御祓のようなアメリカ戦を終え、第四週最終戦はベルギー戦。

ここを通過すると、いよいよ残り三戦。

20200902_185203


大会詳細は下記参照




・全試合終了後の順位(四週目二日日)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))11勝 勝ち点33

ブラジル
(世界ランキング2位-)9勝2敗 勝ち点29

トルコ
(世界ランキング4位)9勝2敗 勝ち点24 

オランダ
(世界ランキング6)8勝3敗 勝ち点23

日本
(世界ランキング5位)8勝3敗 勝ち点22

ロシア
(世界ランキング7位)7勝4敗 勝ち点20

ドミニカ共和国
(世界ランキング8位())6勝5敗 勝ち点20

中国
(世界ランキング3位(-))6勝5敗 勝ち点18

ベルギー
(世界ランキング12位)5勝6敗 勝ち点11

セルビア
(世界ランキング10位)4勝7敗 勝ち点14

ポーランド
(世界ランキング11位)4勝7敗 勝ち点13

カナダ
(世界ランキング15位-)3勝8敗 勝ち点10

ドイツ
(世界ランキング13位()3勝8敗 勝ち点9

イタリア
(世界ランキング9位)2勝9敗 勝ち点9

韓国
(世界ランキング14位)2勝9敗 勝ち点7

タイ
(世界ランキング18位)1勝10敗 勝ち点3


今大会では5勝6敗だが、そこそこ強いベルギー。
エースは目下、本大会得点王のブリッツ・ハーボッツ選手。

近年復活傾向で、2019年のネーションズリーグでは敗れているので気の抜けない相手。

本来ならベルギーは東京オリンピックには出場しないのでテストにはもってこいの相手だが、果たしてどう闘うか?

そろそろ黒後、石川選手も休ませたい。
その上でどう闘うか?

第四週最終戦。




6/14(月)

・全試合終了後の順位(四週目初日)

ベルギー
(世界ランキング12位)5勝6敗 勝ち点11
1-3
(25-23 22-25 21-25 21-25)
○日本
(世界ランキング5位)8勝3敗 勝ち点22


・全日本女子バレーボールチームのスターティングメンバー 

・レフト:古賀紗理那選手、石川真佑選手
・オポジット:黒後愛選手
・ミドル:荒木絵里香選手、山田二千華選手
・セッター:籾井あき選手
・リベロ:小幡真子選手



・第一セット
ベルギーブロック
ベルギーブロック
古賀選手レフトからのフェイント
古賀選手タッチネット 
古賀選手レフトからのフェイント
ベルギータッチネット
黒後選手サーブアウト
イルカ選手サーブアウト
ベルギーパイプ
ベルギーアタックアウト
古賀選手パイプ
アーテルマート選手ブロード
ベルギーサーブアウト
石川選手レフトからのストレート
日本8-6とリード
ベルギーレフトからのフェイント
ベルギーレフトからのブロックアウト
ベルギーブロック
日本タッチネットでベルギー10-8
日本一回目のタイムアウト
ベルギータッチネット
黒後選手ライトからのブロックアウト
ベルギーレフトからのブロックアウト
ベルギーブロック
古賀選手レフトからのカンチャンストレート
ベルギーライトからのクロス
黒後選手アタックアウト
古賀選手レフトからのプッシュ
ハーボッツ選手レフトからのフェイント
ベルギーブロック
ベルギー16-12とリード
山田選手ブロード
ベルギーブロード
山田選手ブロード
鍋谷選手リリーフサーバー
ベルギーブロック
ベルギーサーブアウト
ハーボッツ選手パイプ
石川選手レフトからのクロス
黒後選手ライトからのブロックアウトでラリーを制しベルギー19-17
ベルギー一回目のタイムアウト
ハーボッツ選手パッシング
黒後選手ライトからのクロスでラリーを制す
石川選手サービスエース
ハーボッツ選手パイプ
荒木選手ダイレクトで長いラリーを制す(黒後選手懸命のディグで繋ぐ)
林選手イン
ハーボッツ選手レフトからのインナークロス 
ヤンセンス選手サービスエースベルギー22-21
日本二回目のタイムアウト
ヤンセンス選手サービスエース
ヤンセンス選手サービスエース
石川選手戻る
ベルギーサーブアウト
ハーボッツ選手アタックアウトでベルギー23-24
ベルギー二回目のタイムアウト
ハーボッツ選手レフトからのクロスでベルギー25-23
セットカウント1-0でベルギーリード


