目まぐるしく男子から女子へバトンタッチ。
5勝1敗・4位で折り返した全日本女子。

オランダ、カナダ、ポーランドとの三連戦。

20200902_185203


大会詳細は下記参照




・全試合終了後の順位(二週目3日目)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))6勝 勝ち点18

トルコ
(世界ランキング4位-)6勝 勝ち点16

ブラジル
(世界ランキング3位(-))5勝1敗 勝ち点15

日本
(世界ランキング5位-)5勝1敗 勝ち点14

オランダ
(世界ランキング7)4勝2敗 勝ち点13

セルビア
(世界ランキング6位(-))3勝2敗 勝ち点10

ドミニカ共和国
(世界ランキング8位())3勝3敗 勝ち点10

中国
(世界ランキング2位(-))3勝3敗 勝ち点9

ロシア
(世界ランキング9位)3勝3敗 勝ち点8

ベルギー
(世界ランキング14位(-))3勝3敗 勝ち点7

ポーランド
(世界ランキング11位)2勝4敗 勝ち点6

カナダ
(世界ランキング15位-)2勝4敗 勝ち点6

ドイツ
(世界ランキング13位()2勝4敗 勝ち点6

韓国
(世界ランキング12位)1勝5敗 勝ち点3

イタリア
(世界ランキング10位-))6敗 勝ち点2

タイ
(世界ランキング17位(-))6敗 勝ち点0


オランダとポーランドはオリンピック出場がないが、ヨーロッパではトップクラス。

日本とはリオデジャネイロオリンピックOQTの最終戦でも闘い、ワールドカップ2019でも対戦している因縁深い相手。

ここからどういった陣容で闘っていくか?
中間値点の三週目。


6/6(日)


中国
(世界ランキング2位(-))3勝3敗 勝ち点9
2-3
(25-17 25-27 25-23 21-25 8-15)
○ベルギー
(世界ランキング14位(-))3勝3敗 勝ち点7 



日本
(世界ランキング5位-)5勝1敗 勝ち点14
0-3
(22-25 20-25 23-25)
オランダ
(世界ランキング7)4勝2敗 勝ち点13


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー 

・レフト:古賀紗理那選手、石川真佑選手
・オポジット:黒後愛選手
・ミドル:荒木絵里香選手、山田二千華選手
・セッター:籾井あき選手
・リベロ:井上琴絵選手、小幡真子選手


・第一セット 14-20より
荒木選手ブロード
荒木選手ブロック
黒後選手ライトからのフェイントで日本17-20
オランダダイムアウト
石川選手アタックアウト(日本チャレンジ失敗)
荒木選手クイック
日本タッチネット(日本チャレンジ失敗)
ダールデロップ選手アタックアウト(オランダチャレンジ失敗)
ダールデロップ選手レフトからのブロックアウト
黒後選手ライトからのクロス
黒後選手ライトからのブロックアウトでラリーを制す
ダールデロップ選手レフトからのフェイント
ダンブリング選手サーブアウト
ダールデロップ選手レフトからのブロックアウトでオランダ25-22
セットカウント1-0でオランダリード


第二セット
黒後選手ライトからのクロス
オランダクイック
古賀選手レフトからのクロス
オランダアタックアウト
山田選手ダイレクト
黒後選手ライトからのストレート
ダールデロップ選手レフトからのクロス
山田選手アタックアウト
山田選手クイック
古賀選手サーブアウト
ロホイス選手サーブアウト
ボンハールトス選手のクイック
オランダブロック
ランブリング選手ライトからのクロス

オランダ8-7とリード
オランダサーブアウト
ティンメルマン選手のクイック 
日本得点
黒後選手ライトからのクロス
日本サーブアウト
古賀選手レフトからのフェイント
古賀選手レフトからのクロス
黒後選手サービスエース
古賀選手レフトからのストレートで日本14-12
オランダ一回目のタイムアウト
ダールデロップ選手のレフトからのフェイント
ヤスベル選手レフトからのクロス
ヤスベル選手アタックアウト
石井選手リリーフサーバー
ロホイス選手ブロード
オランダパイプ
オランダ16-15とリード
黒後選手バックライト
ヤスベル選手レフトからのクロス
石川選手アタックアウト(日本チャレンジ失敗)
ダンブリング選手ライトからのフェイントでオランダ19-16
日本一回目のタイムアウト
荒木選手クイック
ダンブリング選手ライトからのフェイント
黒後選手バックライト
ティンメルマン選手クイック
黒後選手バックライト
ダールデロップ選手レフトからのクロス
黒後選手ライトからのインナークロス
石井選手アタックアウトでオランダ23-20
日本二回目のタイムアウト
ロホイス選手クイックでラリーを制す
オランダサービスエースでオランダ25-20
セットカウント2-0でオランダリード



