まさかのオランダ戦。
ストレートで完敗し、二杯目を喫した全日本女子。


今日はバレー新興国カナダ戦。
負けられない一戦だが、どう出てくるか?

20200902_185203


大会詳細は下記参照




・全試合終了後の順位(三週目初日)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))7勝 勝ち点21

トルコ
(世界ランキング4位-)7勝 勝ち点19

ブラジル
(世界ランキング2位)6勝1敗 勝ち点18

オランダ
(世界ランキング6)5勝2敗 勝ち点16

日本
(世界ランキング5位-)5勝2敗 勝ち点14

ロシア
(世界ランキング7位)4勝3敗 勝ち点10

ベルギー
(世界ランキング12位)4勝3敗 勝ち点9

ドミニカ共和国
(世界ランキング9位())3勝4敗 勝ち点11

中国
(世界ランキング3位)3勝4敗 勝ち点10

セルビア
(世界ランキング8位)3勝3敗 勝ち点10

ポーランド
(世界ランキング11位(-))3勝4敗 勝ち点8

カナダ
(世界ランキング15位-)2勝5敗 勝ち点7

ドイツ
(世界ランキング13位(-)2勝5敗 勝ち点6

イタリア
(世界ランキング10位-))1勝6敗 勝ち点5

韓国
(世界ランキング14位)1勝6敗 勝ち点4

タイ
(世界ランキング17位(-))7敗 勝ち点0


正直、勝ったところでさして価値もないネーションズリーグ。

話題は毎日変わる世界ランキングぐらいだが、東京オリンピック出場国にとっては最初で最後の前哨戦。

闘い方は国ごとに違う。

出場権が剥奪されているロシアはロシア・オリンピック委員会代表(ROC)という扱いとなり国旗掲揚や国家吹奏は出来ない。

ネーションズリーグではコシェレワ、ゴンチャロワ選手といった往年の大エースが中心で平均年齢高め。

ブラジルもタンダラ、ガビ、ガライ選手といったベテラン多めの編成。

中国、イタリアは完全に主力温存。

トルコは名将・グイデッティ監督が率い、前哨戦からフルメンバー。

アメリカはアキンラデウォ選手が代表復帰。
アンドレア・ドリューズ、テトリ・ディクソン選手らお馴染みの顔触れも多く、新旧混合で戦う。


今日のカナダ戦は、オリンピックで当たらない格下チーム。レギュラー陣を休めたいところだが、果たしてどういうメンバーで挑むか?

中田ジャパンの考え方が分かる一戦。




6/7(月)


○ロシア
(世界ランキング7位)4勝3敗 勝ち点10
3-1
(25-14 18-25 25-14 25-20)
タイ
(世界ランキング17位(-))7敗 勝ち点0


トルコ
(世界ランキング4位-)7勝 勝ち点19
1-3
(22-25 21-25 25-23 17-25)
○ドミニカ共和国
(世界ランキング9位())3勝4敗 勝ち点11



カナダ
(世界ランキング15位-)2勝5敗 勝ち点7
0-3
(16-25 15-25 15-25)
○日本
(世界ランキング5位-)5勝2敗 勝ち点14


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー 

・レフト:古賀紗理那選手、石川真佑選手
・オポジット:黒後愛選手
・ミドル:芥川愛加選手、山田二千華選手
・セッター:籾井あき選手
・リベロ:小幡真子選手


・第一セット
石川選手サービスエース
カナダアタックアウト
黒後選手ライトからのストレート
カナダ ライトからのクロス
カナダアタックアウト
ヴァン・リック選手クイック
ヴァン・リック選手サービスエース
カナダアタックアウト
日本得点 
古賀選手レフトからのクロス
山田選手クイック
日本8-3とリード
黒後選手ライトからのブロックアウト
ヴァン・リック選手パイプ
カナダブロック
カナダサービスエース
カナダサーブアウト
カナダアタックアウト
日本タッチネット
カナダブロック
カナダサーブアウト
古賀選手アタックアウト
カナダブロック
石川選手レフトからのブロックアウトでラリーを制す
カナダクイック
カナダサーブアウト
古賀選手レフトからのストレート
カナダオーバーネット
日本16-11とリード
ヴァン・リック選手ダイレクト
カナダサーブアウト
鍋谷選手リリーフサーバー
カナダレフトからのフェイント
山田選手クイック
黒後選手サービスエースで日本19-13
カナダ一回目のタイムアウト
古賀選手レフトからのブロックアウト
ジョセフ選手ライトからのクロス
黒後選手ライトからのクロス
カナダレフトからのクロス
山田選手ブロック
芥川選手ブロックで日本23-15
カナダ二回目のタイムアウト
カナダアタックアウト
カナダレフトからのストレート
石川選手レフトからのクロスで日本25-17
セットカウント1-0で日本リード