・第二セット
ベルギーブロック
ヤンセンス選手サーブアウト
古賀選手レフトからのインナークロス
ベルギーブロック
古賀選手レフトからのクロス
ベルギータッチネットで日本4-2
ベルギー一回目のタイムアウト
日本タッチネット
ベルギーダブルコンタクト
ベルギーコンビミス
古賀選手サーブアウト
山田選手ブロード
ヘルボッツ選手パイプ
石川選手レフトからのブロックアウト
日本8-5とリード
籾井選手サーブアウト
荒木選手クイック
ヤンセンス選手ブロード
ベルギータッチネット
黒後選手アタックアウト
ベルギーブロック
アーテルマート選手バックライトで10-10
日本一回目のタイムアウト
古賀選手レフトからのブロックアウト
アーテルマート選手ライトからのクロス
古賀選手レフトからのブロックアウト
石川選手レフトからコート奥を狙った技ありクロス
ベルギーレフトからのブロックアウト
ベルギーサーブアウト
鍋谷選手リリーフサーバー
鍋谷選手サーブアウト
石川選手レフトからのブロックアウト(イルカ選手負傷退場)
石川選手レフトからのストレート
日本16-13とリード
日本タッチネット
日本コンビミス
ヤンセンス選手ブロック
ベルギーブロック
ベルギーレフトからのクロス
ベルギーダブルコンタクト
ハーボッツ選手レフトからのクロス
古賀選手レフトからインナークロス 
ハーボッツ選手レフトからのフェイント
ハーボッツ選手サーブアウト
ベルギーレフトからのブロックアウト
山田選手ブロード
ハーボッツ選手のパイプがアウトで日本22-20
ベルギー二回目のタイムアウト
山田選手サーブアウト
黒後選手バックライト(荒木選手ナイスディグ)
黒後選手バックライト
籾井選手サーブアウト
荒木選手クイックで日本25-22
セットカウント1-1でイーブン


・第三セット
黒後選手アタックアウト
ベルギーサーブアウト
荒木選手サービスエース
ヤンセンス選手ブロード
黒後選手アタックアウト
ベルギーサーブアウト
古賀選手レフトからのストレート
ヘルボッツ選手レフトからのストレート
ベルギーブロック(サーブで崩す)
山田選手ブロード
籾井選手押し合いを制す
ハーボッツ選手レフトからのクロス
ハーボッツ選手サーブアウト 
ハーボッツ選手パイプ 
ベルギーブロック
ベルギー8-7とリード
石川選手レフトからのストレート
ヤンセンス選手クイック
ベルギーダイレクト(サーブで崩す)
アーテルマート選手サーブアウト
荒木選手ブロック
ハーボッツ選手パイプ
日本タッチネット
ベルギーブロック

古賀選手レフトからのストレート
ハーボッツ選手レフトからのクロス
古賀選手レフトからのブロックアウト
古賀選手レフトからのクロス
ハーボッツ選手レフトからのインナークロス
山田選手ブロード
ハーボッツ選手レフトからのブロックアウト
ベルギー16-14とリード
山田選手ブロード
ベルギーアタックアウト(長いラリー・ベルギーチャレンジ失敗)
ベルギークイック
石川選手レフトからのクロス
荒木選手クイック(籾井選手ワンハンドトス) 
荒木選手ブロック(ハーボッツ選手のパイプ止める) で日本19-17
ベルギー一回目のタイムアウト
石川選手レフトからのクロス
ベルギーレフトからのクロス
荒木選手クイック
ヤンセンス選手アタックアウト
ハーボッツ選手パイプがアウトで日本23-18
ベルギー二回目のタイムアウト
石川選手サーブアウト
黒後選手ライトからのクロス
ヤンセンス選手ブロード
ベルギーブロックで日本24-21
日本一回目のタイムアウト
ベルギーサーブアウトで日本25-21
セットカウント2-1で日本リード

・第四セット
黒後選手ブロック
ヤンセンス選手ブロード
黒後選手ライトからのブロックアウト
ベルギータッチネット
荒木選手サーブアウト
ハーボッツ選手レフトからのブロックアウトでラリーを制す
黒後選手ライトからのストレート
黒後選手バックライト
山田選手ブロードで日本6-3
ベルギー一回目のタイムアウト
ハーボッツ選手レフトからのストレート
山田選手ブロード
ヤンセンス選手ブロード
山田選手ブロード
日本8-5とリード
ベルギーアタックアウト
ベルギーレフトからのブロックアウト
ヤンセンス選手ブロード
ベルギーサーブアウト
田代選手イン(籾井選手指負傷)
ベルギーアタックアウト
石川選手アタックアウト
石川選手レフトからのクロス
ハーボッツ選手レフトからのクロス
古賀選手レフトからのクロス(内に切り込む)
ハーボッツ選手レフトからのフェイント
古賀選手レフトからのクロス
山田選手ブロード
ベルギークイック
ベルギーレフトからのフェイント
日本タッチネット
古賀選手レフトからのフェイント
日本16-13とリード
ベルギーレフトからのブロックアウト
田代選手ツー
ハーボッツ選手パイプ
ハーボッツ選手パイプ
ベルギーブロックで17-17
日本一回目のタイムアウト
荒木選手ダイレクトでラリーを制す
ベルギーレフトからのブロックアウト(ベルギーチャレンジ成功)
石川選手レフトからのカンチャンクロス
ハーボッツ選手レフトからのインナークロス
古賀選手レフトからのストレート
ハーボッツ選手アタックアウト(ベルギーチャレンジ失敗)
ハーボッツ選手レフトからのブロックアウト
ベルギーサーブアウト
籾井選手戻る
古賀選手レフトからのストレートで日本23-20
ベルギー二回目のタイムアウト
古賀選手レフトからのブロックアウト(日本チャレンジ成功)
ヤンセンス選手ブロード
山田選手ブロードで日本25-21
セットカウント3-1で日本勝利