第三セット
ティンメルマン選手ブロック
ティンメルマン選手クイック 
古賀選手レフトからカンチャンクロス
ティンメルマン選手クイック 
黒後選手ライトからのブロックアウト
ダールデロップ選手レフトからのブロックアウト(オランダチャレンジ成功)
オランダブロック
黒後選手アタックアウト
古賀選手レフトからのストレート
ロホイス選手ブロック
山田選手ブロック
荒木選手ブロックでラリーを制す
オランダブロード
オランダ8-5とリード
黒後選手バックライト
石川選手レフトからのブロックアウト
ヤスベル選手レフトからのクロス
ダールデロップ選手レフトからのブロックアウト
オランダブロックでオランダ11-7
日本一回目のタイムアウト
ティンメルマン選手ブロック
日本得点
林選手リリーフサーバー
ティンメルマン選手クイック
ダールデロップ選手レフトからのフェイント
荒木選手ダイレクト
オランダのパイプがアウト
ダンブリング選手ライトからのブロックアウト
オランダサービスエース
オランダ16-10とリード
古賀選手レフトからのクロス
ダンブリング選手ライトからのクロス
プラク選手リリーフサーバー
古賀選手アタックアウトでオランダ18-11
日本二回目のタイムアウト
プラク選手サーブアウト
黒後選手バックライト
ダールデロップ選手アタックアウト
オランダオーバータイムスでオランダ15-18
オランダ一回目のタイムアウト
ダールデロップ選手レフトからのストレート
ダールデロップ選手サービスエース
ダールデロップ選手サーブアウト
ヤスベル選手レフトからのクロス
ヤスベル選手アタックアウト
石川選手レフトからタッチアウト
ティンメルマン選手のブロードがアウトでオランダ19-21
オランダ二回目のタイムアウト
黒後選手ライトからのブロックアウト
バイス選手レフトからのブロックアウト
石川選手レフトからのブロックアウトで長いラリーを制す
荒木選手ブロック
バイス選手レフトからのクロス
ヤスベル選手レフトからのクロス
ヤスベル選手サーブアウト
オランダレフトからのクロスでオランダ25-23

セットカウント3-0でオランダ勝利


・ベストスコアラー
ダールデロップ・ニカ選手(オランダ)

images (9)

23得点

ブラジル戦に続きストレートでの完敗でした。
サーブでかなり崩されていましたし、被ブロックは9と何とか二桁は防いだもの、これまで勝ち進んできた時に比べるとレフトの決定力が下がっていました。やはり、ディフェンス力のあるチームが相手だとロシア戦と同じという訳には行かないようです。
収穫はライト黒後選手の決定力と荒木選手のブロックですが、黒後選手で踏ん張っている間に何とかしたかったですね。

負け方があまり良くないので、フロアディフェンスと粘りでは負けないようにしたいです。特にワンタッチ取ってからのトランジションで活路を見いだしたいです。

頑張れ、ニッポン!!





○トルコ
(世界ランキング4位-)6勝 勝ち点16
3-1

(23-25 25-12 25-20 25-9)
タイ
(世界ランキング17位(-))6敗 勝ち点0



ドミニカ共和国
(世界ランキング8位())3勝3敗 勝ち点10
2-3
(18-25 25-21 20-25 25-22 8-15)
○ロシア
(世界ランキング9位)3勝3敗 勝ち点8




○ブラジル
(世界ランキング3位(-))5勝1敗 勝ち点15
3-0
(25-12 25-14 25-3)
セルビア
(世界ランキング6位(-))3勝2敗 勝ち点10



カナダ
(世界ランキング15位-)2勝4敗 勝ち点6
2-3
(25-22 25-21 21-25 17-25 7-15)
○ポーランド
(世界ランキング11位)2勝4敗 勝ち点6



○イタリア
(世界ランキング10位-))6敗 勝ち点2
3-1
(27-25 23-25 25-22 25-20)
韓国
(世界ランキング12位)1勝5敗 勝ち点3



ドイツ
(世界ランキング13位()2勝4敗 勝ち点6
0-3
(23-25 13-25 13-25)
○アメリカ
(世界ランキング1位(-))6勝 勝ち点18










・全試合終了後の順位(三週目初日)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))7勝 勝ち点21

トルコ
(世界ランキング4位-)7勝 勝ち点19

ブラジル
(世界ランキング2位)6勝1敗 勝ち点18

オランダ
(世界ランキング6)5勝2敗 勝ち点16

日本
(世界ランキング5位-)5勝2敗 勝ち点14

ロシア
(世界ランキング7位)4勝3敗 勝ち点10

ベルギー
(世界ランキング12位)4勝3敗 勝ち点9

ドミニカ共和国
(世界ランキング9位())3勝4敗 勝ち点11

中国
(世界ランキング3位)3勝4敗 勝ち点10

セルビア
(世界ランキング8位)3勝3敗 勝ち点10

ポーランド
(世界ランキング11位(-))3勝4敗 勝ち点8

カナダ
(世界ランキング15位-)2勝5敗 勝ち点7

ドイツ
(世界ランキング13位(-)2勝5敗 勝ち点6

イタリア
(世界ランキング10位-))1勝6敗 勝ち点5

韓国
(世界ランキング14位)1勝6敗 勝ち点4

タイ
(世界ランキング17位(-))7敗 勝ち点0