11位 1勝6敗 勝ち点3
残り:カメルーン、ドミニカ共和国、日本、中国

11位.カメルーン
世界ランキング17位 7敗 勝ち点1
残り:アルゼンチン、ブラジル、アメリカ、ケニア

12位.ケニア
世界ランキング20位 7敗 勝ち点0
残り:中国、韓国、ロシア、カメルーン


中国が全勝対決でアメリカを圧倒。
大会連覇にむけて視界良好。
ロシアがアメリカと1敗で並び1ポイント差。 
オランダが着実に5勝2敗。
このあとの対戦日程からも上位進出の可能性を残すセルビア。
並んでブラジル。こちらもロシア以外大敵はなし。
1ポイント差で日本。浮上するかどうかは、まず今日のブラジル戦次第。
同じ3勝4敗ながら2ポイント差のドミニカ共和国と韓国。ドミニカ共和国は四面に強敵に囲まれ、韓国はケニア戦を残す分、若干韓国有利。
アルゼンチン、カメルーン、ケニアの上位食いはあるか?


日本が計算出来るのはアルゼンチンのみ。あとは今日のブラジル、セルビア、オランダ相手に2勝出来るか?

GabrielaBragaGuimaraesBRAshowsheremotionsafterthevictory

ブラジルは今大会、久々のシェイラ、タイーザ、ファビアナ選手など往年のスター選手を登録してきたが、シェイラ選手はお歳故にワンポイント。エースはガビ選手。速さで勝負するタイプ。

まずここを突破しないことには以後の血路は開かれない。来年の東京オリンピックの活躍の場を切り開くためにも

頑張れ、ニッポン!!


■本日の対戦カード

・9月24日(火)
札幌・富山大会

Aサイト:北海きたえーる(札幌市) 

12:30
8位.ドミニカ共和国
世界ランキング10位 3勝4敗 勝ち点9
0-3
(22-25 23-25 9-25)
◯2位.アメリカ
世界ランキング3位 6勝1敗 勝ち点17

北中米対決は格上のアメリカが勝って1敗を守る。

・ベストスコアラー
アンドレア・ドリューズ選手(アメリカ)

385

23得点



15:00
◯1位.中国
世界ランキング2位 7勝 勝ち点21 
2-0
(25-12 25-12 25-14)
12位.ケニア
世界ランキング20位 7敗 勝ち点0

中国がケニアを圧倒し、無傷の8連勝を飾る。

・ベストスコアラー
ゴン・シャンユー選手(中国)

668

13得点



19:20
7位.日本
世界ランキング6位 3勝4敗 勝ち点11
0-3
(14-25 21-25 23-25)
◯6位.ブラジル
世界ランキング4位 4勝3敗 勝ち点12

一縷の望みを託してのブラジル戦。
第一セットを先制され石川選手を投入。
しかし第二セットも奪われ、迎えた第三セット、前半リードで迎えるもブラジルに競り負けストレートで敗退。今日の結果を以て、日本は金、銀メダル獲得の可能性が完全に消滅した。

931

527

327


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー

レフト:古賀紗理那選手、石井優希選手
ライト:新鍋理沙選手
ミドル:荒木絵里香選手、奥村麻依選手
セッター:佐藤美弥選手
リベロ:小幡真子選手

・ベストスコアラー
ガビ・ギマラエス選手(ブラジル)

211

16得点



Bサイト:富山市総合体育館(富山市) 

11:00
◯9位.韓国 
世界ランキング9位 3勝4敗 勝ち点9
3-1
(25-21 25-18 15-25 25-23)
5位.セルビア
世界ランキング1位 4勝3敗 勝ち点12

ボシュコビッチ、ミハイロビッチ選手抜きとは言え、韓国がセルビアを破る殊勲。痛恨の4敗目でセルビアは大きく後退。

・ベストスコアラー
アナ・ビエリツァ選手(セルビア)

392

キム・ヒジン選手(韓国)

20190924_145652

23得点



14:00 
11位.カメルーン
世界ランキング17位 7敗 勝ち点1
2-3
(25-21 25-20 20-25 20-25 12-25)
◯10位.アルゼンチン
世界ランキング11位 1勝6敗 勝ち点3

一時は2-0と勝利目前に迫ったカメルーンだが、地力に勝るアルゼンチンにフルセットに持ち込まれ逆転負けを喫す。


・ベストスコアラー
ルシア・スレスコ選手(アルゼンチン)

365

32得点


17:00
◯3位.ロシア
世界ランキング5位 :6勝1敗 勝ち点16
3-0
(26-24 25-18 25-20)
4位.オランダ 
世界ランキング7位 5勝2敗 勝ち点16

ここに来て急浮上のロシア。
全勝の中国を追いオランダをストレートで撃破。

・ベストスコアラー
ナタリア・ゴンチャロワ選手(ロシア)

294

16得点

※結果は随時、更新いたします。