・ベストスコアラー
ブリッツ・ハーボッツ選手(ベルギー)

ダウンロード (3)


26得点

中々に厳しい試合ですが、良く頑張りました。
ベルギーのブロックに苦しめられ、トータル14本、第一セットだけでも6本と辛い展開でしたが、後半になるにつれてサーブで崩されることが減り、被ブロックが減ってきたことも勝因でした。

また、目下得点王のハーボッツ選手もそうですが、ミドルブロッカーのヤンセンス選手が22得点と苦しめられ、相手ミドルブロッカーの得点を削るというのが最重要課題のひとつです。

また、古賀選手が中心として引っ張ったのも大きいですが、山田二千華選手のブロードでサイドアウトが取れたのも大きく、石川真佑選手と並ぶ12得点と活躍しました。籾井選手との信頼関係が出来てきたのも大きいです。

ただ、籾井選手が指を負傷したようですがすぐに復帰したので大事には至らないようです。しっかりケアして欲しいです。 

これで残るはラスト三戦です。
東京オリンピックの予選ラウンドであたるセルビア戦、ドミニカ共和国戦が残っていますので、決勝ラウンド進出云々はともかく、最終調整に向けて良いバレーを見せて欲しいです。

頑張れ、ニッポン!!


○ロシア
(世界ランキング7位)7勝4敗 勝ち点20
3-0
(25-8 25-17 25-23)
セルビア
(世界ランキング10位)4勝7敗 勝ち点14


○オランダ
(世界ランキング6)8勝3敗 勝ち点23
1-3
(23-25 25-23 28-30 22-25)
○ドミニカ共和国
(世界ランキング8位())6勝5敗 勝ち点20


○ドイツ
(世界ランキング13位()3勝7敗 勝ち点9
3-0
(25-23 25-20 25-23)
ポーランド
(世界ランキング11位)4勝7敗 勝ち点13



○中国
(世界ランキング3位(-))6勝5敗 勝ち点18
3-0
(25-19 25-11 25-19)
イタリア
(世界ランキング9位)2勝9敗 勝ち点9



○韓国
(世界ランキング14位)2勝9敗 勝ち点7
3-2
(15-25 25-18 27-29 25-20 21-19)
カナダ
(世界ランキング15位-)3勝7敗 勝ち点10



○ブラジル
(世界ランキング2位-)9勝2敗 勝ち点29
3-0
(25-11 25-14 25-10)
タイ
(世界ランキング18位)1勝10敗 勝ち点3


○アメリカ
(世界ランキング1位(-))11勝 勝ち点33
3-1
(25-21 23-25 25-15 25-14)

トルコ
(世界ランキング4位)9勝2敗 勝ち点24 




・全試合終了後の順位(四週目三日日)

アメリカ
(世界ランキング1位(-))12勝 勝ち点36

ブラジル
(世界ランキング2位-)10勝2敗 勝ち点31

日本
(世界ランキング5位-)9勝3敗 勝ち点25

トルコ
(世界ランキング4位(-))9勝3敗 勝ち点24 

ロシア
(世界ランキング6位)8勝4敗 勝ち点23

オランダ
(世界ランキング8)8勝4敗 勝ち点23

ドミニカ共和国
(世界ランキング7位())7勝5敗 勝ち点23

中国
(世界ランキング3位(-))7勝5敗 勝ち点21

ベルギー
(世界ランキング13位)5勝7敗 勝ち点11

セルビア
(世界ランキング10位-)4勝8敗 勝ち点14

ポーランド
(世界ランキング12位)4勝8敗 勝ち点13

ドイツ
(世界ランキング11位()4勝8敗 勝ち点12

カナダ
(世界ランキング15位-)3勝9敗 勝ち点11

韓国
(世界ランキング14位-)3勝9敗 勝ち点9

イタリア
(世界ランキング9位-)2勝10敗 勝ち点9

タイ
(世界ランキング18位-)1勝11敗 勝ち点3