第二セット
カナダサーブアウト
ジョセフ選手ライトからのクロス
山田選手クイック
ヴァン・リック選手レフトからのストレート
ヴァン・リック選手レフトからのフェイント
ヴァン・リック選手レフトからのクロス
古賀選手レフトからのブロックアウト
カナダブロック
カナダサーブアウト
石川選手レフトからのストレート
山田選手サーブアウト
石川選手アタックアウト
芥川選手クイック
籾井選手サーブアウト
カナダ8-6とリード
石川選手レフトからのクロス
古賀選手レフトからのカンチャンストレート
石川選手サービスエース
カナダレフトからのブロックアウト
黒後選手ライトからのタッチアウト
鍋谷選手リリーフサーバー
カナダクイック
黒後選手ライトからのブロックアウト
古賀選手レフトからのクロス
カナダアタックアウトで日本13-10
カナダ一回目のタイムアウト
山田選手ブロード
籾井選手ブロック
カナダアタックアウト
日本16-10とリード
カナダブロック
山田選手ブロード
ジョセフ選手レフトからのブロックアウト
山田選手ブロード
石川選手レフトからスタンディングジャンプでのクロス
カナダレフトからのストレート
日本レシーブ返らず
黒後選手バックライト
ジョセフ選手ライトからのクロス
黒後選手ライトからのストレート
石川選手サービスエースで日本22-15
カナダ二回目のタイムアウト
芥川選手クイック
カナダコンビミス
古賀選手レフトからのフェイントで日本25-15
セットカウント2-0で日本リード
 

第三セット 
石川選手サービスエース
ジョセフ選手ライトからのクロス 
黒後選手ライトからのフェイント
芥川選手サーブアウト
山田選手クイック
カナダレフトからのクロス
カナダサーブアウト
籾井選手ブロック
石川選手レフトからのブロックアウト
カナダライトからのクロス
石川選手アタックアウト(日本チャレンジ失敗)
カナダサーブアウト
日本コンビミス
黒後選手ライトからのクロス
日本8-6とリード
黒後選手アタックアウト
カナダブロック
石川選手レフトからのクロス
石川選手サービスエース
カナダクイック
カナダブロック
黒後選手ライトからのストレート
鍋谷選手リリーフサーバー
カナダレフトからのブロックアウト
ジョセフ選手サーブアウト
ジョセフ選手アタックネットを越えず
黒後選手バックライトで日本14-11
カナダ一回目のタイムアウト
黒後選手バックライト
石川選手パイプ
日本16-11とリード
カナダアタックアウト
古賀選手レフトからのクロスで日本18-11
カナダ二回目のタイムアウト
カナダブロック
山田選手クイック
黒後選手アタックアウト
ジョセフ選手バックライトで日本14-19
日本一回目のタイムアウト
カナダサーブアウト
林選手リリーフサーバー
石川選手プッシュ
カナダクイック
芥川選手クイック
関選手リリーフサーバー
黒後選手ライトからのプッシュ
古賀選手パイプ
石川選手レフトからのブロックアウトで日本25-15
セットカウント3-0で日本勝利


・ベストスコアラー
黒後愛選手(日本)


kurogo_ai


13得点


さすがに格下のカナダだけあってストレートで勝ちましたが、ストレート勝ちで被ブロック9はやや多く、フロアディフェンスでは日本のV-leagueより劣るカナダ相手では評価が難しいところ。

昨季のV-leagueから古賀選手の成長が目覚ましく、このところ黒後選手も調子をあげています。

芥川選手が初先発。山田選手がはじめての二桁10得点。籾井選手とは年も近く積極的にトスをあげていました。日本の新コンビとして売り出したいところ。

明日はポーランドと骨っぽい相手なので、今日あたり主力を休ませてあげるべき試合では?
最終的にはワンサイド。もう少し色々な選手を見たかったです。  



中国
(世界ランキング3位)3勝4敗 勝ち点10
1-3
(22-25 18-25 25-20 22-25)
○セルビア
(世界ランキング8位)3勝3敗 勝ち点10


韓国
(世界ランキング14位)1勝6敗 勝ち点4
0-0
(16-25 12-25 15-25)
○アメリカ
(世界ランキング1位(-))7勝 勝ち点21 


ポーランド
(世界ランキング11位(-))3勝4敗 勝ち点8
2-3
(25-21 23-25 25-22 21-25 9-15)
○オランダ
(世界ランキング6)5勝2敗 勝ち点16


ドイツ
(世界ランキング13位(-)2勝5敗 勝ち点6
0-3
(21-25 19-25 11-25)
○イタリア
(世界ランキング10位-))1勝6敗 勝ち点5


ベルギー
(世界ランキング12位)4勝3敗 勝ち点9
0-3
(18-25 16-25 17-25)
○ブラジル
(世界ランキング2位)6勝1敗 勝ち点18








・全試合終了後の順位(三週目二日目)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))8勝 勝ち点24


ブラジル
(世界ランキング2位-)7勝1敗 勝ち点21

トルコ
(世界ランキング4位-)7勝1敗 勝ち点19

オランダ
(世界ランキング6-)6勝2敗 勝ち点18

日本
(世界ランキング5位-)6勝2敗 勝ち点17

ロシア
(世界ランキング8位)5勝3敗 勝ち点13


ドミニカ共和国
(世界ランキング9位(-))4勝4敗 勝ち点14


セルビア
(世界ランキング7位)4勝4敗 勝ち点13

ベルギー
(世界ランキング12位(-)4勝4敗 勝ち点9


中国
(世界ランキング3位(-))3勝5敗 勝ち点10

ポーランド
(世界ランキング11位(-))3勝5敗 勝ち点9


イタリア
(世界ランキング10位-))2勝6敗 勝ち点8

カナダ
(世界ランキング15位-)2勝6敗 勝ち点7

ドイツ
(世界ランキング14位()2勝6敗 勝ち点6

韓国
(世界ランキング13位)1勝7敗 勝ち点4

タイ
(世界ランキング18位)8敗 勝ち点0